記事総数:17

公開中の記事


【オーストラリアの小学校教育】新学期のゆとりレベルが想像の域を超えていた

【オーストラリアの小学校教育】新学期のゆとりレベルが想像の域を超えていた

長い夏期休暇を終えて、豪州の子供たちが新学期を迎えてから1ヶ月が経ちました。始業式もなく、最初の数日は前年のクラスのまま、新しいクラスになっても名簿すらないという、オージー式ののんびりした教育スタイルにまだまだ腰を抜かすこともしばしば。こちらの小学校の新学期を迎える際の留意点をまとめましたので、ご一読くださいませ。


2018年シンガポール紀行④駐在員御用達サービスアパートメントのオアシスっぷりが凄い

2018年シンガポール紀行④駐在員御用達サービスアパートメントのオアシスっぷりが凄い

1月下旬に家族で5日間滞在したシンガポールのサービスアパートメント。自宅のように寛ぎながらも朝ごはんが出てくる。敷地内にプール、遊具場、カフェもジムもある。オーチャード通りまで徒歩数分。駐在員家族やホリデーメーカーに特にオススメしたい、夢のようなライフスタイルが味わえる滞在先を見つけました。その魅力を徹底解説します。


2018年シンガポール紀行③アートサイエンスミュージアムの目玉展示FUTURE WORLD展を遊び尽くす

2018年シンガポール紀行③アートサイエンスミュージアムの目玉展示FUTURE WORLD展を遊び尽くす

マリーナベイ・サンズ内の施設のひとつであるアートサイエンスミュージアム。一番人気の常設展示であるFUTURE WORLD展を訪れてきました。その名に引けを取らず、近未来感たっぷりの展示作品が目白押しで、親子でたっぷり楽しめること間違いなしです。見所いっぱいの体験型インスタレーションを、ゾーン別に詳しくご紹介します。


2018年シンガポール紀行②チャンギ空港の癒しスポット、バタフライ・ガーデンで搭乗前にちょっと充電

2018年シンガポール紀行②チャンギ空港の癒しスポット、バタフライ・ガーデンで搭乗前にちょっと充電

チャンギ国際空港第3ターミナルにあるバタフライ・ガーデンは、搭乗前や乗り継ぎの合間のちょっとした空き時間に気軽に立ち寄ることのできる穴場スポット。ガーデン・シティの異名と取るシンガポールの底力を、ここでもまた実感できます。1000羽以上の蝶々が飛び交うオアシスで、フライト前にリラックスしてみてはいかかですか?


2018年シンガポール紀行①圧倒的な存在感を放つガーデンズ・バイ・ザ・ベイを堪能する

2018年シンガポール紀行①圧倒的な存在感を放つガーデンズ・バイ・ザ・ベイを堪能する

去る1月、シンガポール有数の観光地として名高いガーデンズ・バイ・ザ・ベイに家族で訪れてきました。代名詞でもあるスーパーツリーとその構造、一番人気のクラウド・フォレストの見所から、精密に計算された園内のエコシステム、お食事処、ちょっと意外な料金システムまで詳しくご紹介します。シンガポールを訪問予定の方はお見逃しなく!


素泊まりでも大満足。シンガポールでの乗り継ぎでクラウンプラザ チャンギ エアポートに感銘を受ける

素泊まりでも大満足。シンガポールでの乗り継ぎでクラウンプラザ チャンギ エアポートに感銘を受ける

オーストラリアの夏休み(12月中旬〜1月下旬)を利用して子連れ一時帰国を決めた筆者。今回は初めてシンガポール航空を利用し、乗り継ぎの間に空港直結のエアポートホテルであるクラウンプラザ チャンギ エアポートに宿泊しました。滞在時間がたった8時間だったのが惜しく思えるほど素晴しかったこのホテル、その魅力をご紹介します。


シドニー夏の風物詩、トワイライト・フード・フェアで屋台料理に舌鼓を打つ金曜の夜

シドニー夏の風物詩、トワイライト・フード・フェアで屋台料理に舌鼓を打つ金曜の夜

ノース・シドニー住人が毎年楽しみにしている、夏限定のイベント、トワイライト・フード・フェア。ライブ・ミュージックあり、屋台あり、子供向けエンターテイメントあり、訪れる人誰もが楽しめます。夏本番を前にしてますます日が長くなるシドニーで、日没まで存分に野外の空気を満喫できます。さあ、ピクニックシートを持って出かけましょう!


ドレスコードは?ご祝儀はいるの?オーストラリアの結婚式事情と招待客の心得を解説します

ドレスコードは?ご祝儀はいるの?オーストラリアの結婚式事情と招待客の心得を解説します

所変われば結婚式の常識も変わるもの。パーティーが大好きな今時オージーの結婚式とは、一体どんなものなのでしょう。オーストラリアで初めて結婚式に招待されたけど、何から準備したらよいのか分からない!そんな方のために、招待状用語から、ドレス・コード、式の流れ、お祝いを渡すタイミングなど、招待客としての心得をまとめました。


【中国杭州郊外エコ・ファーム】無農薬野菜の国内配達、自然食レストランやサマー・キャンプも

【中国杭州郊外エコ・ファーム】無農薬野菜の国内配達、自然食レストランやサマー・キャンプも

中国と聞くと真っ先に「食の安全問題」が思い浮かぶ方も多いかと思います。しかし、広い中国大陸にはそんな現状を打破しようと、地道な努力をしている人々もいるのです。一人の中国人が、自分の不動産を売って始めたエコ・ファーム。完全なエコ建築を実現した、彼の友人であるアーキテクト。中国杭州の田舎には、新しい風が吹いています。


【シドニー・プリスクール入園準備編】提出書類から入園までのノウハウを徹底解説

【シドニー・プリスクール入園準備編】提出書類から入園までのノウハウを徹底解説

子どもが3歳になるとよく聞かれるのが、「プリスクールには行ってるの?」という質問。小学校に上がる前の準備期間2年を子どもたちが過ごす教育施設であるプリスクールは、日本の幼稚園とはシステムがやや異なります。プリスクールへの提出書類、入園決定からオリエンテーションまでの流れ、揃えておきたい通園グッズなどをご紹介します。


ワルシュ・ベイからバランガルー保護区まで、シドニーお散歩歴史探訪!伝説の先住民、バランガルーってどんな人?

ワルシュ・ベイからバランガルー保護区まで、シドニーお散歩歴史探訪!伝説の先住民、バランガルーってどんな人?

シドニーCBD西部にある再開発地区、ワルシュ・ベイとバランガルー。ハーバーブリッジのたもとからすぐの、観光客もまばらな穴場エリアです。筆者一押し、家族連れでものんびりくつろげるおしゃれな波止場カフェ&バランガルー保護区を、地域の歴史を交えてご紹介します。バランガルーとオペラハウス立地の裏話、あなたはご存知ですか?


ハーバー沿いの摩訶不思議な遊園地、ルナパークで異次元の世界に浸ってみる

ハーバー沿いの摩訶不思議な遊園地、ルナパークで異次元の世界に浸ってみる

ハーバーブリッジのたもとにあるレトロな遊園地、ルナパーク。1935年に開園したこの老舗遊園地は、一歩足を踏み入れるとその独特の世界観に引き込まれる異色スポットです。度肝を抜かれる巨大な「入り口」、シドニーのアイコンが一度に望める観覧車、見たことのない不気味なゲーム。。。摩訶不思議なルナパークの世界へようこそ!


あなたの知らないオーストラリアがここにある。国内一の古株、オーストラリア博物館で見る!触る!遊ぶ!

あなたの知らないオーストラリアがここにある。国内一の古株、オーストラリア博物館で見る!触る!遊ぶ!

国内最古の博物館として、シドニーCBDの外れにエレガントに佇むオーストラリア博物館。建物の古き良き雰囲気を味わうもよし、かつて大陸に生息していた巨大肉食カンガルーを間近で見てもよし、ポッサムやディンゴの標本を撫でるもよし、楽しみ方は無限大です。知っているようで知らないオーストラリアのこと、学びにいってみませんか。


オージー英語を極める!「Straya」「Macca's」「Esky」って?ガイドブックに載らない本当に使える英単語・表現集

オージー英語を極める!「Straya」「Macca's」「Esky」って?ガイドブックに載らない本当に使える英単語・表現集

オーストラリアは歴史の浅い国ながらも、イギリス英語に良い味付けをしながら確たるオージー英語を築き上げてきました。耳をすませば独特の言い回しがそこら中に転がっています。そこで、オージーの日常生活から切っても切り離せないコアな単語と会話表現を集めてみました。彼らの話す英語からにじみ出るオージースピリットをご堪能あれ!


シドニー北部の穴場絶景ポイント、クレモーン・リザーブからハーバーとシティを望む

シドニー北部の穴場絶景ポイント、クレモーン・リザーブからハーバーとシティを望む

ガイドブックには載っていないシドニー北部の名所の一つ、クレモーン・リザーブ。開発の波にのまれそうになる度に住民が必死に守り抜いてきたこの散歩道からは、美しいシティの景色が広がります。ちょっとした植物園でもあり、地元の鳥類や市民の憩いの場でもあるクレモーン・リザーブの見どころを詳しくご紹介します。


【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

シドニーの田舎には数多くのファームステイが点在しています。その中でも筆者一押し、ブルーマウンテンズの外れに佇むアルパカ牧場を詳しくご紹介します。都会の喧騒から離れて広大な自然の中で様々な動物に触れ合い、牧場内に寝泊まりしてみませんか?素朴な田舎暮らしの醍醐味を存分に味わえ、子どもたちが大喜びすること間違いなし!


”豪”に入っては”豪”に従え!?シドニー公立小学校・キンディーを徹底解説!

”豪”に入っては”豪”に従え!?シドニー公立小学校・キンディーを徹底解説!

シドニーの公立小学校1年目、子ども達は学校併設の幼稚園(キンディー)で学校生活のリズムに慣れていきます。入学式なし、給食なし、黒板なし、机なし!?ゆる〜いライフスタイルがご自慢の豪州、学校生活も例外ではありません。日本の小学校の常識を覆す、びっくり連続のオージー式小学校生活・キンディー編を詳しくご紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング