スペインに来たらハモンセラーノを食べよう!気軽に食べられるお店がコルドバにオープン

スペインに来たらハモンセラーノを食べよう!気軽に食べられるお店がコルドバにオープン

スペインに来たら、是非、本場でハモン・セラーノを食べましょう。気軽にハモンセラーノを食べられるお店ができました。サラマンカのハモン・セラーノの会社ファウスティーノ・プリエト(Faustino Prieto)直営のお店です。今回は、コルドバ店にお邪魔しました。


おいしいハモン・セラーノを食べに行く

ファウスティーノ・プリエトの入り口

スペインの生ハム、ハモン・セラーノ。日本でもスペイン・バルなどで食べられるようになりましたが、やはりスペインで食べたいものです。おいしいハモン・セラーノ、どんぐりを食べて育った豚さんのモモ肉で作られたおいしいハモン・セラーノの専門店、サラマンカが本店のファウスティーノ・プリエトが、気軽にハモン・セラーノを食べられるお店を各地に作り始めました。

こちらがコルドバにできたファウスティーノ・プリエトのお店の入り口です。

ククルーチョに入れられたサイドメニュー

ククルーチョに入ったちょっとしたおやつタイプのエンブティード(加工肉)やフライドポテト。ククルーチョというのは、紙を三角形に折って、食べ物を入れるもののこと。昔は新聞紙で作っていました。日本でも昭和40年代の頃は、新聞紙を三角に折り曲げ、そこに焼き芋やあられなどを入れていました。

ボカディージョを購入!

メインはこちらのボカディージョです。ボカディージョというのは、バゲットを使ったサンドイッチです。基本的に、パンにハモンなどを直接置くだけ。バターやマスタードなど余計なものはのせません。間にはさむ、ハモンなどの品質がいまひとつのときは、上質のエクストラ・バージン・オリーブオイルをたっぷりかけます。

しかし、ファウスティーノ・プリエトのハモン・セラーノはジューシーなので、しっかり味わうために何もプラスせず、そのまま。ハモン・セラーノがたっぷり入って、ハモンの柔らかさがパンを湿らせ、おいしいサンドイッチになっています。

ボカディージョは、袋に入れて渡されます。

お支払い

スペインでハモン・セラーノを食べようと思うと、バルですが、バルにひとりで入るには勇気がいるかもしれません。また、ハモン・セラーノを頼んで量の多さにちょっとびっくりしてしまうかも。だからと言って、スーパーやデパートで売っているパッキングされたハモン・セラーノは、風味に欠けています。おまけにプラスチックの味が、影響しているような気がして、ちょっといただけません。ハモン・セラーノは、やはり切りたてが一番。気軽に切りたてのハモン・セラーノが食べられるようになって、ファウスティーノ・プリエトは、イギリス人やドイツ人、アジア系の観光客に人気です。

お値段も2ユーロから4ユーロくらいですからお手頃ですね。

お店にはスペイン特産品がいろいろ

ハモン・セラーノだけではなく、チーズ(ケソ)やチョリソーなども。

オリーブオイルのコーナー

オリーブオイルのコーナーが充実しているのは、コルドバだからかもしれません。スペインの最高級のオリーブオイルはほとんどコルドバとハエンで作られます。

オリーブオイルは、コルドバやハエンからマドリッドに持って行くだけで、値段が倍になります。イギリスに持って行くと場合によっては6倍まで上がってしまいます。お土産には、少し重いですが、オリーブオイルがおすすめです。湿気のある土地に持って行っても、味がほとんど変化しません。

一方、ハモン・セラーノは、日本で食べるとやはりずいぶん味が落ちてしまいます。スイスに住んでいる友人が、スイスに持って行くだけで味が落ちてしまうと言っていました。ハモン・セラーノはやはりスペインで食べるのが一番です。

ハモン・セラーノとパレタのコーナー

ハモン(jamón)というのはモモ肉という意味です。日本のハモン・セラーノのページには、後ろ足を使ったハモンとか、前足のハモンという言い方をしている場合がありますが、ハモン・セラーノは「腿」ですから常に後ろ足です。前足は、パレタ(paleta)と言います。同じ豚から作られたものでしたら、パレタの方がハモンよりリーズナブルです。

ハモンが6.5から8.5キログラム、脂肪分50パーセントであるのに対し、パレタは、4から5.5キログラム、脂肪分60パーセントです。

ファウスティーノ・プリエト(Faustino Prieto)へ行くには?

ファウスティーノ・プリエトのコルドバ店は、メスキータから約7分歩くとコンセルバトリオ・スーペリオール(コンセルバトリー上級、いわゆる音大です。)のすぐそばです。この辺りは、お店も多いのでおすすめです。

日本人の観光客の方は、メスキータに行ったらあまりコルドバを歩き回りませんが、歩き回るとかなり楽しいのがコルドバです。

コルドバ店

TIENDA EN CÓRDOBA
Calle Jesús María 16
14003 Córdoba, ES-CO
+34 957 04 18 47

セゴビア店

TIENDA EN SEGOVIA
Calle Cervantes 29
40001 Segovia, ES-SG
+34 921 46 29 09
ツーリストインフォメーションのそば

サラマンカ本店


Central
Calle Pedrera, 9
37750 Cespedosa de Tormes, ES-SA
+34 923 152 635

バルセロナ店

TIENDA EN BARCELONA
Mercado de Hostafrancs parada 76. Calle Cruz Cubierta 93
08014 Barcelona, ES-B
+34 934 31 75 09
ミロ公園から徒歩9分

ハモン・セラーノは気軽に歩きながら、広場に行って食べよう!

食べながら歩くのも楽しい!

お店から2分程度歩くと、大きくてきれいなラス・テンディージャ広場(Plaza de las Tendillas)があります。夏は噴水のそばが涼しいので、そちらに行って食べましょう。

ハモン・セラーノは腐りにくいので全部食べられなかったら、後から食べるのもOK。もちろん、当日消費が必須です。おいしい思い出をたくさん作りましょう。

この記事のライター

スペインに住んで18年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連する投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


バレンシア空港を使ってスペインに入国も悪くない! バルセロナやマドリードだけじゃないスペイン国際空港

バレンシア空港を使ってスペインに入国も悪くない! バルセロナやマドリードだけじゃないスペイン国際空港

スペインに行こうと計画を立てる時、たいていの場合はマドリードか、バルセロナからですよね。意外と穴場なのがバレンシアです。格安航空券も見つかります。おまけに、ホテルや物価も安いので、予算も抑えられますし、疲れているときはすりに狙われやすいのですが、バレンシアは比較的治安がいいのでその心配もありません。


【スペインの城シリーズ】公式「スペインの美しい村」に選ばれたセグラ・デ・ラ・シエラにある城

【スペインの城シリーズ】公式「スペインの美しい村」に選ばれたセグラ・デ・ラ・シエラにある城

スペインの城シリーズ9回目はハエン県にあるセグラ・デ・ラ・シエラにある城です。セグラ・デ・ラ・シエラは、自然に囲まれ、有機農業をしている美しい町です。観光客も少なく、野生動物がその辺りを歩き回っているので、癒されること間違いなしのお城です。


パティオに咲く花を1年中愛でる街プリエゴ・デ・コルドバがおすすめ!コルドバからも近い歴史のある街

パティオに咲く花を1年中愛でる街プリエゴ・デ・コルドバがおすすめ!コルドバからも近い歴史のある街

スペインといえば、パティオですが、パティオはコルドバだけではありません。コルドバ県内、グラナダからも行きやすいプリエゴ・デ・コルドバでは、美しいパティオが見られます。パティオは1年中美しく手入れされているので、見たいときにゆっくりとまわれます。


アンダルシアのカソルラ山脈にある美しいホテル「コト・デル・バジェ」は1人の男の夢の結晶

アンダルシアのカソルラ山脈にある美しいホテル「コト・デル・バジェ」は1人の男の夢の結晶

最近、ヨーロッパとアメリカでブームになっているカソルラ山脈。大自然の中に生まれた美しいホテル、「コト・デル・バジェ」は、贅沢な時間を過ごせる山荘タイプのホテルです。オーナーが趣味で作っている建物なので、細かなところにこだわりを感じられるのも魅力です。


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング