【中国の地元スポーツ事情】バドミントンにボウリング!屋外施設で汗を流して健康に!

【中国の地元スポーツ事情】バドミントンにボウリング!屋外施設で汗を流して健康に!

中国人は元々健康に関心がある国民ですが、最近は若者を中心にジムに通ったりして体を鍛えるのが流行っています。町中にも次々とジムが増え、会員になっている人も多いそう。それでもやはり今でも中国人に広く受け入れられているのが、卓球やバドミントンといった国民的スポーツ。実はボウリング場もあるんです!


中国人は運動が大好き!広場でも公園でも元気に跳ねたり踊ったり…

中国人は健康への意識が高く毎日の食事や体を冷やさないことなどに気を使っていますが、日常的に体も動かしています。山登りや公園での散歩やスポーツ、最近流行りのジム通いやダンス等々。

有名なのは、広場で音楽に合わせておばさんたちが大勢で踊る「广场舞」グアンチャンウー。時には普段着で、時にはドレスで、時には大きな扇やラケット(?)を自在に操りながら、大音量の音楽に合わせたダンスが毎日繰り広げられます。

ところでわたしが中国へ来て以来、気軽に楽しめるからやろうよ!と友人から誘いを受けたスポーツでダントツ1位は…バドミントン!そして2位は卓球!ということで、毎週一回はマイバドミントンDAYとなりました。

毎週行くぞ!行きつけのバドミントンコートを探せ!

多くの「小区」シャオチュー、簡単に言うと「団地」には無料で使用可能な卓球台が設置されていて、休みの日には親子や友人同士で卓球を楽しむ人も多く、卓球台が空いていないから順番待ちということもあります。他には、川辺や公園の中に無料で使えるテニスコートやバスケットコートなどがあり、そういう場所は誰でも利用可能です。

わたしの住む町には幾つも体育館があり、バトミントンのコートを安くで借りることができます。値段は場所によって違いますが、安いところで1コート1時間40元(約800円)くらいです。少しきれいなコートはもう少し高いようです。

マイラケットを持参しない場合は1本5元ほど(約100円)でレンタルすることができます。基本的に土足オーケー、日本のように体育館シューズや専用シューズを持参しなくていいので楽!

古いコートでも水やジュースは売っているので、なんなら何も持たずにフラ~ッと出かけて、コートが空いていれば即遊べる!そういうところが気軽で良い!前に見たことがあるのですが、ミニスカートとハイヒールでバドミントンしている人がいました…何でもありです…

体育館の管理人は眠そう~暇そう~なことが多いです。でも突然ふらーっとやって来て、じーっと見ていて…「おっと、それは姿勢がなってない!ラケットはこう持って、こう打つんだ!」といきなり長々とした講習が始まることもあります(笑)そういう時はしばらく付き合い「ありがとう。じゃあ試合の続きするね」と親切に…遠慮しましょう。

バドミントンはお友達同士の楽しい打ち合いじゃない!とにかく試合だ!

お天気のいい日に、河原でキャッキャ~と楽しく打ち合う。わたしの中のバドミントン定義を粉々に打ち砕いた中国のバドミントンレベル。体育館を借りてバドミントンをする人の大半は本気で「打ち」に来ているので、全身の動きがちょっと違います。

全体の動きに無駄がなく、片足は固定してその足を軸に一歩か二歩で四方向に移動します。右左前後あらゆる方向に羽を飛ばし仕掛けてくるので、打ち返した後どれだけ早く元の位置に戻れるかが鍵になります。サーブの種類も様々で、ラケットは手首だけを動かして打つので腕が疲れにくくて長時間打てます。

夏の体育館は風通しが悪くサウナ状態になるのですが、それでも白熱した戦いが繰り広げられるので、水分補給と適度な休息を怠ると危険です。「空调」コンティアオ=クーラーのある場所もありますが、地元の友人いわく「体育館のクーラーはホコリと菌だらけなので、その風に当たると風邪を引くか病気になる」。ご注意を…

こんな風に中国のバドミントン事情を知ってしまうと、簡単な打ち合いでは物足りなくなり、毎回試合をせずにはいられなくなってしまいます…わたしも元々運動好きとはいえ、日本であまりバドミントンをしてきませんでした。でも今はバドミントン大好き人間に…なってしまいました。

最近見つけた中国のボウリング場!安くてきれいで十分遊べる!

小さめだけどキレイに保たれています

最近では日本でも行く機会が少なくなったボウリング場。中国の、しかもわたしの住む小都市にあるボウリング場は一体どんな場所なのか!気になって行ってきました!市の中心からバスで15分以内の場所にありましたが、地味な場所に入り組んでいたので自分では見つけにくい場所でした。

全部で6レーンと小さな施設でしたが、わたしの想像よりはずっときれいでしたし、レーンごとに画面があって、文字もきちんと映っていたので安心しました。靴はレンタルですがサイズも揃っていて、衛生面が気になる人のために薄~い使い捨て靴下のような物をくれました。効果があるかは分かりません…靴のサイズは日本の23㎝=中国の36、日本の24㎝=中国の38、という表記です。

今回は2ゲーム楽しみましたが、靴のレンタルと2ゲーム合わせて一人約60元(1000円~1200円)ほどだったと思います。日本と比べれば断然安いですよね。

一般的に大音量で音楽がかかっているボウリング場とは違い、曲も何もかかっていず終始静かでしたが(笑)その分、友人と話がしやすく投げることに集中できましたよ。ボウリング場の従業員のおばさんも「球の持ち方が違う!足の位置はこうで、目線はまっすぐ!」と、やはりレクチャーしに来てくれました。

ちなみに今回出かけたボウリング場には、指定された日の午前中ボウリング1ゲーム8元(約150円)という驚き価格のサービスデイがありました!安すぎ(笑)

スポーツするなら日本より中国がオススメ…?なんたって安い!

わたし個人の話ですが、こちらへ来てから体を動かす機会がとても増えました。理由は幾つもありますが、運動好きな友人に囲まれていることに加え、運動を気軽に楽しめる環境があるということがとても大きいと思います。

最近どんどん増えているジムも、少し古いジム(それでも基本的な器具は揃っている)なら月50元(約1000円)と激安!新しいところは100元~200元と値段設定も様々ですが、日本と比べると半額以下かもしれません。会員なら毎日行っても良いので、わたし個人的には通う価値があると思います。

中国での仕事や語学留学のため長期滞在する場合、毎日忙しく過ごしているとどうしても食生活が乱れたり油っぽいものが中心になったりしがちです。だからこそ、元気に生活するための適度な健康管理も大切なことの一つだと思います。

気軽に体を動かせる施設がどんどん充実してきている中国で、お気に入りのスポーツやスッキリ汗を流せるスポットを探してみるのはどうですか?

この記事のライター

中国在住、日々中国人と中国文化に囲まれながらエキサイティングな毎日を送っています。地元ならではの情報をご紹介していきます。

関連するキーワード


中国

関連する投稿


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


覚悟して食べよう!中国で大人気の「肉松パン」とは?中国のパンとパン屋事情あれこれ

覚悟して食べよう!中国で大人気の「肉松パン」とは?中国のパンとパン屋事情あれこれ

海外旅行をすると、誰でも「これはどうしても食べられない・・・」というものに一つか二つはぶち当たるものではないでしょうか?今回は、食べるのならある程度覚悟が必要な中国で大人気の「肉松パン」をご紹介します。肉松って何?どんなお味なの?気になる肉松パンをレポートする前に、まずは今の中国でのパン事情からご説明していきましょう。


中国広州旅行で手っ取り早く中国らしいお土産をゲットするには?北京路にある大変便利なお土産屋さんで旅のお土産を揃えよう

中国広州旅行で手っ取り早く中国らしいお土産をゲットするには?北京路にある大変便利なお土産屋さんで旅のお土産を揃えよう

中国広東省広州市からお届けしています。皆さん、広州旅行のお土産はどうしようとお考えですか?行き当たりばったりも旅の醍醐味ではありますが、観光で忙しく、ゆっくりお土産屋さんを回る時間が取れないかもしれません。今回は、大切な旅のお土産を買いそびれてしまわないように、いざという時に利用できる便利なお土産屋さんをご紹介します。


全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

真っ赤な看板と白髪老人の笑顔。中国広東省の広州市には、数え切れないほど多くのケンタッキー・フライドチキンがあります。もう何年も前から、ケンタッキーは中国社会にも受け入れられているようです。今回は、中国版ケンタッキーの日本にはないおススメ中華メニューや中国旅行時の中国ケンタッキー活用方法をレポートしていきたいと思います。


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


最新の投稿


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング