ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

南国に住んでいる醍醐味の1つが、フルーツ天国であることです。タイでは毎年6月頃になると、おいしいドリアンが出てきます。私もタイに来るまでドリアンを食べたことがなかったのですが、タイでおいしいドリアンを食べてからというもの、すっかりドリアンが大好きになりました。最近はドリアン市場に通ってしまうほどハマってしまっています。


おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」に行ってみた

ドリアン市場

ドリアンになじみのない人が、「ドリアン」と言われてイメージするものといえば「臭い」ということではないでしょうか。確かに臭いドリアンもありますが、悪臭がするもののほうがタイでは珍しいです。日本のメディアでは「ドリアン=臭い」という伝え方をしているの仕方のないことかもしれませんが、新鮮なドリアンやおいしいドリアンは臭いがありません。

タイにきたばかりの頃は、私も毛嫌いしていたドリアンですが、最近は大好物になりました。おいしいドリアンを食べると、きっとドリアンの印象が覆りますよ。最近は、おいしいドリアンを求めてマーケットまで足を運ぶほどです。

車の荷台にドリアンを積んで販売していたり、スーパーマーケットでも当たり前のようにドリアンが並んでいたり、市場に行かなくても比較的簡単に手に入りますよ。

タイでは毎年6月頃になると、おいしいドリアンが出回ります。旬の時期ということで、今回はドリアン市場まで足を運んでみました。市場にはドリアンだけでなく、いろんな種類のフルーツが出回っていてワクワクします。ドリアンブース、みかんブース、パイナップルブース、というように、フルーツの種類によって場所が分かれています。

ちなみに、ドリアンだけでなく、ライチやマンゴスチンも6月頃が旬です。ライチやマンゴスチンもずらりと並んでいました。日本では冷凍のライチが多いですが、生のライチはぷりぷりで本当においしいですよ。

見渡すかぎりのドリアン!おいしいドリアンを見極めよう

ドリアンブースには、見渡すかぎりのドリアンが。
あちこちで山積みにされているドリアンが目に入ります。

タイの地下鉄やホテルには「ドリアン持込禁止」の注意書きもあるように、ドリアンの中には強烈な臭いを発するものもある、ということは事実です。質が悪いドリアンは悪臭を発しますが、おいしいドリアンは臭いを発しません。むしろ無臭だったり、りんごのような香りがします。ドリアンを選ぶ際には、できるだけ臭いがしないドリアンを選びましょう。

ドリアンを選んでもらう時に、お店の人が棒でドリアンを叩いて中身を確認してくれます。ポンポンと音がするドリアンはまだ若くて食べ頃ではないようです。隙間あるような響く音?がするドリアンは熟している食べ頃のドリアンだそうです。熟したドリアンほどやわらかくでクリーミーですよ。

ドリアン

ドリアンにもさまざまな種類があります

一言に「ドリアン」といっても種類は幅広く、わかっているだけでも30種も存在しているのだとか。タイでよく見かけるのは、「モントーン種」と「チャネー種」で、私がおすすめなのがチャネー種です。「チャニー」と発音したりします。

タイでよく見かけるドリアンのほとんどはモントーン種で、モントーン種はチャネー種より薄い色をしています。チャネー種のドリアンは黄色味が強く、ねっとりとした食感が特徴です。

モントーン種は品種改良によりドリアン独特の芳香が抑えられている品種で、ドリアンが初めての方でも比較的食べやすいとされています。若いものだとサクサクとした食感で、熟したものだとクリーミーです。バンコクのショッピングセンターなどで、旬の時期に数日間限定で「ドリアン食べ放題イベント」なんかを開催していますが、ドリアン食べ放題イベントでの取り扱いは全てモントーン種だったりします。それほどメジャーなのです。

小分けにされているのはチャネー種のドリアン

自分で選んだドリアンを渡すと、ナタで切って身を出してくれます。食べる直前に自分で割っても良いですが、ドリアンは切るのも一苦労なので、切ってもらってくださいね。

おいしいのはやはり切りたてです。割ったらすぐに食べないと、味が落ちていき、臭いも出てくる印象です。スーパーなんかでは、切って小分けに包まれたものが並べられたりしていますが、変色していたり、水っぽくなっていたりするものは注意です。切りたてのものは冷蔵庫で3日ほど保管してもおいしく食べられます。冷蔵庫で保管する場合は、臭いが出てくる場合もあります。

黄色味が強い「チャネー種」のドリアンがおすすめ!

チャネー種のドリアン

写真は私のおすすめのチャネー種のドリアンです。

黄色味が強いので私でも簡単に見分けられます。チャネー種のドリアンはねっとりとしたものが多く、甘みも強いです。香ばしさも強く、ドリアンを食べる度にこの香ばしさの虜になります。

おいしくて、ついつい食べ過ぎてしまいそうなドリアンですが、ドリアンの食べ過ぎは危険といわれています。ドリアンとお酒を同時に飲食して亡くなる人も出ているそうなので、ドリアンを食べる日にはお酒を控えましょう。ドリアンは体温上昇を招くので、体力のない人や血圧の高い人が無理をすると危険なのだそう。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ

関連する投稿


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

今話題の「もちシュークリーム」というスイーツをご存知でしょうか?タイ在住の日本人の間で話題になっているスイーツで、タイのセブンイレブンでゲットすることができます。日本人が多く住むエリアのセブンイレブンでは、売り切れが続出しているとか。日本人からも高評価で、コスパもバッチリな「もちシュークリーム」についてご紹介します。


スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

韓国をはじめ日本でも人気のファッションブランド「STYLENANDA 」をご存知ですか?スタイルナンダはファッションだけでなく、3CEというコスメブランドも展開しており、中でも「ウユクリーム」がヒットしています「STYLENANDA」はバンコクにも出店していて、ウユクリームはバンコクでも手に入れることができちゃいます!


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング