お土産にも!オーストラリア人が子供のころから食べている定番お菓子7選!

お土産にも!オーストラリア人が子供のころから食べている定番お菓子7選!

オーストラリアのスーパーには安価で美味しいお菓子がいっぱい!!滞在中に楽しむのはもちろんのことバラマキ用や義理土産にすれば費用も抑えられます。現地滞在中の日本人の私が実際に食べて美味しかったものだけを7選ご紹介いたします(^^)


Tim Tam(ティムタム)

言わずと知れたティムタムは、クリームをビスケットではさみ、さらに全体をチョコレートでコーティングしたお菓子です。オーストラリアの会社が製造・販売しているため、日本では見かけない珍しい味を見かけることも。値段は3ドル程度。

特売で半額になっていることも!

大手スーパーのColes(コールス)やWoolworth(ウールワース)では、各社オリジナルの限定味を販売していることもあります!変わった味をお土産にすれば、珍しがられること間違いありません★溶けやすいので夏の持ち運びには注意しましょう!

SHaPes(シェイプス)

ピザ味が好きです!

ウィキペディアによると年間5300万個以上を売り上げている大人気スナック菓子です。クラッカーにしっかり濃い目の味付けのパウダーがかかっています。ノンフライなのがうれしいですね!

味は、バーベキュー・ピザ・チーズ・チーズ&ベーコンなどがあります。箱に入った3ドル程度のものと、小分けになったキッズパックの2種類があります。キッズパックはバラマキ用のお土産にピッタリですね!

Daily Milk(デイリーミルク)

甘さがちょうどよい!

海外のチョコレートは甘すぎて苦手な私ですが、このチョコレートは大好きです!!板チョコは5ドル程度、小分けパックは5ドル程度、バーになっているものは1ドル程度です。

イチゴ、ナッツ、バナナなど定番の味からチョコレモネードやグミが入っているものといったちょっと変わった味まで様々あります。オススメはオレオ味!口の中で溶けるチョコとサクサクのオレオの触感が絶妙にマッチします!

Pods(ポッズ)

最近クッキー&クリーム味も発売されたそうです!

こちらも日本人に大人気のチョコレート菓子です。ビスケット生地のお皿にキャラメルを入れ、その上にミルクチョコレートを流し込みコーティングした一口サイズのお菓子です。キャラメルの代わりにピーナッツクリームが入ったものもあります。普通のチョコレートより溶けづらくビスケットも割れづらいため、持ち運びにも適しています!友人はこれにハマってしまい3キロ太ったそうです。笑

Maltesers(モルティーザーズ)

日本で販売されていた時期もあったそうです。

サクサク軽い触感のビスケットをチョコでコーテイングしたチョコボールです。口の中でホロホロと崩れていくので、もう1つ、またもう1つと止まらなくなってしまいます!オーストラリアでは定番の家庭菓子なので、クリスマスなどのギフトの時期が近づくと“Just For you(Really)「あなただけのために(ホントだよ!)」”と書かれたパッケージが販売されていたりします。日本でいうブラックサンダーチョコの「一目で義理とわかるチョコ」みたいなものでしょうか(^^)

SMITH‘S(スミス)

定番チップス!ソルト&ビネガーにぜひチャレンジしてみてください!

定番のポテトチップスです。ポテトは厚め、かつウェーブカットされていて食べごたえがあります。噛むほどにジャガイモの味がしっかり感じられます!薄めのポテトチップスが好きな方は、Thinly(ティンリー)と書かれた種類を選びましょう。

味は、オリジナル(塩味)、チキン、バーベキュー、チーズオニオンなどがあります。オススメは日本では見慣れないSalt&Vineger(塩&お酢)味です。お酢の味がしっかりしていますが、癖になる美味しさです。せっかくの海外ですので珍しい味にぜひ挑戦してみてください★
キッズパックから大袋まで様々なサイズで販売されています。

OREO(オレオ)

いろんな種類が販売されています。

日本でもよく見かけるお菓子、オレオ。オーストラリアに来て驚いたのはその種類の豊富さ!!バナナやイチゴ、ホワイトチョコまであります。中のクリームも溶けづらいのでお土産にするのも良いですね!日本未発売の味をお土産に買って帰りましょう!2ドル程度からと安価で見慣れたお菓子ですが、空港のコアラクッキーよりもずっと盛り上がりますよ!(^^)

まとめ

いかがでしたか?どれも一般的なスーパーで売られている定番のお菓子です。値段の記載がないものも2ドルから4ドル程度、キッズパックや大袋でも10ドル以下の安価なお菓子を集めました。
定番のお菓子だけあって特売商品になっていることも多いです。

旅行に来られた際は、是非スーパーにも足を運んでみてください!

この記事のライター

オーストラリア在住(^^)ケアンズ、ブリスベン、メルボルン、アデレードなどオーストラリア中の情報をご紹介!

関連する投稿


インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産の代表といえばバティック(布)ですが、実は欧米人には、インドネシア各地の木彫りが大人気です。住宅環境のせいもあるかもしれませんが、日本人はあまり目をむけていない木彫り。博物館や美術館には、木彫りの物があり、見ることもできますが、各地の特徴があり手に入りにくい貴重なものも多いのです。ベルギーには専門の雑誌まであります。日本人がよく利用するお店には取り扱いが少ないこともありますが、各民族の伝統が反映された面白いものや、味のあるもの、1つとして同じものがないという高価なものもありますので、購入できるお店とあわせて紹介します。


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


ラッセル・クロウも巻き込まれた?ちょっと笑えるオーストラリアvsニュージーランド痴話喧嘩の数々

ラッセル・クロウも巻き込まれた?ちょっと笑えるオーストラリアvsニュージーランド痴話喧嘩の数々

「ダウン・アンダー(Down Under)」の愛称で親しまれるオーストラリアとニュージーランド。行き来も永住も自由で、国旗もそっくり、ラグビーの強国と共通点も多いものの、それ故にあれこれ優越をつけたがる微妙なライバル関係にあるのも事実なのです。「どっちでもいいじゃないか」なんて間違っても言ってはいけません。彼らが国のプライドをかけて展開する議論の数々をご紹介します。


週に1度はバティックデー。本気の買い物もお土産用にも、伝統の布バティック

週に1度はバティックデー。本気の買い物もお土産用にも、伝統の布バティック

ジャワ更紗の名で知られている、インドネシアの伝統の布バティック。老若男女も毎週金曜日はバティックデー、日本の浴衣とは違い、現在も普段着から正装まで幅広く着用されています。柄も地域で違うという、奥深いバティック(ジャワ更紗)の選び方と、普段着として着られるものから、お土産にオススメのお店やアイテムを紹介します。


手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

既製品よりもオーダーがなぜか安いジャカルタ。手作り大好きな人も、そうでない人も楽しい生地屋や手作り品のパーツが集まるパサールがあります。生地屋が取り囲むパサールで、好きな生地を買い、イメージを伝えるだけでオリジナルの服が作れます。自分で作る人は、驚くほどの安さで材料が買えますので、テンションあがること間違いなしです。


最新の投稿


インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産の代表といえばバティック(布)ですが、実は欧米人には、インドネシア各地の木彫りが大人気です。住宅環境のせいもあるかもしれませんが、日本人はあまり目をむけていない木彫り。博物館や美術館には、木彫りの物があり、見ることもできますが、各地の特徴があり手に入りにくい貴重なものも多いのです。ベルギーには専門の雑誌まであります。日本人がよく利用するお店には取り扱いが少ないこともありますが、各民族の伝統が反映された面白いものや、味のあるもの、1つとして同じものがないという高価なものもありますので、購入できるお店とあわせて紹介します。


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング