日本人も大好きなBBQ!南米ボリビアではシュラスコと名を変えて楽しまれています!

日本人も大好きなBBQ!南米ボリビアではシュラスコと名を変えて楽しまれています!

休日になると日本人も大好きなBBQ!バーベキューは大切な行事なのではないでしょうか?それは地球の裏側のボリビアでも同じです。特に南米ではシュラスコと名を変えて楽しまれています。そんな南米の特にボリビアのバーベキュー事情ですが、日本のBBQと違って豪快でダイナミックです。現地の牛肉事情とあわせてご紹介します。


ボリビア人にとって牛肉は大切なたんぱく源

さかんに放牧がおこなわれ、牛が育てられています。

南米大陸の真ん中に位置するボリビアは海のない内陸国として知られます。海がありませんから、海産物の流通に限りがあります。もちろん川魚を獲ることは可能ですがそれでも流通には限りがあります。なので、ボリビア人にとってのたんぱく源は牛肉か鶏肉ということになっています。

最近、国連の調査によってボリビア人があまりにも魚を食べていないという警鐘の声が上がりました。川魚をさかんに養殖している場所もありますが、それでも流通が追い付いていないのが現状です。そして何よりボリビア人は牛肉と鶏肉が大好きなのです。

そして牛肉の消費量はボリビア国内において肉類の中では一番なのだそうです。特に熱帯地方のサンタクルス県やベニ県と言った広大な平野のあるばしょでは牧畜が盛んにおこなわれています。長距離バスなどで何もない平野を走っていると牛がたくさんいることに気づくと思います。

柵が施された牧場の中をたくさんの牛がのんびりと歩いているのを見かけます。ボリビアの牛の育て方としては基本的に餌をあげることはありません。牧場の中に生えている草を牛が自由に食べることによって育てられます。牧場の中よりも外に草が生えていれば飼い主が外へ連れ出します。

たまに牛と幹線道路を走る車が衝突して事故が起こるということもあります。田舎町の中では牛が自由に出歩いていることもあります。そんな風に自由に育てられた牛の肉がボリビアでは流通しています。日本ではたくさんの餌を与えてまるまると太らせます。こちらでは自由に放牧して育てます。

それで、太った牛はあまりいません。どちらかというとガリガリの牛が多いです。それで、ボリビア国内で流通している牛肉は固いものが多いです。柔らかい牛肉が日本ではスタンダードですが、固くひたすら弾力のある牛肉がボリビア流なのです。

さっそくボリビア流のBBQ、シュラスコへ!

まるで絨毯の様な肉をごっそりとがっつり焼くのがボリビア流のBBQ!

BBQ用のコンロが大きい家を持つボリビア家庭には備えられています。なので、シュラスコが本当に身近な存在だということがわかります。そして炭火から火を起こして肉を焼きます。ここまでは日本のBBQと同じです。そしてここからが違います。

日本では薄切りにした牛肉を少し火にかけて、ミディアムでいただくのが主流です。しかし、こちらボリビアではまるで絨毯の様な分厚い牛肉をどんと置きます。そしてじっくりと焼き上げていきます。今回は4キロの肉を一気に焼き上げました。

ロースやカルビを焼くのが日本ですが、こちらではコスティージャと呼ばれる牛の脇腹にあたる部分の肉を使いました。なので肋骨も一緒に含まれています。いわゆる骨付き肉と言ったところでしょうか?ボリビア人はこの部分の肉が大好きです。

そしてシュラスコではミディアムではなくてウェルダンくらいまでじっくりと焼き上げます。そして、牛肉と一緒にソーセージを焼きます。野菜を焼くのはあまり見たことがありませんので、やっぱり南米は肉食系ですね。

味付けは塩とレモンのみ。アジノモトをかける場合もあります。

分厚い4キロの牛肉をウェルダンにまで焼き上げるのは30分ほどかかります。その間に味付けも施します。日本ではタレで味付けますが、こちらボリビアでは基本的には味付けは塩のみです。加えてレモンやアジノモトを加える場合もありますが、基本的には塩だけとシンプルな味付けです。

焼きあがったらナイフでカットしていきます。

焼き上がったら、ナイフでカットしていきます。肉と一緒に骨が混ざっていることが確認できるでしょうか?ロースの部分をキロ単位でがっつり焼くこともありますが、今回はコスティージャという骨付きの部分を使ってのシュラスコです。各家庭によって肉の好みが分かれます。それもシュラスコの楽しみの一つです。

焼きあがった肉のお味は?

そして、シュラスコの肉が焼きあがりました。肉の味は、塩味とレモンがうまく合わさりおいしいです。と言いたいところですが、とにかく肉が固い!それに尽きます。実はボリビアのシュラスコですが、日本人はもしかしたら苦手かもしれません。

なぜなら、ただでさえも固い牛肉を分厚いままウェルダンにまで焼き上げるこのシュラスコ。とにかく歯に顎に負担がかかります。一枚の牛肉をかみ切るまでに何分もかかることがあります。まるでゴムの様な触感の牛肉です。少し興味深いのですが、ボリビア人にとってもこのシュラスコの肉は固いそうです。

ボリビア人は結構歯が悪い人が多いのですが、その理由の一つとして固すぎる牛肉があげられるそうです。薄く切った牛肉を焼くよりも大きな肉を一気に焼き上げるのが最高の贅沢だということ。それがボリビアの文化です。日本のBBQと比べると味も品質も落ちるかもしれません。美味しくはありません。

それでもこのシュラスコの時にはボリビア人の笑顔があふれています。肉の味ではなく、楽しいひとときと最高の贅沢。豪快に牛肉を味わえること、それがボリビアのシュラスコの楽しみ方なのかもしれません。柔らかいおいしい肉を楽しみたいという日本人の考えは野暮なのかもしれませんね。

終わりに

ボリビアのBBQ 、シュラスコについて見ることができました。やはり文化や国民性の違いをうかがえるのが興味深いです。もし、シュラスコでどうしても柔らかいお肉を食べたいならこちらで売られている一番柔らかいロミート肉を持ち込むことをおすすめします。現地の人もなかなかトライしないので喜ばれますよ。

とはいってもお肉のおいしさを味わうよりも、その場を楽しむことが南米流というかボリビア流です。肉が固くておいしくなくてもその雰囲気を楽しむようにしましょう。そうするならボリビアのシュラスコを楽しめたと言えるのではないでしょうか。

この記事のライター

南米ボリビアに在住。まだまだマニアックな観光地や穴場スポットがたくさんある国ですので、少しづつ紹介できたら嬉しいです。

関連するキーワード


ボリビア 

最新の投稿


【スペインの城シリーズ】カソルラの山のてっぺんにある城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナス

【スペインの城シリーズ】カソルラの山のてっぺんにある城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナス

スペインの城シリーズ第8回は、私の住んでいるカソルラにある廃墟になっている城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナです。城は博物館になっているものも多いのですが、この城はただそこにある、それだけの廃墟です。周りはハーブがたくさん生えて、静かで落ち着く場所。こういう場所に来るのもなかなか素敵ですよ。


南米のボリビアの熱帯では蚊には十分気を付けたいところ!蚊対策もご紹介します。

南米のボリビアの熱帯では蚊には十分気を付けたいところ!蚊対策もご紹介します。

南米大陸の熱帯地方はアマゾンの肥沃なジャングルに囲まれていて自然がたくさんあります。そして、多種多様な動植物を垣間見ることができ世界的にも人気の観光スポットとなります。しかし、熱帯、ジャングルと聞く中で気を付けておきたいのは病気です。蚊が媒介する病気がいくつかあり予防接種が義務付けられることもあり注意が必要です。


ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

南米大陸の国ボリビアは日本でも少しづつ知名度が上がってきています。経済発展を遂げていますが、まだまだ途上国です。そんなボリビアで休日の楽しみと言えば豚肉料理を味わうこと。スープで味わったり、フライや炭焼きにしたりと様々です。そして、その料理の仕方もダイナミック!豚に関しても日本と比べてより身近な存在で興味深いです。


ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

トリーアはドイツ最古の都市と言われる、ドイツ西端に位置する町です。その街並みはとてもかわいらしく、どこか女性的。インスタ映えスポットにも事欠きません。日本で言うところの奈良のような存在、ドイツの古都トリーアの観光名所を、私が実際に行ってみ良かったと思うものに厳選してご紹介します。ぜひ次回の旅行の参考にしてください!


【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

スタバが好きな人!?海外旅行や海外で生活をしていて、現地のカフェやレストランなどに入るのがちょっと勇気がいるな〜という時に重宝するスターバックス。スターバックスはどこの国でも大体同じドリンクがあって、店員さんが優しくて私はとても安心できます。今回はベトナムホーチミンのスターバックスの雰囲気を紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング