フルーツの王様!まるでカスタードクリームのドリアンの美味しさを知ってほしい!

フルーツの王様!まるでカスタードクリームのドリアンの美味しさを知ってほしい!

ドリアンと言われてイメージするものといえば「臭い」ということではないでしょうか。日本のメディアではそのようにして伝えられていますから、仕方のないことかもしれませんが、新鮮なドリアンは臭いがありません。私が、タイでおいしいドリアンを食べた感想は、絶品。そんなドリアンの魅力をお伝えしたいと思います。


タイでは高級フルーツのドリアン!

道端で売られてたドリアン

タイで買うドリアンは、1玉300バーツから500バーツ(1000円から2000円)ほどです。マンゴーをはじめとするタイで獲れるフルーツ全般は、基本的に1キロ20バーツから60バーツ(100円から200円)ほどなので、それに比べると、ドリアンは高く感じてしまいます。他のフルーツが安すぎるのですね。私の大好きなマンゴーもスイカもパイナップルも、タイではフルーツ食べ放題ですから。日本に比べると激安です。タイ価格にも慣れてしまった私からすると、ドリアンだけは高く感じてしまいますが、日本で買うと考えると、そう高くないかもしれませんね。日本では1玉3000円から1万円もしますから。物流コストを考えると、そうなりますよね。ちなみに、私はタイでしか食べたことはありませんが。

おいしいドリアンの選び方

ドリアンは南国のおいしい果物で、1年中食べることができますが、旬は6月から9月頃。タイの地下鉄やホテルには、「ドリアン持込禁止」の注意書きなどもよく目にしますから、ドリアンの中には、強烈な臭いを発するものがあるのも事実です。質が悪く、安いドリアンは悪臭がします。しかし、おいしいドリアンは、臭いを発しません。むしろ無臭です。ドリアンを選ぶ際には、臭いがしないドリアンを選びましょう。

やっぱり切りたてが1番おいしい!

市場に売られていたドリアン


おいしいのはやはり切りたてです。割ったらすぐに食べないと、味が落ちていき、臭いも出てくるのですね。スーパーや市場には、切って小分けに包まれたものが並べられたりしていますが、変色していたりするものは注意です。特に、市場に置いてあるような小分けに包まれたドリアンは、暑さですぐにダメになってしまいます。切りたてのものは、冷蔵庫で3日ほど保管できます。冷蔵庫で保管しても、日が経つごとにほんの少し臭いが出てきますが、気にならない程度でした。

私はいつも、自分で選んだドリアンをナタで切ってもらいます。食べる直前に自分で割っても良いでしょう。ドリアンは切るのも大変です。この労力も値段に含まれると考えると、高くても納得できます。

切ってもらうのに10分ほどかかります

身が出てきました

小分けのものは少し古くなっています

気になるドリアンの味は?

1玉分です

食感はアボカドで、味はカスタードクリームのようで、少し鼻からりんごのような香りが抜けていきます。臭みもなく、とてもまろやかです。少し若いドリアンだと、シャキッとする食感もあります。タイに来て5年、今まで先入観だけで避けてきたことを後悔しました。「ドリアンってこんなにおいしいのか!」と感動しかありませんでしたし、これからドリアンの虜になりそうです。

ドリアンの食べ過ぎは危険!?

おいしくて、ついつい食べ過ぎてしまいそうなドリアンですが、ドリアンの食べ過ぎには注意が必要のようです。ドリアンとお酒を同時に飲食して、亡くなる人も出ています。ドリアンは体温上昇を招くので、体力のない人や、血圧の高い人は、無理をすると危険なのだそう。また、ドリアンは就寝前などを避け、朝に食べるのが好まれます。タイでは、ドリアン食べ放題なんてイベントもありますが、「食べ過ぎは危険」と知ってしまうと、気が引けてしまいます。

最後に

タイ人はドリアンが大好き。SNSにも自慢するようにドリアンの写真をアップしますから。「こんなに大量のドリアンを買いました」「今からドリアンを食べます」このような記事を見かけます。先日、私が市場でドリアンを買って、ドリアンの身が入った袋を持っていると、「いいな〜食べたい」と女の子が声をかけてきて驚きました。いかに贅沢品なのかがうかがえます。南国にいる醍醐味の1つが、フルーツ天国であることですが、南国を訪れた際は是非ドリアンもトライしてほしいと思います。

大きなドリアン

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ ドリアン

関連する投稿


タイで手軽に手に入るドラゴンフルーツ(ピタヤ)の魅力とは?食べ方や選び方についても知ろう!

タイで手軽に手に入るドラゴンフルーツ(ピタヤ)の魅力とは?食べ方や選び方についても知ろう!

鮮やかなピンク色をした果物「ピタヤ」。果皮が竜のウロコのように見えるためドラゴンフルーツとも呼ばれていて、「ドラゴンフルーツ」と呼ばれるほうが一般的になっていますよね。日本ではあまり見かけませんが、タイでは手軽に入るフルーツなのです。食べやすく美容効果の高いドラゴンフルーツの選び方や食べ方などについてご紹介します。


バンコクから約380Km!カオコーにある「The Bluesky Resort @Khao Kho」に行ってみた!

バンコクから約380Km!カオコーにある「The Bluesky Resort @Khao Kho」に行ってみた!

タイと言えば南国のイメージが強くビーチリゾートを連想しがちですが、実は山の方にも緑豊かなリゾート地は多いものです。タイのあらゆるところで年々開拓が進み、隠れ家的な穴場のスポットもたくさん。先日、ペッチャブーン県の高原地帯(カオコー)にある「The Bluesky Resort」に行ってきたのでレポートしたいと思います。


トマト風味の鯖缶がおいしい!ダイエットにもおすすめ!タイの鯖缶を使った簡単レシピをご紹介

トマト風味の鯖缶がおいしい!ダイエットにもおすすめ!タイの鯖缶を使った簡単レシピをご紹介

日本と同様にタイでも「鯖缶」は親しみのある食品です。そのまま食べたり、料理に使ったりと重宝されているもの。日本と違うところはトマト風味なところ。タイでは赤いトマトソースのものが一般的。もともと鯖はトマトと相性が良いのでそのままでもおいしいのですが、タイの鯖缶を使った簡単レシピをタイ人から教えてもらったのでご紹介します。


タイでは馴染みのある滋養強壮剤!疲労回復や美肌に効果的な「チキンエキス」おすすめ!

タイでは馴染みのある滋養強壮剤!疲労回復や美肌に効果的な「チキンエキス」おすすめ!

日本ではあまり知られていませんが、タイでは有名な「チキンエキス」。これがかなり優秀で、私はエナジードリンクとして常備しています。だるさを感じるときにこれを飲むと、数時間でシャキッとする気がします。鳥一匹を丸々煮込んだエキスなので、美容にもいいそうです。そんなとっても優秀な「チキンエキス」について詳しくみていきましょう。


プロムナード&ファッションアイランドでショッピングした後は「ジラフ」でおいしいサーモン丼を食べよう

プロムナード&ファッションアイランドでショッピングした後は「ジラフ」でおいしいサーモン丼を食べよう

バンコク郊外にあるショッピングモールのプロムナードとファッションアイランドは、子どもから大人まで楽しめる場所です。この2つは連結しているため、趣の違うショッピングモールを同時に楽しめます。日本食レストランも多くあり、日本人もちらほら見かけます。プロムナードにておいしいサーモンを食べられるお店を発見したのでご紹介します。


最新の投稿


アメリカの大型日用品店ベッド・バス・アンド・ビヨンドで買ってもらいたいお土産9選

アメリカの大型日用品店ベッド・バス・アンド・ビヨンドで買ってもらいたいお土産9選

アメリカでメジャーな日用品を買えるお店の中で、今日はベッド・バス・アンド・ビヨンドを紹介します。このお店は安さよりも質のいい、生活に必要なものが売っているお店です。今回は日本からの旅行時に買って帰ってもらいたいおすすめのおみやげ9選を紹介します。また、女子必見のプチプラコスメ情報もあるので最後まで読んでくださいね。


主要建築物が効率よく見られる!デンマーク・コペンハーゲンのグランド・ボートツアー

主要建築物が効率よく見られる!デンマーク・コペンハーゲンのグランド・ボートツアー

飛行機の乗り継ぎ時間や、出張の合間の時間で、コペンハーゲンに滞在したいけど時間があまりない!というタイトスケジュールの方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな短時間滞在の際にお勧めしたいのは、コペンハーゲンの主要建築物が効率的に回って見られるボートツアーです。


ハーバー沿いの摩訶不思議な遊園地、ルナパークで異次元の世界に浸ってみる

ハーバー沿いの摩訶不思議な遊園地、ルナパークで異次元の世界に浸ってみる

ハーバーブリッジのたもとにあるレトロな遊園地、ルナパーク。1935年に開園したこの老舗遊園地は、一歩足を踏み入れるとその独特の世界観に引き込まれる異色スポットです。度肝を抜かれる巨大な「入り口」、シドニーのアイコンが一度に望める観覧車、見たことのない不気味なゲーム。。。摩訶不思議なルナパークの世界へようこそ!


中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

赤い屋根で覆われたおしゃれな街並み。中世の空気を現在でも残す歴史を深く感じることのできる町。そして、尖塔の多さから百塔の町とも形容される、世界遺産にも認定された町プラハ。何度訪れても飽きることのない美しい町の景色がここにはあります。1000以上の歴史を紡ぎ、現代の私たちに見せてくれるその町の景色を歩いて旅しましょう。


スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

イタリアとの国境からほど近くに位置するスイスの美しい都市ルガーノ。ゆっくりとした時間の流れる洗練されたスイス文化と、活気あるイタリア文化の良いところを混ぜ合わせたような、魅力あふれる町です。この記事では2年の滞在歴を活かして、ルガーノ周辺で楽しめるアクティビティから絶景スポットまで、私のおすすめ観光情報をご紹介します!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング