日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


世界一観光客に不親切な国ボリビア

まだまだ観光業においても途上国のボリビア

雄大なアマゾン山脈と豊饒なアマゾンのジャングルに囲まれたボリビアは魅力的な観光スポットがたくさんある国です。しかし、日本でも知名度が有名になってきても取り上げられるのはウユニ塩湖と首都のラパスばかり。他の観光スポットや秘境が取り上げられることは少ないです。

ボリビアの熱帯のほうには美しい大自然を楽しむことのできるスポットがありますが、まだまだ観光地化されていないという現実があります。また、少し恥ずかしがり屋で内気な性質を持つボリビア人は観光客にとって少し愛想の悪い態度をとってしまうことがあります。

それゆえに、数年前にボリビアは世界一観光客に不親切な国というランキングで一位になってしまったことがあります。生活してみると、優しく愛情深い方がボリビアにはたくさんいるのでこのランキングには少しがっかりしたのを覚えています。

しかし、観光客が多く訪れる国では片言の英語でジェスチャーを交えながらなんとかコミュニケーションをとることができますが、こちらボリビアは英語をできる人は本当に少なく公用語のスペイン語しか通じません。また、観光地においても良いホテルがまだまだそろっていなかったりします。

観光ガイドをどこで見つけたらよいのかもよくわからず、観光業においてはまだまだ成長段階です。日本では絶対に見ることのできないような絶景を見ることができるにもかかわらず観光地化されてない現状には悲しくなります。

今回、そんなうまく観光地化されていないボリビアの絶景スポットをご紹介したいと思います。その名もチョチスという村です。

絶景スポットチョチスへは第二の都市サンタクルスから

超巨大な一枚岩を堪能できる絶景スポットチョチス

ボリビア第二の都市サンタクルスから東へ長距離バスで約5時間ほどの場所にチョチス村という絶景スポットがあります。長距離バスに乗っていると左手に超巨大な岩壁が見えてくるのに気づくと思います。それこそが今回ご紹介したいチョチス村です。

ここには悪魔の親知らずと呼ばれる超巨大な一枚岩とまるでグランドキャニオンを思わせるような岩壁が見えます。日本では見ることができない壮大な絶景を楽しむことができるのです。

さっそくチョチスの目玉スポット一枚岩を登ってみる

間近で見たときの迫力はものすごいです

チョチス村に入ると閑散とした雰囲気に驚かれると思います。こんな雄大な絶景スポットがあるのにどうしてこんなに静かなんだろう。そうです。このチョチスはほとんど観光地化されていません。もちろん、ホテルやレストランはありますが、観光客向けに解放されているかといえば疑問の残るところ。

村の人は都市部に出稼ぎに行ったり、カンポとよばれる少し田舎へ行って畑仕事をしたりしています。なので、町から人がたくさん出て行っているので全然にぎわっていません。村は不気味なくらい静かです。村から見えるこの一枚岩と岩壁の姿はまさに絶景そのもの。

そんな絶景スポットがありながら閑散とした街の雰囲気は少し残念に感じてしまいます。町の中できっと外国人バックパッカーに出会うこともあるでしょう。マニアックな旅行者が穴場スポットを訪れる。そんな構図がこの村では出来上がっています。もっとメジャーになって団体客がバスで訪れる。

そんな日がくればいいなと思ってしまいます。村のはずれからこの一枚岩を間近で見ることができる場所へ行くことができます。岩のふもとにはちいさな教会があります。そちらも見どころの一つです。

アイオレオという先住民族が住むこの村。それを象徴する木彫りのモニュメント。

このチョチスを含むボリビアの熱帯のチキタニア地方には、アイオレオという先住民族が住んでいます。今も点在する集落や村に住んでいます。このチョチスにも何家族かのアイオレオが住んでいます。独特の風習を持つアイオレオの文化を木彫りのモニュメントであらわしています。

観光ガイドのボリビア人がおすすめするヒョウの木彫りモニュメント

ボリビアの木に様々な動物を彫り込んだモニュメントの柱がたくさんあります。その中でも特に良いと観光ガイドのボリビア人がおすすめするのがこのヒョウのモニュメント。精巧に彫り込まれ、どんな風にして作ったんだろうと思ってしまいます。

そしてチョチスの悲しい歴史を

そして、木彫りの動物のモニュメントと同じく木彫りでチョチスの悲しい歴史が彫られています。実はこのチョチスを1970年代に大洪水が襲いました。それによって住人の多くが被害を受けました。まさに未曽有の大災害です。町の線路の付近まで川があふれて町が流されたとのことです。

その時の悲しい歴史と人々が必死に生き残った様子をこのモニュメントは示しています。最終的にはヘリコプターによる救助があったようです。大洪水の起こりから町が崩壊し、救助に至るまでのプロセスを木彫りのモニュメントの形で示されています。

悪魔の親知らずから見る展望台の壮大すぎる景色

そして教会のモニュメントを見たら悪魔の親知らずと呼ばれる一枚岩を間近で見ることができる場所へ行きましょう。そこから見える壮大な景色はまさに絶景そのもの。地平線まで広がる広大なアマゾンのジャングルを堪能することができます。

この時、ちょうどスールと呼ばれる南極からの寒波が来ていたのでこの展望台は本当に寒かったです。晴れた日にはまるで海のような地平線まで広がるジャングルの緑を体感することができます。一枚岩だけではなくこの上から見るジャングルの景色もまさに絶景スポットです。

目の前に広がる巨大な岩壁。頂上まで登ることもできるそうな

一枚岩だけではありません。このチョチスには巨大な岩壁があります。まるでグランドキャニオンの様な絶景スポットです。この岩壁もおおよそですが1㎞ほどの高さがあるのではないかと言われています。そして、頂上まで登ってゆくことができるそうです。

頂上まで登るのに6時間30分ほどかかるそうです。そこから見るジャングルの景色はまた絶景ではないでしょうか。ツアーガイドに頼めばこの登山もお願いできるようです。でもあまりその話は聞かないので多くの旅行者はこの一枚岩を間近に見て満足するのでしょう。

そしてさらに巨大な岩は存在します。

そしてさらにジャングルを見回すと、巨大な岩の数々。おそらく観光地化されていませんのでまだまだ未知の世界になります。ジャングルを進んでゆくとこれらの石を見ることができます。まさに圧倒的なアマゾンの大自然を遠景で見ることができます。これこそが絶景スポットを有するチョチスです。

もうひとつの秘境スポット、ベロ・デ・ノビア

もうひとつの秘境するスポット、ベロ・デ・ノビア。

このチョチスには悪魔の親知らず以外にも見どころがあります。それはベロ・デ・ノビアと呼ばれる滝です。スペイン語でベロ・デ・ノビアは花嫁のベールという意味があります。90mほど山道を登ったところにその滝はあります。途中からだんだんと水が道へ流れてきます。

そして看板が見えてきたころにその独特の滝を見ることができます。

真っ白な滝はまるで花嫁のベール

階段状に流れる真っ白に見える滝。それこそがベロ・デ・ノビアと呼ばれる所以です。確かに見ると花嫁のベールのように美しく流れているのがわかります。ここまで来るのに結構山道を登らなければなりませんが、登る価値は確かにあります。

現地の人にとってもマニアックな観光スポットなので、ぜひこの秘境を訪ねてほしいと思います。豊かな水源がなす美しい滝の様子を見ることができますよ。

ここにも木彫りのモニュメントが

こちらも木彫りのモニュメントが。ジャングルの野鳥たちを彫り込んだおしゃれなモニュメントです。

写真スポットはこちら

まるでビックサンダーマウンテンを思わせるような写真スポット!

一枚岩のふもとにある教会に向かうまでの道中で写真スポット

一枚岩に至るまでの道のりの中で絶好の写真スポットがあります。それがこちらです。第二の都市サンタクルスからブラジルまで走っているこの線路と悪魔の親知らずとの絶妙のコンビネーション。まるで、ビッグサンダーマウンテンを思わせるような風景に思わずカメラをパシャリ。

チョチスに来たなら絶対に写真を撮っておきたいスポットです。そして、先ほどの過去のチョチスでの大洪水の話になるのですが、当時この線路の場所まで水があふれていたそうです。甚大な被害を出した大洪水というのもうなずけます。この下には川が流れ、豊饒な水源をイメージさせます。

おわりに

日本で注目されるボリビアの観光スポットはウユニ塩湖と首都ラパスです。しかし、ほかにもボリビアにはたくさんの見どころや絶景があります。そのひとつがこのチョチスです。まるでエアーズロックを思わせるような悪魔の親知らずと呼ばれる一枚岩は必見です。

地球の偉大さを体感できる絶景スポット。そして、白く美しいベールの様な滝も見ることができます。ボリビアにはまだまだ豊饒な大自然が残っています。日本にいるならなかなか見ることができない壮大な景色もたくさん見ることができます。

このチョチスを含むボリビア大の都市サンタクルス近郊のチキタニア地方にはまだまだたくさんの絶景スポットがあります。日本のガイドブックではなかなか紹介されていない場所もあり、ぜひ訪れてほしいと思います。

この記事のライター

南米ボリビアに在住。まだまだマニアックな観光地や穴場スポットがたくさんある国ですので、少しづつ紹介できたら嬉しいです。

関連するキーワード


ボリビア

関連する投稿


途上国ならではの光景が広がる?南米ボリビアの交通事情を把握してしっかりと旅をする

途上国ならではの光景が広がる?南米ボリビアの交通事情を把握してしっかりと旅をする

南米大陸の真ん中にある国ボリビアは南米の中でもまだまだ途上国です。日本の国土の3倍ともいわれるボリビアには都市と都市を結ぶ道が少なく交通事情はまさに途上国そのもの。道路封鎖があったり、雨の日には水があふれかえったりとボリビアならではの景色も。しっかりとボリビアを旅行できるように、独特の交通事情をご紹介します!


南米ボリビアで味わえるおしゃれなスイーツ?独特でカラフルなのが印象的です。

南米ボリビアで味わえるおしゃれなスイーツ?独特でカラフルなのが印象的です。

南米ボリビアは近年経済発展を遂げています。以前に比べると人々の生活も裕福になり、余暇にお金を利用できるようにもなっています。都市部などではおしゃれなカフェなども徐々に浸透しています。そして、ボリビア人はケーキとパーティーが大好きで町の中では日本ではあまり見ないような色合いのケーキが!ボリビアのスイーツ事情についてご紹介


南米ボリビアは自然の宝庫!熱帯地方で見られる珍しい動物たちに感動します。

南米ボリビアは自然の宝庫!熱帯地方で見られる珍しい動物たちに感動します。

南米大陸の真ん中にある国ボリビアはアマゾンの豊饒な大自然に囲まれていてたくさんの野生動物と出会うことができます。日本では動物園に行かなければ会えない動物たちにもふとした場面で出会うことができます。特に熱帯の町ではよく見かけます。そんな大自然を持つ南米大陸のボリビアで見つけた動物たちをご紹介できればと思います。


世界的観光スポット、ウユニ塩湖をちょっとだけネガティブな目線で紹介したい

世界的観光スポット、ウユニ塩湖をちょっとだけネガティブな目線で紹介したい

ボリビアというとどこにあるんだろう?日本人の間ではそのように思われていましたが近年、ウユニ塩湖という観光地が大々的に取り上げられ、ボリビアの知名度も急上昇しました。絶賛される絶景スポットですが、ちょっとだけネガティブな目線でウユニを紹介したいと思います。ウユニ塩湖の実際のところをお伝えできればと思います。


南米の途上国ボリビアでもおいしいカフェを味わえる?ボリビア旅行で疲れたらぜひおしゃれなカフェへ

南米の途上国ボリビアでもおいしいカフェを味わえる?ボリビア旅行で疲れたらぜひおしゃれなカフェへ

南米最貧国とも言われ続けていたボリビアですが近年経済発展を遂げるようになり人々の生活も向上しました。以前はおしゃれなカフェなどほとんどなかったボリビアですが、近年では外資系のカフェも進出していて特に第二の都市サンタクルスは南米で一番発展を遂げている町ともいわれます。そんなボリビアで味わえるおしゃれなカフェをご紹介


最新の投稿


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

今回cedeleというカフェに行ってきました。シンガポールのあちこちに展開しているチェーン店です。テーブルでカフェラテを飲みながら休んでいると、多くの人が共通のものを注文していることに気づきました。テーブルにある、大きなボールと美味しそうなパン。このカフェの面白いシステムについてご紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング