世界一大きな座仏!?地獄寺!?アユタヤの隣の県にある寺院「ワットムアン」に行ってみた

世界一大きな座仏!?地獄寺!?アユタヤの隣の県にある寺院「ワットムアン」に行ってみた

タイと言えば大仏。タイには、目を引くような大きな仏像がありとあらゆるところに点在していますが、知られているのはほんの一部。バンコクなんかは、有名なお寺や大仏が多くありますが、今回はバンコクから、車で2時間弱のアーントーン県の「ワットムアン」をご紹介します。まだまだ知られていない穴場の寺院ですよ。


巨大な仏像があるアーントーンの寺院「ワットムアン」

ワットムアン

ワットムアンは、アユタヤの隣のアーントーン県にある寺院です。1番の名物は、高さ95メートル、幅63メートルのタイ最大の仏像。座仏では世界一大きいのだそう。遠くからでもわかるほどの存在感でした。車で行きましたが、何もないところにドーンとゴールドの大仏が現れ、心が躍ります。

遠くからズームで撮ってみました

アーントーン県は昔、ウィセートチャイチャーンと呼ばれる地域で、アユタヤ王朝時代には軍事的に重要な場所としても知られていました。現在は、ウィセートチャイチャーンは市の名前になっています。寺院そのものは、14世紀から18世紀に栄えたアユタヤ王朝時代からあったとのことですが、侵攻してきたビルマ(現ミャンマー)と泰緬戦争になり、その際にワットムアンは破壊され、痕跡さえなくなってしまったとされます。
その後、1986年にある僧侶がこの地を訪れ、再建のために働きかけ、16年もの長い年月をかけてこの大仏を完成させ、今に至ります。

存在感がすごい

大仏のまわりは、ぐるりと一周歩けるようになっています。大仏の右手の指は、地に向かって差し出されています。指の爪だけで約1メートルもの長さがあり、その大きさに圧倒されました。この指はパワースポットとされていますから、参拝するだけでなく、触れてみることをおすすめします。

人と比較すると大きさがよくわかります

全面鏡張りの本堂は心洗われる神聖な場所

幻想的な本堂

本堂の中は、全面が鏡張りとなっていて、とても幻想的な空間です。数々の仏像や、著名な僧侶の像に、僧侶そのもの(ミイラ)まで。神聖な空間で言葉が出ません。

壁に沿って数々の仏像があり、コインを入れるところがあります。100バーツの紙幣を渡すと、1バーのコイン100個に交換してくれますよ。1体1体コインを入れながらまわります。

両替してもらいました

「地獄寺」としての顔も持っている!?

ワットムアンは巨大な仏像が有名ですが、「地獄寺」としての顔も持っています。大仏の前が、地獄を表した場所となっていましたが、グロテスクな光景に目を覆いたくなるほどでした。
「悪いことをすると地獄に行くんだよ」ということを教えているのです。子供連れも多く、親御さんがしっかりと言いつけている様子もうかがえました。子どもにとっては衝撃的ですよね。この子はきっと良い子になるだろうと思いながらその光景を見ていました。

地獄寺へ、、

衝撃的な光景が

頭やお腹を切られています、、

順番としては、入り口から、本堂→地獄寺→巨大仏像です。心を清め、悪行をしないように心を戒め、最後に巨大大仏に会いに行きます。とても身が引き締まりますよ。タイで地獄の様子を表した寺院というのはとても珍しいです。私も初めて目にするもので、圧倒されてしまいました。

最後に

かき氷20バーツ(100円しないくらい)

タイ人にはよく知られていて、人気の寺院ですが、外国人にはまだまだ知られていません。唯一、シンガポール人はツアーで訪れているそうです。日本ではまだツアーなどはないでしょうから、自力で行くしかありません。アユタヤから車で40分程で行くことができますから、アユタヤに来たついでに是非訪れてほみてほしいものです。アユタヤからワットムアン行きのバスもあります。バンコクから行く際は、ウィセートチャイチャーン方面のバスに乗ると、ワットムアンの前に着くそうです。(大まかですみません。。タイ人から聞きました)帰りは、降りたところの道路を挟んだ反対側のところで待っていると、またバスが来るそう。バス乗り場は人が待っているので、わかりやすいでしょう。バイクタクシーを上手に利用しても良いですね。情報が少なく、難易度高めのスポットですが、チャレンジャーな方は、ぜひ訪れてみてください。ゴールドのピカピカで巨大な仏像に圧倒され、パワーチャージできることでしょう。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ

関連する投稿


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

南国に住んでいる醍醐味の1つが、フルーツ天国であることです。タイでは毎年6月頃になると、おいしいドリアンが出てきます。私もタイに来るまでドリアンを食べたことがなかったのですが、タイでおいしいドリアンを食べてからというもの、すっかりドリアンが大好きになりました。最近はドリアン市場に通ってしまうほどハマってしまっています。


タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

今話題の「もちシュークリーム」というスイーツをご存知でしょうか?タイ在住の日本人の間で話題になっているスイーツで、タイのセブンイレブンでゲットすることができます。日本人が多く住むエリアのセブンイレブンでは、売り切れが続出しているとか。日本人からも高評価で、コスパもバッチリな「もちシュークリーム」についてご紹介します。


スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

韓国をはじめ日本でも人気のファッションブランド「STYLENANDA 」をご存知ですか?スタイルナンダはファッションだけでなく、3CEというコスメブランドも展開しており、中でも「ウユクリーム」がヒットしています「STYLENANDA」はバンコクにも出店していて、ウユクリームはバンコクでも手に入れることができちゃいます!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング