暑くても楽しいコルドバ!地ビール、地元料理、そしてギターフェスティバル

暑くても楽しいコルドバ!地ビール、地元料理、そしてギターフェスティバル

なんと45度にまで気温が上がるという、とにかく夏になると暑いコルドバですが、暑い時期には暑い時期のコルドバの楽しみ方があります。そして、暑いところで生まれた夏においしい地ビールもあるのです。実際に試してみて、楽しかったコルドバ夏旅行体験を元にコルドバの夏の楽しみ方を紹介します。


スペインのコルドバは夏はとにかく暑いです。1年を通して基本的に温暖な街ですが、夏の暑さはかなりきつい。日中、45度になることも普通です。そういうわけで、夏にコルドバに行く人は少ないのですが、そのような夏のコルドバだからこその楽しみ方をご紹介します。

ホテルが安い!

スペイン人の国内旅行だけではなく、ヨーロッパ中の人たちは、夏のバカンスは海辺を目指します。海辺だけではなく、山沿いの避暑地もホテルはいっぱいになり、空室があっても、高額です。それにひきかえ、コルドバはほとんど観光客が来なくなるので、料金が低めになります。3つ星ホテルがツインで30ユーロくらいからです。

こういう時に、コルドバに滞在して、コルドバだけではなく、コルドバ周辺の小さな村を訪れてみるという旅をしてみるのも良い思い出になります。有名ではありませんが、歴史的な素敵な村、町、何よりスペインらしい風景を楽しめる町がコルドバ周辺にたくさんあります。

コルドバから日帰りで行ける素敵な町

プリエゴ・デ・コルドバ(Priego de Cordoba)はこじんまりした町ですが、私たちがコルドバってこんな感じというコルドバ的な花盛りの路地や古い建物が立ち並んで、アンダルシアに来ていることを実感させてくれます。

アルモドバル・デ・リオ(Almodobar de Rio)は「ゲーム・オブ・スローンズ」の撮影が行われたお城のある町です。いつも羊飼いがいて、なかなか牧歌的なところですから、旅をしている気分が一気に盛り上がります。

湿気が少ないから朝は涼しいコルドバ

湿気が高いとじんわり暑さがどこにいても感じられるのですが、スペインは湿気が低いので、木陰にはいれば涼しいのです。また、夜は気温が一気に下がりますから、朝はスッキリとしています。早朝、世界遺産に指定されているメスキータに行きましょう。8時半から1時間無料で公開されてます。もちろん、有料でも行く価値はあります。入場券は当日でもほぼ並ばないで買えますから、その日の気分で予定に入れてください。

入場料:10ユーロ、10歳~14歳、5ユーロ、10歳以下無料。
時間帯: 月曜日~土曜日10.00~18.00、日祭日、 9.00h. ~10.30 -、14.00h.~18.00

夏に食べるとおいしい!!コルドバグルメ

コルドバはスペインでも最高品質のオリーブオイルが生産されている場所でもあり、おいしいものがたくさんあります。

サルモレッホス:トマトのスープ、ガスパチョはかなり知られて来ていますが、それをさらに濃厚にしたものです。ガスパチョはキュウリが入っていますが、サルモレッホスは普通、入っていません。小さなコップで出される場合もありますが、もっと濃くして、パテのように薄切りパンの上に乗せて出される場合もあります。

ピカディージョ・コルドベッセ:玉ねぎ、キュウリ、ピーマン、トマトを小さく切って、ニンニク風味のオリーブオイルとビネガーで和えたもの。

フラメンキン:薄く切った豚肉にハムやチーズを巻いて、カツにしたもの。

コルドバは大学だけではなく、音楽のコンセルバトリーと舞台芸術のコンセルバトリーがあり、学生の街でもあるので、安くておいしいバルがたくさんあります。女子大生に教えてもらったのが、このバル。

La Abadia
Avenida Aeropuerto 4

写真はここでいただいたサルモレッホス、パタタブラバ、そしてオープンサンド。これだけで女子はお腹いっぱいになります。飲み物をつけて(グラスワイン、またはビール)、一人3ユーロ60センティモでした。

夏だからうまいコルドバの地ビール!

Cerveza Bandolera 女性の山賊というかっこいい名前のビール。少し苦めなナチュラル素材のエコロジービールです。コルドバに行ったらぜひ味わってほしいビールです。

コルドバで熱いギターフェスティバル

毎年、6月の最終日くらいから10日間、コルドバに世界中のギター奏者が集まり、コンサートが開かれます。会場はいくつかに別れ、クラシック、フラメンコ、ブルース、ジャズとジャンルを問わず聞かれますから、ギター大好きな方だけではなく、音楽が好きな人はみなさん楽しめます。クラシックミュージックもギターだと入りやすく、思わずクラシック音楽のファンになってしまいそうです。

コルドバを散歩、そしてお店を覗く

アーティストの多いコルドバには手作りショップもたくさんあります。

そのほかにもショッピングセンターで日本でも話題になっているイタリア製のプチプラコスメのキコが買えます。水玉模様の可愛いカラーリップクリームが3ユーロくらいで買えます。そのほか、スーパーマーケットをのぞいてばらまき用のお土産を物色するのも楽しいです。

スペインの夏を経験するのも自慢できる旅になる

スペインは夏は暑いとはいえ、スペイン人のように昼寝をして、朝早く、そして夜遅くまで遊べば十分に楽しめます。ぜひ、なんでも安めの夏にコルドバを訪れてください。

この記事のライター

スペインに住んで17年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連するキーワード


スペイン コルドバ

関連する投稿


【ウベダ】世界遺産の街の陶器に魅せられて! 陶工ティトさんに会いに行こう

【ウベダ】世界遺産の街の陶器に魅せられて! 陶工ティトさんに会いに行こう

アンダルシア、北東部のハエン県にある世界遺産の街ウベダに住む陶工ティトさんのお店を紹介します。スペインといえば陶器やタイルが人気ですが、一般にスペインの陶器といって思い描くものより、シックなデザインです。でもこれもスペイン。スペインの国宝級の陶工の作品をじっくり見てくださいね。


【ウベダ】パラドールはルネッサンスのお屋敷! スペインの貴婦人になって旅をしよう

【ウベダ】パラドールはルネッサンスのお屋敷! スペインの貴婦人になって旅をしよう

スペインを旅行するときは、パラドールもチェックしましょう。パラドールはお城やお屋敷など歴史的建造物を使った国営ホテルです。ウベダにもルネッサンス様式のパラドールがありますから、ぜひのぞいてください。コーヒーを飲むだけでも、思い出になりますよ。


 【スペイン】クリスマスに来るなら1月6日までいよう! 公現祭パレードとロスコン・デ・レジェス

【スペイン】クリスマスに来るなら1月6日までいよう! 公現祭パレードとロスコン・デ・レジェス

お正月休みにスペインに滞在するのでしたら、1月6日は外せません。1月5日の夜は街の中がワクワク楽しく盛り上がっています。三賢人のパレードもあり、どこに滞在していても楽しさは変わりません。むしろ小さな村にいる方が楽しいかもしれません。村の人たちに混じって、三賢人がばらまくお菓子を食べてみませんか?


【スペイン】マドリードから行く不思議空間! 中世の街メディナセリに出かけよう

【スペイン】マドリードから行く不思議空間! 中世の街メディナセリに出かけよう

マドリードから1時間半でたどり着く石造りの家々が並ぶ中世の街「メディナセリ」に出かけてみませんか? 白い村とは別の意味で、とてもスペインを感じさせてくれる街です。人口は1000人にも届かない小さな集落ですが、そこにはぎっしりとスペインが詰まっています。


 【スペイン料理】セニョーラスがよく使うスパイス10選をそろえてワンステップ上の料理

【スペイン料理】セニョーラスがよく使うスパイス10選をそろえてワンステップ上の料理

スペインで食べたあの味がどうしても出ない! と思ったらやっぱりスパイスに秘密がありました。筆者はアンダルシアで調理師資格をとりましたが、そのとき料理に使うワインとスパイスについてかなり勉強しました。ほんの少しだけスパイスを入れることでお料理の味がプロ並みになります。まず、使い方から説明しますので参考にしてください。


最新の投稿


マクドナルドのポテトファンに朗報!パーティーサイズが50%offということで行ってみた in Thailand

マクドナルドのポテトファンに朗報!パーティーサイズが50%offということで行ってみた in Thailand

タイにいらっしゃるマクドナルドのフライドポテトファンに朗報です!マクドナルドのフライドポテトが無性に食べたくなるときはありませんか?私はマクドナルドのポテトだけを目当てに足を運ぶほど大ファンです。塩加減が絶妙で、タイでも日本でも安定のおいしさ。パーティーサイズが50%offという噂を聞きつけ、さっそく行ってみました。


ミラノの邸宅美術館 vol.2【Museo Bagatti Valsecchi 〜19世紀の貴族の邸宅〜】

ミラノの邸宅美術館 vol.2【Museo Bagatti Valsecchi 〜19世紀の貴族の邸宅〜】

現地の美術高校、デザイン大学を卒業したミラノ在住者がおすすめする隠れスポット、それは邸宅美術館!貴族や資産家の邸宅だった建物が美術館として解放されているので普通のの美術館とはまた違う面白さがあります。そんな個性豊かな邸宅美術館たちをひとつずつ紹介!今回は1900年代のミラノの貴族が住んでいた館です。


【中国版クリスマス】中国人にとってのクリスマスって?クリスマスに対する人々の意識の日本と中国の違いあれこれ

【中国版クリスマス】中国人にとってのクリスマスって?クリスマスに対する人々の意識の日本と中国の違いあれこれ

もうすぐクリスマスですね!私が住んでいる中国でもクリスマスをお祝いする人が増えてきたのですが、実はこうなったのはここ1~2年のことなんです。今回は、中国(主に私の住む広東省の広州市)における人々のクリスマスに対する意識とクリスマス直前の街中の様子、クリスマスシーズンの日本との違いのあれこれについてご紹介たいと思います。


中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

12月に入り、世界中がクリスマスモードに突入。どこでディナーをしようか、恋人へのプレゼントは何にしようか……など、クリスマスのプランについて考え始めた人も多いのではないでしょうか。今年は思い切って海外で過ごしてみるのはいかがでしょう? 今回は中欧の国のひとつ、ポーランドのクリスマスを紹介します。


ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

今回の記事は、ロサンゼルスに最近オープンした丸亀うどんを紹介します。すでにハワイなどに店舗があり、長蛇の列ができるお店ですが、新装開店のロサンゼルス店はどのようなものなのかを調査してきました!ここでは日本スタイルのうどん、天ぷら、丼ものなどをかなり格安で楽しむことができます。お店情報や店内の様子など詳しく紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング