日本人が好きそうな味の南国フルーツ!タイで見つけたおいしいフルーツをご紹介

日本人が好きそうな味の南国フルーツ!タイで見つけたおいしいフルーツをご紹介

南国といえばフルーツ。南国で知らないフルーツに出会っても、食べてみるにはどこか抵抗がありますよね。食べ方も味も、何も情報がないのであれば当然です。そこで今回は、「日本人が好きそうな味」の南国フルーツを厳選してご紹介します。私が自信を持っておすすめできる南国フルーツを、3つピックアップしてみました。参考になれば幸いです。


日向夏の味にそっくり!ほのかな甘みと酸味がクセになる「ガトーン」

ソフトボール大のガトーン

「ガトーン」となんとも可愛らしい名前。英名は「Santol」といいます。直径が5cm前後~20cm近いものまで様々ですが、よく見かけるのはソフトボール大のもの。通常は、表皮を除いた部分を食べますが、料理に使われる場合もあります。私はデザートとして食べる方が断然好みです。中心にある種は、とても柔らかいにもかかわらず、歯で噛み切ることは出来ない不思議な食感をしています。種も甘みがありますから、飴玉のようになめて楽しむと良いでしょう。種のまわりの果肉部分はふわふわとして、イメージとしては「日向夏」の白ワタを分厚くした感じ。味も日向夏のようで、ほのかな甘みに酸味があっておいしいです!熟して甘みの強いものは、ほんのりももの味もしますよ。小さい頃、日向夏を食べて育った私にはとても懐かしい味でした。たまに恋しくなりそうな予感です。

ガトーンには食べ方があるそう。タイ人に教えてもらいました。まずは、りんごの皮むくように表皮を取り除きます。次に切り込みを入れていくだけ。あとは、手でちぎりながら食べます。ちぎる感触も楽しいですよ。ガトーンは、果肉が空気に触れるとすぐに茶色に変色してしまうので、皮を剥いたら早めに食べてくださいね。タイフルーツの中では高価な方ですが、1玉100円もしません。

まずは皮をきます

ガトーンの切り方

日本人がスイカに塩をかけて食べるような感覚で、タイ人は、砂糖と唐辛子を混ぜたものをフルーツにつけて食べます。フルーツを買った時に、その調味料をつけてくれたりしますが、ガトーンに関しては何もつけないでシンプルに食べるほうがおすすめです。

ジャリジャリした食感が楽しい!甘みの強い「ノイナー」

ノイナーはりんごくらいの大きさ

ノイナーは、日本では「バンレイシ」という名前で知られているトロピカルフルーツ。果実の表面にあるいぼいぼが、仏像の頭に似ていることから、釈迦頭や仏頭実とも呼ばれるそう。英名はカスタードアップルで、こちらも可愛らしい名前ですよね。タイではポピュラーなフルーツの1つです。

ノイナー


食べる際に包丁は不要です。ノイナーは柔らかく、少し力を加えるだけで皮がほろほろと取れていきますよ。表面の緑の皮と芯以外の白い部分を食べます。黒い種がたくさん入っているのでちょっと面倒ですが、とにかく甘くておいしいです。香りも良いので、日本人も食べやすいでしょう。歯触りはジャリジャリしていて梨のよう。少し黒くなって柔らかい位が食べ頃です。

見た目も可愛い!フルーティーな香りが特徴の「マンゴスチン」

1キロ40バーツ

「果物の女王」と呼ばれるマンゴスチン。冠がついていて、見た目も可愛いです。マンゴーと名前が似ていますが、マンゴーと関係はありません。デリケートな食感を楽しむため、生で食べるのが一般的ですが、ジュースや缶詰に加工されることもあります。日本だと1つ150円前後するマンゴスチンですが、タイでは1キロ40バーツ(約120円)で売られています。1キロで10〜15個ほどですから、かなりお得感があります。

マンゴスチン

マンゴスチンは、包丁などで切り込みを入れると綺麗に身が現れます。果肉はやわらかく、フルーティーな香りで甘酸っぱい味がします。一言で言えば「上品な味」でしょうか。紫色の果汁が服につかないように注意です。

最後に

タイはとにかくフルーツ天国。見たこともないフルーツによく出会いますが、まだまだ私が知らないものばかりでしょう。少しずつ覚えていくことも楽しんでいるところです。初めて見るものは、見た目から抵抗があるかもしれませんが、これらのフルーツの美味しさを、少しでも多くの人に知ってもらえますように。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ

関連する投稿


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

南国に住んでいる醍醐味の1つが、フルーツ天国であることです。タイでは毎年6月頃になると、おいしいドリアンが出てきます。私もタイに来るまでドリアンを食べたことがなかったのですが、タイでおいしいドリアンを食べてからというもの、すっかりドリアンが大好きになりました。最近はドリアン市場に通ってしまうほどハマってしまっています。


タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

今話題の「もちシュークリーム」というスイーツをご存知でしょうか?タイ在住の日本人の間で話題になっているスイーツで、タイのセブンイレブンでゲットすることができます。日本人が多く住むエリアのセブンイレブンでは、売り切れが続出しているとか。日本人からも高評価で、コスパもバッチリな「もちシュークリーム」についてご紹介します。


スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

韓国をはじめ日本でも人気のファッションブランド「STYLENANDA 」をご存知ですか?スタイルナンダはファッションだけでなく、3CEというコスメブランドも展開しており、中でも「ウユクリーム」がヒットしています「STYLENANDA」はバンコクにも出店していて、ウユクリームはバンコクでも手に入れることができちゃいます!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング