【スペインの城シリーズ】公式「スペインの美しい村」に選ばれたセグラ・デ・ラ・シエラにある城

【スペインの城シリーズ】公式「スペインの美しい村」に選ばれたセグラ・デ・ラ・シエラにある城

スペインの城シリーズ9回目はハエン県にあるセグラ・デ・ラ・シエラにある城です。セグラ・デ・ラ・シエラは、自然に囲まれ、有機農業をしている美しい町です。観光客も少なく、野生動物がその辺りを歩き回っているので、癒されること間違いなしのお城です。


セグラの街はセグラ(安全)

遠くから見えるセグラ・デ・ラ・シエラ城(カスティーリョ・デ・セグラ・デ・ラ・シエラ、Castillo de Segura de La Sierra)

スペインの街はどこの街も、隣の街とは離れて独立しているので、近づくと迫力があります。あ、ここに来たんだっていう感じです。トレドの街のようにかなり発達していて、広がっていたとしてもやはり、元々の町並みは、こんもりとした山形を作っているので感動します。バスや車で近づくと感じられることなので、できれば旅はバスがおすすめです。

セグラは、あまり観光地として有名ではありませんが、昔からマドリードの人たちの避暑地としてセカンドハウスがたくさんあります。そして、最近ではかなりリッチな街になっていて、この小さな街に大きな劇場まであります。

その秘密はエコロジー農業です。周りが自然に囲まれ、農地にしていくのに制限があるので大量に農産物を作られません。そのため、セグラでは、かなり昔から有機栽培を行なっています。特にエコロジーオリーブオイルは、ヨーロッパ各地に輸出されています。

ハエンのオリーブオイルはどこもレベルが高く、マドリードに持っていくだけで、値段が倍に跳ね上がるほどです。そのため、イギリスに持っていくと6倍近くになるのですが、エコロジーですとされに値段がアップ。もちろん、値段のために有機農業を始めたわけではなく、すぐそばに鹿たちの住処があることが最大に原因ですが、有機農業のおかげで市民が潤っているのは事実です。

有機栽培には小豆も含まれています。小豆、そうあずきです。あずきは、日本の豆として、長寿の国の秘密の食べ物として、密かにブームです。お砂糖を入れてあんこにするということはあまり知られていません。ドラえもんが人気のスペインですが、どら焼きの間に挟んでいるものが、あんこだとは知らないのです。

スペインを代表する詩人の街

街に入ると詩人ホルヘ・マンリケ(Jorge Manrique)の像がお出迎え

詩人ホルヘ・マンリケは、パレンシア出身ともセグら出身とも言われています。なんといってもプレ・ルネッサンス時代、つまりルネッサンス以前の詩人で、1440年頃に生まれたということ以外はわかっていません。亡くなったのが1479年ですから、あまり長生きではなかったようですね。

こんな古い時代の詩人ですが、カスティリャーノ(スペイン語)の素敵なところは、今読んでも意味がわかるということです。そして、詩にはメロディーがつけられ歌われています。

パコ・イバニェス(Paco Ibañez)のギター弾き語りをお聞きください。

セグラの町並み

城の麓に連なる家

街の入り口

教会

街の中、いわゆる旧市内にはほとんど人が住んでいません。古い家はマドリード住民が補修して、夏用のセカンドハウスとして使用し、住民は山の麓の平地に住んでいます。その方が、建築基準法もゆるく、好きなように予算に合わせて建築できるからです。

それは、訪れる人にもメリットがあります。それは、歩く街が中世そのもの。お城だけではなく、セグラの町並みも堪能してください。

城 カスティーリョ・デ・セグラ・ラ・シエラ

セグラ山脈に接しているので鹿が住んでいます。

イスラム形式の城。ローマ時代からここには見張り台が設置されていたそうですが、城を築いたのはイスラム勢力。そしてその後、キリスト教国、サンチアゴ軍団により、城が築かれます。

城から見える広々としたセグラ山脈

セグラの町並み

これ間違っていません。この方向で撮影

セグラは、観光客もほとんど来ない静かな街ですから、野生動物たちもリラックスして生活しています。そのため、突然、野生のやぎや鹿が目の前に現れます。特に、城の周りは植物も多いのと、多分城に生えるコケ類が美味しいのではないかと想像するのですが、城に登っているのをよく見かけます。

城のてっぺんにいた野やぎが大急ぎで降り始めました。城の壁を一目散に走っています。もっとちゃんとした写真を撮りたかったのですが、こちらも突然のことであたふたとしてしまい、このような感じの写真になりました。決して小細工したわけではなく、壁を垂直に降りているのです。

セグラ・デ・ラ・シエラへのアクセス

セグラへは、ハエンからバスが出ています。アルサ(ALSA)社のバスで約3時間。行きにくい場所ですが、だからこその感動がそこにあります。公式に「スペインの美しい村」にも選ばれていますから、ぜひ、立ち寄ってください。

この記事のライター

スペインに住んで18年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連する投稿


バレンシア空港を使ってスペインに入国も悪くない! バルセロナやマドリードだけじゃないスペイン国際空港

バレンシア空港を使ってスペインに入国も悪くない! バルセロナやマドリードだけじゃないスペイン国際空港

スペインに行こうと計画を立てる時、たいていの場合はマドリードか、バルセロナからですよね。意外と穴場なのがバレンシアです。格安航空券も見つかります。おまけに、ホテルや物価も安いので、予算も抑えられますし、疲れているときはすりに狙われやすいのですが、バレンシアは比較的治安がいいのでその心配もありません。


パティオに咲く花を1年中愛でる街プリエゴ・デ・コルドバがおすすめ!コルドバからも近い歴史のある街

パティオに咲く花を1年中愛でる街プリエゴ・デ・コルドバがおすすめ!コルドバからも近い歴史のある街

スペインといえば、パティオですが、パティオはコルドバだけではありません。コルドバ県内、グラナダからも行きやすいプリエゴ・デ・コルドバでは、美しいパティオが見られます。パティオは1年中美しく手入れされているので、見たいときにゆっくりとまわれます。


アンダルシアのカソルラ山脈にある美しいホテル「コト・デル・バジェ」は1人の男の夢の結晶

アンダルシアのカソルラ山脈にある美しいホテル「コト・デル・バジェ」は1人の男の夢の結晶

最近、ヨーロッパとアメリカでブームになっているカソルラ山脈。大自然の中に生まれた美しいホテル、「コト・デル・バジェ」は、贅沢な時間を過ごせる山荘タイプのホテルです。オーナーが趣味で作っている建物なので、細かなところにこだわりを感じられるのも魅力です。


TGBはスペインの若者フード!ファーストフードだけどオーガニックフードで安心

TGBはスペインの若者フード!ファーストフードだけどオーガニックフードで安心

スペインで若者に人気のあるオーガニックなハンバーガー屋さんTGBを紹介します。気持ちが疲れているときは、バルやレストランに入るのはちょっと気がひけるなというような時に便利です。主要都市には、大抵あり、夜中まで開いているので時間を気にせず入れます。


セビリアですべきことはこの3つ!スペイン・アンダルシアの都でのおすすめの楽しみ方

セビリアですべきことはこの3つ!スペイン・アンダルシアの都でのおすすめの楽しみ方

スペインとか、アンダルシアといえばセビリアですよね。セビリアには世界遺産のモニュメントであるセビリア大聖堂や旧市街などもありますが、今回は筆者が独断で、セビリアですべき3つのことを選んでみました。セビリアへの行き方とセビリア駅での注意事項も含めて紹介します。


最新の投稿


日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

韓国は豪華なかき氷デザートが有名ですが、今回、韓国の明洞で、「Korean Dessert Cafe(コリアンデザートカフェ)雪氷(ソルビン)」に行ってきました。このお店はローカルの友達が連れて行ってくれました。実際に本場のかき氷を試してみて、日本のかき氷とは違う豪華な盛り付け、ふわふわのかき氷に大満足でした!


【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

中国広東省広州市は、日本と比べると物価は安めです。でも安いのは主にグルメと交通費。地価の値上がりと共にファッションアイテムは年々値上げの傾向にあり、案外日本と変わらなかったりします。今回はそんな中国広州で、地元の若者に大人気の「トレンドでしかもプチプラなお洋服がたくさん手に入る激安ショッピングスポット」をご紹介します。


芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術家やアーティストを目指す学生の街として知られているメキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」。観光地としても人気で、アメリカから日本から多くの人が訪れます。メキシコ特有のカラフルな街並みに加え、どこかロマンティックでセンスが光る雰囲気が心地良い。散策で感性が磨かれていくような気分にさせられる、素敵なこの街を紹介します。


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

ソウルのこども向けお仕事体験テーマパークと言えば、日本でもおなじみの「キッザニア」をはじめ、複数あります。こどもにとっては、普段なかなか体験することのない大人のお仕事を実際に体験できるとあって、人気が高く、どの施設も週末は混雑しています。今回は、その中でも格安で人も少なめの超穴場な施設をご紹介したいと思います。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング