中南米の記事一覧

チョコレートの起源はマヤ文明!アンティグアのチョコレート体験ツアーでマヤ族が飲んだチョコレートを飲もう

チョコレートの起源はマヤ文明!アンティグアのチョコレート体験ツアーでマヤ族が飲んだチョコレートを飲もう

メキシコ南部から中米(グアテマラ、ベリーズなど)に栄えたオルメカ族やマヤ族は、チョコレートの原料であるカカオを初めて栽培したと言われています。アンティグアのチョコミュージアムで、カカオからチョコレートができるまでの工程を一つひとつ体験でき、マヤ族が飲んでいたチョコレートドリンクも試飲できるツアーに参加してきました。


南米パラグアイの首都アスンシオン!ヨーロッパ調の町の雰囲気と美しい川沿いの町

南米パラグアイの首都アスンシオン!ヨーロッパ調の町の雰囲気と美しい川沿いの町

南米大陸の中の内陸国パラグアイ。主だった観光地はそれほどなく、どちらかというと隣接するイグアスの滝への通過点として見られることも少なくありません。しかし、首都アスンシオンは立派な大都市です。パラグアイには日本人移住者も多く日本人移住区もいくつかあります。そんなパラグアイのアスンシオンの町の様子についてご紹介。


ボリビアのメルカード!市民の生活を支える市場は文化の違いとカルチャーショック両方を感じます。

ボリビアのメルカード!市民の生活を支える市場は文化の違いとカルチャーショック両方を感じます。

南米大陸の真ん中に位置する内陸国ボリビア。まだまだ途上国のこの国ですが近年経済発展により徐々に生活レベルや物価も上がってきています。そんなボリビア人の生活を支えるメルカードと呼ばれる市場がありますが、日本の市場と違い少し衝撃的な光景も。そして、新鮮な野菜やフルーツを量り売りで手に入れられます。そんな市場事情をご紹介!


ボリビアの憲法上の首都!そして町自体が世界遺産にも認定された美しい白い街、スクレ!

ボリビアの憲法上の首都!そして町自体が世界遺産にも認定された美しい白い街、スクレ!

ボリビアの実質上の首都は標高3800mに位置するラパスですが、実は憲法上の首都はスクレという町になります。1800年代は首都として機能していたこの町はスペイン統治時代の名残を残し、白く塗られた町は世界遺産としても知られます。ボリビアに来たならこの町の観光を外すことはできません。そんなスクレの町の様子を歴史と共にご紹介


南米ボリビアに住んだからこそわかる、日本料理とはひとくせ違うボリビア料理のラインナップ!

南米ボリビアに住んだからこそわかる、日本料理とはひとくせ違うボリビア料理のラインナップ!

南米の料理と聞くと何を思い浮かべるでしょうか?そして、南米ボリビアの料理と聞くと何と答えますか?やはり、ボリビア料理を日本で食べられるレストランがほとんどないのでわからないと答える方も多いと思います。日本食とは全然違うボリビア料理の数々。なかなかクセが強い料理も多いのですが、現地に居るからわかるボリビア料理をご紹介!


ウユニ塩湖へのアクセス!世界的観光スポットへのボリビア国内からのルートを解説!

ウユニ塩湖へのアクセス!世界的観光スポットへのボリビア国内からのルートを解説!

今や世界的な観光地になったボリビアのウユニ塩湖。日本から見て地球の裏側に当たるこの場所は世界で一番遠い場所としても知られます。しかし、ボリビアに到着したのも束の間、ウユニ塩湖まではさらに距離があります。アクセスの方法は様々です。そんなボリビアのウユニ塩湖へのアクセスの方法をいくつかまとめましたのでご紹介します。


ボリビアを訪れたらぜひ飲みたいボリビアコーヒー!その歴史と産地をめぐりたい

ボリビアを訪れたらぜひ飲みたいボリビアコーヒー!その歴史と産地をめぐりたい

ボリビアはコーヒーの産地として知られます。世界的にも評価の高いコーヒー豆を産出していることで有名です。しかし、途上国ならではのあるあるですが高品質なコーヒー豆はアメリカやヨーロッパ、日本などの先進国に輸出されてしまって2流品の豆がボリビアに出回るという現実です。そんなボリビアコーヒーについて、また産地についてご紹介!


もうすぐクリスマス!メキシコ家庭のクリスマスの過ごし方がとっても素敵!

もうすぐクリスマス!メキシコ家庭のクリスマスの過ごし方がとっても素敵!

気が付けばもう12月!日本では師走の忙しさでクリスマスもお仕事、という方も多いことと思います。国民のほとんどがカトリック教徒のメキシコでは、クリスマスはとても大切。クリスマス期間はとても長く、3週間ほどお祝いモード。メキシコファミリーがどのようにクリスマスをお祝いするのか、昨年の写真とともに紹介いたします!


ロマンティックな夜の気球とコンサート!バルーンフェスティバルinメキシコ・レオン

ロマンティックな夜の気球とコンサート!バルーンフェスティバルinメキシコ・レオン

早朝に空へ上がる200機の気球は清々しく感動そのもの。晴れた日の青空とカラフルな気球はイメージ出来るかと思います。ではみなさん、夜はいかがでしょうか?夜の気球は朝と違い、ロマンティックな雰囲気に!迫力はそのままに飽きることなく楽しめます。前回のバルーンフェスティバル朝編に続き、今回は夜の様子をご紹介いたします!


高原の美しい町ブエナ・ビスタ!コーヒー好きにはたまらないボリビアの隠れた観光地

高原の美しい町ブエナ・ビスタ!コーヒー好きにはたまらないボリビアの隠れた観光地

ブエナ・ビスタとはスペイン語で良い眺めという意味があります。その言葉を町の名前にあてはめたボリビアの町があります。このブエナ・ビスタは少し高地になっていて隣接する密林地帯の絶景を眺めることができます。まさにブエナ・ビスタという名前にピッタリ。しかもこの町はボリビアの有名なコーヒーの産地です。そんなブエナ・ビスタをご紹介


ボリビアを長距離移動するときに心がけておきたいこと!長距離バスをうまく乗りこなす秘訣

ボリビアを長距離移動するときに心がけておきたいこと!長距離バスをうまく乗りこなす秘訣

南米大陸の真ん中に位置する、日本から見れば地球の裏側に当たる国ボリビア。まだまだ発展途上のボリビアは道の整備がまだまだ進んでおらず、長距離バスで移動する際には大きな苦労が伴います。大きな都市から都市への交通の便も決して良いとは言えず、道も悪く長距離移動は大変。そんなボリビアの長距離バスをうまく乗りこなす秘訣をご紹介!


早起きしてでも見たい!年に一度のバルーンフェスティバルinメキシコ・レオン

早起きしてでも見たい!年に一度のバルーンフェスティバルinメキシコ・レオン

みなさんは気球を間近で見たことはありますか?私が住んでいるメキシコのレオン市では毎年バルーンフェスティバルが開催されます。気球が朝日とともに上がっていく様子は感動そのもの!その数、なんと200機!早起きして行かなければなりませんが、その価値あり。遠くからでも良し、近くからでも良し、その綺麗な朝の様子をご紹介いたします!


【グアテマラの食シリーズ】その1 ベジタリアンのオーナー夫妻が切り盛りするオーガニック食材店 "Satya"

【グアテマラの食シリーズ】その1 ベジタリアンのオーナー夫妻が切り盛りするオーガニック食材店 "Satya"

【グアテマラの食シリーズ】では、メキシコとはまた一味違った「グアテマラの食」情報をお届けしていきます。第1回目は、ケツァルテナンゴ(シェラ)にあるオーガニック食材店 “Satya”。「グアテマラならではの食ベ物」というコンセプトからは少しずれますが、個人的にすごくお勧めできるお店なので、第1回にもってきました。


壮大かつ偉大なる大湿原!パンタナルをブラジル側からとボリビア側から見てみよう!

壮大かつ偉大なる大湿原!パンタナルをブラジル側からとボリビア側から見てみよう!

ブラジルとパラグアイ、ボリビアと3カ国をまたいでいるパンタナルと呼ばれる大湿原。熱帯の動植物の宝庫とも呼ばれ世界遺産にも認定されています。そして南米大陸にあるこの大湿原は世界最大の湿原としても知られます。そんなパンタナルをボリビアとブラジルの国境沿いのそれぞれの町から眺めることができます。その壮大さに圧倒されます。


日本人であるなら絶対に訪れたい!地球の裏側、南米ボリビアにあるもうひとつのオキナワ

日本人であるなら絶対に訪れたい!地球の裏側、南米ボリビアにあるもうひとつのオキナワ

日本から見て一番遠い場所に当たる南米大陸の真ん中に位置する国ボリビア。ウユニ塩湖や首都ラパスを訪れる旅行者も近年増えていますが、実はこの国には日本人の私たちにとって深くかかわりのある場所があります。その町の名はオキナワ。地球上にあるもう一つのオキナワです。沖縄出身者が作ったこの町は日本人として訪れておきたい場所です。


世界で一番標高の高い場所に位置する首都ラパス。ボリビアの心臓部に当たるこの町を観光しよう

世界で一番標高の高い場所に位置する首都ラパス。ボリビアの心臓部に当たるこの町を観光しよう

ボリビアの首都ラパスは標高3800mに位置していて、世界で一番高い場所にある首都として世界中で知られています。また、ウユニ塩湖と共に世界中の旅行者が訪れる場所でもあります。そんなボリビアの首都ラパスの観光を楽しんでいただきたく、首都ラパスだけでなく近郊のおすすめスポットも同時に紹介したいと思います。


亡くなった愛する人と一年で二日だけ会える日があるとすれば、あなたは何をしますか?

亡くなった愛する人と一年で二日だけ会える日があるとすれば、あなたは何をしますか?

11月1,2日はグアテマラ聖人の日です。聖人というのは亡くなった善良な人という意味。この日は亡くなった善良な人が家族や友人に会いに天から降りてくる特別な日です。そして人々は、亡くなった愛する人、家族に合う為にお墓参りをします。今回はマヤ族の人と、お盆とハロウィンをごちゃまぜにしたお祭りについてです。


アメリカのアリゾナ州フェニックス!アメリカで6番目に大きいこの町で観光を楽しみましょう

アメリカのアリゾナ州フェニックス!アメリカで6番目に大きいこの町で観光を楽しみましょう

ロサンゼルスがあるカリフォルニア州の隣に位置するアリゾナ州にはフェニックスという巨大な都市がありアメリカで6番目に大きな町という事で知られます。NFLやMLB、NBAのチームを擁しスポーツ熱が熱く、年中暖かい気候からアメリカ人の間でも暮らしてみたい町と評判です。そんなフェニックスのおすすめスポットをご紹介します。


南米のパラグアイからアルゼンチンへの国境越えを体験!川を渡った向こうは違う国

南米のパラグアイからアルゼンチンへの国境越えを体験!川を渡った向こうは違う国

南米大陸の内陸国であるパラグアイとアルゼンチンは隣同士の国でもあります。パラグアイの首都アスンシオンの南東にある国境沿いの町エンカルナシオン。この町から川を渡ってアルゼンチンへと入国することができます。島国に住む日本人にとってこの国境越えは新鮮な体験です。また、エンカルナシオンとポサーダスの町の魅力についてもご紹介!


ハロウィンよりも大切なメキシコ祝祭「死者の日」 祭壇づくりに挑戦しました!

ハロウィンよりも大切なメキシコ祝祭「死者の日」 祭壇づくりに挑戦しました!

「死者の日」をご存知でしょうか。11月1日に行われるメキシコで有名な祝祭です。ハロウィンの翌日なので混同しがちですが、実はとっても伝統的なお祝いなのです。カラフルに色付けされたガイコツは、祭壇に飾るこの日に欠かせないもの。10月中旬からメキシコ中で祭壇やデコレーションが見られます。その祭壇についてご紹介します!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング