これぞアニオタ天国!?中国でも大人気の日本のアニメが勢揃い!中国広州のオタクスポットと言ったらここ!

これぞアニオタ天国!?中国でも大人気の日本のアニメが勢揃い!中国広州のオタクスポットと言ったらここ!

海外においてもはや日本の文化となっている「アニメ」や「オタク」。私の住むここ中国でも、若者を中心に大人気です。中国語でもオタクという言葉があって、「宅男(ザイナン)」もしくは「宅女(ザイニュウ)」となります。面白いですね!今回は、中国の広州市で見つけた超ディープな「アニオタ天国」の状況をレポートしていきたいと思います。


中国における日本のアニメ文化

私の住む中国広東省広州市では、日本のアニメが大人気です。こちらで10代~20代の地元の人とお喋りすると、ほぼ例外なく「日本のアニメが好きだ」と言ってきてくれます。

アニメについて熱く語り出す若者もしばしば・・・イマドキの中国の若者は、私などよりもずっと日本のアニメに詳しいんですよ。

特にダントツ大人気なのは「ONE PIECE(ワンピース)」です。中国では「海賊王」として知られていて、日本のアニメ=ワンピース!と言ってもおかしくない勢いなんですよ。ワンピースに次いで人気なのは「NARUTO-ナルト-」で、こちらは中国語で「火影(ほかげ)忍者」となっています。

中国でも大人気の日本アニメ。

中国の若者と話していると、「ハイゼイワンはさぁ~」とか「フォインレンジャいいよね~」と突然言ってきたりして一瞬戸惑います。「ハイゼイワン」とは中国語の海賊王、つまりワンピースのことで、「フォインレンジャ」は火影忍者、ナルトの意味です。

中国語では外来語の扱いが難しく、日本語のようにカタカナで外国語を表現できたら便利なのになとよく思ってしまいますが、これは覚えるしかありません。日本語がわかる人でも「海賊王」、「火影忍者」の名前しか知らないので、アニメ好きの人は中国に来る前に予習しておきましょうね。

こちらのお店は大量の日本のアニメグッズを扱っています。

中国のアニメを見ると、子ども向けなのに絵が可愛くありません。私が詳しくないのは多いにありますが、有名なアニメと言えば2~3個ですし、日本のアニメと比べるとあまり見応えがないように思います。

それに対して、だいぶ前から中国では日本のアニメがテレビ放送されていたそうです。今20代~30代前半くらいの人たちは「子どもの頃に日本のアニメ『一休さん』や『ドラえもん』、『ちびまるこちゃん』をよく見ていた」と言っています。当時は中でも「一休さん」が人気だったのだとか。

お店によってアニメの種類は様々です。

前置きが長くなってしまいましたが、中国ではだいぶ前から日本のアニメが歓迎されていて、すごく人気があるんですよ。

では、ここからはお待ちかねのアニオタ天国、広州市の「公園前駅」駅地下にあるちょっとディープなスポットをご紹介しましょう。

公園前駅の駅地下アニメスポットとは?

今回ご紹介するアニオタスポットは、広州市の越秀区にある「公園前」エリアにあります。アクセスは大変わかりやすく、まずは広州地下鉄1号線と2号線が交わる公園前駅で下車しましょう。

公園前駅の駅地下には、大きなショッピングモールが張り巡らされています。地下鉄の改札を出たらショッピングモールの入口が幾つもあるので、初めて行く人でもすぐにわかりますよ。

地下鉄の駅からさらに地下に降りるとそこは・・・

地下鉄の駅は地下一階となりますが、今回ご紹介するスポットは公園前駅の地下二階となります。地下鉄駅からさらにエスカレーターを下っていくと、お目当てのアニオタ天国登場です。早速覗いてみることにしましょう。

地下2階にある「动漫(アニメ)特区」

ここが「アニメ特区」の入口です。

地下二階に下りるとすぐ目に入ってくるのが「动漫特区」という看板です。「动漫」とは中国語でアニメのことで、いかにもな感じの入口風景となっていますが、臆せず入ってみましょう。

熱心にフィギュアの写真を撮っている女の子。

こちらのアニメ特区で全体的に目につくのは、アニメフィギュアを販売しているお店です。数限りない種類のアニメのフィギュアが勢揃いしているので、お目当てのアニメキャラクターのフィギュアが見つかること間違いなしです。

上の写真の女の子のように、お店の外からフィギアに釘付けになっている人、何人か見ましたよ(笑)フィギュアを見つめる目が、みんな真剣そのものです。

フィギュア以外にもアニメグッズの数々。

もちろんアニメグッズはフィギュアだけじゃありません。アニメ雑誌や写真集のようなもの、ポストカードやサウンドトラックCD、ポスターやアニメ関連のゲームの攻略本などなど本当に様々なアイテムがあります。

アニメ特区は一見ディープな空間ではありますが、子連れの若いお母さんがいたり、小学生くらいの子どもたちがいたり、アニオタではなかったとしてもそれ程入りにくい感じはありませんよ。(かくゆう筆者もアニメにはあまり詳しくないのです。)

廊下には魂ネイションズのオブジェが。

アニメ特区の中には、あちこちにアニメやゲーム関連のオブジェが設置されています。それらオブジェの前で写真撮影している人が結構いました。

上の写真は、大人のためのフィギュアブランドでこの業界で10年以上の歴史を持つ「魂ネイションズ」のオブジェですね。

魂ネイションズの特設コーナーもあります。

魂ネイションズの商品を展示しているのか、ここに「魂ネイションズ広州スポット」なるコーナーもありました。中国でもなかなか人気のようです。

この先には軽食を扱う売店&休憩所があります。軽食メニュー自体はいたって普通のもののようでしたが、まだまだアニメ特区を詳しく見ていきたい人やお子さん連れなどちょっと休憩したい人にとっては、この休憩所は便利だと思います。

ここは「西区(ウエストエリア)B2」です。トイレもこのすぐ近くにあるので、チェックしておきましょう。

ベンチにはあのまるちゃんが。

アニメ特区にあるベンチには、ちびまるこちゃんとその親友のたまちゃんがちょっと間を空けて座っています。今は若い夫婦がベビーカーをまるちゃんの隣に寄せて、記念撮影をしようとしていますね。

若い男性がたまちゃんの隣でスマホをいじっていますが、この空間が好きなのか、はたまたベンチには最初からまるちゃんたちが座っていて仕方なくその間に座っているのか(笑)ちょっと気まずそうに見えました。

店名はなぜか「千葉」。

なぜか「千葉」という名前のお店があります。アニメと言ったらアキバではないのでは?実際、中国の日本に興味がある若い子たちの多くが「日本で行ってみたい場所は秋葉原」だと言います。

今は中国でも日本旅行や日本への留学者が増えているようですが、やっぱり日本アニメの人気は海外での日本人気に一役も二役も買っているようですね。

またまたフィギュアです。

フィギュアを買おうと思ったことがない筆者なので全く相場がわからないのですが、上の写真のフィギュアは上段のもので日本円で10000円~17000円となっていました。フィギュアって高級なんですね!

中段や下段にある台座付きフィギュアはきっともっとお高いのでしょう。商品名は全て中国語でしたが、こちらのお店では価格は日本円(税抜き)表示となっています。

大型のフィギュアも取り揃えています。

アニメ特区はイマドキのアニメだらけなのかと思ったら、私でもよく知っているウルトラマンや仮面ライダーなどの昔懐かしいキャラクターフィギュアもたくさん置いてありました。日中ともに、ガンダムは今でも根強い人気のようです。

アニメ特区では、店先でアニメ動画を流している店が多いです。ここでは動画も各店内でかかっているBGMもほとんど日本語のものなので、だんだんと日本にいるような気分になってきます。

ぬいぐるみやキャラTシャツ専門店。

日本のアニメキャラを中心としたぬいぐるみやキャラTもいっぱいあります。個人的にちょっと意外なのですが、中国の若者の間では「クレヨンしんちゃん」の知名度はかなり高く、しんちゃんグッズをよく見かけます。クレヨンしんちゃんは中国語で「蝋筆小新(ラービーシャオシン)」です。

ちなみに、今はネットで簡単に中国語版の日本のアニメを見ることができます。吹き替え版も字幕版もありますが、中国の若者たちは「日本のアニメにはまる→日本語が少しわかるようになる→日本語に興味を持って勉強を始める」という図式になっている人が結構多いようです。

私も以前は中国語の勉強のために、ネットでダウンロードした「ちびまるこちゃん」をよく見ていました。中国語吹き替え&字幕付きで内容も複雑ではないので、少しずつ何を言っているかわかってくるんですよ。

レベルアップして来たらシャドウウィングの練習をして・・・と、アニメは語学の勉強に本当におススメです。特に家族や友達との日常をテーマにしたアニメだったら、普段の生活で役立つ語句が身に着くはずです。外国語を勉強中の方は是非お試しくださいね。

アニメキャラバッジがこんなに。

今回取材のためにバシャバシャ写真を撮っていたのですが、一部撮影禁止の商品がありました。ガラスケース越しにアニメキャラカードの写真をバシャッと撮ってから気付いたのですが、ガラスに手書きの注意書きがあったんです。

「写真撮影禁止。発覚した場合、カード1枚撮影に付き5元。」と書いてありました。中国語の手書きの注意書きだったので、パッと見わかりませんでした。ワンショットでかなりのカードの写真が撮れてしまってたので焦りましたが、幸い発覚しなかったので慌てて消しました。すみません。

ここではお買い物&写真撮影に夢中になりがちなので、くれぐれも注意しましょうね。

可愛い系もあります。

最近のアニメばかりでなく、マイメロもいましたよ。可愛い系でアクセサリーもある、女の子が嬉しいお店です。

私が行った時にはシャッターが閉まっている店が幾つかあったのですが、そのシャッターさえも凝っていました。色々なアニメのペイントがなされたシャッターにも注目です。

ジブリアニメのお店もあり、ちょっとホッとしました。

実は筆者はアニオタではないどころか、あまりアニメに詳しくありません。今まで見てきたお店のアニメはほとんど知らないものばかり(汗)。でもここに来て、私も大好きなジブリグッズを目にしてちょっとホッとしました。本当に色々なジャンルのアニメがここに集結しています。

アニメ特区のプリクラに近いマシーン。

中国にも日本と同じようなプリクラがあるのですが、ここのは少し違うようでした。完全にオープンな中で自撮りするのはちょっと恥ずかしい感じもしますけど、こちらの人はよく路上で自撮りしているので、大丈夫なのかな?

初めて知ったのですが、癒し系のことを中国語では「治癒系」と言うようです(笑)

やっぱり!コスプレグッズ販売店もあります。

コスプレグッズ販売店、その名も「制服少女」。日本の女子高生風の制服がメインでしたが、他にも色々あるようでしたよ。他の国でもそうかもしれませんが、中国ではコスプレも「日本の文化」という位置付けです。

日本のものに限らず色々なアニメを扱っているお店も。

中には日本に限定せず、海外のアニメをテーマにしているお店もあります。こちらのお店にも、ディズニーやピクサー、スーパーマリオなどいますね。アニメって本当に奥深いです。

日本の漫画コーナー。

アニメ特区の極めつけはこちら、「中国語版日本の漫画本」専門店です。基本大人向けアニメとなっているようでしたが、それなりに種類が多く、欲しい漫画本があれば店員さんも一緒に探してくれます。

アニオタの皆さん、中国広州旅行の記念に一冊中国語の漫画本はいかがですか?

公園前駅の「アニメ特区」まとめ

夜と週末は大勢の若者が行き交うアニメ特区。

こちらのアニメ特区は、アニオタではない筆者も割と気軽に入ることができました。ちょっと独特な雰囲気は否めませんが(笑)日本のアニメ文化が中国でどう捉えられているのかを見ることもできる不思議な空間です。

公園前駅は有名な観光地「北京路」とも近く、このアニメ特区は観光の合い間に立ち寄りやすいスポットとなっています。是非ちょろっと覗いてみてください。アニオタの方は迷う必要はありませんね。ガッツリ時間を取って「アニメ特区」を堪能してきてください。

この記事のライター

中国広東省広州市に住む30代主婦です。今の目標は広東語をマスターすること!大好きな広州を、楽しく詳しくレポートしていきます★

関連するキーワード


中国 広州

関連する投稿


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


【中国広東省】東洋のユダヤ人と言われる客家(はっか)人!客家文化に触れながら本場の「客家料理」を味わってみよう

【中国広東省】東洋のユダヤ人と言われる客家(はっか)人!客家文化に触れながら本場の「客家料理」を味わってみよう

「食は広州にあり」と言うように、グルメ家の舌をうならせる広東料理の中心は省都広州の「広州料理」です。でも実は、広い広い広東省には広州とは文化も言語も習慣も全く違うエリアがたくさんあり、土地ごとに様々な自慢の味があります。今回記事でご紹介するのは、中国の「客家(はっか)人」と呼ばれる人々とその伝統料理、「客家料理」です。


【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

中国広東省広州市は、日本と比べると物価は安めです。でも安いのは主にグルメと交通費。地価の値上がりと共にファッションアイテムは年々値上げの傾向にあり、案外日本と変わらなかったりします。今回はそんな中国広州で、地元の若者に大人気の「トレンドでしかもプチプラなお洋服がたくさん手に入る激安ショッピングスポット」をご紹介します。


美しい夜景とビル群の映像コラボ!中国広州市に流れる「珠江」と「海印大橋」の華やかな夜景の楽しみ方

美しい夜景とビル群の映像コラボ!中国広州市に流れる「珠江」と「海印大橋」の華やかな夜景の楽しみ方

中国広東省広州市には、夜間に楽しめる観光スポットがたくさんあります。今回は、大本命の「広州タワーの夜景はもう見た」という方のために、筆者がおススメの穴場夜景スポットの一つをご紹介します。「海印大橋」と「珠江」の夜景です。地元の人々の日常に溶け込んでいるこの美しいエリアを、今夜は私たちも一緒に歩いてみることにしましょう。


超キレイ!超くつろげる!最近次々オープンしている『素敵な本屋さん』で心を癒そう

超キレイ!超くつろげる!最近次々オープンしている『素敵な本屋さん』で心を癒そう

スマホやインターネットが便利な今、本を読むことの価値が見直されているのか、私の住む町には新しい本屋さんが次々オープンしています。人口が多くごちゃごちゃした中国という場所を忘れ、ゆったりとした時間を過ごせる。それに本だけでなく、かわいい雑貨からスポーツ用品まで揃っちゃう?!そんな中国の本屋さんをご紹介!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング