水掛け容赦なし!水掛け祭りの日に複合エンターテインメント施設「アジアンティーク」に行ってみた

水掛け容赦なし!水掛け祭りの日に複合エンターテインメント施設「アジアンティーク」に行ってみた

4月のソンクラーンの時期に、タイへ旅行に行く人は多いですよね。4月のタイといえば、「水掛け祭り」です。もともとソンクラーンとはタイにおける旧正月のことですが、「ソンクラーン=水掛祭り」として日本人にも認識されているようです。今年のソンクラーンはアジアティークに行ってみたので、水掛け祭りの様子などもあわせてお伝えします。


ソンクラーンとはタイにおける「旧正月」のこと

水掛祭り

タイのソンクラーンといえば「水掛け祭り」のイメージが強いですが、もともとは旧正月を祝うものでした。ソンクラーンの前後10日間にわたって祭典が行われることもありますが、基本的にソンクラーンは4月13日〜 4月15日となっています。4月13日〜 4月15日は祝日となっていて、タイ人はこの時期に帰省したり旅行したりします。タイ人は帰省する人が多いのですが、ソンクラーン時期のタイ国内の交通機関は、帰省の人と旅行の人で大変混雑します。水掛け祭りは世界中でも有名な祭りとして知られているので、この時期を狙って来る人も多いでしょう。

ソンクラーンが行われる4月は、タイで最も暑い時期です。1年の中で最も暑い時期にあることから、いつしか水の掛け合いに発展してしまいましたが、本来は敬意を持って静かに仏像に水を掛けたりする行事なのです。水掛け祭りの時期にタイへ旅行するなら、水を掛け合うのもいいですが、お寺で静かに仏像に水を掛けて手を合わせるのもいいですね。

ソンクラーンのバンコク!駅には水掛祭り仕様の人がたくさん!

ソンクラーンの時期のバンコクは、外国人観光客がごったがえします。日本人もたくさん訪れているようで、あちこちで見かけますよ。この水掛け祭り、若い人たちばかりが参加するものではありません。子供どもからお年寄りまで、幅広い年代の人が参加します。おじいさんもおばあさんも、子どもに戻ったようにはしゃいで楽しむのです。

水掛け祭りでは、水を掛けられるだけではありません。粉を水で溶いたものを塗るということも行われているので、何か塗られても腹を立てないようにしましょう。水掛け祭りで「怒る」ということは厳禁です。ずぶ濡れになっても、粉を塗られても、笑顔で楽しむしかないのです。水掛け祭りがメインで行われている道路などは、期間中にマップでも記されます。期間中に水掛け祭りがメインで行われている道路に出ると、ホース、水鉄砲、バケツとあらゆる手段で水を掛けられます。

水鉄砲など水掛け祭りに関するアイテムは、現地調達で大丈夫です。ソンクラーン期間中はいたるところで水掛け祭りに関するアイテムが販売されています。道路を歩きながらでも簡単に手に入りますよ。ほとんどの人は、スマホが濡れないように、スマホケースを首からぶら下げています。スマホケースも簡単に道端でゲットできるので、スマホを守るためにゲットしてくださいね。ソンクラーンを満喫するためには水鉄砲やタンクなど、あらゆるアイテムが必要になりますが、行ってみるとなんとかなるものです。

水掛祭り仕様の人がたくさん

駅も水掛け祭り仕様の人でごったがえしています。濡れてもいい格好で荷物は最小限、というのが鉄板のスタイルです。

水掛祭り

バンコクで盛り上がるエリアは、カオサン通り、サイアムスクエア前、セントラルワールド前、シーロム通りあたりです。

カオサン通りはバックパッカーの聖地として知られていますが、ソンクランの聖地でもあるので、思いっきり水掛け祭りを楽しみたいのであればおすすめします。さまざまなブースがあったり、放水車で散水したり、かなり盛り上がります。今年の水掛け祭りで私はカオサン通りに足を踏み入れませんでしたが、YouTubeなどで水掛け祭り当日のカオサン通りの様子などは見ることができますよ。水掛けができるのは昼間だけなので注意してください。カオサンへ通りへ行くには、タクシーに乗って運転手さんに「タノン・カオサーン」と伝えてください。タイのタクシーは運転手さんによって行けるところと行けないところがあるので、タクシーに乗る前に行き先を伝えてください。扉を開け「タノン・カオサン」と伝えて、うなずいてくれたら行ってくれるということです。

サイアムスクエア前をはじめ、各デパートもソンクランのイベントを開催しているので、ショッピングのついでに水掛け祭りを楽しめます。サイアムスクエアへの行き方は簡単で、BTSサイアム駅降りてすぐのところにあります。サイアムスクエアの近くにはセントラルワールドというショッピングセンターもありますよ。セントラルワールドへはサイアムスクエアから徒歩5分程度です。

ソンクランの時期は水掛祭りの観光もあって、1年でホテルが最も込み合う時期です。ソンクランの時期にバンコクに来るのであれば、早めのホテル予約がマストです。水掛け祭りを満喫したいなら、ホテルの場所選びにも慎重になりましょう。びしょ濡れの状態での移動を考えると、なるべく近いほうがいいですよね。前泊して挑むことも大切です。

水掛け祭りに参加するにあたって、注意することといえば、安全第一で参加することと、貴重品は基本的に持たないようにすることです。安全第一というのは、事故などに巻き込まれないようにするということ。楽しいイメージばかりの水掛け祭りですが、実はタイ全土で毎年400人前後の死者が出ています。水掛け祭りの時期は、本当に交通事故が多いのです。タイ警察でも最も危険な時期と呼ばれているようで、毎年死亡者数のニュースが報道されます。楽しみながらも、車などには十分に注意してください。

貴重品はスマホと現金くらいにし、スマホケースに入れて首からぶら下げておきます。防水対策をしておかないと、スマホが壊れて使えない、なんてことにもなりかねませんので、万全の準備で挑みましょう。

最後に、水掛け祭りは無礼講で誰にでも水を掛けて良い、ということになってはいますが、警察官や僧侶の人への水かけは禁止されているので注意しましょう。

トゥクトゥクに乗ってアジアティークへ!向かう途中にずぶ濡れに

今年は水掛け祭りの様子を遠くから眺めるだけでしたが、アジアティークに行く途中でずぶ濡れになってしまいました。トゥクトゥクでアジアティークに向かったのですが、おしゃれをしていても容赦なしに水をかけてきました。「no!no!no!」とジェスチャーしてみたものの、「ok、ok」とうなずきながら笑顔で水をかけられましたから。それもバケツで。濡れたくないのであれば、ソンクラーンの時期にトゥクトゥクに乗らないのがベストですね。トゥクトゥクに乗った乗客をターゲットに、今か今かと待ち構えている人たちがあちこちにいますよ。

そんなこんなでずぶ濡れの状態でアジアティークに到着。アジアティークとは、チャオプラヤー川沿いにある複合エンターテインメント施設で、夕方からのみ営業しているナイトマーケットです。2012年のオープン以来、観光客を中心に人気があります。4万4800平方メートルもの広い敷地には、たくさんのお店が集結していて、食事からショッピングまで心ゆくまで楽しめます。

1500店ものショップが集結していて、レストランやカフェなども50ちかくの種類があります。ショータイムなんかがあったりもします。200バーツで観覧車に乗ることもできますよ。

アジアティークは、「世界の国々と並んで近代化を図った当時の活気ある様子を再現」というコンセプトによって作られたそうで、西洋化な建物が目立ちます。タイらしさはあまり感じないかもしれませんが、写真映えはするでしょう。

棒にまたがり水上ボクシング?水上ムエタイ?

ソンクラーンの時期だったので、水上ボクシングのようなものをして楽しんでいました。下がプールになっていて、負けたら水にドボンです。

アジアティーク

アジアティークでは水をかけられるようなことはありませんでした。ナイトマーケットですし、水の掛け合いは基本的に昼間するものですしね。昼間に水掛け祭りを十分に楽しんできたであろう人はたくさんいました。ずぶ濡れでのナイトマーケットも、なかなか良い思い出です。

日本食レストランへ

アジアティークには日本食レストランもいくつかあります。お腹が空いたので入ってみることにしました。天井の高い店内で、開放感があります。いかにもタイ人のイメージする日本を再現したような感じが面白いです。日本といえば、ちょうちん、漢字、割烹着、なのでしょう。

サーモン丼

1皿300バーツ

サーモン丼とお寿司を注文。まぐろのお寿司は、日本の回転寿司レベルのものですが、1000円ほどしました。サーモン丼も300バーツ程度だったかと思います。

シャトルボート

アジアティークへ行く手段としては、タクシーかシャトルボートがあります。タイはタクシーが安いので、距離や料金はそこまできになりません。「アジアティーク」とタクシーの運転手さんに伝えてください。ちなみにアジアティークの最寄り駅はBTSサパーンタクシン(Saphan Taksin)駅で、そこからアジアティークまでの距離は約2kmあります。BTSサパーンタクシン(Saphan Taksin)駅からタクシーを利用する場合は、40バーツ前後といったところでしょうか。日本人が多く住むスクンビット周辺からアジアティークまでは15kmほどあります。

BTS サパーンタクシン(Saphan Taksin)駅からタクシーに乗るのもいいですが、無料のシャトルボートも出ているので利用してみてはいかがでしょうか。夜はシャトルボートからの景色もいいので、個人的にはのんびりシャトルボートでアジアティークに向かうのがオススメです。

無料のシャトルボートはBTS サパーンタクシン(Saphan Taksin)駅とアジアティーク間を、16:00〜23:30の間で20分に1回ほど行き来しているので、それほど待ち時間も苦になりません。

BTS サパーンタクシン(Saphan Taksin)駅の2番出口を降りたら、「ASIATIQUE The Riverfront」と書かれた看板に沿って進みます。看板に沿って進むと船着き場に到着します。外国人観光客を中心に、大勢の人が並んでいるので比較的分かりやすいです。無料なので、船が来たら係員の指示のもと乗り込みます。

船着場

シャトルボートの最終便は23:30となっています。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ

関連する投稿


動物園のキリンの群飼育としては世界最大!?キリンに餌付けができるバンコクのサファリワールドがおすすめ

動物園のキリンの群飼育としては世界最大!?キリンに餌付けができるバンコクのサファリワールドがおすすめ

タイに来たら「象乗り」が定番ですが、タイにはいろんな遊びがあります。バンコクにはサファリワールドというところもあるのですが、動物を至近距離で楽しむことができるのでおすすめです。動物園のキリンの群飼育としては世界最大で、キリンに餌付けもできますよ。キリンに餌付けする様子を思い出の1枚としておさめてみてはいかがでしょうか。


タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイは、良質なレーザー商品を比較的安く購入することができる場所として知られています。日本で革製品のオーダーメードというとハードルが高く感じますが、タイでは日本に比べてリーズナブルな値段でオーダーメードできてしまうんです。今回は、そんなオーダーメードの店、トニーカスタムメード(Tony Custom Made)で実際にサンダルをオーダーメードしてみました。サンダルが出来上がるまでは?出来上がったサンダルの感想は?お伝えします。


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

バンコクには高級志向のデパートがいくつかありますが、その一つにエムクオーティエがあります。エムクオーティエの中には、「MOZZA by COCOTTE」というイタリアンレストランがあり、本格的なピザなどを楽しむことができます。エンポリアムやエムクオーティエ(エンポリアム2)に訪れた際に、利用してみてはいかがでしょうか。


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


最新の投稿


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング