アムステルダム運河沿いのお勧めカフェCafé de jaren(カフェ・デ・ヤーレン)

アムステルダム運河沿いのお勧めカフェCafé de jaren(カフェ・デ・ヤーレン)

アムステルダムでのお買い物や街歩きに疲れた時は、運河沿いのこちらのオシャレなカフェバーで是非ほっと一息していってください。天気のいい日はテラスで、曇りや肌寒い日は屋内で、どちらも満喫できる環境のカフェです。客席も多いので、入れないことはないと思います。トイレのチップはあげなくても大丈夫ですよ!笑


アムステルダムと言えば運河!地図で見られる様に、アムステルダムのどこもかしこも運河が広がっていて、観光客向けに船で大体一時間で運河を渡るツアーも沢山あります。

また、天気のいい日は地元の人たちが小さなモーター付きボートに友達や家族4-6人で乗って、ワインやシャンパンを片手に遊覧していることも。

カイクデュインの記事で書いたとおり、オランダの夏の日照時間の最大は19時間!と長いですから、夏は人々が仕事を終えた午後5時頃から、このようなボートが運河を渡っているの景色を見るのは珍しくありません。

アムステルダムと言えば運河!多くの運河ツアーが運営されています。

もしアムステルダムにいらしたら、運河上からゆっくり街並みを観光するボートツアーの後、地元の人に混じって運河沿いでゆったりコーヒーやオランダビールを飲むのはいかがでしょうか?アムステルダムは観光客がとても多い街ですので、観光客相手のお店は沢山ありますが、今回は客層が地元の人が多く集まるオシャレで隠れ家的なカフェバーをご紹介したいと思います。

地元の人が集まるオシャレで隠れ家的なカフェバー

場所は観光名所で有名なレンブラント広場の近くにあり、そこから徒歩4分程です。Café de jaren(カフェ・デ・ヤーレン)という名前は英語に訳すとCafé of year、意味は年中楽しまれるカフェ、という感じで意訳できますね。17世紀に建てられたこちらも素敵で趣のあるNSホテルの隣にあります。天気のいい日は外に座るのが最高なテラスがあるんです。

Café de Jaren - Amsterdam カフェ・デ・ヤーレン 公式ウェブサイト

http://www.cafedejaren.nl/

In het hart van Amsterdam aan de grachten vindt u Café de Jaren. Een ruim café met restaurant, bar en terras, waar u lekker kunt lunchen, dineren.

カフェの周りには蔦が渡っていて、緑が気持いいテラスです。カフェからの景色はアムステルダム特有の運河沿いにレンガの家並みが続く景色。観光船、カモメ、地元の人が乗るボート、鳩に癒される景色です。

蔦が渡っているのがCafé de jaren(カフェ・デ・ヤーレン)外観です。右隣がNHホテルです。

Café de jaren(カフェ・デ・ヤーレン)テラスからの景色

モダンなラウンジバー音楽とともに、飾らない雰囲気の屋内

夏以外の季節は中からの景色もおすすめです。モダンなラウンジバー系の音楽とともに、お洒落なポスターがあちこちに貼ってある、飾らない雰囲気の屋内です。客席も多いので、満席ということはほとんどなく、中にはパソコンを持ち込んでリラックスな雰囲気でお仕事や勉強をしているオランダ人も見受けられます。

もちろん窓がガラス張りなので、テラスからの景色も屋内にいながら見られます。

モダンなラウンジバーの音楽と、飾らない雰囲気の屋内

中から蔦の緑を見ながらの景色も癒されますね。

オランダビールを中心としたメニューです。

あと、オシャレな外観の割に良心的な値段にも惹かれます。扱っているビールはオランダビールが主で、その他にもワインやコーヒー、ミントティーも揃っています。

オランダのチップ文化(トイレ編・レストラン編)

少し驚いた点は、こちらのカフェ、トイレが地下一階にあるのですが、階段を下った後人が座っていて、チップを求められる雰囲気です…(写真は撮れませんでした、笑)。一般的なオランダのカフェやレストランでチップを求められることは今までなかったので、びっくりして50セント置いてしまいました。オランダではショッピングモールや、公共トイレ(駅やイベント会場など)では30~70セントを求められるのが通常ですが、レストランで?と腑に落ちなかったので、後からオランダ人の友人に聞いてみました。

答えは「あげなくていい」とのこと。もしカフェを利用しない人がトイレを使用するならまだしも、カフェのお客さんであれば素通りでよいとのことです。万が一何か話しかけられたら、「こちらのカフェでお食事させていただいております」と言って客であることを主張すればよいとのこと。皆さんも同じような境遇になった場合は、素通りでよさそうですよ^^;

また、ヨーロッパの他の国(イギリスやドイツ、フランス)では、通常店員さんに支払額の10%程度のチップを渡すのが普通ですが、オランダはこちらも基本的に必要なし。特にサービスが満足だったという場合にのみ、端数のお釣りをあげるくらいでよいとのことです。

筆者もオランダに初めて来たときはヨーロッパ内なので不思議な感覚でしたが、慣れてくると日本と同じでチップをあげなくても店員さん達は普通に笑顔で対応してくれるので、住みやすい国だと感じています。

ドイツなどではチップをあげないとケチだなと思われる習慣があるので、隣国でも違う文化なんですね。

筆者は6月の下旬にこのカフェに行って、友達とミントティーを頂き、運河の景色を満喫してきました。店員さんたちも笑顔で素敵な対応でした。

アムステルダムでのお買い物や街歩きに疲れた時は、運河沿いのこちらのオシャレなカフェバーで是非ほっと一息していってください。天気のいい日はテラスで、曇りや肌寒い日は屋内で、どちらも満喫できる環境のカフェですよ。

この記事のライター

カフェ、自転車、ビール、オランダのアート(絵画、建築等)をこよなく愛しています。

関連するキーワード


オランダ アムステルダム

関連する投稿


北のヴェネツィアと呼ばれる街・ドルドレヒト(Dordrecht)とオシャレな穴場レストラン

北のヴェネツィアと呼ばれる街・ドルドレヒト(Dordrecht)とオシャレな穴場レストラン

多くの歴史的価値ある建物が残されているドルドレヒト。スペインからの独立を宣言し、オランダ独立国家の誕生を承認したオランダの記念の場所でもあります。北のヴェネツィアと呼ばれるほどで、のんびりと水路を見ながら、中世の時代に思いを馳せ、美味しい料理と素敵な食事で癒される、そんな素敵な休日にぴったりの街です。


一足早い春の声?オランダの「チューリップ解禁日」イベントに参加してみた!

一足早い春の声?オランダの「チューリップ解禁日」イベントに参加してみた!

オランダを代表するモノの1つと言えば、チューリップ。何百年も昔からその本場として名を馳せる国には、なんと「チューリップの解禁日」があった!?そんな「ナショナル・チューリップ・デー(National tulip day)」に参加しましたので、花に溢れたそのイベントの様子をレポートします。


アムステルダム市民の台所、アルバート・カイプ市場(Albert Cuypmarkt)をぶらり探索♪

アムステルダム市民の台所、アルバート・カイプ市場(Albert Cuypmarkt)をぶらり探索♪

オランダはアムステルダムで4大マーケットの一つとも言われる「アルバート・カイプ市場(Albert Cuypmarkt)」は、観光客の姿もよく見られますが元々は市民が普段使いするマーケット。今回は、フルーツや肉といった新鮮な食材からオランダの名物スイーツまで、市場の軒先に並ぶ品物をのぞきながら歩いてみます。


美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

ハーグ市場は、オランダで最大のマーケットであり、ヨーロッパでも最大の市場のうちの一つです。500余りの露店が出て、様々な人種や商品が見られるのと共に、美味しくて新鮮な果物や野菜などの食べ物と、お買い得な衣料品や子供服、バック、靴、ペンキ、工具、日用品から電化製品まで、ありとあらゆる掘り出し物も見つかる可能性が大ですよ!


オランダに来たら絶対外せない景色、世界遺産 キンデルダイク(Kinderdijk)の風車群

オランダに来たら絶対外せない景色、世界遺産 キンデルダイク(Kinderdijk)の風車群

オランダといえば一番に、平らな平和な風景と共に風車と思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?ロッテルダムから水上バスで30分、バスで1時間ほどの場所あるキンデルダイクは、オランダの中で最も数多い19基の風車が並んで建っている地域です。ずらーっと風車が並ぶ風景は、まさにオランダ!というイメージ通りの風景です。


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング