辛くて熱い「マーラータン」!自分で具材を選んで中国庶民の味を楽しもう!

辛くて熱い「マーラータン」!自分で具材を選んで中国庶民の味を楽しもう!

中国には、数百円で簡単に食べられる外食がありますが、その一つがマーラータン。特にお昼には店内の席が満席になるほどの大人気です。好きな具材を自分で選んで、辛くておいしいスープでいただくマーラータン。身体を温め、汗をかき、野菜をたっぷりいただけるこのファーストフードも中国の元気のもとかもしれませんね。


マーラータンとはどんな食べ物?

お店の外観

熱々を辛いスープで食べる!庶民の味方

中国の至るところにあるマーラータン専門店。専門店とは言っても、15元から20元ほどなので、日本円にして300円前後のお手軽な庶民の食べ物なのです。私も何度となく食べたことがありますが、大体250円位でお腹がいっぱいになります。日本でいうラーメン屋さんのような感じでしょうか。

調べたところこのマーラータンという名前の「マー」は山椒のしびれる辛さ、「ラー」は唐辛子の辛さ、「タン」は熱いという意味のようです。たっぷりの野菜をこのマーラータンのスープで食べるわけです。

店内の様子

辛いスープに、コク深いゴマダレが合う

有名な四川の火鍋の屋台版ともいわれるマーラータン。昔は夜市でもっと安く食べられていたようです。今は、この写真にあるようにチェーン店が営業するマーラータンのお店がほとんどです。チェーン店の味は大体統一されています。

わたしが住んでいるところにある一番大きいチェーン店は「楊国福」という店でオレンジの看板が目印です。ここはただ辛いスープだけではなくコク深いゴマダレもブレンドされていて食べやすいです。

お店に入ってみよう

1.まずは自分で好きな具材を選びます。

好きな具材を選びます

店内に入ると、棚に野菜、春雨や麺類、練り物がズラッと並んでいます。自分でボールとトングを取り、食べたい具材を選んでいきます。戻したきくらげや、スライスした根菜類なんかもあってバラエティに富んでいます。大体どこのお店も同じようなものが並んでいます。

ポイント:葉野菜や乾物ばかりを選ぶと、後で重さを計るときに軽すぎてしまうことがあります。レジで勝手に増やしてもくれますが、少しは重さのある練り物などを入れたほうが良いと思います。

一般的な具材はこちらです。
野菜は、ほうれん草、もやし、白菜、春菊、スライスされたじゃがいも、にんじん、きのこ類など。
麺類は、インスタントラーメン、うどん、春雨。練り物は約5~10種類ほど。
それ以外の具材は、店によっては卵豆腐や、うずらの卵もあります。

どれにしようか迷うほど種類豊富です

2.レジで計量してもらいお金を払います。

重さで値段が決まります

具材を選んだらレジに持って行き、重さを計ってもらいます。その時にお金を払い、店によっては辛さの程度を聞かれます。日本人は辛くない「ブラー」にしておいたほうがいいでしょう。その後、すぐに調理してくれます。他の人のものと分からなくなってしまわないように、番号札を渡されます。

ポイント:席に座り、番号が呼ばれたら取りに行きます。大きい声で番号を呼ばれるので、聞き間違わないようにすれば大丈夫です。できたてのマーラータンは熱いので気を付けて運んでくださいね。基本的にセルフサービスのシステムです。

できたてをいただきます!

その前に…たれで味を調整も可能

調味料と小皿はセルフサービス

店の端に、小鉢とれんげが消毒棚に入って置いてあります。その小鉢にお好みでタレを入れてきて、付けながら食べるのが一般的です。わたしも最初は分からず、周りを見て分かったのですが。ただ、すでにスープにはしっかりとした味がついているのにまだ濃くするのかと思ってしまいます。

タレの種類は、クリーミーな色のゴマダレと、真っ赤な色の香辛料入りラー油が大抵あります。また時には刻んだネギやパクチーが薬味として置いてあることがあります。

くせになるおいしさです!

こっくり濃厚スープは日本人にも合う味です

自分で選んだ具材がすっかり火が入ってクタクタになり、大分カサが減っていて食べやすくなっています。加熱されているので安心していただけるのも嬉しいです!

熱いスープを冷ましながら、汗が流しながらいただくマーラータンは何ともおいしいです。テーブルの上に黒酢が置かれているので、途中で黒酢を入れて味を変えてもいいかもしれません。

わたしたち日本人には少し濃い味付けですが、ミネラルウォーターを準備しておいて水を飲みながら食べるとちょうどいいと思います。店内に入って食べ終わるまで約20分くらいの中国版ファーストフードで、時間のない時にもおすすめです!

この記事のライター

中国華東部・32階建ての高層マンションから、エネルギッシュな生のローカル情報を発信しています!

関連するキーワード


中国

関連する投稿


【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

中国広東省広州市は、日本と比べると物価は安めです。でも安いのは主にグルメと交通費。地価の値上がりと共にファッションアイテムは年々値上げの傾向にあり、案外日本と変わらなかったりします。今回はそんな中国広州で、地元の若者に大人気の「トレンドでしかもプチプラなお洋服がたくさん手に入る激安ショッピングスポット」をご紹介します。


美しい夜景とビル群の映像コラボ!中国広州市に流れる「珠江」と「海印大橋」の華やかな夜景の楽しみ方

美しい夜景とビル群の映像コラボ!中国広州市に流れる「珠江」と「海印大橋」の華やかな夜景の楽しみ方

中国広東省広州市には、夜間に楽しめる観光スポットがたくさんあります。今回は、大本命の「広州タワーの夜景はもう見た」という方のために、筆者がおススメの穴場夜景スポットの一つをご紹介します。「海印大橋」と「珠江」の夜景です。地元の人々の日常に溶け込んでいるこの美しいエリアを、今夜は私たちも一緒に歩いてみることにしましょう。


超キレイ!超くつろげる!最近次々オープンしている『素敵な本屋さん』で心を癒そう

超キレイ!超くつろげる!最近次々オープンしている『素敵な本屋さん』で心を癒そう

スマホやインターネットが便利な今、本を読むことの価値が見直されているのか、私の住む町には新しい本屋さんが次々オープンしています。人口が多くごちゃごちゃした中国という場所を忘れ、ゆったりとした時間を過ごせる。それに本だけでなく、かわいい雑貨からスポーツ用品まで揃っちゃう?!そんな中国の本屋さんをご紹介!


旅の合い間に便利な「中国広州イオン(イオンスーパー)」!その旅行中の利用価値や商品、日本との違いについてのまとめ

旅の合い間に便利な「中国広州イオン(イオンスーパー)」!その旅行中の利用価値や商品、日本との違いについてのまとめ

中国広東省の広州市にはお馴染みの「イオン」がたくさんあります。地元の人にとっても結構メジャーになっていて、火曜市にレジに行列する光景は日本のイオンそのものです。今回は、この広州イオンが広州旅行に訪れる日本人旅行者にとってどんな面で利用価値があるのか、また日本のイオンとの面白い相違点などについて筆者なりに分析してみます。


【中国の地元スポーツ事情】バドミントンにボウリング!屋外施設で汗を流して健康に!

【中国の地元スポーツ事情】バドミントンにボウリング!屋外施設で汗を流して健康に!

中国人は元々健康に関心がある国民ですが、最近は若者を中心にジムに通ったりして体を鍛えるのが流行っています。町中にも次々とジムが増え、会員になっている人も多いそう。それでもやはり今でも中国人に広く受け入れられているのが、卓球やバドミントンといった国民的スポーツ。実はボウリング場もあるんです!


最新の投稿


日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

韓国は豪華なかき氷デザートが有名ですが、今回、韓国の明洞で、「Korean Dessert Cafe(コリアンデザートカフェ)雪氷(ソルビン)」に行ってきました。このお店はローカルの友達が連れて行ってくれました。実際に本場のかき氷を試してみて、日本のかき氷とは違う豪華な盛り付け、ふわふわのかき氷に大満足でした!


【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

中国広東省広州市は、日本と比べると物価は安めです。でも安いのは主にグルメと交通費。地価の値上がりと共にファッションアイテムは年々値上げの傾向にあり、案外日本と変わらなかったりします。今回はそんな中国広州で、地元の若者に大人気の「トレンドでしかもプチプラなお洋服がたくさん手に入る激安ショッピングスポット」をご紹介します。


芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術家やアーティストを目指す学生の街として知られているメキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」。観光地としても人気で、アメリカから日本から多くの人が訪れます。メキシコ特有のカラフルな街並みに加え、どこかロマンティックでセンスが光る雰囲気が心地良い。散策で感性が磨かれていくような気分にさせられる、素敵なこの街を紹介します。


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

ソウルのこども向けお仕事体験テーマパークと言えば、日本でもおなじみの「キッザニア」をはじめ、複数あります。こどもにとっては、普段なかなか体験することのない大人のお仕事を実際に体験できるとあって、人気が高く、どの施設も週末は混雑しています。今回は、その中でも格安で人も少なめの超穴場な施設をご紹介したいと思います。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング