パリパリさくさくでおいしい!タイの屋台でよく見かけるクレープ「ロティ」がおすすめ

パリパリさくさくでおいしい!タイの屋台でよく見かけるクレープ「ロティ」がおすすめ

タイの屋台料理でおすすめなものの1つがロティ。タイに来た際に1度は見かけるものかと思います。パリパリさくさくのクレープででおいしいで、小さな子どもも、コインを握りしめては、このロティを買いに来ます。リーズナブルなおやつで、子どもから大人までに愛されているのです。ここでは、私も大好きなロティをご紹介します。


子どもも大好き!100円以下で買えるローカルデザート「ロティ」

50円〜100円

日本ではあまり知られていませんが、ロティはタイでとてもポピュラーなスイーツの1つ。屋台で売られていることがほとんどで、油で揚げたクレープのようなもの。ロティはもともと、インドの食べ物で、インドではロティにカレーをつけていただきます。しかしタイのロティは、甘いお菓子として親しまれています。タイにも一応食事系のロティはありますが、タイ人に「ロティ」と言って頭に浮かぶのは甘いほうでしょう。「ロティ」はタイ語ではなく、ヒンディー語やマレー語で「パン」を意味するんだとか。気のせいかお店の人はインド系の人が多い気もします。観光地なんかは、夜になるとあちこちにロティ屋さんが出没しますよ。

人が賑わう場所では、1つ15バーツ(50円)から。トッピングをしても100円いかない程度で楽しめます。ちなみに郊外のロティ屋さんは、プレーンのものが1つ10バーツ(30円)だったりします。もっと田舎に行けば、1つ6バーツのものもあるのだそう。どのロティ屋さんも、現地の人や観光客などに安定して人気があります。

極限まで薄く伸ばしていきます

鉄板の上で生地を極限まで薄く伸ばしていきます。その生地を油の中に入れ、マーガリンを入れ、外側を折っていくことで正方形を作るのが一般的です。破れないギリギリのところまで伸ばしていくのですが、見事な手さばきで、作っているところを見ているだけでも楽しめます。観光客なんかは、よく動画を撮っていたりします。

さくさくでおいしい!

プレーンの場合は、正方形のに揚げ焼きしたものに、たっぷりの練乳と砂糖をふりかけカットしてもらいます。温かいさくさくのうちに召し上がってくださいね!ロティを食べる時はカロリーのことは忘れましょう!

タイ人は練乳たっぷりがお好みのよう

こちらは丸いタイプのもの。こちらも食べやすいようにカットしてくれます。タイの人は甘いものが大好きですから、練乳も砂糖もたっぷりかけます。

まずはシンプルにおいしいプレーンを食べてほしい!

プレーンがおすすめ

中にバナナを入れて焼いたもの、チョコレートをトッピングしたものなどもありますが、私のおすすめはプレーンです。素朴で、どこか懐かしいような、そんな味です。生地が薄いほどパリパリになり、生地が厚いともちっとします。

オーダーすれば筒状にもできます

オーダーすれば、カットせずに、くるくる筒状にまいてくれます。食べやすいので、食べ歩きたい人なんかにおすすめです。

屋台料理には欠かせない真っ黄色のタイのマーガリン

黄色いのはタイのマーガリン

黄色いのはタイのマーガリンで、屋台ではよく見かけます。お菓子の中に入れたり、炒め物に入れたりしてコクを出すようです。スーパーにも売られているものですが、なんと常温で販売されています。タイの炎天下の中で屋台の台に置いてありますが、それでも溶けない。添加物がすごそうな気もしますが、旅行中の時にまで添加物を気にする人はいませんよね。

前に日本でトランス脂肪酸が話題になり、体に悪いイメージを持っている私には、いかにも体に悪そうなタイのマーガリンに最初は衝撃を覚えましたが、こんなことを思ってしまうあたりが「日本人だなぁ」と感じます。たまに食べる分には問題ないでしょう。あれこれ気にしすぎる方が健康に悪いだろうと、今では気持ちが少し大きくなりました。南国を旅行する際には、生物や水には注意が必要ですが、このマーガリンでお腹を壊したり不調が出ることはありませんから、どうぞご安心を。この甘さと美味しさは中毒性がありますから、タイに来てロティ中毒になる外国人も少なくありません。タイに訪れた際は、食後のデザートに是非ロティを召し上がってみてくださいね。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ

関連する投稿


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

南国に住んでいる醍醐味の1つが、フルーツ天国であることです。タイでは毎年6月頃になると、おいしいドリアンが出てきます。私もタイに来るまでドリアンを食べたことがなかったのですが、タイでおいしいドリアンを食べてからというもの、すっかりドリアンが大好きになりました。最近はドリアン市場に通ってしまうほどハマってしまっています。


タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

今話題の「もちシュークリーム」というスイーツをご存知でしょうか?タイ在住の日本人の間で話題になっているスイーツで、タイのセブンイレブンでゲットすることができます。日本人が多く住むエリアのセブンイレブンでは、売り切れが続出しているとか。日本人からも高評価で、コスパもバッチリな「もちシュークリーム」についてご紹介します。


スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

韓国をはじめ日本でも人気のファッションブランド「STYLENANDA 」をご存知ですか?スタイルナンダはファッションだけでなく、3CEというコスメブランドも展開しており、中でも「ウユクリーム」がヒットしています「STYLENANDA」はバンコクにも出店していて、ウユクリームはバンコクでも手に入れることができちゃいます!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング