バンコクからバスで大型ショッピングモール「フューチャーパーク」に行ってみた!

バンコクからバスで大型ショッピングモール「フューチャーパーク」に行ってみた!

タイで5本の指に入るほど大きなショッピングモールの1つが、ランシットにある「フューチャーパーク」です。とても広いので、1日いても飽きないでしょう。バンコクからバスに乗り1時間弱で行ける距離。人気スポットのため、フューチャーパーク方面に行く便も多くあります。今回は、バンコクからバスでフューチャーパークへ行ってみました。


アヌサワリー(戦勝記念塔駅)からスタート

バンコクからフューチャーパークまで行きます

今回の目的地

アヌサワリー(戦勝記念塔駅)

写真の真ん中に写っている戦勝記念塔は、タイ・フランス領インドシナ紛争で、フランス軍と戦って戦没したタイ王国軍兵士を慰霊するために、1941年にバンコクに建てられたものです。この塔は、パホンヨーティン通りとラチャウィティ通りが交差する所に位置し、ロータリー外側全周がバス停となっています。バンコク郊外や隣県を結ぶ路線がメインで、今回はここがスタートです。

フューチャーパークへ行くのは簡単です。アヌサワリー(戦勝記念塔駅)から、「ランシット行」または「フューチャーパーク行」のバスに乗るだけ。この日は、時間もたっぷりあったので、時刻表などは確認せずにとりあえずアヌサワリーまで。ランシット行きの乗り場へが分からなかったので、スタッフらしき人に「ランシット」と伝えると、乗り場を教えてくれました。

たったの25バーツ(約80円)でフューチャーパークに到着

乗車して5分も経たないうちにバスは出発。便はたくさん出ているようです。バスに乗ると、お金を取集されますから、お金を渡します。値段を聞くと、なんと25バーツ(約80円)。100円もしないなんて、安すぎて驚きました。お金を渡す時に、念のために「フューチャーパーク」と伝えると良いでしょう。降りる時に教えてくれます。大きなショッピングモールなので、すぐにわかると思います。

途中高速道路を走ってくれますし、バンコクの街並みを眺めながら、ドライブ気分を楽しめます。バス自体は古く、けっこう揺れますが、そこが味が出て良いと思います。バスに揺られること1時間弱で目的地に到着です。暖かい気候の中でバスに揺られ、だんだんと眠くなってしまいますので、寝過ごさないように注意しましょう。

タクシーがずらり

フューチャーパークは、パトゥムタニ県のランドマークとして存在する大型ショッピングモールです。ここを中心に、コンドミニアム、オフィスビル、ホテルなどが建設されています。近くにはドンムアン空港もあり、ドンムアン空港からはタクシーで20分、100バーツほどで到着します。

デザインも斬新です

タイで4番目に大きいショッピングモール「フューチャーパーク」

フューチャーパークは、タイ国内第4位、世界第20位という規模です。タイで唯一、2つのデパート(ロビンソンとセントラル)と、1つの大型スーパーマーケット(ビッグC)をアンカーテナントにもつ商業施設でもあります。レストランが70店舗、銀行支店が12店舗、金融機関が4社入居し、総ショップ数は900店舗にもなるのだそう。とある情報によると、1日の来客数は平均13万人に上るとされています。あまりに広いためか、ケンタッキーが2つあったりするところも面白いところです。

店内の様子

近くには、タイの大学もあるので、学生はを多く見かけました。タイは大学生も制服なので一目でわかります。学校帰りに毎日のように遊びに来ても飽きないくらいの規模でしょう。フロアごとにジャンルが分かれているため、行き慣れている人は自分の目的の場所だけに行きます。いちいち全てのフロアに立ち寄っていては、とてもまわりきれませんから。フロアマップも大まかにしかないですし、初めての人は歩き疲れてしまうかもしれませんが、いい運動にはなりますよ。フューチャーパークは非常に広いデパートなので、複数人で行動する場合は、はぐれないように気をつけて行動したほうが良いでしょう。

大型ショッピングモールだけに、飲食店がたくさんあるのも魅力です。タイ料理店をはじめ、日本料理、中国料理なども多くあります。丸亀製麺やすき家など、日本の有名どころのチェーン店も数多くありました。バンコクで見かけるような日本のチェーン店は、ほぼはいっていましたよ!タイ人はコーヒーが大好きなので、カフェもショッピングモール内にたくさんありますから、自分好みのカフェを見つけるのも楽しいです。

駅もあります

道路からの景色

ショッピングに夢中になるあまり夕方までいてしまいましたので、帰りは渋滞していました。この道路の夕方の渋滞はいつものこと。渋滞を避けたい方は、早めに出るといいでしょう。

探検する感覚で楽しめるフューチャーパーク。機会があれば、是非訪れてみてくださいね。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連する投稿


マクドナルドのポテトファンに朗報!パーティーサイズが50%offということで行ってみた in Thailand

マクドナルドのポテトファンに朗報!パーティーサイズが50%offということで行ってみた in Thailand

タイにいらっしゃるマクドナルドのフライドポテトファンに朗報です!マクドナルドのフライドポテトが無性に食べたくなるときはありませんか?私はマクドナルドのポテトだけを目当てに足を運ぶほど大ファンです。塩加減が絶妙で、タイでも日本でも安定のおいしさ。パーティーサイズが50%offという噂を聞きつけ、さっそく行ってみました。


新しいスタイルの食べ放題!エンターテーメント性溢れるお店で日本食を楽しもう!

新しいスタイルの食べ放題!エンターテーメント性溢れるお店で日本食を楽しもう!

最近バンコクを中心に、日本食の食べ放題が増えています。タイ人はサーモンの刺身がすきなようで、食べ放題のメニューの中に、サーモンの刺身やサーモンの握りを含んだお店はちらほらあります。今回見つけたのは、サーモンだけでなくマグロやカワハギ、いくらなども食べ放題メニューに含まれているお店。いつも順番待ちができるほどの人気です。


フューチャーパークからバスに乗って中華街へ!バンコクの中華街「ヤワラート」を散策してみた

フューチャーパークからバスに乗って中華街へ!バンコクの中華街「ヤワラート」を散策してみた

年に1度は訪れているバンコクのチャイナタウン、「ヤワラート」。今年はまだチャイナタウンに行ってなかったので、散策してみることにしました。サンペンレーンという卸売り市場が有名なのですが、どこにどんなお店があるのかは散策してみないとわからないほど広くて複雑です。何度言っても迷ってしまいます。ヤワラートの様子をお伝えします。


フカヒレをリーズナブルに食べられる!バンコクのチャイナタウンにある和盛豊 (フアセンホン)に行ってみた

フカヒレをリーズナブルに食べられる!バンコクのチャイナタウンにある和盛豊 (フアセンホン)に行ってみた

日本にも中華街があるように、タイにも中華街があります。「チャイナタウンに行くなら和盛豊 (フアセンホン)に行ってみて!」「フカヒレをリーズナブルに楽しめるよ」というアドバイスを、バンコク在住の友人にもらったので行ってみました。口コミの評判も良く有名なお店なのだとか。タイで有名な中華料理店、和盛豊についてレポートします。


プロムナード&ファッションアイランドでショッピングした後は「ジラフ」でおいしいサーモン丼を食べよう

プロムナード&ファッションアイランドでショッピングした後は「ジラフ」でおいしいサーモン丼を食べよう

バンコク郊外にあるショッピングモールのプロムナードとファッションアイランドは、子どもから大人まで楽しめる場所です。この2つは連結しているため、趣の違うショッピングモールを同時に楽しめます。日本食レストランも多くあり、日本人もちらほら見かけます。プロムナードにておいしいサーモンを食べられるお店を発見したのでご紹介します。


最新の投稿


マクドナルドのポテトファンに朗報!パーティーサイズが50%offということで行ってみた in Thailand

マクドナルドのポテトファンに朗報!パーティーサイズが50%offということで行ってみた in Thailand

タイにいらっしゃるマクドナルドのフライドポテトファンに朗報です!マクドナルドのフライドポテトが無性に食べたくなるときはありませんか?私はマクドナルドのポテトだけを目当てに足を運ぶほど大ファンです。塩加減が絶妙で、タイでも日本でも安定のおいしさ。パーティーサイズが50%offという噂を聞きつけ、さっそく行ってみました。


ミラノの邸宅美術館 vol.2【Museo Bagatti Valsecchi 〜19世紀の貴族の邸宅〜】

ミラノの邸宅美術館 vol.2【Museo Bagatti Valsecchi 〜19世紀の貴族の邸宅〜】

現地の美術高校、デザイン大学を卒業したミラノ在住者がおすすめする隠れスポット、それは邸宅美術館!貴族や資産家の邸宅だった建物が美術館として解放されているので普通のの美術館とはまた違う面白さがあります。そんな個性豊かな邸宅美術館たちをひとつずつ紹介!今回は1900年代のミラノの貴族が住んでいた館です。


【中国版クリスマス】中国人にとってのクリスマスって?クリスマスに対する人々の意識の日本と中国の違いあれこれ

【中国版クリスマス】中国人にとってのクリスマスって?クリスマスに対する人々の意識の日本と中国の違いあれこれ

もうすぐクリスマスですね!私が住んでいる中国でもクリスマスをお祝いする人が増えてきたのですが、実はこうなったのはここ1~2年のことなんです。今回は、中国(主に私の住む広東省の広州市)における人々のクリスマスに対する意識とクリスマス直前の街中の様子、クリスマスシーズンの日本との違いのあれこれについてご紹介たいと思います。


中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

12月に入り、世界中がクリスマスモードに突入。どこでディナーをしようか、恋人へのプレゼントは何にしようか……など、クリスマスのプランについて考え始めた人も多いのではないでしょうか。今年は思い切って海外で過ごしてみるのはいかがでしょう? 今回は中欧の国のひとつ、ポーランドのクリスマスを紹介します。


ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

今回の記事は、ロサンゼルスに最近オープンした丸亀うどんを紹介します。すでにハワイなどに店舗があり、長蛇の列ができるお店ですが、新装開店のロサンゼルス店はどのようなものなのかを調査してきました!ここでは日本スタイルのうどん、天ぷら、丼ものなどをかなり格安で楽しむことができます。お店情報や店内の様子など詳しく紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング