美しすぎるビーチが広がるタイのリペ島!タイなのにマレーシアから行くべき理由とは?

美しすぎるビーチが広がるタイのリペ島!タイなのにマレーシアから行くべき理由とは?

タイには数々の美しい島があることで知られています。その中でも特に美しいと言われているのが、リペ島です。リペ島はタイの島ですが、リペ島に行く為にはマレーシアから行くほうが良いと言われています。その訳とは?実際のリペ島への行き方とは?筆者も絶対にリピートしたい、と感動したリペ島についてご紹介します!


タイの中でも最も美しいと評判なリペ島!

リペ島のパタヤビーチ

タイは数々の美しい島々があることで知られています。その中でも特に美しいと評判なのが、リペ島です。「タイのモルディブ」というニックネームを持つほど、透明度が高く、綺麗なコバルトブルーの海を眺めることができるビーチがあります。

何もしていなくても、ただ、綺麗なビーチを眺めているだけでも幸せな気分になることができる場所です。どこを見ても絵になる光景なので、写真を撮るのが得意でない人でも、簡単にポストカードのような写真を撮ることができます。

実際、私自身も写真撮影はそれほど得意ではないのですが、とても綺麗な写真を何枚もカメラに収めることができました。

マレーシアから行ったほうが良い?

リペ島はタイにある島ですが、私は個人的にタイの本土から行くより、マレーシアのランカウイ島から行く方法をお勧めします。その理由とは?独断と偏見で、タイなのにマレーシアから行った方がいいと思う理由についてお伝えします。

タイから行くのはアクセスが大変!

リペ島はタイにある島なので、多くの人は当然の事ながら、まずタイへのアクセス方法を考えます。日本からリペ島へ行く際には、まずタイのバンコクへ飛び、そこから島へ移動するわけです。しかし実はそれがとても厄介なのです。

移動手段としては、最寄りの街まで長距離バスや電車での移動、飛行機での移動、他の島々を渡り歩いての移動などがあります。いずれにせよ長い時間がかかります。

島々を渡り歩きながら、リペ島へ行く場合は、色々な島を楽しむことができるというメリットがあるので、シュノーケリング好きの人や、島巡りの旅をしている人にとってはピッタリです。しかし、リペ島に行くことのみを目的としている人にとってはどの方法もとても時間がかかります。

マレーシアのランカウイ島からフェリーが出ている!

このフェリーに乗ってリペ島へ行きました

リペ島はタイとマレーシアの国境近くにあります。タイ側にあるのですが、マレーシア本土から行った方が近いという距離関係にあります。そして、なんとマレーシアの有名なリゾートアイランド、ランカウイ島からリペ島までフェリーが出ているのです。しかもフェリーの所要時間はたったの1時間半。比較的簡単にリペ島に行くことができます。

ランカウイ島とリペ島の2つの島を同時に楽しむことができる!

ランカウイ島のビーチ

マレーシアからリペ島に行った方がいいとオススメするもう一つの理由は、ランカウイ島からリペ島へ行くことにより、ランカウイ島とリペ島の二つを楽しむことができ、「一石二鳥」という点です。

マレーシアのランカウイ島も、日本では比較的有名なアイランドリゾートです。
もうすっかりと人の手が入り、リペ島のビーチに比べると自然の雄大さが少ないのですが、その分マリンスポーツなどが盛んに行われています。マッサージやリゾートホテルなどの選択肢も多く、旅行に慣れていない人でも行きやすい場所だと思います。

日本に比べマレーシアは物価が安いので(単純計算で日本の3分の1です)、比較的リーズナブルな値段でリゾート気分を味わうことができるのもメリットの一つだと思います。

反対に、リペ島はまだそれほど開発が進んでいないので、雄大なビーチを楽しむことができます。2カ国にまたがって、2つの違うタイプの島を満喫することができるのは一石二鳥だと思います。

リペ島までのアクセス方法は?

まずは、ランカウイ島に到着するまでのアクセス方法です。マレーシアの首都、クアラルンプールから行くためにオススメなのは飛行機を利用することです。クアラルンプールからランカウイ島までは、エアアジアやマリンドエアなど数多くのLCCが出ています。

本数も多いので比較的アクセスが楽です。(LCCのサービスは会社によって違います。勝手にキャンセルしておきながら、こちらから問い合わせをしない限り、会社側からは何の対応もないことも当たり前です。自己責任で使用するかどうかを決める必要があります)

ランカウイ島からリペ島まではフェリーで移動しよう!

テラガハーバーの看板

テラガハーバーで受付をしている人たちの様子

私たちがランカウイ島からリペ島へ移動するときに実際に使ったのが、テラガハーバーから出ているフェリーです。インターネットでの予約が可能です。

船着場に行き、事前に予約しておいたチケット(メールで送られてくるので、印刷して持って行きます)を見せ、手続きをします。

船に乗り込む前に、出国手続きを行います。船着場から徒歩で3分ほどの場所にある小さな建物に案内されますので、そこで出国手続きをします。(この際パスポートは没収され、タイのリペ島でタイへの入国手続きをするときに返されます)

Telaga-Terminal.com – your one stop shuttle ferry service to get to Koh Lipe

http://telaga-terminal.com/index.html

Make the journey to Koh Lipe, Thailand via the fastest ferry route from Langkawi, Malaysia. Book your tickets online in three easy steps with tickets starting at RM128 one way!

タイの入国手続きはとっても簡単!

乗り換えた小舟。沖の方にフェリーが停まっているのが見えます。

フェリーに乗って1時間半ほど経つと、リペ島が見えてきます。しかしフェリーは大きすぎてサンゴ礁を傷つけてしまうので、小さな小舟に乗り換えてリペ島まで移動します。

リペ島のパタヤビーチという場所に到着すると、テントがある場所に案内されます。そこで今度はタイへの入国手続きをするのです。

1人ひとりの名前を読み上げられ、手続きを行います。アジア人、ヨーロッパ人、アメリカ人など、地域別のグループで固まって手続きを行います。私たちアジア人は最後の方で呼ばれましたので、結構長い時間その場で待っていました。

綺麗な海があり、その辺を散策したくてウズウズしますが、入国手続きが終わるまでは、我慢して待っている必要がありました。

待ち時間は長かったのですが、手続きはすぐに終わり、こうなると自由時間です!ホテルに行くなり、ビーチで泳ぐなり好きな時間を過ごすことができます!

楽なアクセスがありがたかった!

タイでありながら、マレーシアから簡単にリペ島に行くことができるというのは、とても面白い経験でした。実際にタイのバンコクからリペ島に行ったことがある友人は「アクセスがとても面倒だった」と語っていて、ランカウイ島から行けばよかったと嘆いていました。

しかもランカウイ島も一緒に楽しめるとあれば、2倍の楽しみがあります。リペ島へのアクセスを決定するとき、ランカウイ島からの移動を考慮に入れてみてはいかがですか?

この記事のライター

マレーシア在住です。海外旅行とコーヒーが大好き!マニアックなマレーシア情報や海外旅行の様子を、ハプニングを交えてお伝えします!

関連するキーワード


タイ リペ島

関連する投稿


タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイは、良質なレーザー商品を比較的安く購入することができる場所として知られています。日本で革製品のオーダーメードというとハードルが高く感じますが、タイでは日本に比べてリーズナブルな値段でオーダーメードできてしまうんです。今回は、そんなオーダーメードの店、トニーカスタムメード(Tony Custom Made)で実際にサンダルをオーダーメードしてみました。サンダルが出来上がるまでは?出来上がったサンダルの感想は?お伝えします。


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

バンコクには高級志向のデパートがいくつかありますが、その一つにエムクオーティエがあります。エムクオーティエの中には、「MOZZA by COCOTTE」というイタリアンレストランがあり、本格的なピザなどを楽しむことができます。エンポリアムやエムクオーティエ(エンポリアム2)に訪れた際に、利用してみてはいかがでしょうか。


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


最新の投稿


全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

真っ赤な看板と白髪老人の笑顔。中国広東省の広州市には、数え切れないほど多くのケンタッキー・フライドチキンがあります。もう何年も前から、ケンタッキーは中国社会にも受け入れられているようです。今回は、中国版ケンタッキーの日本にはないおススメ中華メニューや中国旅行時の中国ケンタッキー活用方法をレポートしていきたいと思います。


タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイは、良質なレーザー商品を比較的安く購入することができる場所として知られています。日本で革製品のオーダーメードというとハードルが高く感じますが、タイでは日本に比べてリーズナブルな値段でオーダーメードできてしまうんです。今回は、そんなオーダーメードの店、トニーカスタムメード(Tony Custom Made)で実際にサンダルをオーダーメードしてみました。サンダルが出来上がるまでは?出来上がったサンダルの感想は?お伝えします。


狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

ソウルの高級エリア、狎鴎亭(アックジョン)。整形外科や皮膚科、ハイセンスなブティックなどが立ち並ぶ女性観光客には人気のエリア。しかし、カップルや家族での旅行の場合、男性や子供は時間を潰すのに苦労しそうなエリアでもあります。今回、ご紹介するのは「現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル」です。


観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

アムステルダム中央駅には、ただ通過するだけではもったいない充実した設備があります。建物の外装や内装のインテリア、おいしいレストランやゆっくりできるカフェ、話題のオーガニック素材を扱ったグッズのショッピングなど、隠された見どころもたくさんあります。ぜひ見学して自分なりの楽しみ方でエンジョイしてください♪


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング