辛くて熱い「マーラータン」!自分で具材を選んで中国庶民の味を楽しもう!

辛くて熱い「マーラータン」!自分で具材を選んで中国庶民の味を楽しもう!

中国には、数百円で簡単に食べられる外食がありますが、その一つがマーラータン。特にお昼には店内の席が満席になるほどの大人気です。好きな具材を自分で選んで、辛くておいしいスープでいただくマーラータン。身体を温め、汗をかき、野菜をたっぷりいただけるこのファーストフードも中国の元気のもとかもしれませんね。


マーラータンとはどんな食べ物?

お店の外観

熱々を辛いスープで食べる!庶民の味方

中国の至るところにあるマーラータン専門店。専門店とは言っても、15元から20元ほどなので、日本円にして300円前後のお手軽な庶民の食べ物なのです。私も何度となく食べたことがありますが、大体250円位でお腹がいっぱいになります。日本でいうラーメン屋さんのような感じでしょうか。

調べたところこのマーラータンという名前の「マー」は山椒のしびれる辛さ、「ラー」は唐辛子の辛さ、「タン」は熱いという意味のようです。たっぷりの野菜をこのマーラータンのスープで食べるわけです。

店内の様子

辛いスープに、コク深いゴマダレが合う

有名な四川の火鍋の屋台版ともいわれるマーラータン。昔は夜市でもっと安く食べられていたようです。今は、この写真にあるようにチェーン店が営業するマーラータンのお店がほとんどです。チェーン店の味は大体統一されています。

わたしが住んでいるところにある一番大きいチェーン店は「楊国福」という店でオレンジの看板が目印です。ここはただ辛いスープだけではなくコク深いゴマダレもブレンドされていて食べやすいです。

お店に入ってみよう

1.まずは自分で好きな具材を選びます。

好きな具材を選びます

店内に入ると、棚に野菜、春雨や麺類、練り物がズラッと並んでいます。自分でボールとトングを取り、食べたい具材を選んでいきます。戻したきくらげや、スライスした根菜類なんかもあってバラエティに富んでいます。大体どこのお店も同じようなものが並んでいます。

ポイント:葉野菜や乾物ばかりを選ぶと、後で重さを計るときに軽すぎてしまうことがあります。レジで勝手に増やしてもくれますが、少しは重さのある練り物などを入れたほうが良いと思います。

一般的な具材はこちらです。
野菜は、ほうれん草、もやし、白菜、春菊、スライスされたじゃがいも、にんじん、きのこ類など。
麺類は、インスタントラーメン、うどん、春雨。練り物は約5~10種類ほど。
それ以外の具材は、店によっては卵豆腐や、うずらの卵もあります。

どれにしようか迷うほど種類豊富です

2.レジで計量してもらいお金を払います。

重さで値段が決まります

具材を選んだらレジに持って行き、重さを計ってもらいます。その時にお金を払い、店によっては辛さの程度を聞かれます。日本人は辛くない「ブラー」にしておいたほうがいいでしょう。その後、すぐに調理してくれます。他の人のものと分からなくなってしまわないように、番号札を渡されます。

ポイント:席に座り、番号が呼ばれたら取りに行きます。大きい声で番号を呼ばれるので、聞き間違わないようにすれば大丈夫です。できたてのマーラータンは熱いので気を付けて運んでくださいね。基本的にセルフサービスのシステムです。

できたてをいただきます!

その前に…たれで味を調整も可能

調味料と小皿はセルフサービス

店の端に、小鉢とれんげが消毒棚に入って置いてあります。その小鉢にお好みでタレを入れてきて、付けながら食べるのが一般的です。わたしも最初は分からず、周りを見て分かったのですが。ただ、すでにスープにはしっかりとした味がついているのにまだ濃くするのかと思ってしまいます。

タレの種類は、クリーミーな色のゴマダレと、真っ赤な色の香辛料入りラー油が大抵あります。また時には刻んだネギやパクチーが薬味として置いてあることがあります。

くせになるおいしさです!

こっくり濃厚スープは日本人にも合う味です

自分で選んだ具材がすっかり火が入ってクタクタになり、大分カサが減っていて食べやすくなっています。加熱されているので安心していただけるのも嬉しいです!

熱いスープを冷ましながら、汗が流しながらいただくマーラータンは何ともおいしいです。テーブルの上に黒酢が置かれているので、途中で黒酢を入れて味を変えてもいいかもしれません。

わたしたち日本人には少し濃い味付けですが、ミネラルウォーターを準備しておいて水を飲みながら食べるとちょうどいいと思います。店内に入って食べ終わるまで約20分くらいの中国版ファーストフードで、時間のない時にもおすすめです!

この記事のライター

中国華東部・32階建ての高層マンションから、エネルギッシュな生のローカル情報を発信しています!

関連するキーワード


中国

関連する投稿


中国版お中元!「月餅」ってそんなに美味しいの?今年もまもなくやって来る本場中国の中秋節を覗いてみよう!

中国版お中元!「月餅」ってそんなに美味しいの?今年もまもなくやって来る本場中国の中秋節を覗いてみよう!

近年、日本でも月餅(げっぺい)の存在は知られるようになってきました。中国のお月見の際に食される月餅は、中国人にとって非常に大切な贈り物となっていて、日本のお中元のような意味合いを持っています。今回は、本場中国のお月見「中秋節」の習慣と、中秋節に欠かせない「月餅」にフォーカスして、今の中国の様子をお届けしていきましょう。


中国行くなら銀聯カードは必須!旅行でも出張でも中国では大活躍のクレジットカード!

中国行くなら銀聯カードは必須!旅行でも出張でも中国では大活躍のクレジットカード!

銀聯カードといっても日本では馴染みがない人も多いですが、実は中国では圧倒的シェアを誇るクレジットカードなんです。元々は中国国内向けのカードとして発行されましたが、人口の多さ手伝って爆発的に広がり、現在では中国国内だけでなく、日本国内を含め、世界各国でも利用ができるようになってきています。


中国人の元気の源!中国南部・地元だからこそ味わえる激辛オススメ Local foods

中国人の元気の源!中国南部・地元だからこそ味わえる激辛オススメ Local foods

中華料理店で食べる定番中華も良いけれど、中国の街でぶらっと立ち寄ったお店の料理が実はとっても美味しい、なんて気付くのも旅の醍醐味かも。今日は中国で食べられる元気の源、ローカルフードをいくつかご紹介!


中国に行ったら乗らなきゃ損!安くてとっても便利-中国のローカルバス利用術

中国に行ったら乗らなきゃ損!安くてとっても便利-中国のローカルバス利用術

海外への旅行、海外での生活、どちらの場合にも欠かせないのが交通手段です。効率良く動ければ時間の節約になりますし、できれば移動にかかる費用も節約したいですよね。今回は、便利に活用できる「バス」をご紹介!


門外不出の長寿の神果!?中国広西省で大切に守られている貴重な果物「羅漢果」を煎じて飲んでみよう

門外不出の長寿の神果!?中国広西省で大切に守られている貴重な果物「羅漢果」を煎じて飲んでみよう

「羅漢果」をご存知ですか?最近では日本でも、美容や健康、ダイエットにも良いということで、それなりに注目を集める果物ですよね。実は羅漢果は、中国のごくごく一部の地域でしか育たないって知っていましたか?私の住むエリアでは、羅漢果は特に珍しいものではありません。ではここで、中国発の果物「羅漢果」と、その効能を見てみましょう。


最新の投稿


アメリカの大型日用品店ベッド・バス・アンド・ビヨンドで買ってもらいたいお土産9選

アメリカの大型日用品店ベッド・バス・アンド・ビヨンドで買ってもらいたいお土産9選

アメリカでメジャーな日用品を買えるお店の中で、今日はベッド・バス・アンド・ビヨンドを紹介します。このお店は安さよりも質のいい、生活に必要なものが売っているお店です。今回は日本からの旅行時に買って帰ってもらいたいおすすめのおみやげ9選を紹介します。また、女子必見のプチプラコスメ情報もあるので最後まで読んでくださいね。


主要建築物が効率よく見られる!デンマーク・コペンハーゲンのグランド・ボートツアー

主要建築物が効率よく見られる!デンマーク・コペンハーゲンのグランド・ボートツアー

飛行機の乗り継ぎ時間や、出張の合間の時間で、コペンハーゲンに滞在したいけど時間があまりない!というタイトスケジュールの方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな短時間滞在の際にお勧めしたいのは、コペンハーゲンの主要建築物が効率的に回って見られるボートツアーです。


ハーバー沿いの摩訶不思議な遊園地、ルナパークで異次元の世界に浸ってみる

ハーバー沿いの摩訶不思議な遊園地、ルナパークで異次元の世界に浸ってみる

ハーバーブリッジのたもとにあるレトロな遊園地、ルナパーク。1935年に開園したこの老舗遊園地は、一歩足を踏み入れるとその独特の世界観に引き込まれる異色スポットです。度肝を抜かれる巨大な「入り口」、シドニーのアイコンが一度に望める観覧車、見たことのない不気味なゲーム。。。摩訶不思議なルナパークの世界へようこそ!


中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

赤い屋根で覆われたおしゃれな街並み。中世の空気を現在でも残す歴史を深く感じることのできる町。そして、尖塔の多さから百塔の町とも形容される、世界遺産にも認定された町プラハ。何度訪れても飽きることのない美しい町の景色がここにはあります。1000以上の歴史を紡ぎ、現代の私たちに見せてくれるその町の景色を歩いて旅しましょう。


スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

イタリアとの国境からほど近くに位置するスイスの美しい都市ルガーノ。ゆっくりとした時間の流れる洗練されたスイス文化と、活気あるイタリア文化の良いところを混ぜ合わせたような、魅力あふれる町です。この記事では2年の滞在歴を活かして、ルガーノ周辺で楽しめるアクティビティから絶景スポットまで、私のおすすめ観光情報をご紹介します!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング