ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

南米大陸の国ボリビアは日本でも少しづつ知名度が上がってきています。経済発展を遂げていますが、まだまだ途上国です。そんなボリビアで休日の楽しみと言えば豚肉料理を味わうこと。スープで味わったり、フライや炭焼きにしたりと様々です。そして、その料理の仕方もダイナミック!豚に関しても日本と比べてより身近な存在で興味深いです。


ボリビアの田舎では豚が普通に町を歩くことも

ボリビアの集落での一枚。庭に普通に豚がつながれています。まるで犬感覚

ボリビア人にとって豚は身近な存在です。日本ですと養豚場にでも行かない限り豚を見ることはないといっても過言ではありません。しかし、ボリビアではまるで犬を飼うかのように、ペットのように家の庭にいることがあります。特に、ボリビアの田舎などでは庭に豚がいることがあります。

犬のように縄で木につながれて育てられていることもありますが、まれに放し飼いにされていることも。人を恐れてブヒブヒ鳴いて逃げる豚もいれば、人懐っこい豚はすり寄ってくることもあります。ドロドロの顔で近づいてくる豚はなんとも愛嬌たっぷりでかわいいです。

ゴーゴーと鳴き暴れ狂う豚たちでしたがお腹がすいていただけでした。

そのボリビアの集落で突然ものすごい轟音が聞こえました。ゴーゴーと泣きわめく豚たち。つながれたロープをちぎってしまいそうなその勢いにいったい何が起こったのかと不安になります。すると、飼い主が餌をもってやってきました。要はお腹がすいていただけでした。

餌を前にした豚の勢いはものすごいです。そんな光景を見ることができるのもボリビアならではなのかもしれません。日本で町の中に豚がいたらビックリしますが、ボリビアでは普通です。町から離れた場所で牧場の様な所で大切に育てられる豚たちもいます。

そして、家庭でまるでペットのように飼われる豚たちも。日本と比べるなら人間と豚の距離はかなり近いと思われます。そんな様子を見ると心が少し温かくなりますが、いずれ大きくなったら食用に出荷されるのかと考えると、悲しくなるのも現実です。

餌は主にトウモロコシ粉を使っているそうです。すごくおいしそうに食べていたのがなんとも印象的でした。

市場で売り出されている豚に衝撃

まるでペットのように、犬と同じように大切に育てられた豚は大きくなると食用に出荷されてゆきます。その売られ方が少々ショッキングです。以前にも紹介しましたが、ボリビアの肉市場は衝撃的な光景が広がります。その中に豚肉も含められています。

日本のように豚バラ肉をスライスしてパック詰めされて売られている・・・ということもありますが、ほとんどの場合はそのまま売られています。

豚がまるまま吊るされて売られています。初めて見たときは言葉を失いました。

ボリビアは休日になると家族みんなで豚肉料理を食べるという習慣があります。特に日曜日などは豚がよく好まれて食されます。そして、年末年始やバケーションの季節などでもボリビアの伝統的な豚料理パタスカがレストランでも家庭でも並びます。家族との憩いの場に豚肉は欠かせないアイテムなのです。

にしても、そのままダイレクトで売られているのはなかなか驚きです。豚肉料理を提供しているレストランではまるまま1頭買い取って、少しづつ解体しながら料理してゆきます。その解体の光景や料理の風景はまさにダイナミックそのもの。

なんで頭まで?と思いますが、大切な食材なのです。

さらに衝撃的な光景ですが、豚の頭まで売られています。ボリビアでは豚だけでなく牛の頭、鶏の頭も普通に市場で売られています。日本人にとってはカルチャーショックの連続です。なぜ、頭まで打っているのか?疑問に思いますが、実はこれも本当に大切な食材になるんです。

豚、牛、鶏の頭は煮込んだ時に良い味を出すそうです。スープ料理には絶対に欠かせないとボリビア人の友人が言っていました。豚の場合、パタスカと呼ばれる伝統的な豚のスープを作るときは豚の頭をトウモロコシと煮込み続けます。しっかりと煮込めるように毛を包丁で剃るとも聞きました。

その工程を聞くだけでも日本の豚肉料理とは違うなと思います。料理方法がダイナミックそのものです。

ダイナミックな豚の料理風景

豚の丸焼きとはまさにこのこと!まるまま焼かれている光景は衝撃的

バケーションの時期には特に食べられる豚肉料理。休日になればボリビアの町には豚肉のにおいが立ち込めて食欲をそそります。豚肉のスープ料理、フライ、炭火焼。いろいろなパターンの豚肉料理を味わうことができます。そして、豚肉料理を提供している家では面白い光景が。

豚が一匹まるまる炭火焼にされています。まさに豚の丸焼きとはこのことではないでしょうか?じっくりじっくりとあぶり焼かれている豚肉。すごくおいしい匂いが立ち込めてきます。これがボリビア流の豚の炭火焼です。

チチャロン・デ・チャンチュという豚のから揚げを作るときにひたすら豚に火を通します。

こちらも豚肉料理を提供しているお家での写真です。ここではチチャロン・デ・チャンチュという豚のから揚げを提供していますが、最初に豚肉をひたすら火にかけます。炭火と大きな鍋でひたすらひたすら火を通します。そうすると・・・

大量の豚の脂が、いわゆるラードです。

豚肉の脂の部分が大量に抽出されます。寸胴鍋に大量の豚肉の脂が。いわゆるラードとというやつです。実はボリビアではこの脂を使ってパンを作ります。いわゆるケーキのバター代わりというところでしょうか。ボリビアで売られている手作りパンの中にはこの脂、ラードが大量に混ぜられています。

なので、胃腸の弱い方はお腹を壊すことがあります。ああ、これがパンの中に入っているんだと少し驚いたのを覚えています。なので、ボリビアで売られているパン・カセーロと呼ばれる手作りパンを購入するときは少し注意してください。

そして大量の豚肉が揚げられていきます。1頭分ですのでまだまだあります。

そして巨大鍋の中で大量の豚肉が味付けられて揚げられてゆきます。定食屋で出される豚のから揚げです。豚一頭分の肉をさばいて調理しますので、量も半端ではありません。そして、先ほどの工程で脂を抜ききっていますので、純粋な肉のみを楽しむことができます。

実はボリビアの豚肉料理での注意点ですが、とにかく豚肉の脂が強く濃い時があるので胃腸にダメージが来る時があります。現地のボリビア人でさえ豚肉料理の次の日はお腹が重いというほどに脂が強い時があります。なので、少し注意が必要です。

ただし、この写真のから揚げのように脂を徹底的に抜ききっているときは安心して食べることができます。豚肉の強烈な脂というのもボリビアならではのあるあるなのかもしれませんね。

絶妙の味付けの豚のから揚げ。骨付きの豚肉もボリビアならでは

ばっちり下味の付いた豚のから揚げは本当においしかったです。隠し味のクミンが絶妙のアクセントを見せていました。骨付きの豚肉をがっつり食べることができるのもボリビアならではでしょうか?ボリビア人もこのチチャロン・デ・チャンチュという豚のから揚げが大好きで大盛況です。

特に年末年始のシーズンには家族みんなで豚肉を食べるという感じです。

ミラネッサ・デ・チャンチュいわゆるとんかつです。

そしてボリビアの豚料理で外せないのはミラネッサ・デ・チャンチュです。ミラネッサはカツの事を意味しています。鶏、牛、豚とミラネッサがボリビアでは展開されています。豚肉はこの中でも一番効果ですのでレストランによっては豚肉を置いていないこともあります。

なので、とんかつが食べたいときはこのミラネッサ・デ・チャンチュを頼みましょう。日本のとんかつがおいしいのはもちろんですが、ボリビア版のとんかつもなかなかいけますよ!ぜひ頼んでみてください。

終わりに

ボリビアでは田舎のほうでは普通に豚が飼われています。まるでペットのように飼い主が愛情をこめて育てているように思います。そして、そのほとんどが食用として出荷されていくのは少し悲しいと思いますが、それも生きるということに関して避けられないことなのかもしれません。

日本では当たり前に豚肉がスーパーでパック詰めされて売られているのが気づきにくいことですが、ここボリビアでは道でブヒブヒ鳴いている愛嬌のある豚たちが、肉市場でまるまま売られています。そして、まるまま解体されて豚料理に変わってゆきます。

命をいただくという大切なことを見たような気がします。そしてその豚肉料理はボリビア人の休日や週末で人々の生活の中で欠かせないというのも興味深いです。もしボリビアを旅行される際にはぜひ豚肉料理にも注目してみてくださいね。現地の人々の生活と伝統に触れられることでしょう。

この記事のライター

南米ボリビアに在住。まだまだマニアックな観光地や穴場スポットがたくさんある国ですので、少しづつ紹介できたら嬉しいです。

関連するキーワード


ボリビア

関連する投稿


途上国ならではの光景が広がる?南米ボリビアの交通事情を把握してしっかりと旅をする

途上国ならではの光景が広がる?南米ボリビアの交通事情を把握してしっかりと旅をする

南米大陸の真ん中にある国ボリビアは南米の中でもまだまだ途上国です。日本の国土の3倍ともいわれるボリビアには都市と都市を結ぶ道が少なく交通事情はまさに途上国そのもの。道路封鎖があったり、雨の日には水があふれかえったりとボリビアならではの景色も。しっかりとボリビアを旅行できるように、独特の交通事情をご紹介します!


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


南米ボリビアで味わえるおしゃれなスイーツ?独特でカラフルなのが印象的です。

南米ボリビアで味わえるおしゃれなスイーツ?独特でカラフルなのが印象的です。

南米ボリビアは近年経済発展を遂げています。以前に比べると人々の生活も裕福になり、余暇にお金を利用できるようにもなっています。都市部などではおしゃれなカフェなども徐々に浸透しています。そして、ボリビア人はケーキとパーティーが大好きで町の中では日本ではあまり見ないような色合いのケーキが!ボリビアのスイーツ事情についてご紹介


南米ボリビアは自然の宝庫!熱帯地方で見られる珍しい動物たちに感動します。

南米ボリビアは自然の宝庫!熱帯地方で見られる珍しい動物たちに感動します。

南米大陸の真ん中にある国ボリビアはアマゾンの豊饒な大自然に囲まれていてたくさんの野生動物と出会うことができます。日本では動物園に行かなければ会えない動物たちにもふとした場面で出会うことができます。特に熱帯の町ではよく見かけます。そんな大自然を持つ南米大陸のボリビアで見つけた動物たちをご紹介できればと思います。


世界的観光スポット、ウユニ塩湖をちょっとだけネガティブな目線で紹介したい

世界的観光スポット、ウユニ塩湖をちょっとだけネガティブな目線で紹介したい

ボリビアというとどこにあるんだろう?日本人の間ではそのように思われていましたが近年、ウユニ塩湖という観光地が大々的に取り上げられ、ボリビアの知名度も急上昇しました。絶賛される絶景スポットですが、ちょっとだけネガティブな目線でウユニを紹介したいと思います。ウユニ塩湖の実際のところをお伝えできればと思います。


最新の投稿


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング