[カナダ・トロントの絶品グルメ]味付けは全部自分で!?モンゴリアングリルはいろんな麺料理の食べ放題レストラン

[カナダ・トロントの絶品グルメ]味付けは全部自分で!?モンゴリアングリルはいろんな麺料理の食べ放題レストラン

カナダのトロントにあるモンゴリアングリルというレストランは、麺料理の具材を自分で選ぶことができるだけでなく、味付けまで自分でするというスタイルの食べ放題レストランです。野菜たっぷりでスパイシーな卵麺でとか、お肉がっつり系のうどんで韓国スタイルになどなど、自分で好きなようにアレンジできる楽しいレストランをご紹介します。


自分スタイルにアレンジするのが好きなカナダ人

カナダに来て少し経ち、レストランでのオーダーにも慣れてきたころです。隣の人のオーダーにちょっと聞き耳を立てていると「このサラダには何が入ってるの?…じゃ、オニオンは抜いてね、オリーブはグリーンじゃなくてブラックにしてくれる?それからトマトも追加してね。」なんて注文だったのです。

日本で「すみませんが、アレルギーがあって〇〇は食べられないので抜いてもらえますか?同じ値段で結構ですので。」というリクエストもチェーン店だったために断られた経験を思い出し、カナダは注文まで自由だ~とびっくりしたものです。

これはちょっと極端な例ですが、カナダで最近出来ているレストランや持ち帰りスタイルの店でよく見られるのは、サブウェイサンドイッチのスタイル。つまり、自分で具材や味付けを指定できるというものです。巻き寿司のお店で、自分で具材を選ぶと目の前で巻いてくれるというお店もあります。

私からすると、お店で研究に研究を重ねたベストな組み合わせを提供してもらいたいと思うのですが、夫も含めて多くの人は、自分の好きなようにアレンジして食べるのが楽しいようです。私は今だにサブウェイサンドイッチが苦手です(笑)。選択が多すぎる…。

そして今回ご紹介するレストランの名前はGenghis Khan Mongolian Grill(ジンギスカン・モンゴリアングリル)です。色々と突っ込みどころのある名前ですが、ALL YOU CAN EAT(オールユーキャンイート)のレストラン、つまり食べ放題のレストランです。

観光ガイドブックなどには絶対に載らないレストランですが、トロント在住の人なら一度は聞いたことがあるはず!ダウンタウンからは少し離れていますが、公共の交通機関を使ってアクセスも可能なのでぜひ試してみてください。

自分で味付けをして食べるレストラン!?

モンゴリアングリルの広い店内

このモンゴリアングリルの一番の売りは、自分で好きな材料を選び、味付けも自分でして食べることができるという点です。まさに自分スタイルに味付けをしたいカナダ人にぴったり!

お肉コーナー。手前の赤いボウルに入れていきます。

まずはお肉コーナーで、自分の好きなお肉を選びます。豚肉や牛肉に加えて羊肉があるのがモンゴリアンというレストランの名前っぽいですね。食べ放題ですので好きなだけ取ることができますし、お肉をミックスして楽しむことももちろんできます。個人的には少し羊肉を入れると風味が増すのでおすすめです。

かなり貧相なシーフードコーナー

次にシーフードを選びます。といっても、品ぞろえはあさりと海老とカニカマ…。シーフードに恵まれていないトロントっぽい品ぞろえです。この辺は私はいつもパスするか、あさりをちょびっと入れるぐらいです。

麺はいつもたっぷり準備されています。

そして野菜と麺のコーナーです。麺は卵麺、うどん、ベトナム料理のフォーなどで使用される米麺の3種類があります。うどんといっても日本のコシのある讃岐うどんタイプではありません。シコシコのうどんを期待して食べるとがっかりすることになりますのでご注意を。おすすめは卵麺!選ぶ人が多いのか、他の麺に比べてたっぷりと準備してあります。

野菜はこれでもかとてんこ盛りにするのがポイント。

野菜は日によって種類が異なりますが、ほうれん草やマッシュルーム、パクチー、もやし、玉ねぎ、ブロッコリー、チンゲン菜などがあります。気を付けたいのが、火を通すと野菜はかなり嵩が減るということです。日ごろからキッチンに立つ人はだいたいの仕上がりがイメージできると思いますが、そうでない人が野菜を選ぶと思ったより仕上がりが貧相になるようで、「こんなちょびっとになっちゃったよー。」なんて言いながら自分の席に戻っていく人をよく見かけます。

調味料のコーナー。これが味の決め手です。

そして次が一番大切なパート、調味料です。まずは大きめの壺に入った調味ソースを選びます。モンゴリアングリルのオリジナルのソースや、ブラックビーンベースのソース、カレーソース、韓国風ソース、照り焼き風ソースなんていうのもあります。

醬油やごま油などがあるこのコーナーで味を微調整しましょう。

それからさらにオイスターソース、ごま油、醬油、キャノーラ油、ニンニク、ショウガ、酢、唐辛子、レモン汁、料理酒などを加えていきます。

この辺で周りをよーく観察していると性格がよく表れて面白いですよ。どれもちょっとずつちょっとずつ入れていく人や、全く迷いなくドバーッと鬼のように入れる人、ひとしきり考えた後、計算したかのように入れていく人など、なかなか興味深い感じです。

昔はここに誰も店員さんがいなかったので、モンゴリアングリルのオリジナルソースってどんな味かなぁ…なんて心配しながら選んでみたものですが、最近ではかならず一人アドバイスをしてくれる人がいるので、「辛いのはどれ?」などと自分の好みを伝えてアドバイスをもらっている人も多いです。

ここが調理台です。手前にあるのが私のうどん。

そして次は調理です。ここはさすがに自分では行わずお店の人にお任せをします。この写真にあるように円い巨大な鉄板の上で豪快に調理をしてくれます。調味料や麺、野菜の入ったボールを渡すとガバーッと鉄板の上にぶちまけ、超長い菜箸のようなもので時々かきまぜたり、水を足したりして2~3分で仕上がります。

ここで「鉄板は毎回キレイにするの?」と疑問に思う方も多いでしょう。答えはもちろんNOです。なので、カレーソースなんて使ってないのになぁ、なんでカレーの風味がするんだろうなんてことはしょっちゅうです(笑)。前の人がカレー味の麺にしてたんでしょうね。まぁ、その辺はおおらかに楽しみましょう。

麺なしでもOK、2皿同時にでもOK

自分で自由に味付けをして楽しむことができるのがこのモンゴリアングリルの楽しいところ、ですから麺のレストランとは言え、野菜だけを選んで野菜炒めにしてもらうことも可能です。逆に麺と肉だけでガッツリ系にすることも可能。

1回ずつちまちまと料理してもらうのが面倒だっていう人は2皿分同時にお願いすることも可能です。まー、2皿同じ味付けにして失敗した時のことを考えると1皿ずつやった方がいいのですが、体格の大きな男性などが2皿作戦に出ているのをよく見ます。

味付けに自信がない人にはカンニングペーパーがあります

テーブルに用意されているレシピ

うちの夫もそうなのですが、料理をするときには必ずレシピを見るという人が多いと思います。私は全くもって感覚で料理するのでこういうお店で迷うことはありませんが、夫のような人はモンゴリアングリルで困ってしまいますよね、味見をしながら微調整ができませんから。

そんな人は適当~にやるしかない…ではなく、ちゃんとカンニングペーパーがあります!それがテーブルに敷いてあるこの紙です。豚肉好きの人、鶏肉好きの人、牛肉好きの人、そして野菜好きの人のためにおすすめレシピが載っているのです。これに従って材料を入れていけばおいしいのができるはずです!

結構充実しているビュッフェエリア

飲茶や揚げ物系が多いエリア

モンゴリアングリルのメインはこれまで紹介してきた麺のコーナーですが、調理済みの料理が並んでいるエリアもかなり充実しています。私がこのお店に行き始めたが4年ほど前ですが、当時はかなりおいしかったのでこのエリアからもよく食べていましたが、今は残念ながらちょっと味が落ちてしまいました。

といっても十分おいしいレベルではありますので、いつも1皿は山盛りに取ってくるような感じです。かなり新鮮な野菜が使われているサラダコーナー。スモークサーモンのサラダもあり、これはかなり人気です。

結構本格的な雰囲気です。

揚げ物や飲茶系も充実しています。春巻きや唐揚げ、揚げ餃子に小籠包などもありますし、スペアリブやインゲンの炒め物、そしてなぜかここにも麺類が並んでいます。

かき氷が作れる機械。もちろん子たちを中心に大人気です。

そして個人的にうれしいのがスイーツが結構あるという点です。まずはこちらのかき氷!もちろん日本のようなかき氷ではなく、どちらかといえば台湾系ですが十分楽しめます。自分で氷を削るのも楽しいですよ。アイスクリームやプリンなども並んでいます。

チョコレートフォンデュ!

一番人気はこちらのチョコレートフォンデュです。濃厚なチョコレートがゆったりと流れ落ちる様子は見ていて幸せな気分になります(笑)。チョコレートと食べるように準備してあるのは、マシュマロやいちご、パイナップルなどです。

ちょっと裏技としては、チョコレートフォンデュエリアにあるフルーツだけでなく、デザートのエリアにあるものを持ってきてここでフォンデュにしてしまうという技!個人的にヒットだったのがオレンジです。串切りにしてあるオレンジの皮の部分だけを取り除いてチョコレートをつけたらこれがGOOD。私がやるのを見ていた知らないおばちゃんも「それいいわねぇー。」なんて言って真似してたぐらいです。

レストランは大きいし子どもがいても問題なし!

美味しそうに見えませんが、かなりいい感じにできました!

トロントのミッドタウンにあるこのモンゴリアングリル。ダウンタウンにあるレストランは席と席の間が狭かったりしますが、こちらはかなりゆったりと作られており、天井も高いので週末で混みあっていても圧迫感がありません。

ビュッフェだし、自分で作るので面白いしということでかなり人気は高く、週末は予約必須です。子ども向けの椅子もありますので、小さい子どもさんが一緒でも問題なし。

誕生日の人がいると、スタッフの人が歌いながらケーキを持ってきてくれるというサービスもあります。

モンゴリアングリルへのアクセス

サラダコーナー。意外と言っては失礼かもしれませんが、美味しいです。

場所はEglinton Avenue East(エグリントン・アベニュー・イースト) とDon Mills Road(ドン・ミルズ・ロード)の交差点の近くです。オンタリオ科学センターやJCCC(日系文化会館)、Aga Khan Museum(アガ・カーン博物館)などの近くと言えば、少し土地勘のある人だと大体想像がつくのではないでしょうか。

トロントの公共交通機関であるTTCで行くことも可能です。地下鉄のPape(ペイプ)駅から北に行く185番のバスに乗れば20分ほどで到着します。

住所: 900 Don Mills Rd Toronto, ON M3C 1V6
電話番号: (416) 449-8228

気になる値段は…結構良心的です!

いろいろスイーツもあります。

最後に気になるお値段をご紹介しましょう。最近のトロントの物価の上昇率はかなりひどく、食べ放題なんか行こうもんなら元を取ろうと無言で食べ続ける羽目になりますが、このモンゴリアングリルはまだ良心的な値段設定をキープしてくれています。

大人の値段をご紹介しましょう。月曜日から金曜日までのランチが18ドル、週末と祝日のランチが23ドル、月曜日から木曜日までのディナーが27ドル、そして週末と祝日のディナーが32ドルです。

65歳以上のシニアだと20パーセント割引があるほか、5歳から12歳は大人料金の40パーセント割引、4歳以下の場合で食事をする場合は2ドルになります。

この記事のライター

常夏の東南アジア某国で数年を過ごしたのちにワーホリでふらっとやってきたのは極寒のカナダ・トロント。最近、一児の母になりました。

関連するキーワード


カナダ トロント

関連する投稿


〔カナダトロント〕日本では安くて学生にも人気の高いボーリング!トロントではあんまり聞かないボーリング、その理由とは!?

〔カナダトロント〕日本では安くて学生にも人気の高いボーリング!トロントではあんまり聞かないボーリング、その理由とは!?

日本では、学生の遊びと言ったらとにかくボーリングかカラオケ、会社でボーリング大会があるところも多いと思います。それほど日本ではメジャーな遊びですが、カナダトロントではあまり聞かないし、ボーリング場もほとんど見ません。が、先日友だちに誘ってもらって、行くことができました!今回は、その体験談をご紹介します。


[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

子どもが少し大きくなると挑戦してみたいのがドロップインセンター。無料プログラムもたくさんあるので活用したいですが、心配なのは英語。子ども向けの手遊びなんて日本語でも知らないのに英語でなんてどうしようと心配になっている方向けに今回はヨークビル図書館で行われているドロップインについて詳しい内容なども含めてご紹介します。


〔カナダトロント〕チョコレート好きには堪らない!絶品ホットチョコレートが飲めるトロントのチョコレート屋さん!

〔カナダトロント〕チョコレート好きには堪らない!絶品ホットチョコレートが飲めるトロントのチョコレート屋さん!

カナダトロントでチョコレートと言えばSOMAchocolatemaker(ソーマチョコレートメーカー)が有名ですが、今回は知る人ぞ知る、隠れた名店!?おしゃれでおいしいチョコレートが楽しめる、トロントのチョコレート屋さんSOUL CHOCOLATE(ソウルチョコレート)をご紹介します!


〔カナダトロント〕図書館でただ勉強するだけじゃもったいない!?ライブラリーカードで最大限に活用!

〔カナダトロント〕図書館でただ勉強するだけじゃもったいない!?ライブラリーカードで最大限に活用!

カナダトロントには、本当にたくさんの図書館があります。日本人の留学生も平日の夕方や土日には利用しているひともたくさんいると思います。実は、ライブラリーカードを作ると、勉強するだけじゃなくて、いろいろな便利なしくみがあるんです。今回は、ライブラリーカードの作り方から便利なしくみをまとめてご紹介します!


カナダトロントのブックオフ!?本好きには堪らない!古本屋BMVBOOKS(ビーエムブイブックス)で格安の洋書&漫画をゲット!

カナダトロントのブックオフ!?本好きには堪らない!古本屋BMVBOOKS(ビーエムブイブックス)で格安の洋書&漫画をゲット!

英語の本や漫画で、英語の勉強がしたい!でも洋書ってハードル高いし、日本で買うと値段も高いですよね。せっかくトロントに来たならぜひ買っておきたい洋書。ですが、もっと格安で買えるお店があるんです。今回は本が好きな方には是非行って欲しい、トロントの古本屋チェーンのBMVBOOKS(ビーエムブイブックス)を紹介します!


最新の投稿


全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

真っ赤な看板と白髪老人の笑顔。中国広東省の広州市には、数え切れないほど多くのケンタッキー・フライドチキンがあります。もう何年も前から、ケンタッキーは中国社会にも受け入れられているようです。今回は、中国版ケンタッキーの日本にはないおススメ中華メニューや中国旅行時の中国ケンタッキー活用方法をレポートしていきたいと思います。


タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイは、良質なレーザー商品を比較的安く購入することができる場所として知られています。日本で革製品のオーダーメードというとハードルが高く感じますが、タイでは日本に比べてリーズナブルな値段でオーダーメードできてしまうんです。今回は、そんなオーダーメードの店、トニーカスタムメード(Tony Custom Made)で実際にサンダルをオーダーメードしてみました。サンダルが出来上がるまでは?出来上がったサンダルの感想は?お伝えします。


狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

ソウルの高級エリア、狎鴎亭(アックジョン)。整形外科や皮膚科、ハイセンスなブティックなどが立ち並ぶ女性観光客には人気のエリア。しかし、カップルや家族での旅行の場合、男性や子供は時間を潰すのに苦労しそうなエリアでもあります。今回、ご紹介するのは「現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル」です。


観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

アムステルダム中央駅には、ただ通過するだけではもったいない充実した設備があります。建物の外装や内装のインテリア、おいしいレストランやゆっくりできるカフェ、話題のオーガニック素材を扱ったグッズのショッピングなど、隠された見どころもたくさんあります。ぜひ見学して自分なりの楽しみ方でエンジョイしてください♪


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング