南米のボリビアの熱帯では蚊には十分気を付けたいところ!蚊対策もご紹介します。

南米のボリビアの熱帯では蚊には十分気を付けたいところ!蚊対策もご紹介します。

南米大陸の熱帯地方はアマゾンの肥沃なジャングルに囲まれていて自然がたくさんあります。そして、多種多様な動植物を垣間見ることができ世界的にも人気の観光スポットとなります。しかし、熱帯、ジャングルと聞く中で気を付けておきたいのは病気です。蚊が媒介する病気がいくつかあり予防接種が義務付けられることもあり注意が必要です。


アマゾンのジャングルは美しい。しかし注意も必要!

豊かなジャングル地帯のどこまでも続く緑は魅力的です。

アマゾン川の豊饒な水源とどこまでも続く広大なジャングルは見る人の心を打ちます。テレビでアマゾンの特集があるときにはその大自然の光景に驚かれるかもしれません。多種多様な美しい野鳥や、ワニやカピバラや野生のヒョウといった動物たちが顔を出します。

そんなアマゾンは一度は行ってみたい、体験してみたい大自然または秘境スポットとして世界中でも注目を集めます。南米大陸の中でアマゾンと聞くとブラジルを真っ先に思い浮かべるかもしれませんが、アマゾンのジャングルはいくつかの国にまたがっています。

ブラジルだけではありません。隣国のボリビアにもアマゾンのジャングルはあります。実は山岳地帯のイメージが強いこのボリビアですが国土の大半はジャングル地帯だと言われています。極寒の山々ではなく実は熱帯の国だといっても過言ではありません。

そんなボリビアの熱帯地方では灼熱の暑さの中ジャングルの大自然を楽しめる一方、気を付けておきたいことがあります。それは蚊です。近年、日本でも海外から入ってきたデング熱が発生し脅威となったことがありますが、ここボリビアの熱帯地方ではデング熱は日常です。

デング熱のほかにも気を付けておきたい蚊が媒介する病気がいくつかありますので、それをご紹介します。

蚊が媒介するいくつかの病気と予防接種が義務付けられたものも

野外での嫌われ者、蚊が媒介する病気

ボリビアの熱帯で生活していると蚊が媒介する病気にかかって寝込む人がいます。その代表例がデング熱です。近年日本でも注目度を増しているこのデング熱ですがこちらボリビアでも多く見られます。蚊が媒介する病気ですので、蚊に刺されなければ大丈夫!

といってもそんな単純なものではありません。家に網戸をしっかりと張って虫よけスプレーをしていても蚊に刺されるときは刺されます。今から数年前、ボリビアの熱帯地方でデング熱に感染する人が急増したために政府も対策を講じました。

主に都市部で徹底的に蚊を殺す薬を撒きました。そのかいあってデング熱の発生をだいぶん緩和させることに成功しました。しかし、ジャングル地帯が広がるベニ県やボリビア第二の都市サンタクルス郊外の田舎のほうではまだまだ薬の対策が追い付かず、感染する人が多くいます。

デング熱に有効なワクチンはありません。対症療法しかないようです。

デング熱の症状は個人差があります。37度程度の熱で済む人もいれば、40度近い高熱が出る人もいます。そうした高熱が出た場合何日かおきに熱の上がり下がりを繰り返します。有効なワクチンはまだまだ開発されておらずただただ、回復に努める対症療法しか治療法がないのが現実です。

熱の上がり下がりによって関節や骨に痛みを覚える人も少なくありません。デング熱のほかにもチクングイヤ熱という蚊が媒介する病気もあります。症状はデング熱とよく似ていますが、顕著なのは骨の痛みです。近年ボリビアで流行していますので気を付けておきたいところです。

アフリカや中南米などで見られることもある黄熱病という病気をご存知でしょうか?熱帯に生息するネッタイマシカが媒介するこの病気はボリビアの政府も注意を喚起しています。2018年現在ですが、ボリビアに入国するためには黄熱病の予防接種を受けたという証明書、通称イエローカードが必須になっています。

なので、ボリビアを旅行される際はこの黄熱病の予防接種を受けなければなりません。この黄熱病の致死率は30-50%ともいわれていて非常に危険な病気です。ボリビア国内でも最近外国人旅行者がアマゾンのジャングルを旅行した際にこの病気に感染したとニュースになりました。

ボリビアに入国するには絶対にこの予防接種が必要ですので、そうしましょう。

ボリビアの熱帯での蚊対策

熱帯の都市部では必要ありませんが、ジャングルに隣接する場所ならありかも。

ボリビアの熱帯の都市部では蚊対策で薬がまかれており、家の窓に網戸がきちんと備え付けられていればそれほど心配することはありません。しかし、熱帯の田舎でジャングルに隣接する場所に住んでおり、家の窓に網戸がない場合は蚊帳を使って生活することができます。

もちろん、網戸を付けたうえで蚊帳を利用するのもありです。特に熱帯の田舎では尋常ではないほど蚊がいたりするからです。注意をしすぎてもしすぎることはないのが現状です。最近では、テント型の蚊帳なども売り出され、折りたためてスーツケースにも入れることができます。

蚊帳の中でゆっくり安心して眠るのも熱帯の町では十分ありです。

OFFと呼ばれる現地の虫よけクリーム。

日本の虫よけクリームをもっていってもあまり効果がない場合があります。やはり現地で売られているものが現地の蚊に一番効くということでしょうか?ボリビアではOFFという蚊よけクリームが売られていて現地の人も使っています。小さいタイプで1つ9ボリビアーノ(140円ほど)で買うことができます。

ボリビアの熱帯の蚊はとにかくすばしっこくて強いのでたちが悪いです。ジーンズの上からでも刺してくる最悪の蚊もいます。このOFFを肌に塗るのもそうですが、服の上から塗るボリビア人もいます。とにかく熱帯を旅行するときには暑くても長袖を着用することをおすすめします。

できるだけ肌を出さないようにしましょう。蚊に狙われます。そして肌の部分はこのOFFを塗っておけば蚊対策は十分でしょう。とは言っても刺されるときは刺されますのであまり神経質にならないようにすることも大切です。すべての蚊が病気を媒介しているわけではありません。

一部の蚊が病気を媒介しているということを理解しておきましょう。

航空会社に確認が必要ですが、効果抜群の蚊よけスプレー

こちらは日本からのアイテムですが、航空会社によっては持ち込めないことがあるので十分注意してください。たいていの航空会社は虫よけスプレーなら荷物に入れることを許してくれます。もちろん、機内持ち込みではなく預け荷物のほうです。

利用する航空会社に確認だけは取ってください。日本で売られている蚊よけスプレーは効果抜群です。こちらボリビアでも効果を発揮します。1度プシュッとするだけで蚊やハエがどんどん死んでゆきます。このスプレーのおかげで熱帯での生活はかなり楽になります。

熱帯では夜になると光に集まって多くの虫が家に入ってくることがありますが、このスプレーのおかげでそのストレスからだいぶん解放されます。正式に南米やアフリカの国にこの日本の蚊よけスプレーが流通すればいいのにと思ってやみません。このスプレーを必要としている途上国の人はたくさんいますよ!

日本の技術のすばらしさに感動する一方、熱帯に住む現地の人々が普通にこのスプレーを手に入れられるようになってくれたらなぁと本当に思います。なんとかならないでしょうか?南米の蚊にもこのスプレーは効果絶大だからです。


熱帯旅行では蚊に注意を!

こうしてボリビアの熱帯地方で蚊が媒介する病気についてみてきました。黄熱病を含め注意したい病気がたくさんあります。暑い地域ですが、長袖長ズボン、できるだけ肌を露出させない格好で歩きましょう。もし肌を出す時でも虫よけクリームは塗ってくださいね。

特にジャングルクルーズなど、ジャングルの中に入るようなときは蚊対策は万全にしておきましょう。絶対に蚊に刺されないことは不可能ですが、ある程度までに抑えることはできるからです。蚊に対してきちんと対策をして熱帯の旅行を楽しみましょう。

この記事のライター

南米ボリビアに在住。まだまだマニアックな観光地や穴場スポットがたくさんある国ですので、少しづつ紹介できたら嬉しいです。

関連するキーワード


ボリビア

関連する投稿


南米ボリビアは自然の宝庫!熱帯地方で見られる珍しい動物たちに感動します。

南米ボリビアは自然の宝庫!熱帯地方で見られる珍しい動物たちに感動します。

南米大陸の真ん中にある国ボリビアはアマゾンの豊饒な大自然に囲まれていてたくさんの野生動物と出会うことができます。日本では動物園に行かなければ会えない動物たちにもふとした場面で出会うことができます。特に熱帯の町ではよく見かけます。そんな大自然を持つ南米大陸のボリビアで見つけた動物たちをご紹介できればと思います。


世界的観光スポット、ウユニ塩湖をちょっとだけネガティブな目線で紹介したい

世界的観光スポット、ウユニ塩湖をちょっとだけネガティブな目線で紹介したい

ボリビアというとどこにあるんだろう?日本人の間ではそのように思われていましたが近年、ウユニ塩湖という観光地が大々的に取り上げられ、ボリビアの知名度も急上昇しました。絶賛される絶景スポットですが、ちょっとだけネガティブな目線でウユニを紹介したいと思います。ウユニ塩湖の実際のところをお伝えできればと思います。


南米の途上国ボリビアでもおいしいカフェを味わえる?ボリビア旅行で疲れたらぜひおしゃれなカフェへ

南米の途上国ボリビアでもおいしいカフェを味わえる?ボリビア旅行で疲れたらぜひおしゃれなカフェへ

南米最貧国とも言われ続けていたボリビアですが近年経済発展を遂げるようになり人々の生活も向上しました。以前はおしゃれなカフェなどほとんどなかったボリビアですが、近年では外資系のカフェも進出していて特に第二の都市サンタクルスは南米で一番発展を遂げている町ともいわれます。そんなボリビアで味わえるおしゃれなカフェをご紹介


ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

南米大陸の国ボリビアは日本でも少しづつ知名度が上がってきています。経済発展を遂げていますが、まだまだ途上国です。そんなボリビアで休日の楽しみと言えば豚肉料理を味わうこと。スープで味わったり、フライや炭焼きにしたりと様々です。そして、その料理の仕方もダイナミック!豚に関しても日本と比べてより身近な存在で興味深いです。


海のない国ならではの独特の魚たち!ボリビアでこそ食べられる魚と魚料理の数々!

海のない国ならではの独特の魚たち!ボリビアでこそ食べられる魚と魚料理の数々!

ボリビアは南米大陸の海のない内陸国として知られています。どうしても海産物が流通するにはハンデとなります。国民の多くが魚ではなく牛肉や鶏肉を食べているという現実もあり魚は高級品です。そんな中、ボリビアにはチチカカ湖やアマゾン川という川の幸があります。海魚ではなく川魚を手に入れることができ味わえます。ボリビアのお魚とは?


最新の投稿


日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

韓国は豪華なかき氷デザートが有名ですが、今回、韓国の明洞で、「Korean Dessert Cafe(コリアンデザートカフェ)雪氷(ソルビン)」に行ってきました。このお店はローカルの友達が連れて行ってくれました。実際に本場のかき氷を試してみて、日本のかき氷とは違う豪華な盛り付け、ふわふわのかき氷に大満足でした!


【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

中国広東省広州市は、日本と比べると物価は安めです。でも安いのは主にグルメと交通費。地価の値上がりと共にファッションアイテムは年々値上げの傾向にあり、案外日本と変わらなかったりします。今回はそんな中国広州で、地元の若者に大人気の「トレンドでしかもプチプラなお洋服がたくさん手に入る激安ショッピングスポット」をご紹介します。


芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術家やアーティストを目指す学生の街として知られているメキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」。観光地としても人気で、アメリカから日本から多くの人が訪れます。メキシコ特有のカラフルな街並みに加え、どこかロマンティックでセンスが光る雰囲気が心地良い。散策で感性が磨かれていくような気分にさせられる、素敵なこの街を紹介します。


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

ソウルのこども向けお仕事体験テーマパークと言えば、日本でもおなじみの「キッザニア」をはじめ、複数あります。こどもにとっては、普段なかなか体験することのない大人のお仕事を実際に体験できるとあって、人気が高く、どの施設も週末は混雑しています。今回は、その中でも格安で人も少なめの超穴場な施設をご紹介したいと思います。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング