偉大な絵本作家・表紙グラッフィック画家Dick Bruna(ディック・ブルーナ)さんと、街で見かけたミッフィーたち

偉大な絵本作家・表紙グラッフィック画家Dick Bruna(ディック・ブルーナ)さんと、街で見かけたミッフィーたち

ミッフィーの生みの親であるディック・ブルーナさんは2017年2月16日に89歳で亡くなられました。現地の新聞で取り上げられ、ブルーナさんを偲ぶための作品の展示会等も開催されています。日本でも大人気のミッフィーのグッズは、オランダの街でもよく見かけられます。そんな街で見かけた、ミッフィー達を現地から発信します!


オランダで一番有名なキャラクターと言ったら?皆さんご存知ミッフィーです。オランダ語ではnijntje(ナインチェ)と呼ばれ、小さなうさぎさんという意味で地元の子供たちから親しまれているキャラクターですが、国際的には恐らくマーケティング戦略で英語名でMiffy(ミッフィー)の名で出ているのでしょう。

地元でも全世界からも愛された、ミッフィーの生みの親ブルーナさん

ミッフィーの生みの親であるディック・ブルーナさんは今年(2017年)2月16日に89歳で亡くなられました。ミッフィーの書籍は全世界で50以上の言語に翻訳され、8500万枚の本を売り上げたとされています。全世界から愛される絵本作家として親しまれていましたから、オランダでも悲しむ人が多かったです。その日の新聞には一面にブルーナさんの生前の写真や、ブルーナさんへの哀悼、死を慈しむ声が載っていました。

子供が大好きだったブルーナさんは、時には子供たちへの絵本の読み聞かせをするイベントも主催していたそうで、常に子供たちの目線で見て、考えて、作品を創っていたのでしょう。

また、人柄はとても気さくで、生前はUtrecht(ユトレヒト)の街に住んでいれば、他のオランダ人に交じってブルーナさんが自転車でアトリエまで通勤している姿を見かけることもできたそうです。鼻髭が特徴的な、優しそうな方ですよね。写真からもミッフィーの作者だったことが頷けますね。

デンハーグのブルーナさんの書籍表紙アートの展示会

それから1か月後、ちょうどデンハーグの市役所でブルーナさんを偲ぶためでしょう、作品の展示がされていました。ミッフィーの絵本作家として知られるブルーナさんですが、メグレ警部シリーズを始めとする書籍の表紙を描いた作品の画家としての功績も素晴らしく、何百冊もの表紙が展示されていました。無料で見られたのが奇跡です!

下に飾られているのがメグレ警部シリーズです。

ブルーナさんの特に注力していた分野として、赤十字と教育があります。こちらの書籍はそれらの分野を対象としています。

これは様々な文化を対象としたシリーズです。エスニックでお洒落な表紙ですね。

その素朴な曲線と、シンプルかつ目立つ色使いが特徴で、ブルーナさんの作風は日本でも人気ですよね。ブルーナさんはミッフィーの作品の色には基本の『ブルーナカラー』と呼ばれる赤、青、白、緑、黄色を使っていたそうです。

ちなみに筆者はこの色使いは別のオランダ画家Mondorian(モンドリアン)と極めて似ているな、と思っています。モンドリアンは20世紀始めに、赤、青、黄色の三原色だけを基調として直線だけで様々なアートを描いてきた画家です。

ちょうど今年は彼の作品の100周年記念で、ミュージアムで特集されていたり、お店で彼の作品をモチーフにしたアイテムをよく見かけます。今後彼をタイトルにした記事も書きたいと思っています。

街で見かけた、ミッフィーたち

さて、ミッフィーの話に戻りますと、ミッフィーは街で本屋やお土産屋さんを中心によく見かけます。こちらはアムステルダムのお土産屋さんのディスプレイです。

また、空港でもやはり多くのミッフィーが見かけられますね^^ただ、ヨーロッパ人からしてみるとキャラクターは子供の時に使うものというイメージが強く、これを売っている店もおもちゃ屋さんでした…。

日本ではキャラクターがどこもかしこにも見かけられますが、ヨーロッパ人からすると、それを大人になっても集める日本人は子供っぽく見えるのでしょうね。(筆者は気にしませんが。可愛い物は可愛いですしね^^)

アムステルダム空港のおもちゃ屋さんで見かけたミッフィー達。日本では買えないような商品が揃っています。

あと、ブルーナさんの作品はキャラクターというだけではなくアートとしての観点からも見られます。

オランダでは、日本では売られていないレアなミッフィーの商品や、プレミアがつく限定品等も売られているそうです。また、先ほどご紹介した、展示会やミュージアムの企画等も多くあります。これからも街で見かけたアートや、ミッフィー達を、現地から発信していきます!

この記事のライター

カフェ、自転車、ビール、オランダのアート(絵画、建築等)をこよなく愛しています。

関連するキーワード


オランダ

関連する投稿


観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

アムステルダム中央駅には、ただ通過するだけではもったいない充実した設備があります。建物の外装や内装のインテリア、おいしいレストランやゆっくりできるカフェ、話題のオーガニック素材を扱ったグッズのショッピングなど、隠された見どころもたくさんあります。ぜひ見学して自分なりの楽しみ方でエンジョイしてください♪


北のヴェネツィアと呼ばれる街・ドルドレヒト(Dordrecht)とオシャレな穴場レストラン

北のヴェネツィアと呼ばれる街・ドルドレヒト(Dordrecht)とオシャレな穴場レストラン

多くの歴史的価値ある建物が残されているドルドレヒト。スペインからの独立を宣言し、オランダ独立国家の誕生を承認したオランダの記念の場所でもあります。北のヴェネツィアと呼ばれるほどで、のんびりと水路を見ながら、中世の時代に思いを馳せ、美味しい料理と素敵な食事で癒される、そんな素敵な休日にぴったりの街です。


一足早い春の声?オランダの「チューリップ解禁日」イベントに参加してみた!

一足早い春の声?オランダの「チューリップ解禁日」イベントに参加してみた!

オランダを代表するモノの1つと言えば、チューリップ。何百年も昔からその本場として名を馳せる国には、なんと「チューリップの解禁日」があった!?そんな「ナショナル・チューリップ・デー(National tulip day)」に参加しましたので、花に溢れたそのイベントの様子をレポートします。


アムステルダム市民の台所、アルバート・カイプ市場(Albert Cuypmarkt)をぶらり探索♪

アムステルダム市民の台所、アルバート・カイプ市場(Albert Cuypmarkt)をぶらり探索♪

オランダはアムステルダムで4大マーケットの一つとも言われる「アルバート・カイプ市場(Albert Cuypmarkt)」は、観光客の姿もよく見られますが元々は市民が普段使いするマーケット。今回は、フルーツや肉といった新鮮な食材からオランダの名物スイーツまで、市場の軒先に並ぶ品物をのぞきながら歩いてみます。


美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

ハーグ市場は、オランダで最大のマーケットであり、ヨーロッパでも最大の市場のうちの一つです。500余りの露店が出て、様々な人種や商品が見られるのと共に、美味しくて新鮮な果物や野菜などの食べ物と、お買い得な衣料品や子供服、バック、靴、ペンキ、工具、日用品から電化製品まで、ありとあらゆる掘り出し物も見つかる可能性が大ですよ!


最新の投稿


全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

真っ赤な看板と白髪老人の笑顔。中国広東省の広州市には、数え切れないほど多くのケンタッキー・フライドチキンがあります。もう何年も前から、ケンタッキーは中国社会にも受け入れられているようです。今回は、中国版ケンタッキーの日本にはないおススメ中華メニューや中国旅行時の中国ケンタッキー活用方法をレポートしていきたいと思います。


タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイは、良質なレーザー商品を比較的安く購入することができる場所として知られています。日本で革製品のオーダーメードというとハードルが高く感じますが、タイでは日本に比べてリーズナブルな値段でオーダーメードできてしまうんです。今回は、そんなオーダーメードの店、トニーカスタムメード(Tony Custom Made)で実際にサンダルをオーダーメードしてみました。サンダルが出来上がるまでは?出来上がったサンダルの感想は?お伝えします。


狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

ソウルの高級エリア、狎鴎亭(アックジョン)。整形外科や皮膚科、ハイセンスなブティックなどが立ち並ぶ女性観光客には人気のエリア。しかし、カップルや家族での旅行の場合、男性や子供は時間を潰すのに苦労しそうなエリアでもあります。今回、ご紹介するのは「現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル」です。


観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

アムステルダム中央駅には、ただ通過するだけではもったいない充実した設備があります。建物の外装や内装のインテリア、おいしいレストランやゆっくりできるカフェ、話題のオーガニック素材を扱ったグッズのショッピングなど、隠された見どころもたくさんあります。ぜひ見学して自分なりの楽しみ方でエンジョイしてください♪


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング