韓国ソウルの明洞でサムギョプサルを食べ放題!ローカルオススメのお店にいってみました!

韓国ソウルの明洞でサムギョプサルを食べ放題!ローカルオススメのお店にいってみました!

韓国の首都ソウルの明洞は、ショッピング街だけでなく、美味しい韓国料理を食べることができる場所としても有名です。明洞に行った際、真っ先に食べに行ったのはサムギョプサルの店です。選んだ店はオントリセンコギ 明洞店。時間制限がある中で、とにかくひたすら肉を焼いては食べました。まさしく食い倒れレストランをご紹介します!


サムギョプサルとは?

サムギョプサル

サムギョプサルとは、豚のバラ肉を焼いて食べる韓国流の焼肉のことです。分厚いバラ肉を焼き、キムチやナムルと一緒にサンチェに包んで食べます。

実はサムギョプサルを韓国語で直訳すると「三段腹」という意味があるのだそう。「三段腹」になる程に美味しく、食べ過ぎてしまうという意味が込められている名前です。

それくらい韓国人が誇りに思っているサムギョプサルです。私たちも、韓国について初日、早速サムギョプサルを食べに行きました!

明洞で行ったオントリセンコギ 明洞店

今回行った店舗

今回私たちは「オントリセンコギ 明洞店」というショップに行きました。このショップは一緒に行った韓国人の友人が選んだ店です。調べてみると予約ができないとのことでした。それで、混み合いそうな時間帯を避けて、夕食より早めの時間帯を選びました。

店舗はビルの中に入っていました。階段を登っていくと、2階が店舗になっています。早めの時間帯を選んだはずだったのに、もうすでに何組か客が来ていて、焼肉を食べていました。ざっと見たところ、ローカルが多いように感じました。

早速注文しよう!

サムギョプサルを焼いている様子

早速サムギョプサルを注文します。時間制限がある中での食べ放題システムです。まず、とても分厚い豚肉が運ばれて来ました。早速それを、鉄板に乗せて焼き始めます。肉を焼いている間、今度は、サイドメニューを取りに行きます。

中央のカウンターにキムチ、ナムル、サラダ、サンチェなどのサイドメニューが置かれていて、セルフサービスで自由にお代わりできるようになっています。

焼き始めてしばらくして肉にほんのりと色がつき始めたら、ハサミで肉をチョキチョキと切っていきます。そして、火が通るまでじっくりと焼きます。

焼きあがった肉は、サンチェに乗せ、キムチやナムルなどを入れ、クルクルと巻いて食べます。じっくりと火を通しているはずなのに、肉が柔らかくて、びっくりしました。

こってりした肉のはずなのに、野菜の効果もあり、あっさりと感じました。その影響かどんどんと食が進みます。肉を食べ終わるとすぐに、次の肉を注文します。頼むとすぐに持って来てくれました。

韓国での食文化の違いについて…

赤いチゲスープ

また鉄板の中央にはチゲスープが置かれていました。ピリ辛のチゲスープを飲むときには、自分のスプーンで直接飲むのが韓国流とのこと。

日本では、直箸はマナー違反だとされ、スープを飲むときにも他の器につぎ分けて、自分のスプーンがスープの中に入ることを防ぐようにして飲むことが多いですが、韓国では直箸ならぬ直スプーンです。

韓国では、一緒に食べることでお互いの連帯意識を高めることができるとされ、良い食文化の1つとなっているようです。

「郷に入っては郷に従え」、韓国人の友人と韓国で食事をしていることもあり、私たちも韓国流で食べることに。

日本人の中にはこの食文化にはどうしても慣れることができないと言う人もいるのも事実です。でも、私はあまり気になりませんでした。

むしろ、気の知れた友達同士での食事なので、同じ器からスープを飲みながら食事をすると、会話も弾み楽しい時間を過ごすことができるような気もしました。

ひたすら食べまくります!

私たちが食べ続けているうちに、人がどんどんと入って来ました。カップルやグループなどがいましたが、比較的若い人が多いように感じました。みんなどんどんと注文し焼き肉を食べています。

韓国に来たら一度は食べたい!

もともと私たちはサムギョプサルが大好きなのですが、やはり本場で食べたサムギョプサルは、肉の厚み、肉の柔らかさなどを考えても、本当に美味しく、がっつりといただきました。

サイドメニューのキムチなどもやはり本場のキムチなので、1つ1つがとても美味しかったです。時間制限でしたが、時間が来る頃にはお腹がいっぱいになってしまっていましたので、食べる時間も十分でした。

サムギョプサルは、韓国に来たら一度は食べたいメニューです!

この記事のライター

マレーシア在住です。海外旅行とコーヒーが大好き!マニアックなマレーシア情報や海外旅行の様子を、ハプニングを交えてお伝えします!

関連するキーワード


韓国 ソウル

関連する投稿


ソウルのサラリーマンに大人気?飛び込みで入ったソウル明洞のお店で食べたプルコギが美味しかった!

ソウルのサラリーマンに大人気?飛び込みで入ったソウル明洞のお店で食べたプルコギが美味しかった!

お昼ご飯を食べようと、通りをうろうろしていた時にふと見つけたお店「ウチョンセンコギ」に入ってみました。食べたプルコギはとても美味しく絶品でした!そして、そのお店には続々とサラリーマンらしき人がお昼ご飯を食べるために入ってきました。そこで見た、韓国のサラリーマンたちのお昼ご飯事情についてもついでにお伝えします。


こどもが大喜び!韓国鉄道の町、義王(ウィワン)市にある鉄道博物館で韓国の鉄道の歴史を体感!

こどもが大喜び!韓国鉄道の町、義王(ウィワン)市にある鉄道博物館で韓国の鉄道の歴史を体感!

ソウル市郊外にある義王(ウィワン)市には、韓国鉄道公社KORAILが運営する鉄道博物館があります。屋外にはかつて韓国内を運行していた車両や蒸気機関車などが展示されており、屋内には韓国の鉄道の歴史を学ぶことのできる展示があります。家族連れが多かったですが、鉄道ファンも満足できる施設だと思います。


ソウルの王宮、景福宮(キョンボックン)を見に行くなら午前9時50分に到着するのがオススメ!交代式を見にいこう!

ソウルの王宮、景福宮(キョンボックン)を見に行くなら午前9時50分に到着するのがオススメ!交代式を見にいこう!

韓国ソウルの観光スポットといえば、やはり王宮だと思います。王宮は5つあると言われていますが、今回は景福宮(キョンボックン)に行って来ました。景福宮(キョンボックン)にせっかく行くのなら、午前9時50分に行ったほうがいいと教えてもらい実際に行って来ました。王宮前で見たものとは?景福宮の交代式の様子をお伝えします。


日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

韓国は豪華なかき氷デザートが有名ですが、今回、韓国の明洞で、「Korean Dessert Cafe(コリアンデザートカフェ)雪氷(ソルビン)」に行ってきました。このお店はローカルの友達が連れて行ってくれました。実際に本場のかき氷を試してみて、日本のかき氷とは違う豪華な盛り付け、ふわふわのかき氷に大満足でした!


【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

ソウルのこども向けお仕事体験テーマパークと言えば、日本でもおなじみの「キッザニア」をはじめ、複数あります。こどもにとっては、普段なかなか体験することのない大人のお仕事を実際に体験できるとあって、人気が高く、どの施設も週末は混雑しています。今回は、その中でも格安で人も少なめの超穴場な施設をご紹介したいと思います。


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング