バレンシア空港を使ってスペインに入国も悪くない! バルセロナやマドリードだけじゃないスペイン国際空港

バレンシア空港を使ってスペインに入国も悪くない! バルセロナやマドリードだけじゃないスペイン国際空港

スペインに行こうと計画を立てる時、たいていの場合はマドリードか、バルセロナからですよね。意外と穴場なのがバレンシアです。格安航空券も見つかります。おまけに、ホテルや物価も安いので、予算も抑えられますし、疲れているときはすりに狙われやすいのですが、バレンシアは比較的治安がいいのでその心配もありません。


いつもはマドリードのバラハス空港を使うのだけれど…

バレンシア空港。安いLCC飛行機の到着も多い。

普通、スペインに行こうと思えば、マドリードのバラハス空港か、バルセロナ=エル・プラット空港を利用して計画を立てますよね。その方が、マドリード郊外のトレドやエルエスコリアルなどの世界遺産の街を訪れるのにも、バルセロナのガウディの建物を見て回るにも、好都合だからです。

私も基本的にはいつもマドリード経由で帰国します。マドリードは夫の家族もいるし、マドリードだとだいたい地理的にもわかっているからです。ところが今回、ちょっとした問題が起きて急遽帰国しなくてはならなくなって、大急ぎで安いチケットを探していたところ、うっかりバレンシア経由の飛行機を予約してしまいました。

いつも使うKLM。うっかりしてしまい、格安航空券ということでキャンセルは無理と書いていたのですが、ダメ元でメールを書きました。「うっかり買ってしまったけれど、マドリードに変えてもらえますか?」と。

メールを書いた後、少し気分が落ち着いて、バレンシアのホテルなどを見ていたら、バレンシアはマドリードやバルセロナに比べるとホテルなども含めて物価が低いし、街が小さいのでどこに行くにも楽かもしれないと思えて来ました。

しばらくして、親切なKLMから返事が来た頃にはもうすっかりバレンシアに行くと気持ちが強くなっていたのです。KLMはとても親切な航空会社ですから、30分で返事をくれました。「基本的にキャンセルや変更は認められない格安航空券なんだけど、今回は特別にマドリードでもどこでも好きな飛行機に変更できますよ。」という返事。少し心が揺らぎましたが、(何と言ってもマドリードが大好きなので、行きたいという気持ちがあるのです。)バレンシア経由で行く計画を立て始めた旨を伝えました。

そういうわけで初めてバレンシア空港経由で帰国しました。

バレンシア空港でいきなりパエリアを食べることも

パエリアが食べられるレストランも空港内に

スターバックスも

スポーツバル。バレンシアはもちろんサッカーチームが強い。

バレンシア空港はこじんまりしていて、ほぼ迷うことなくどこにでも行けます。ヨーロッパ内旅行をするヨーロピアンが主で、旅慣れた感じのゆったりした感じが好感が持てました。ヨーロッパ内旅行だからかもしれませんが、やたら子連れの旅人が多いのも特徴の一つです。

こじんまりした空港内は、カウンターも少なく迷いません。混雑することもないので、楽に旅行が楽しめます。スペインに戻った時も、荷物がすぐに到着して、荷物を取るために待たされることもありませんでした。

市内に行くにもメトロで簡単

マドリードに比べるとメトロもシンプルで、最初に訪問する街としてはおすすめです。

私はスペイン国内ではバスを利用するので、バスステーションに近い、Turia(トゥリア)に宿をとりました。写真の右側にあるエキスポ・バレンシアというホテルです。すぐ隣がエル・コルテイングレスというスペイン唯一のデパートですから、ちょっとしたものを購入するのにも便利です。エル・コルテイングレスにつながる建物の地下には、ファーストフード的な気軽に食べられるレストランが並んでいます。

鉄道を利用する場合は、ホアキン・ソローヤ(Joaquin Sorolla)駅まで行きます。ここからAVEに乗れます。

どちらも空港からメトロに乗り、アンヘル・ギメラー(Ángel Guimerá)駅で乗り換えです。空港からはどのラインでもアンヘル・ギメラーに乗れます。ただし、乗り換えて、国鉄の場合とバスでは方向が反対になるので注意!バスステーションの方は1駅、国鉄の方は2駅ですから、ここに行きたいと紙に書いて見せましょう。すぐに教えてくれます。

もちろん、バレンシアに滞在して、カラトラバ設計の科学博物館なども見たいですね。

バレンシアはホテルも安い

no smokingの部屋を指定していたら、こちらの3人用の部屋を57ユーロで用意してくれました。

マドリードで治安の良いところを指定するとそこそこのお値段になります。ソルなども日本人観光客が多いのですが、夫がマドリードの人なので、ソルなどの治安の悪い場所には絶対宿泊させてもらえません。たいていはバリオ・サラマンカのホテルに泊まるので、年ごとに値段が上がっています。その点、バレンシアのホテルは周りも静かで安心できる場所でしたが、57ユーロ(税込)。

Hotel 3 estrellas en Valencia | Expo Hotel Valencia

https://expohotelvalencia.expohotels.com/

Expo Hotel Valencia o Hotel Expo Valencia es un hotel de 3 estrellas con piscina en el Nuevo Centro de Valencia. Ven a descubrirlo!

予算を抑えられたバレンシア滞在

エクスポ・バレンシアの一階にあるピアノバー。

空の旅の疲れは、バレンシアに一泊してゆったりしてからがいいかもしれません。のんびりして、力を蓄えてから、スペイン観光を楽しんでください。人がとても親切なこともバレンシアの良いところです。道やメトロがわからなかったら、ちゃんと教えてくれます。

この記事のライター

スペインに住んで18年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連するキーワード


スペイン バレンシア

関連する投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


スペインに来たらハモンセラーノを食べよう!気軽に食べられるお店がコルドバにオープン

スペインに来たらハモンセラーノを食べよう!気軽に食べられるお店がコルドバにオープン

スペインに来たら、是非、本場でハモン・セラーノを食べましょう。気軽にハモンセラーノを食べられるお店ができました。サラマンカのハモン・セラーノの会社ファウスティーノ・プリエト(Faustino Prieto)直営のお店です。今回は、コルドバ店にお邪魔しました。


【スペインの城シリーズ】公式「スペインの美しい村」に選ばれたセグラ・デ・ラ・シエラにある城

【スペインの城シリーズ】公式「スペインの美しい村」に選ばれたセグラ・デ・ラ・シエラにある城

スペインの城シリーズ9回目はハエン県にあるセグラ・デ・ラ・シエラにある城です。セグラ・デ・ラ・シエラは、自然に囲まれ、有機農業をしている美しい町です。観光客も少なく、野生動物がその辺りを歩き回っているので、癒されること間違いなしのお城です。


パティオに咲く花を1年中愛でる街プリエゴ・デ・コルドバがおすすめ!コルドバからも近い歴史のある街

パティオに咲く花を1年中愛でる街プリエゴ・デ・コルドバがおすすめ!コルドバからも近い歴史のある街

スペインといえば、パティオですが、パティオはコルドバだけではありません。コルドバ県内、グラナダからも行きやすいプリエゴ・デ・コルドバでは、美しいパティオが見られます。パティオは1年中美しく手入れされているので、見たいときにゆっくりとまわれます。


アンダルシアのカソルラ山脈にある美しいホテル「コト・デル・バジェ」は1人の男の夢の結晶

アンダルシアのカソルラ山脈にある美しいホテル「コト・デル・バジェ」は1人の男の夢の結晶

最近、ヨーロッパとアメリカでブームになっているカソルラ山脈。大自然の中に生まれた美しいホテル、「コト・デル・バジェ」は、贅沢な時間を過ごせる山荘タイプのホテルです。オーナーが趣味で作っている建物なので、細かなところにこだわりを感じられるのも魅力です。


最新の投稿


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング