動物園のキリンの群飼育としては世界最大!?キリンに餌付けができるバンコクのサファリワールドがおすすめ

動物園のキリンの群飼育としては世界最大!?キリンに餌付けができるバンコクのサファリワールドがおすすめ

タイに来たら「象乗り」が定番ですが、タイにはいろんな遊びがあります。バンコクにはサファリワールドというところもあるのですが、動物を至近距離で楽しむことができるのでおすすめです。動物園のキリンの群飼育としては世界最大で、キリンに餌付けもできますよ。キリンに餌付けする様子を思い出の1枚としておさめてみてはいかがでしょうか。


バンコクにある動物園について

バンコクで動物園というと、「ドゥシット動物園」と「サファリワールド」です。

入場料が安くのんびり楽しめる「ドゥシット動物園」に対し、入場料はそれなりにするものの、動物好きにはたまらないのが「サファリワールド」です。人気があるのもサファリワールドでしょう。サファリワールドは「キリンに餌付けできる」ということで、一部の人の間で最近話題にもなっています。

・ドゥシット動物園
ドゥシット動物園はバンコク市内の動物園で、先代のラマ5世国王陛下の私庭(植物園)だったものを1938年にバンコク都が譲り受け動物園としてオープンしたもので、その後Zoological Park Organizationに経営を移され今にいたります。

現在では300種を越える哺乳類、200種を越える爬虫類そして800種を越える鳥類が飼育される国内でも最大規模の動物園で、日本の動物園と似た展示方法となっています。タイの動物園らしくもちろんゾウもいますし、コアラだっています。

バンコク市内の動物園ではあるものの、難易度高めかもしれません。目的まで辿り着くのは少し大変なので、タクシーに乗るのが手っ取り早いでしょう。電車やバスなどの交通機関を使って向かうには少し大変で、BTSビクトリーモニュメント(Victory Monument)駅のN3番出口を降りてすぐのバス停からバスで目的地へ行くという方法もあります。

交通機関を乗り継いでドゥシット動物園へ向かう場合は、515、528番系統のバスに乗って車掌さんに「スワンサッドゥシット」と告げて料金(12バーツ)を払えばOKです。バスに乗る場合、支払い時に渡される小さな紙切れはレシートなので降りるまでは無くさないようにしてくださいね。

デュシット動物園の入場料は大人100バーツ、子供50バーツとなっていて、とてもリーズナブルに設定されています。入場料が安い上に、無料でカバにエサも与えられ、充実した時間を過ごすことができます。 私が行った時は休日でしたが、そんなに混んでいる印象はありませんでした。最近はサファリワールドの方が人気があるように思います。


・サファリワールド
バンコク市内から車で1時間の距離にあるサファリワールドは、動物の居住区域内を車で見てまわる「Safari Park」と、動物園と各種のショーが見られる「Marine Park」からなるアニマルワールドとなっています。

サファリ ワールドでは、カウボーイのスタントショーや、動物園とは思えないハリウッドのようなパフォーマンスが売りのショ「スパイ ウォー」も見ることができたりするので、動物園が苦手な方でも楽しめるスポットです。サファリワールドには自由に動き回れる広大なスペースが与えられているので、ふつうの動物園では体験できない開放感があります。

サファリワールドのみどころといえば、なんといっても250頭ものキリンです。動物園のキリンの群飼育としては世界最大といわれているので、キリンのエリアに来たら餌をあげて記念に写真を撮ってくださいね。

しまうま

動物を至近距離で楽しみたいならサファリワールドがおすすめ!

サファリワールドがオープンしたのは1988年で、今年で30年になります。園内は2つのエリアに分かれていて、動物の居住区域内を車で見てまわる「Safari Park」と、動物園と各種のショーが見られる「Marine Park」からなります。

動物の居住区域内を車で見てまわる「Safari Park」では、全長8kmの敷地を動物が自由に動き回っているので、非日常の光景に興奮します。このエリアに暮らしているのは、シマウマ、ラクダ、レイヨウ、ガゼル、サイなどのたくさんの草食動物と、ダチョウ、ペリカン、ツル、などの大型鳥類で、車は動物を見るために好きな場所に停めることができるようになっています。

車は動物を見るために自由に停めることができるようになっていますが、動物の数が非常に多いのでぶつからないようにゆっくり運転してくださいね。動物に食べ物を与えることやクラクションなどの大きな音を立てることは禁止されているので、こちらも注意しましょう。

車から降りることはできませんが窓を開けることは可能となっているので、動物たちを間近に感じることができます。車を走らせていると、多くのキリンが悠々と歩いている光景を目にすることができます。

サファリワールド

トラやライオンがいるエリアになると、少し緊張が走ります。肉食動物エリアのゲートが開く前に、監視員から車に戻ってすべての窓を閉めるよう案内があります。背後のゲートが安全に閉まると前のゲートが開き始めるようになっています。

迷彩模様の警備車両が待機し問題が発生しないように監視していますが、トラブルがゼロとは限りません。「車にトラブルが発生した場合は、車外に出ないでください。クラクションを鳴らし、救助を待ってください」と書かれた標識が立てられているので、何かトラブルが発生したら、クラクションを鳴らして救助を待ってくださいね。

「Safari Park」の方は車で回っていきますが、園内にはバスも走っているのでそちらを利用しても大丈夫です。動物園と各種のショーが見られる「Marine Park」の方は、歩いて回るので、子供連れの場合はベビーカーを利用するといいですよ。園内でも貸出しはしていて、1時間80バーツ(約250円)、1日400バーツ(約1,300円)となっています。

「Safari Park」を満喫したら、歩いて「Marine Park」に向かいます。「Marine Park」は従来型の動物園と巨大な遊園地が一緒になったような場所で、動物のショーを楽しんでだり、レストランで昼食をとったりすることができます。 可愛らしいカフェも入っているので、是非ご利用くださいね。

「Marine Park」のエリアでは、オランウータンショー、アシカショー、バードショー、イルカショー、エレファントショー、カウボーイスタントショー、スパイ・ウォーショー、とさまざまなショーがあるので、入り口でタイムテーブルを確認するようにしましょう。

中でも「象」のショーは必見ですよ。オランウータンのショーは子どもから人気があるので、お子様連れの方におすすめです。ショーの中で最も人気があるのは「イルカ」のショーになります。イルカのショーは水族館や動物園で定番ですが、見る価値はありますよ。スパイ ウォーでは爆発シーンがあり、その爆音は動物園中に響き渡るほど大きなものです。

ライオン

気になる料金ですが、

外国人料金が、大人1,500バーツ(約5,000円)、子供1,400バーツ(約4,500円)、
タイ人料金が、大人680バーツ(約2,200円)、子供:580バーツ(約1,900円)、

となっていて、外国人料金とタイ人料金では大きな差があります。ちなみに、この10年間で外国人料金が倍以上に値上がりしているという事実もあります。それでも人気は相変わらずなのですよ。タイ在住者であれば、チケット売り場でワークパーミットを出すことで値引きしてくれます。タイ在住者の方はワークパーミットをお忘れなく。

キリンだけでも250頭!動物園のキリンの群飼育としては世界最大!

キリンがたくさん

マリンパークでマストなのは「キリンの餌やり」です。250頭ものキリンがいるそうなのですが、動物園のキリンの群飼育としては世界最大なのだとか。確かに動物園でここまでの規模はすごいですよね。本当に近い距離でキリンと触れ合うことができるのでおすすめです。

ほとんどの観光客はこの「キリンのの餌やり」を1番の目的にしていることと思います。キリンさんはあらゆるところから首を出してくるので、買った餌をあげます。受付で100バーツ渡すとバナナの入ったバケツを渡してくれるのですが、キリンがかわいいので私は何度もバナナを買いました。

長い舌をべろんと出して巻きとる姿がおもしろくて、見ているだけで癒されます。最初は恐る恐るですが、次第に慣れてきますよ。手ではなく口で餌をあげるつわものもいたりします。

餌待ちのキリンさん

キリン

たくさんのキリンとこんなに間近で触れ合えることは、サファリワールドでしか体験できません。大人も子どもも大興奮できるスポットなので、機会があれば是非訪れてみてくださいね。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ バンコク

関連する投稿


タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイは、良質なレーザー商品を比較的安く購入することができる場所として知られています。日本で革製品のオーダーメードというとハードルが高く感じますが、タイでは日本に比べてリーズナブルな値段でオーダーメードできてしまうんです。今回は、そんなオーダーメードの店、トニーカスタムメード(Tony Custom Made)で実際にサンダルをオーダーメードしてみました。サンダルが出来上がるまでは?出来上がったサンダルの感想は?お伝えします。


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

バンコクには高級志向のデパートがいくつかありますが、その一つにエムクオーティエがあります。エムクオーティエの中には、「MOZZA by COCOTTE」というイタリアンレストランがあり、本格的なピザなどを楽しむことができます。エンポリアムやエムクオーティエ(エンポリアム2)に訪れた際に、利用してみてはいかがでしょうか。


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


最新の投稿


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

今回cedeleというカフェに行ってきました。シンガポールのあちこちに展開しているチェーン店です。テーブルでカフェラテを飲みながら休んでいると、多くの人が共通のものを注文していることに気づきました。テーブルにある、大きなボールと美味しそうなパン。このカフェの面白いシステムについてご紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング