パティオに咲く花を1年中愛でる街プリエゴ・デ・コルドバがおすすめ!コルドバからも近い歴史のある街

パティオに咲く花を1年中愛でる街プリエゴ・デ・コルドバがおすすめ!コルドバからも近い歴史のある街

スペインといえば、パティオですが、パティオはコルドバだけではありません。コルドバ県内、グラナダからも行きやすいプリエゴ・デ・コルドバでは、美しいパティオが見られます。パティオは1年中美しく手入れされているので、見たいときにゆっくりとまわれます。


コルドバといえばパティオ(中庭)ですが…

コルドバのパティオ祭りで見られる美しい中庭

コルドバに行く人の多くが、見たいと思っているのが美しいパティオです。パティオ祭り(エル・フェスティバル・デ・ロス・パティオス・コルドベンセス、el Festival de los Patios Cordobeses)で、すっかり有名になりました。パティオ祭りは、4月の終わりから始まります。コルドバでは、セビリアに続いて5月にフェリアがありますが、時期はほぼ同じ頃ですから、コルドバが1年で一番活気のある時期です。

もちろんコルドバはどの季節に行っても楽しめますが、観光客の中にはパティオが見られなかったと不満げな人もいます。実際、時期によってはパティオがあまり綺麗ではありません。というのも、パティオ祭りで公開されているパティオは、コンクールに参加しているいわば「作品」です。1972年から、コンクールにしてしまったので、参加者は4月の末に向けて用意をしています。ですから、1年中花を咲かせていては、肝心のコンクールで美しく咲かせられないかもしれません。

そういうわけで時期外れに訪れても美しいパティオが見られなかったという結果になります。しかし、せっかくコルドバに行ったのでしたら、やはりパティオを見たいですよね。

実はコルドバ市ではないのですが、コルドバ県内で美しいパティオをほぼ1年中見られる場所があります。それがプリエゴ・デ・コルドバです。

プリエゴ・デ・コルドバは歴史ある街

パティオの美しい地域バリオ・デ・ラ・ビジャ・イ・バルコン・デル・アダルべ(Barrio de la Villa y Balcón del Adarve)、1月の訪問でこの美しさ

プリエゴ・デ・コルドバ(Priego de Córdoba)は、コルドバからグラナダをつなぐいわゆる「カリフの道」にある古い街です。プリエゴ・デ・コルドバは、キリスト教国になった後も栄えており、絹織物などの生産地でもありました。現在も、地元専属の「オーケストラ」を持つくらいに文化の街です。

(スペインの街、特にアンダルシアやバレンシアはどこの小さな村であろうと鼓笛隊(バンダ)を持っています。お祭りなどで、おみこしと一緒に演奏したり、コンサートをしたりしています。聖書にも太鼓を鳴らし、笛を鳴らしとあるように、「鼓笛」は大切な楽器です。しかし、オーケストラになると指揮者もレベルが高くなり、維持するのがなかなか大変。県都ではないプリエゴ・デ・コルドバがオーケストラを持つというのはなかなかすごいことなのです。)

路地の多い街

レアル・お肉屋さん

お肉屋さんのパティオ

フランシスコ・デル・カスティーリョ(Francisco del Castillo)が設計したイタリアンスタイルの16世紀に建設されたお肉屋さんです。パティオは、市場の機能をもち、ここで屠殺も行われていました。バエサを紹介した時にも、「カルニセリアス・レアレス(Carnicerías Reales)」と「レアル」のついたお肉屋さんが登場しまいたが、スペインではお肉屋さんがとても重要で、国によってコントロールされていました。それは、同時に、国とのコネクションもあり、勢力を持っていたことにもなります。肉の値段は常に国が決定していました。カルニセリアスとカルニセリアが複数になっているのは、この建物で複数のお肉屋さんが商いをしていたからなのでしょう。

中世の街を歩くと、必ず「カルニセリアス・レアレス」、王室ご用達のお肉屋さんを見つけられます。

お肉屋さんのパティオ

お肉屋さんの建物の内部

お肉屋さんの螺旋階段

プリエゴ・デ・コルドバ散歩

教会(イグレシア・デ・ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン、Iglesia de Nuestra Señora de la Asunción)

プリエゴ・デ・コルドバはどこを切り取ってもこんな感じ

細い路地が組み合わされて家が建てられ、そこに花々が置かれます。

プリエゴ・デ・コルドバは小さな街です。しかしスペインを好きな人がいつも探しているスペインを見つけられる街です。人々がとても親切で、心温まる思い出が作れます。

プリエゴ・デ・コルドバへのアクセス

プリエゴ・デ・コルドバへは、グラナダからバスで行けます。バスはアルサ(ALSA)社を利用し、約1時間半、料金は約8ユーロです。マドリードやハエン県ウベダからもバスで行けますが、残念ながらコルドバからバスは出ていません。ルセーナ(Lucena)やカブラ( Cabra)などの小さな町から直通バスがあるので、コルドバの村々を移動していくという旅も素敵です。ルセーナに一旦行って、そこからコルドバへ直通バスが乗れます。

パティオを楽しみたかったらプリエゴ・デ・コルドバへ

スペインの本当の楽しさは小さな村です。日帰りではなく、じっくり滞在して欲しいと思います。プリエゴ・デ・コルドバは、そのような人たちのために、パティオが美しいホテルも充実しています。

この記事のライター

スペインに住んで18年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連する投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


スペインに来たらハモンセラーノを食べよう!気軽に食べられるお店がコルドバにオープン

スペインに来たらハモンセラーノを食べよう!気軽に食べられるお店がコルドバにオープン

スペインに来たら、是非、本場でハモン・セラーノを食べましょう。気軽にハモンセラーノを食べられるお店ができました。サラマンカのハモン・セラーノの会社ファウスティーノ・プリエト(Faustino Prieto)直営のお店です。今回は、コルドバ店にお邪魔しました。


バレンシア空港を使ってスペインに入国も悪くない! バルセロナやマドリードだけじゃないスペイン国際空港

バレンシア空港を使ってスペインに入国も悪くない! バルセロナやマドリードだけじゃないスペイン国際空港

スペインに行こうと計画を立てる時、たいていの場合はマドリードか、バルセロナからですよね。意外と穴場なのがバレンシアです。格安航空券も見つかります。おまけに、ホテルや物価も安いので、予算も抑えられますし、疲れているときはすりに狙われやすいのですが、バレンシアは比較的治安がいいのでその心配もありません。


【スペインの城シリーズ】公式「スペインの美しい村」に選ばれたセグラ・デ・ラ・シエラにある城

【スペインの城シリーズ】公式「スペインの美しい村」に選ばれたセグラ・デ・ラ・シエラにある城

スペインの城シリーズ9回目はハエン県にあるセグラ・デ・ラ・シエラにある城です。セグラ・デ・ラ・シエラは、自然に囲まれ、有機農業をしている美しい町です。観光客も少なく、野生動物がその辺りを歩き回っているので、癒されること間違いなしのお城です。


アンダルシアのカソルラ山脈にある美しいホテル「コト・デル・バジェ」は1人の男の夢の結晶

アンダルシアのカソルラ山脈にある美しいホテル「コト・デル・バジェ」は1人の男の夢の結晶

最近、ヨーロッパとアメリカでブームになっているカソルラ山脈。大自然の中に生まれた美しいホテル、「コト・デル・バジェ」は、贅沢な時間を過ごせる山荘タイプのホテルです。オーナーが趣味で作っている建物なので、細かなところにこだわりを感じられるのも魅力です。


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング