ありきたりな観光が嫌いな人にオススメ?マレーシアのテメローにご当地グルメを食べに行こう!

ありきたりな観光が嫌いな人にオススメ?マレーシアのテメローにご当地グルメを食べに行こう!

マレーシアのマレー半島中部に位置するテメローは、静かな田舎町です。そんな静かな田舎町に、有名なご当地グルメがあります。そのご当地グルメを目当てに首都クアラルンプールから訪れる人もいるほどだとか。今回はテメローのご当地グルメを食べたり、テメロー川(パハン川)周辺を散歩したりしてきました。どんなご当地グルメでしょうか?


テメロー(Temerloh)とは?

テメロー川

テメロー(Temerloh)はマレーシアのパハン州にある小さな町です。マレーシアマレー半島のちょうど真ん中あたりに位置しており、盆地に小さな町があるというイメージです。大きなショッピングセンターもなく、とても静かで平和な田舎町が広がっています。

Temerlohは本当はテメルローと発音するのですが、日本人の間ではなぜか「テメロー」と言われています。そんなテメローには、ちょっとしたご当地グルメがあることが最近判明しました!

今回はテメローで、ご当地グルメを食べたり、テメロー川(パハン川のこと)周辺を散歩したりしてゆったりした時間を過ごしてみました。

テタレリバーって何?

テタレリバー?

テメローを一本の川が流れています。地図上ではパハン川と表示されていますが、地元の人はテメロー川と呼んでいます。今回はテメロー川周辺をぶらぶらすることにしました。

テメロー川に着くと、とにかく茶色!びっくりするくらい綺麗な茶色の川で、熱帯雨林にふさわしい川といってもいいかもしれません。地元の人によると、この茶色は、川の砂の色だそうです。川が汚れているわけでなく、川の底の砂を巻き上げこの様な色になっている様です。

このテメロー川は地元では「テタレリバー」というニックネームで親しまれています。テタレとはマレーシア人が愛するドリンクの名前です。いわゆるミルクティーなのですが、ミルクティーとテメロー川の色がよく似ているので、その様に呼ばれているようです。

愛するドリンクの名称で呼ぶなんて、テメロー川が地元の人に愛されている証拠ですね。

テメロー川は地元の人に人気のレクリエーションスポット!

テメローは観光地ではないので観光スポットはないに等しいのですが、地元の人たちはテメロー川が大好き。人気なレクレーションスポットになっています。

夕方になり涼しくなると、川の周辺に屋台が出没します。そして、若いグループや家族連れが集まりリラックスしています。

ドリンクを片手におしゃべりを楽しむ若い女の子たち

みんな何をするわけでもないのですが、ドリンクを飲んだり、ちょっとしたスナックをつまんだりしておしゃべりを楽しんでいます。

景色が綺麗なので、良い気分転換にもなっている様子。都会の風景とは打って変わって、本当にのどかな雰囲気です。私たちも地元の人に混ざって一緒にリラックス。

何をするわけでもなく、ボーッと川を眺めるだけです。観光というと、何かしなければならないと焦りがちですが、綺麗な景色を見るだけでも本当に癒されます。

リバークルージングも!

リバークルージング用のボート

川を眺めていると、時々ボートが行ったり来たりするのが目に入ります。そう!リバークルージングも行われているのです。

クルージングといっても写真の様に小さなボートに乗って、テメロー川をぐるりと回るというもの。小さなボートがジャングルの景色によく映えます。タイミングよくシャッターを切ることができれば、写真映えする光景をカメラに収めることができそうです。

クルージングの看板

クルージングの値段表が書かれた看板です。今回私たちはクルージングを体験しなかったのですが、体験した人の話によると、とても楽しかったのだそうです。

大きいボートだと1人11RM(約300円/2018年6月現在)、小さいボートだと1人6RM(約165円)と値段が異なる様です。これを安いと思うか高いと思うかは人それぞれですが、気になる人は試して見てもいいと思います。

ナマズの養殖で有名なテメロー

テタレリバーこと、テメロー川は、実はナマズの養殖地として有名な場所です。実はナマズはマレーシアでは高級魚として親しまれています。特別な食事会があるときには必ずといっていいほど登場します。

しかし、川魚独特の臭みがあるのも事実。特に首都クアラルンプールのナマズは臭みが強いと、高級魚でありながら、あまり好きではないという人もいるほどです。

ところが、テメロー川のナマズは臭みがなく美味しいと有名なんです。地元の人によると、テメロー川の成分がナマズの養殖に向いているのだそうです。

そんなわけで、テメローのナマズは有名で、クアラルンプールからわざわざナマズを食べに来る人までいるとのことです。結果、テメローはいたるところにナマズをイメージキャラクターとして使っていて、ナマズを積極的にアピールしています。

テメローのご当地グルメ「パティン テンポヨ(patian tempoyak)」って?

テメローのご当地メニューとは……その名も「パティン テンポヨ(patian tempoyak)」。なんとも可愛らしい名前です。この料理、なんとナマズのドリアン煮込みだとか。

ナマズとドリアン?どちらも癖があるものが一緒になっています。「面白そう!」という気持ちと「大丈夫?」というちょっと怖い気持ちが混じりながらも、食べてみることにしました。

テメロー川周辺にはたくさんのワロンがあります。ワロンとは、屋台の様な簡単な食事処のことです。気軽に誰でも入ることができます。どのワロンにも大抵「パティン テンポヨ(patian tempoyak)」があります。

まず「ナシプテ(白ご飯)」を注文し、「パティン テンポヨ(patian tempoyak)」を注文します。カウンターには野菜料理や肉料理など、たくさんの料理が並んでいて、セルフサービスでとることができる様になっています。

ルールはないのですが、ローカルは大抵、肉か魚料理を1種類と野菜料理を2種類選んでいる様な気がします。量り売りではなく、何種類の料理をとったのかによって値段が変わって来るので、欲張って何種類も選んでしまうと、とんでもない値段になることがあります。

今回「パティン テンポヨ(patian tempoyak)」(魚料理)を頼んだので、それとは別に2種類の野菜を選びました。

パティン テンポヨ(patian tempoyak)

まず早速ナマズをいただきます。率直な感想は「これ本当にナマズ?」です。今まで何回もナマズ料理を食べて来たのですが、それなりにナマズ臭さがありました。でもこれは全くといっていいほど癖がありませんでした。身も柔らかくとても美味しいものでした。

そしてきになるドリアンスープ!これもまた、一言で言うと美味しい!ドリアンにも独特の癖があり人によっては臭いと感じることもあるのですが、ソースにはドリアンの臭いがなく、ドリアンのコクだけが残されていました。

ナマズとこのスープがよく合います。スープをご飯にかけていただくと余計美味しく感じました。

穴場スポットとしてオススメかも?

テメロー川周辺でくつろぐ人々

テメローは小さな町で、リバーサイドでは何もすることがないといってしまえばそれだけかもしれません。しかし、地元の人たちと一緒になって川で楽しいひと時を過ごしてみたり、地元のグルメに挑戦してみたりとそれなりに楽しみ方があります。

実際、リバーサイドでゆったりとくつろいでいた人々の表情はとてもリラックスしていて、楽しそうでした。もともとマレーシアの国民性はゆったりとしています。ある意味でマレーシアらしさを十分に満喫しやすい場所と言えるかもしれません。

もう何度もマレーシアに行っていて、行くところがないと言う人やみんなと同じところには行きたくないという人などは、ちょっと足を運んでみるのもいいかもしれません。

また、ドリアンとナマズと言う意外な組み合わせの料理が美味しいとは驚きました!また食べに行きたいと本気で思っているほどです。「食わず嫌い」になる前に色々とチャレンジしたほうがいいと言うことを改めて感じました。

この記事のライター

マレーシア在住です。海外旅行とコーヒーが大好き!マニアックなマレーシア情報や海外旅行の様子を、ハプニングを交えてお伝えします!

関連するキーワード


マレーシア テメロー

関連する投稿


行き当たりばったりに寄ってみると面白い!道端オランアスリーのテントをのぞいてみよう!

行き当たりばったりに寄ってみると面白い!道端オランアスリーのテントをのぞいてみよう!

オランアスリーとはマレー語で(森の人)と言う意味です。マレーシアではずっと昔から森に住んでいた原住民のことを指します。今でもオランアスリーは森周辺で生活し、自然を知り尽くしています。マレーシアの道路を走っていると時々オランアスリーのテントを見かけることがあります。森で取れたハチミツなど様々なものを売っているのです。


2018年6月末まで限定のマクドナルドメニュー!ナシラマバーガーにチャレンジ!

2018年6月末まで限定のマクドナルドメニュー!ナシラマバーガーにチャレンジ!

マレーシアのマクドナルドのメニューに時々限定メニューが販売されます。2018年5月頃から6月にかけて「ナシラマバーガー」なるものが登場しました!「ナシラマ」とは、マレーシア料理の中でも、国を代表するほど超有名なご飯料理です。それをどこまでハンバーガーで再現できているのでしょうか?


マレーシアにはSPF130++++の日焼け止めが!常夏の島での日焼け対策にオススメの日焼け止めクリームとは?

マレーシアにはSPF130++++の日焼け止めが!常夏の島での日焼け対策にオススメの日焼け止めクリームとは?

マレーシアやタイなどの東南アジアには綺麗な島が数多くあり、観光客が大自然を楽しんでいます。綺麗な海で時間を過ごすのはとても楽しいのですが、忘れてはならないのが日差し!ビーチに照りつける太陽の日差しは想像以上に強く、、注意しないと火傷をすることに…。そんな太陽の日差し対策にオススメの日焼け止めクリームをご紹介します!


マレーシアも人気のKFC!マレーシアは日本で人気の「あのメニュー」がないんです!日本とマレーシアのKFCの違いとは?

マレーシアも人気のKFC!マレーシアは日本で人気の「あのメニュー」がないんです!日本とマレーシアのKFCの違いとは?

マレーシア人もケンタッキーフライドチキン(KFC)は人気です。でも実は日本とマレーシアではメニューが少しずつ違うんです。日本では人気のあのメニューがマレーシアではないんです!そのメニューとは?またマレーシアと日本のケンタッキーの違いとは?


クアラルンプールの空港を利用するときの宿泊にオススメ!「The YouniQ Hotel」をご紹介!

クアラルンプールの空港を利用するときの宿泊にオススメ!「The YouniQ Hotel」をご紹介!

飛行機が夜遅く空港に到着する場合、夜をどこで過ごすのか悩みます。夜9時くらいならまだ移動も可能ですが、深夜0時を過ぎたマレーシアの都市内をうろうろ移動するのは大変危険です。そんな時に役に立つのが空港周辺のホテル!そんなホテルのうち、私たちのお気に入りの「The YouniQ Hotel」をご紹介します。


最新の投稿


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

今回cedeleというカフェに行ってきました。シンガポールのあちこちに展開しているチェーン店です。テーブルでカフェラテを飲みながら休んでいると、多くの人が共通のものを注文していることに気づきました。テーブルにある、大きなボールと美味しそうなパン。このカフェの面白いシステムについてご紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング