パース No.1のオーシャンビューは「ランデブーホテル パース スカボロー」で!

パース No.1のオーシャンビューは「ランデブーホテル パース スカボロー」で!

パースの美しいオーシャンビューを楽しみたいなら、「ランデブーホテル パース スカボロー」がおすすめです。ちょっと奮発して高層階に宿泊すれば、専用ラウンジも利用でき、ホテルからの眺めもさらにグレードアップ。VIP気分で、贅沢なホテルステイが楽しめます。ホテルから見える美しい夕日は、パースの忘れられない光景になるでしょう。


パースで高層階からのオーシャンビューを楽しめるのはここだけ

ランデブーホテル24階の部屋からの眺め 

パースの一番の魅力は、青い海と白い砂浜が広がる美しいビーチです。せっかく滞在するのなら、海の見えるホテルに泊まりたいですね。そんな人に一押しのホテルが、スカボロービーチにある「ランデブーホテル パース スカボロー(Rendezvous Hotel Perth Scarborough)」です。

このホテルは、パースで唯一のビーチ沿いの高層リゾートホテルです。シティ中心部から車で20分ほどのスカボロービーチに位置していて、このエリアの中心的な存在です。

スカボロビーチで、ひときわ目立つ高層リゾートホテル

窓から見下ろすと、大きなプールエリアとテニスコートがありました

Rendezvous Hotels | Perth Scarborough - Best Rates & Free WiFi

https://www.rendezvoushotels.com/hotel/perth-scarborough

Rendezvous Perth Scarborough. Ideally located overlooking the beach & only 15 minutes from Perth's CBD. Award-winning rooms & conference facilities. Book today.

パースのビーチに大型リゾートホテルがほとんどない理由

寝心地のよいキングサイズベッド

意外にも、パースの海岸部には、このような大型リゾートホテルがほとんどありません。ビーチ沿いの宿泊施設は、小規模のホテルやバックパッカーがほとんどです。また、有名な名前がついた大型ホテルは、シティ中心部に集中しています。

このランデブーホテルは、約30年前の1986年に建てられました。ホテルの建設が計画された当時は、スカボローの美しい景観が失われてしまうと、住民からの猛反対があったそうです。パースに住む人々は、観光業の発展よりも、自分たちの愛する海の美しさ、景観の美しさを大切にしてきたのです。それ以後は、スカボロービーチだけでなく、パースのビーチには、このような大きなリゾートホテルは建てられていません。

ですから、この建物は、パースのビーチ沿いでは、ひときわ目立つ存在です。賛否はいろいろありますが、ほかでは味わうことのできない、高層からのオーシャンビューが味わえる特別なホテルなのです。

ラグジュアリーな雰囲気のお部屋で、海を感じながらリラックス

築30年のホテルですが、お部屋はリノベーションされ、古さを感じることがありません。窓が大きいので明るい光が射し込み、海からの風も心地よく部屋の中に入ります。

ベッドはキングサイズで、シーツもパリッとしていて、寝心地も最高でした。ソファーもゆったりとしていて、お部屋でのんびりと過ごしたい私たちには、ぴったりの雰囲気でした。

このランデブーホテルは、パースのでは最高級ホテルの一つですが、バスタブがなく、シャワーのみのバスルームがスタンダードのようです。今回は、ネットで予約した後に、電話で直接、バスタブ付きの部屋をリクエストしました。バスルームは、ガラス張りになっているので、明るく開放感があり、朝食前からのんびりと、ジェットバスを楽しむことができました。

ソファーもあるので、お部屋でゆったりと過ごせます

また、電話をかけたときに、記念日のお祝いで宿泊することを伝えたからか、ホテルからシャンパンのサービスがありました。ベランダで海を見ながら、シャンパンで乾杯をして、日が落ちる前から、優雅なひとときを過ごしました。

ホテルからのシャンパンのサービス よく冷えていました

高層階のクラブルームに泊まれば、さらにVIP気分が味わえます

ベランダつきのお部屋では、海からの風をたっぷりと感じることができます

このホテルの高層階の24階と25階は、スイートルームとクラブルームで占められています。どちらも、宿泊代はアップしますが、眺めのいいお部屋が利用できるのはもちろん、別の階のゲストが利用できない最上階の専用クラブラウンジを利用することができます。

クラブラウンジは、ビーチの真正面の最上階なので、海を眺めながら、カクテルや軽食を楽しむことができます。もちろん、ここでの飲食は、宿泊代に含まれているので、お金を払う必要はありません。

このラウンジは、外の展望デッキにもつながっています。静かな落ち着いた空間で、海からの風を感じつつ、贅沢な夕暮れのひとときを過ごすことができるので、宿泊代を奮発する価値は十分あると思います。

今回、私たちが宿泊したのは、24階のクラブルームです。スイートルームはかなり値段が張りますが、クラブルームなら、少しのプラスで、大きな贅沢が味わえるので、おすすめです。

クライマックスは、インド洋に沈む夕日

インド洋に沈む夕日 毎日眺めていても飽きない景色です

このホテルに泊まったら、絶対に味わって欲しいのが、夕暮れの美しい光景です。インド洋に沈む夕日は、パースのいろいろなビーチで楽しめますが、このホテルから眺める夕日は、さらに贅沢に感じます。

このクライマックスを楽しむために、事前に日没の時間を調べておきましょう。一番きれいな空を見逃さないように、1日のスケジュールをゆとりをもって立てておくといいですね。自分の部屋のバルコニーから見るのもいいし、クラブラウンジの展望デッキで眺めるのも素敵です。

日没の時間を調べたら、少なくともその30分前から、空を見上げてみましょう。ゆったりとした気持ちで夕日を味わう準備です。だんだん太陽の位置が低くなっていきます。お天気によって、雲の表情や、空の色もゆっくりと変化します。そして、太陽が水平線の向こうに落ちていく瞬間は神妙な気持ちになります。さらに、日が沈んだ後の空も見渡してみてください。次第に空の色が深くなり、1日の余韻がじんわりと感じられます。

このサンセットの情景は、季節や天候によって、毎日変化します。その時間にその場にいるからこそ、実感できる貴重な体験です。ランデブーホテルの最高のロケーションなら、じっくりと味わうことができます。パースの思い出が、この情景とともに、胸に深く刻まれることでしょう。

ランデブーホテルは、ホテルでの滞在時間を重視したい人におすすめ

ランデブーホテルは、ビーチの雰囲気をのんびりと味わいたい人、ゆったりとした雰囲気の中で贅沢なホテルスティを楽しみたい人に向いています。

パースに観光に来る人の中には、朝から晩まで忙しく観光に出かけるというタイプの人もいるでしょう。寝るためだけに滞在するのなら、このホテルの良さは十分に感じられないかもしれません。

観光客だけでなく、私たちのように地元に住んでいる人にとっても、このホテルは特別な存在です。ここに滞在すれば、まるで遠くのリゾート地にいるような錯覚を感じ、贅沢な時間を過ごすことができます。飛行機に乗ってどこかに行かなくても、気軽に日常から逃避できる、とっておきの場所なのです。

プールサイドでのんびり過ごすのも、おすすめです

この記事のライター

オーストラリアの西海岸、パース在住です。オーストラリアの日々の暮らしの中で見つけたお気に入りを紹介していきたいと思っています。

関連するキーワード


パース

関連する投稿


パースの夏のエンターテーメント「フリンジワールドフェスティバル」を楽しもう!無料のイベントも盛りだくさん!

パースの夏のエンターテーメント「フリンジワールドフェスティバル」を楽しもう!無料のイベントも盛りだくさん!

パースでは毎年1月から2月にかけてフリンジワールドフェスティバルが開かれます。大小さまざまな会場で、音楽、ダンス、演劇、サーカス、大道芸などのパフォーマンスを楽しむことができます。夏の夕暮れに、屋外のバーでビールを飲んだり、屋台フードを楽しんだりしながら、イベントの雰囲気を味わうのも、またおすすめの楽しみ方で


オーストラリアの建国記念日「オーストラリアデイ」はどう過ごす?パースならではの楽しみ方を紹介します!

オーストラリアの建国記念日「オーストラリアデイ」はどう過ごす?パースならではの楽しみ方を紹介します!

1月26日はオーストラリアの建国記念日「オーストラリアデイ」です。白人にとっては、建国をお祝いする日ですが、原住民アボリジニにとっては侵略が始まった悲しい日でもあります。このような歴史もふまえて、意義のあるオーストラリアデイを過ごしましょう。パースに住む人たちの典型的なオーストラリアデイの楽しみ方を紹介します。


フリーマントルへ行くなら週末がおすすめ!フリーマントルマーケットを思い切り楽しもう!

フリーマントルへ行くなら週末がおすすめ!フリーマントルマーケットを思い切り楽しもう!

西オーストラリア州の港町フリーマントルでは、週末マーケットが開かれています。オリジナルのおみやげを見つけたり、世界各国のおいしいランチを楽しんだり、グルメフードのショッピングをしたり、マーケット内を散策するだけでワクワクしてきますよ。観光客にも地元の人たちにも大人気のスポットで、週末のひとときを思い切り楽しみましょう。


パースシティのすぐそばの湖「レイク・モンガー」でウォーキング!ブラックスワンにも会える!

パースシティのすぐそばの湖「レイク・モンガー」でウォーキング!ブラックスワンにも会える!

パースシティのすぐそばに「レイク・モンガー」という湖があります。水辺には、遊歩道や公園が整備され、ウォーキングやジョギングを楽しむ人々、広い芝生やプレイグラウンドで遊ぶ子どもたち、元気に走り回る犬たちなど、パース市民に親しまれている憩いのエリアです。西オーストラリアの州の鳥でもある美しいブラックスワンにも会えますよ。


パースのナイトライフならノースブリッジ!夜だけじゃない充実のランチやスイーツにも注目!

パースのナイトライフならノースブリッジ!夜だけじゃない充実のランチやスイーツにも注目!

パースの繁華街「ノースブリッジ」は、にぎやかなナイトライフが楽しめるエリアです。バラエティ豊かな飲食店が集まり、夜だけでなく、ランチやスイーツが楽しめるお店も充実しています。たくさんの飲食店の中から、昔から変わらないノースブリッジ定番のお店を中心に紹介します。ストリートを散策して雑多な雰囲気を味わうのも楽しいですよ。


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング