ミラノ近郊都市ベルガモのオリオ・アル・セリオ空港で楽しめるショッピング!

ミラノ近郊都市ベルガモのオリオ・アル・セリオ空港で楽しめるショッピング!

オリオ・アル・セリオ空港は、格安航空会社専用ともいえる空港ですが、空港内でのショッピングに関しては大型の有名空港と比較してもなんら遜色ありません。イタリアならではのとってもオシャレなショップたちがギュッと詰め込まれているので、効率よく回れます。この記事では、私が特に気に入っている空港内のショップをいくつかご紹介します!


イタリアの玄関口となっている大都市ミラノ。長距離の国際線はマルペンサ(Malpensa)空港もしくはリナーテ(Linate)空港にて発着していますが、ヨーロッパ内やイタリア国内を格安価格で運行しているLCCのほとんどは、ミラノ第三の空港であるオリオ・アル・セリオ(Orio al Serio)空港にて発着しています。

「ミラノ第三の」とはいえこの空港、実はミラノではなく、近隣都市のベルガモに位置しています。ですがミラノ中央駅からのアクセスは簡単で便利です。そして何より、LCC専用の小さな空港にも関わらず、空港内のショッピングスペースがとても充実しているのが、特に女性にとっては大きな魅力です。

この記事ではそんなオリオ・アル・セリオ空港を利用する際に、知っておくと便利な基本情報と、飛行機の待ち時間にぜひ立ち寄っていただきたいおすすめのショップを、2018年現在日本未上陸のものを中心にいくつかご紹介します!

LCCライアンエアー(Ryanair)の機内より

オリオ・アル・セリオ空港のアクセス事情

オリオ・アル・セリオ空港へのアクセスには、バスで行く方法と電車を使ってバスの乗車時間を短縮する方法があります。ベルガモの中心部から空港までは近いので、夜間や疲れている時にはタクシーに乗ってしまっても高額にはなりませんが、ここでは公共交通機関を使用する場合について解説します。

ミラノ中央駅からシャトルバスを利用

ミラノに位置していないにも関わらず、「ミラノ第三の空港」として認識されているからには、ミラノ市内からのアクセスは良好です。一番オーソドックスでシンプルなのが、ミラノ中央駅からオリオ・アル・セリオ空港行きのバスに乗るパターンです。

ミラノ中央駅正面玄関向かって右側に、バスの発着場があり、1時間ほどで空港と中央駅間を行き来することができます。乗車料金もリーズナブルですし、頻繁に運行しているので時間調整も容易で、利用しやすくなっています。

オンラインでチケットを購入すると、若干の割引が受けられます。その場で買うと片道チケットは5ユーロですが、オンラインでの事前購入だと4ユーロになります。

オリオ・アル・セリオ空港シャトルバスのホームページ
http://www.orioshuttle.com/_eng/

ミラノ中央駅正面玄関

近隣都市からベルガモまで電車で行く場合

ベルガモまでは電車で移動して、ベルガモの鉄道駅から空港バスに乗るパターンもあります。私は個人的に、こちらの方を好んで利用しています。バスで1時間の移動は身体にかかるストレスが大きいので、できる限り電車で移動しています。ベルガモ駅からオリオ・アル・セリオ空港までのバスは15分程度の移動なのであっという間です。片道チケットは2018年5月現在2.3ユーロです。

イタリアの主要鉄道会社トレニタリア(Trenitalia)ホームページ
http://www.trenitalia.com/

小物やアクセサリーがプチプラで手に入るParfois(パルフォア)をチェック!

オリオ・アル・セリオ空港内のParfois

以前マルペンサ空港に関する記事でもご紹介しましたが、日本未上陸のプチプラ・ブランド、Parfois(パルフォワ)が、オリオ・アル・セリオ空港にも入っています。セキュリティーチェックを抜けてゲートへ向かう道順の中で、私がいつも一番最初に立ち寄るのがこのショップです。

バッグやアクセサリーがとても可愛くてリーズナブルなので、セール期間ではなくとも気軽にショッピングを楽しむことができます。シーズンによって商品の雰囲気はかなり変わりますが、基本的に女性らしいデザインが多く、日本人の趣味に良く合うと思います。

セール時には大量の商品が大幅に値下げされます。私は以前このショップでオシャレ使用のリュックを15ユーロで、個性的なデザインが可愛いピアスを5ユーロで購入しました!

Parfoisのホームページ
https://www.parfois.com/en/it/homepage/

ヨーロッパ人から絶大な指示を受けるプチプラ・バッグメーカーCarpisa(カルピサ)

オリオ・アル・セリオ空港内のCarpisa

順路通りに行くとParfoisの次に立ち寄りたいのがCarpisa(カルピサ)です。破格の値段設定で若者に愛されるデザインのバッグや小物を売り出しているショップです。もともとは旅行用のキャリーバッグをメインに取り扱っていたお店なので、大小実に様々なバッグが揃っています。日本ではまだ未上陸なので、ヨーロッパ旅行中にぜひチェックしておきたいですね。

ビジネスシーンに活躍しそうなかっちり形のバッグから、マリン・リゾートに持って行きたくなるようなカジュアルなバッグまで幅広く取り扱っています。メンズもあるのでプレゼント用にも選択肢が広いのがこのメーカーの強みです。

もともとの値段設定がとてもリーズナブルなのですが、例えば「バッグとお財布を一緒に買ったら割引」だとか「4つまとめ買いしたら1つにつき5ユーロ」なんてキャンペーンを張っていることも多いので、店内にある表記はよくチェックしましょう。

Carpisaのホームページ
https://www.carpisa.it/it_en/

イタリア・ボローニャ発祥の大人気ブランドFURLA(フルラ)も!

オリオ・アル・セリオ空港内のFURLA

こちらは言わずと知れた有名イタリアン・ブランドです。キャンディーバッグの可愛らしさに心を奪われたことのある女性は日本にも多いはず。FURLA(フルラ)はキャンディーバッグの発表以降もとっても洗練されたデザインを展開し続けています。

もちろんプチプラとはいきませんが、日本で買うよりはずっとお得に手に入れることができます。町にあるショップでも購入は可能ですが、免税手続きというのは地味に面倒くさいですよね。下限金額が設定されていたり、書類を出してもらって記入して空港で手続きして…などという手間を省くためにも、空港内で既に免税価格になっているショップでの購入がおすすめです。

旅行中に余ったお金で少しだけ贅沢をするのも、また良い旅の思い出になるのではないでしょうか?

FURLAのホームページ
https://www.furla.com/de/de

個性的なアクセサリーが魅力のBARBIERI(バルビエーリ)

オリオ・アル・セリオ空港内のBARBIERI

こちらは今回私が初めて訪れたショップです。ショーウィンドウに飾ってあった大きなクローバーのピアスに心を惹かれて入店しました。ショップ内には目移りしまくってしまうかわいいアクセサリーが、所狭しと並べられていました。

プチプラとは言い難い価格設定ではありますが、私が見た限り、ピアスの大半は17~20ユーロほどでした。10ユーロ以内でたいていのピアスが買えてしまう数多くのアクセサリー・ショップと比べると、少しだけ贅沢な印象です。

ショップのお姉さんがとても親切で、いろいろと説明をしてくれました。ピアスの金具部分は全て抗アレルギー素材で作られているそうです。アレルギー体質の私には嬉しい情報でした。購入後、複数のピアスを何度も利用していますが、アレルギーは全く起きていません。

ヴェネツィアン・ガラス、正確にはムラーノ・ガラス(Vetro di Murano)で作られたハート形のピアスが最高に可愛くて、手作りのためにひとつひとつ異なる色と模様に魅せられ、一点に絞るのにはかなりの時間を要しました。

今後もチェックを続けたいショップになりました!

BARBIERIのホームページ
http://www.barbieriyoubjou.it/

ド定番の免税店・免税品ももちろん多数!

化粧品などの販売スペース

もちろん化粧品や酒類など、ごくごく一般的な免税品を販売しているスペースもあります。その内容は、大型の空港と比べてもなんら遜色のない充実ぶりです。有名ブランドの化粧品や、イタリアならではの食材を買い込む最後のチャンスになるかもしれませんね。

ヨーロッパのLCCは、登場の際に持ち込める手荷物のサイズや重量を厳しく制限しています。オーバーすると手数料という名の罰金を取られるので注意したいところですが、空港内でのショッピングに関しては無制限に機内に持ち込んで良いというルールになっているので、気兼ねなくお買い物を楽しむことができます。

乾燥ポルチーニや、イタリアでは定番のリキュールであるリモンチェッロなどをお土産にすると、日本人にはとても喜ばれますよ。

酒類やオリーブオイルなども

まとめ

ベルガモは町としてもとても美しく、一見の価値のある場所です。オリオ・アル・セリオ空港を利用することになったら、ぜひ少しだけ時間を取って町を散策してみてください。身軽の状態で観光を楽しんで、最後に空港内で思う存分ショッピングを楽しむというのが、私の定番パターンになりつつあります。

LCC専用ながら、とても充実しているオリオ・アル・セリオ空港。利用される機会のある方は、ぜひ上記のショップに立ち寄ってみてくださいね。

この記事のライター

ヨーロッパ在住歴13年の経験を活かしてイタリア、スイス、ドイツ、フランスのちょっとディープな観光情報をお届けします!

関連するキーワード


イタリア ベルガモ

関連する投稿


生ハムの町パルマは観光地としても魅力的!イタリアの食と芸術を贅沢に味わおう!

生ハムの町パルマは観光地としても魅力的!イタリアの食と芸術を贅沢に味わおう!

イタリアはエミリア・ロマーニャ州に位置している小都市パルマ。生ハムやパルメザンチーズで有名なこの町は、観光地としても見所たっぷりです。イタリアの伝統文化や芸術の底力を感じさせてくれるこの町で、食、美術、音楽、ショッピングまで、イタリアの良さを短期集中で上手に堪能するために、私の個人的なおすすめポイントをご紹介します!


斜塔だけじゃないピサの魅力をご紹介!空港アクセスや食事情、ショッピングも!

斜塔だけじゃないピサの魅力をご紹介!空港アクセスや食事情、ショッピングも!

ピサと言えばピサの斜塔で有名なイタリア屈指の観光地ですが、実は斜塔以外にも見所はたくさんあります。それぞれ毛色の違ったレストランでトスカーナ州のグルメに舌鼓を打ったり、プチプラ・ショッピングを楽しんだり、美しい歴史的建造物を訪れたりしながら、斜塔までの道のりを最大限に楽しむためにおすすめのスポットをご紹介します!


ボローニャ旧市街で観光するなら知っておきたいディープな情報をご紹介します!

ボローニャ旧市街で観光するなら知っておきたいディープな情報をご紹介します!

学生の町として有名なボローニャは、日本人にはあまり馴染みのない町かもしれません。ですが実は隠れた名所や、それにまつわる数々のエピソードが語り継がれている興味深い町なんです。超有名都市間の移動途中に立ち寄ることのできる便利なポジションを利用して、コンパクトにボローニャの町を楽しむためのポイントをご紹介したいと思います!


アマルフィ海岸を見に行こう!カプリ島などの周辺スポット情報も一緒にお届け!

アマルフィ海岸を見に行こう!カプリ島などの周辺スポット情報も一緒にお届け!

イタリアの南西部、ティレニア海に面する美しい海岸線アマルフィ。ユネスコ世界遺産にも登録された、断崖絶壁に立ち並ぶカラフルな家々と青い海と花々が織りなすコントラストは、この地域でしかお目にかかることのできない絶景です。この記事ではそんなアマルフィ海岸を訪れる際に知っておきたい基本情報とおすすめスポットをご紹介します!


ミラネーゼ御用達!毎週2回パピニアーノ通りで開催される庶民派マーケットMercato di Papinianoに潜入!

ミラネーゼ御用達!毎週2回パピニアーノ通りで開催される庶民派マーケットMercato di Papinianoに潜入!

ミラノ市内では毎日どこかしらで青空市が開催されています。今日はその中でもサンタンブロージョ・サンタゴスティーノ地区で開かれている大規模な市場Mercato di Papiniano(メルカート・ディ・パピニアーノ)について紹介していきます!


最新の投稿


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング