パースのおしゃれなウオーターフロント「エリザベスキー(Elizabeth Quay)は、まだまだ進化中!

パースのおしゃれなウオーターフロント「エリザベスキー(Elizabeth Quay)は、まだまだ進化中!

パースの「エリザベスキー」は、スワン川沿いの新しい観光エリアとして、2016年に完成しました。シドニーの「サーキュラーキー」を模して作ったようだという意見もありますが、まだまだ進化の途中です。これからの、さらなる発展で、パースらしい充実したエリアになることを期待しています。


「エリザベスキー」はスワンリバー沿いの憩いのエリアです

エリザベスキーの目の前にはスワンリバー、背景にはパースのビル群が広がっています。

エリザベスキー(Elizabeth Quay)は、パースのスワンリバー沿いのウオーターフロントを、4年間かけて再開発し、2016年にオープンした新たな観光スポットです。

以前は、パースジェティ(Perth Jetty)とか、バラックストリートジェティ(Barrack Street Jetty)と呼ばれていたエリアですが、エリザベス女王の名前を冠した「エリザベスキー」として、生まれ変わりました。(Jetty, Quayは、どちらも埠頭、船着場と言う意味があります)

昔から、ここには、対岸のサウスパースに渡るフェリー、パースとロットネスト島を結ぶフェリーのほか、ワインの産地スワンバレーに向かうワインクルーズの船を利用する際の船着場として利用されてきました。そして、この再開発では、新たに人工的な入り江が作られ、それを囲むように美しい散策エリアが整備されました。

川のほとりや、海沿いの水辺は、世界中どこでも、人々が集まる憩いの場になります。パースでも例外ではありません。このエリザベスキーの北側は、高層ビルが立ち並び、パース随一のビジネス街になっています。また、スワン川沿いには、大きなホテルも複数あるので、地元の人はもちろん、観光客にとっても、アクセスしやすいエリアになっています。

エリザベスキーのシンボルの大きなオブジェ。夜にはライトアップされます。

シドニーのサーキュラーキーのミニチュア版という意見も?

スワンベルタワーは、オペラハウスを模している?

このエリアには、エリザベスキーが完成する前から、「スワンベルタワー」という建物が存在しています。高いビル群を背景にすると、タワーと呼ぶには、物足りない高さの建物ですが、西オーストラリア州の鳥であるブラックスワンを模したデザインは、なかなか個性的だと思っていました。

しかし、現地の人々の中には、スワンベルタワーはシドニーのオペラハウスを意識したデザインだと思っている人も多いようです。そう言われてみれば、羽の重なりのようなデザインの部分が、シドニーオペラハウスのボートの帆が重なったような雰囲気を思い起こさせます。

観光客を乗せたミニクルーズ船が埠頭に入ってきます。

そして、この新しいエリザベスキー一帯を、まるでシドニーの「サーキュラーキー」のミニチュア版のようだという人々もいます。シドニーに行ったことがある人なら、「サーキュラーキー」といえば、あのシドニーの象徴的な建物であるオペラハウスがあるエリアを思い出す人も多いでしょう。そういう視点で見てみると、エリザベスキーの新しい橋も、ハーバーブリッジを模して作ったのかと思えてきます。

整備された水辺を気持ち良く歩きながら、そんな話を聞いていたら、もう少しパースらしいオリジナリティのある発想ができなかったのかなあと、ちょっと残念に思いました。

シドニーハーバーブリッジよりずいぶん小さいですが、歩いて渡れる橋もあります。

それでも、このエリアには、子供達が遊べるプレイグラウンドやウォーターパークなどもあり、観光客だけでなく、地元のファミリーにも好評のようです。季節によっては、アートフェスティバルや、スクールホリデーのイベントなども行われ、いろいろな楽しみ方ができるようになってきたようです。

写真をを撮って帰るだけの観光地に比べて、歩いて橋を渡り、スワンリバーの風を感じながら、自分の足でぐるっと回って散策できるのが、ミニチュア版のいいところなのかもしれません。

散策だけの物足りなさも解消し、飲食店も充実してきました

1927年に建てられた当時のキヨスクの建物も、移築され、大切に使われています

エリザベスキーがオープンしたばかりの頃、初めて訪れたときは、夏の暑いときでした。そのときは、一通り散策したあと、冷たいものでも飲んで、一休みしようと思っても、適当なお店が少なすぎて、がっかりしたのを覚えています。

今回は、初めて訪れた時に比べると、レストランやカフェ、アイスクリームショップなどが出来ていて、お茶を飲んだり、食事をしたりする場所としても、十分機能が果たせるようになっていました。

90年前にこのエリアに作られたレンガ造りのキヨスクも、移築されて、新しいレストランとしてオープンしていました。

日曜日の昼下がりには、オープンエアーのパブで、ビールを片手にくつろぐ雰囲気も、ぴったりマッチしていました。

冬でも、日差しを浴びながらビールを楽しめます。

エリザベスキーは今もまだ発展中です

大きなホテルと高層マンションを建設中です。

空を見上げると、ベルタワーよりもずっと高いクレーンが4基、そびえ立っていました。ここには、5スターホテルの「リッツカールトンホテル」が、その隣にも、大きなタワーマンションが建設中で、2019年に完成予定です。これらが完成したら、さらに、この周辺の景色や雰囲気は、大きく変わっていくのでしょう。

これからも、このエリザベスキーが、パースらしく、小さくコンパクトにまとまった観光エリアとしてさらに充実していくことを、楽しみにしていきたいと思います。

そして、パースに観光に来るみなさんには、シドニーのサーキュラーキーと比べながら散策する楽しみも、味わってほしいと思います。

この記事のライター

オーストラリアの西海岸、パース在住です。オーストラリアの日々の暮らしの中で見つけたお気に入りを紹介していきたいと思っています。

関連するキーワード


オーストラリア パース

関連する投稿


フリーマントルへ行くなら週末がおすすめ!フリーマントルマーケットを思い切り楽しもう!

フリーマントルへ行くなら週末がおすすめ!フリーマントルマーケットを思い切り楽しもう!

西オーストラリア州の港町フリーマントルでは、週末マーケットが開かれています。オリジナルのおみやげを見つけたり、世界各国のおいしいランチを楽しんだり、グルメフードのショッピングをしたり、マーケット内を散策するだけでワクワクしてきますよ。観光客にも地元の人たちにも大人気のスポットで、週末のひとときを思い切り楽しみましょう。


パースシティのすぐそばの湖「レイク・モンガー」でウォーキング!ブラックスワンにも会える!

パースシティのすぐそばの湖「レイク・モンガー」でウォーキング!ブラックスワンにも会える!

パースシティのすぐそばに「レイク・モンガー」という湖があります。水辺には、遊歩道や公園が整備され、ウォーキングやジョギングを楽しむ人々、広い芝生やプレイグラウンドで遊ぶ子どもたち、元気に走り回る犬たちなど、パース市民に親しまれている憩いのエリアです。西オーストラリアの州の鳥でもある美しいブラックスワンにも会えますよ。


パースのナイトライフならノースブリッジ!夜だけじゃない充実のランチやスイーツにも注目!

パースのナイトライフならノースブリッジ!夜だけじゃない充実のランチやスイーツにも注目!

パースの繁華街「ノースブリッジ」は、にぎやかなナイトライフが楽しめるエリアです。バラエティ豊かな飲食店が集まり、夜だけでなく、ランチやスイーツが楽しめるお店も充実しています。たくさんの飲食店の中から、昔から変わらないノースブリッジ定番のお店を中心に紹介します。ストリートを散策して雑多な雰囲気を味わうのも楽しいですよ。


キングスパークは景色を楽しむだけの場所じゃない!ジェイコブズ・ラダーでストイックなトレーニングに挑戦!

キングスパークは景色を楽しむだけの場所じゃない!ジェイコブズ・ラダーでストイックなトレーニングに挑戦!

キングスパークは、パースの美しい風景が見渡せる最も有名な観光名所です。実は、観光客が訪れるエリアは、キングスパークのほんの一部分です。今回は、キングパーク内の知る人ぞ知るトレーニングスポット「ジェイコブズ・ラダー」を紹介します。かなりストイックなトレーニングができる施設ですので、パース市民に混じって挑戦してみましょう!


アデレードでおすすめのパン屋さん♪優しい味と香りがオーストラリアでも人気!

アデレードでおすすめのパン屋さん♪優しい味と香りがオーストラリアでも人気!

アデレードは小さな町のわりにパン屋さんがたくさんあります(^^)そのなかで今回オススメしたいのはセントラルマーケットの中にある知る人ぞ知る小さな個人経営のパン屋さん♪セントラルマーケットはアデレード駅から無料トラムで数分と訪れやすい場所。手ごろなお値段で優しい味と香りのパンを楽しめます!


最新の投稿


今ロサンゼルスでファッションにうるさい若者が集まる通りアボット・キンニー通りで見つけた超おしゃれ雑貨店

今ロサンゼルスでファッションにうるさい若者が集まる通りアボット・キンニー通りで見つけた超おしゃれ雑貨店

今回は今ロサンゼルスの若者に人気のスポットであるベニスのアボット・キンニー通りからおしゃれすぎてたまらない雑貨店のグロー・ベニスというお店を紹介します。ビーチ感のあるおしゃれ雑貨が好きな方には外せないお店です!アメリカっぽくおしゃれで、でも他の人が絶対持っていないようなものを探している方には超おすすめのスポットです!


これこそまさに!正真正銘の本物の天然温泉?ベントンにある温泉で泳いでみました!

これこそまさに!正真正銘の本物の天然温泉?ベントンにある温泉で泳いでみました!

マレーシアの首都、クアラアルンプールから車で約1時間ほど内陸側に走った場所に、ベントンという小さな街があります。ベントンにはなんと天然温泉があります。文字通り「天然温泉」としか言いようのない場所でした。地元の人と混じってベントン温泉を楽しんでみました。


マネパカードの評判や口コミは!?手数料も安くて国内外でも使えるのは最大のメリットです!

マネパカードの評判や口コミは!?手数料も安くて国内外でも使えるのは最大のメリットです!

海外プリペイドカードで有名なマネパカードの最大のメリットはやはり手数料。海外では普通のクレジットカードでもショッピングなどの際、必ず手数料が発生します。しかしこのマネパカードの手数料はクレジットカードよりも安いという最高にお得なカードです。プリペイドなので使いすぎることもなく、渡航先の現地通貨をいつでも引き出せます!


ロサンゼルス近郊マリブ・ビーチに行ったら途中にあるマリブ・ビレッジ&マリブ・カントリー・マートでお買い物を楽しもう!

ロサンゼルス近郊マリブ・ビーチに行ったら途中にあるマリブ・ビレッジ&マリブ・カントリー・マートでお買い物を楽しもう!

今回はロサンゼルス近郊にあるとても美しいことで有名な観光地のマリブ・ビーチに行く途中にあるシッピングモールを紹介します。このモールはローカルなお店から化粧品店のセフォラや、高級ブランドのブティックなど、様々なお店が並ぶゆったりとしたショッピングモールです。マリブビーチに遊びに行ったらぜひ寄り道をしてほしいです。


テクパンでヨーロッパを味わう!グルメの方必見です。空港から一時間で行けます

テクパンでヨーロッパを味わう!グルメの方必見です。空港から一時間で行けます

グアテマラで、おいしい豚肉をたべたくなったら、テクパン(TECPAN)へ。ヨーロッパ移民から受け継いだ伝統手法で作る、生ハムやソーセージは最高です。また、広々とした、牧場も多々あるので、のんびりするのに最適です。都会の雑踏に疲れたら、ぜひテクパンに。おいしい、ジャージー牛乳やヨーグルトも売っています。おススメです!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング