週に1度はバティックデー。本気の買い物もお土産用にも、伝統の布バティック

週に1度はバティックデー。本気の買い物もお土産用にも、伝統の布バティック

ジャワ更紗の名で知られている、インドネシアの伝統の布バティック。老若男女も毎週金曜日はバティックデー、日本の浴衣とは違い、現在も普段着から正装まで幅広く着用されています。柄も地域で違うという、奥深いバティック(ジャワ更紗)の選び方と、普段着として着られるものから、お土産にオススメのお店やアイテムを紹介します。


そもそもバティックとは?

インドが起源のろうけつ染めの技法で、東南アジアに伝わったあとインドネシアで独自に発展し、「ジャワ更紗」の名前で知られています。

シルクや綿の布に下絵を描き、チャンティンという道具を使って蝋で絵を描いていきます。染色した後に蝋を熱湯で洗い流すと、蝋を引いた部分が染まらずに白く残って柄ができます。

蝋を引く道具

細かい図柄や多色使いなど、工程が多いものは出来上がるまでに時間がかかるため大変高価になります。また天然染料のものは、色がかさなるほど生地自体も丈夫になっていくと言われています。

完全に手書きのバティック製作は、多くの時間と集中力が必要となりますので、昔は良家の子女の精神修養でもありました。もともとは王族や貴族のものであったバティックが一般に広まったもので、10世紀中ごろには大量生産を目的に、判子のような押し型も開発されました。

チャップと呼ばれる押し型

一時は日本の着物のように、若い人が離れていっていたバティックですが、ユネスコの世界無形文化遺産にもなり、毎週金曜日はバティックデーにしている会社や学校も多く、公共機関の制服にもなっています。

インドネシアのお土産といえば、バティックははずせません。高価なものからばら撒き土産用にも様々ありますが、地域によって柄や色の特色もあります

地域による違い

ジャカルタの名所をモチーフに使ったもの

ジャカルタは首都だけあって、各地のバティックが集まる展示会なども良く開かれています。ジャカルタの名所をモチーフに使った新しいタイプのバティックです。

ジョグジャカルタ

ジャワの王朝があり、今でも王族が住む古都ジョグジャカルタでは伝統的な茶色を使った伝統的なカラーが中心です。

インドネシアのバティックは空間を埋めていくのが特徴で、ジョグジャのバティックは特に細かい柄がポイントです。やや男性的な上に上昇する意味のある鳥の柄など古典的なものが多いです。

チレボン

海沿いの町、こちらも王族がすんでいた町ですが貿易の影響もあり、中華風の華やかな柄が多く色も柔らかく明るい色が豊富です。

バティックを購入する場所や注意点

本物のバティックは、買いやすい値段からびっくりするような高額ものまでさまざまです。もし本当のバティックが欲しい場合はどこをみれば良いでしょうか?

チャンティンによる手描き

写真のように、柄ひとつずつに蝋を引いてから染色するので、本物のバティックは裏と表の区別がつかないくらいです。1枚1枚つくる手作業によるバティックは、長いものでも3.5mほどしかありません。

柄はバティック風でも巻物で売っている大量生産のものは、機械によるプリント生地なので、表面のみ色や柄がつくので、裏側は白っぽく表裏がはっきりしています。

ただし、本物のバティック生地は高価でもあり1枚の絵のようになっていますので、なかなか鋏で切ってしまうのももったいない物もあります。ジャカルタはオーダー天国です。好きな形の服を作ったり、雰囲気だけバティック風にしたい場合は、生地屋さんでバティック風プリント生地を購入して作るというのもおすすめです。

また、バティック果てで染めた生地で、中には天然染料で染めたものもあり、普段の洗濯のときに普通の洗濯潜在を使用すると、少しずつ色が変わってきます。長く大切に着るものでしたら、色が変わっていくのも味があっていいですが、普段使いの服などはプリント生地のほうが向いている場合もあります。

どこで手に入るか

イベントで

大きな展示即売会

インドネシアの特産であるバティックは、外国人だけでなくローカルのインドネシア人もよく着用します。各地方による違いもあるので、大きなコンベンションセンターで行われるイベント、各地のバティックが一堂に会する展示即売会のイベントに足を運んで、お気に入りのものを探すという手もあります。

旅行先バリで

インドネシアで一番の観光地バリ、街中でもお土産やさんでも売っています。バティック工房が並ぶ村にいけば1枚の絵画のようなバティックもあります。バリでは南国のリゾート地らしい明るい色のタペストリーがオススメです。

パサール(市場)で

プリント生地

以前書きましたが、ジャカルタでは【パサールマエスティック】という生地の市場があり、プリント生地も本物のバティックも両方手に入ります。

手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

http://travelclip.jp/articles/688

既製品よりもオーダーがなぜか安いジャカルタ。手作り大好きな人も、そうでない人も楽しい生地屋や手作り品のパーツが集まるパサールがあります。生地屋が取り囲むパサールで、好きな生地を買い、イメージを伝えるだけでオリジナルの服が作れます。自分で作る人は、驚くほどの安さで材料が買えますので、テンションあがること間違いなしです。

有名なお店で

【BIN HOUSE】ジャカルタが本店の手書きバティックやさんです。オーナーが日本人女性で、シルクなどに手描きしているので、値段は高めですが、落ち着いた雰囲気と手作業による丁寧な作りのバティックが駐在妻に大人気です。

Showroom | BINhouse

http://binhouse.jp/showroom/

ビンハウスジャパンの小さなショールームが 青森市月見野と東京都世田谷にあります。 創作集団ビンハウスの世界をご案内しております。 お電話メールでのご連絡後の開店も致します。月見野さやん 〒030-0958 青森県青森市月見野1丁目7−18 戸山中央通りのバス停から歩いて5分 奥沢さやん 〒158

実は日本でも、このBIN HOUSEがあり購入することができます。

バティックで作った服から、鞄やテーブルクロスなどの小物までお土産用にもいろいろありますが、ため息が出るほど美しい本物のバティックは、生地のまま飾っておいても絵画のようです。インドネシア伝統のバティックは日本の着物や浴衣にも合うので、お土産に持って帰っても日本でも使いやすいです。

インドネシア伝統の布バティック。ぜひ柄や色使いなど見比べながら選んでみてください

この記事のライター

2017年4月よりジャカルタに在住。旅行者と同じように観光スポットめぐりをしてますので、在住者ならではの情報をあわせてお届け

関連する投稿


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


世界一の観光地バリ島で、どのホテルに泊まればいいの?エリア別おすすめ情報

世界一の観光地バリ島で、どのホテルに泊まればいいの?エリア別おすすめ情報

世界一の観光地インドネシアのバリ島。エリアによって雰囲気もアクティビティも金額も違います。何をしたいか?見たいか?によって選ぶエリアを間違えると、行ったり来たりが意外と大変です。リピーターも多いバリ島で、ホテル選びをどこにするか?1回といわず2回、3回泊まるエリアを変えるのも楽しいです。バリ初心者のためのエリア情報です


手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

既製品よりもオーダーがなぜか安いジャカルタ。手作り大好きな人も、そうでない人も楽しい生地屋や手作り品のパーツが集まるパサールがあります。生地屋が取り囲むパサールで、好きな生地を買い、イメージを伝えるだけでオリジナルの服が作れます。自分で作る人は、驚くほどの安さで材料が買えますので、テンションあがること間違いなしです。


【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(小学生向け)を4つご紹介いたします。


【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(プレママ~幼児向け)を4つご紹介いたします。


最新の投稿


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

今回cedeleというカフェに行ってきました。シンガポールのあちこちに展開しているチェーン店です。テーブルでカフェラテを飲みながら休んでいると、多くの人が共通のものを注文していることに気づきました。テーブルにある、大きなボールと美味しそうなパン。このカフェの面白いシステムについてご紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング