バンコクの絶景を見下ろせる!ルーフトップバーブームの火付け役になったスカイバー

バンコクの絶景を見下ろせる!ルーフトップバーブームの火付け役になったスカイバー

バンコクといえばルーフトップバー!数あるルーフトップバーの中でもおすすめなのが、5つ星ホテル「ルブア」の屋上にあるスカイバー。世界一高い場所にあるレストラン「シロッコ」に併設されたバーです。バンコク市内が一望でき、とてもロマンチックな空間ですよ。ここでは、そんなスカイバーについてご紹介します。


地上247メートル!世界一高い場所にあるオープンエアーレストラン&バー

チャオプラヤー河沿いに建つ5つ星ホテル、ルブア。金色に輝くドームが目印となっています。オープンエアーレストラン&バーでは、世界一高い場所ともされれいます。バンコク市内が一望できるビュースポットですから、バンコクの大きさを改めて実感することができますし、247メートルから見る景色は、まるで宙に浮いているような感覚にもなりますよ。

バンコクを一望

写真撮影でとくに注意されることはありませんが、周りに配慮しながら、安全第一に行ってくださいね。プライバシーへの配慮と、撮影に夢中になって階段を踏み外すなどの事故防止という2つの理由で写真撮影は基本的にNGとされていますが、スカイバーから外に向かっての撮影はOKとされています。

映画「ハングオーバー2」のロケ地でもある

ハングオーバーという映画をご存知でしょうか?この作品の2作目、「ハングオーバー‼︎史上最悪の二日酔い、国境を越える」のロケ地ともなっているホテルがルブアです。映画の中にも出てくるこの景色を見て、ここへ訪れる観光客も少なくありません。私もその1人。スカイバーに行く前に、映画を見ておくと、さらにわくわくしますよ。映画自体も面白いので、おすすめです!

映画「ハングオーバー2」でおなじみの景色

宿泊者以外も入ることができる!

スカイバーの利用に関しては、予約は必要ありません。シロッコとスカイバーが位置するのは地上63階ですが、まずはエレベーターで64階まで。階段を1階分下りると到着します。到着するなりダイナミックで美しいバンコクの夜景に、思わず溜め息が出てしまうほど。地上247メートルにある屋外であるからこその迫力を体感することができます。階段の上のスペースでは、毎日19時半から0時までジャズの生演奏があり、より一層気分を盛り上げてくれます。階段の先には、7色に光る円形のカウンターありますから、そこでドリンクを注文してみましょう。夜景を皆がら飲むお酒は格別です。ただ、ドリンクの値段は高いです。コーラやビールでさえ地上の何倍もします。1杯1000円以上するものばかりですが、この景色を堪能できるのですから、値段には目をつぶりましょう。

階段を下ります

大きな階段も素敵

スタンディング形式の「SKY BAR」

カウンターの周りはとにかく人が多いです。それに外国人観光客ばかり。狭いのでしょうがないかもしれませんが、人ごみを避けたい場合や、デートで利用したい場合には、事前にシロッコを予約してそこでお食事するといいでしょう。せっかく行くのですから、バーだけに立ち寄るだけでは少しもったいないような気もします。レストランの予約は必須です。オンライン予約も可能ですよ。もちろん、この景色を見るだけでも十分価値はありますが。

敷居が高そうだけどドレスコードはあるの?

高級ホテルなので、それなりの服装をした人しか見かけません。また多くの女性は、レストランやバーに行く時にドレスアップをしています。せっかくですから、服装から気分を高めたいものですよね。男性はシャツにデニムという人が多くいました。係員の中には、肌を露出しすぎている服装は入場拒否する人もいるので注意が必要です。サンダル、ハーフパンツ、ミニスカートを避け、いつもよりおしゃれするのを心がけると良いかと思います。

バンコクの夜景を思い出にしよう

ルブアに泊まって非日常を夜まで満喫しても良いですし、バーだけに遊びに来ても良し。バンコクに訪れた際は1度は立ち寄ってみてほしいポイントです。きっといい思い出になるでしょう。運が良ければ、ここから花火が見えますよ!日本では味わえないスケールと感動を、是非堪能してほしいと思います。

なんともゴージャス

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


バンコク

関連する投稿


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


タイのバンコク旅行で水上マーケットツアーに参加してみました!船の上での売り買いが面白い!

タイのバンコク旅行で水上マーケットツアーに参加してみました!船の上での売り買いが面白い!

タイのバンコクに行った時、水上マーケットに参加しました。一度は行ってみたいと思っていた水上マーケットの様子はやはりとても活気があり、興味深いものでした。船の上で料理したり、船を上手に操ったりするタイ人のパワーはステキです!そんな水上マーケットの様子や感想についてご紹介します。


プーパッポンカリーを食べるなら絶対にここ!バンコクにあるプーパッポンカリー発祥の店「建興酒家」をご紹介!

プーパッポンカリーを食べるなら絶対にここ!バンコクにあるプーパッポンカリー発祥の店「建興酒家」をご紹介!

プーパッポンカリーは蟹を使ったタイカレーです。ぶつ切りにした蟹とカレー粉を炒めたあと、卵とじにします。ココナッツの香りも漂いご飯がススム味です。そんなプーカッポンカリーを食べる為に、バンコクのプーカッポンカリー発祥の店へ行ってきました。


1週間のバンコク滞在でSIMは必要?バンコクで実際にSIMカード買うならどれがいい?

1週間のバンコク滞在でSIMは必要?バンコクで実際にSIMカード買うならどれがいい?

タイバンコクに滞在の際、SIMカードを購入することにしました。使用していないSIMフリーの携帯を持ち込み、それにSIMカードを入れて使用しました。私たちが選んだSIMカードは、AISという会社のものでした。この会社を選んだわけや、空港でのSIMカード購入までの流れ、実際に使用した感想などをお伝えします


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング