【スペインの城シリーズ】アルカラ・ラ・レアルの城は街を丸ごと飲み込んでる!フォルタレッサ・デ・ラ・モタ

【スペインの城シリーズ】アルカラ・ラ・レアルの城は街を丸ごと飲み込んでる!フォルタレッサ・デ・ラ・モタ

スペインの城シリーズ、第7回は、アンダルシア東北部にあるハエン県アルカラ・ラ・レアルにあるお城です。お城には、城下町を含めて残っていて、今発掘中という考古学ファンにはものすごく楽しめるお城だと思います。観光地として有名ではないのに、外国人観光客がたくさん来ていました。結構、穴場のおすすめ観光地です。


ハエンからコルドバへの道筋にあるアルカラ・ラ・レアル

オリーブ畑の中でお城とカテドラルの塔が見えてきました。

ずっとアルカラ・ラ・レアルのお城に行こうと思いながら、冬の間、雨が多く、なかなか行けませんでした。せっかく写真を撮るのなら青い空の日にと決めていたのです。

アルカラ・ラ・レアルのお城はフォルタレッサ・デ・ラ・モタと呼ばれていますが、モタというのも元々はお城という意味の

アーモンドの花

もうアーモンドの花は終わりつつある時期ですが(3月)、城のある場所は高台なのでまだアーモンドの花が咲いていました。アーモンドの花って、桜の花に似ているでしょ? だいたい、2月くらいから咲き始めます。マドリッドでは、地域によって街路樹としても使っているくらい、丈夫な木なんです。夏になると実が成ります。

アルカラ・ラ・レアルのお城の入り口

カバとディエゴのレリーフ

カバは女性の名前。スペインのスパークリングワイン、カバと同じですね。中世にはこの名前が女性の名前として使われていたようです。動物のカバには関係ありません、もちろん。

むかしむかし、まだ、アルカラ・ラ・レアルがイスラム教の支配だった頃の話です。
キリスト教軍が攻めて来て、兵糧攻めにしました。だんだんと食料も少なくなりましたが、一番の問題は、水でした。水を汲みに行かなくては水がありません。
特に歳をとった人や子供、病人は苦しんでいました。
美しい女性、カバのお父さんも病気で、水が必要でした。そのため、カバはこっそり城壁を潜って水を汲みに行きました。その時、キリスト教軍の騎士ディエゴに見つかってしまいます。しかし、ディエゴはカバがあまりにも美しいので、捕まえず、逃します。
カバは次の夜も水を汲みに行きました。ディエゴは、他の兵士がカバを見つけないように見張っています。
そして、毎晩、カバは水を汲みに出かけました。そうしているうちに、カバもディエゴを愛するようになったのです。
毎日水を飲んだおかげでカバのお父さんは元気になりました。それでも、カバは毎晩水を汲みに行きます。お父さんは変だなと感じ、あとをつけて行くと、ディエゴと一緒にいる自分の娘を見つけます。
怒ったお父さんは、後ろからカバを短刀で刺し、殺してしまいます。
ディエゴは驚いて、剣を取り出して、カバのお父さんを殺してしまいました。

そういうお話です。

坂を登っていよいよ城に入ります。

城に向かって歩く時ってワクワクしますよね。

お城の入場料は6ユーロでした。まあ、普通のお値段なんでしょうが、何と言っても、私はスペインの田舎に住む普通のスペインセニョーラですから、お城を見るのに6ユーロ?とびっくり。私は子供を3人育てているので大家族カード(タルヘタ・デ・ファミリア・ヌメロッサ)というのを国からもらっているのですが、そのカードを使うとマドリッドの現代美術館レイナ・ソフィアも3.5ユーロで入れます。レイナソフィア美術館より高いなんて許せんと顔に出ていたのでしょうか、すぐに受付の方が、少しお待ちになれば、3時から無料になりますよと教えてくださいました。

確かに、チケット売り場は英語の説明だけ、来ている人は皆外国人。スペイン人は無料の時間に来るというシステムなのかも。でも、こんな田舎町のお城ですがかなりたくさんの観光客がいました。イギリス人と日本女性らしいカップルも含めて、ヨーロッパ中から来ているようです。

アルカラ・ラ・レアルの城はちょっと違う

アルバイシン

アルカラ・ラ・レアルの城、フォルタレッサ・デ・ラ・モタは、城だけではなく、城下町が丸ごと残っているのが特徴です。この写真の場所はアルバイシンと書いてあったのですが、スペインが好きな人なら「アルバイシン」ってグラナダの一部では?と思うかもしれません。実は私もそう思いました。辞書を引くと、アルバイシンというのは坂のある地域のこと、だそうです。ことばの頭に「アル」が付いている場合、アラブ語が語源です。街の名前のアルカラ・ラ・レアルのアルカラもアラブ語で城という意味です。マドリッドのすぐそばにある世界遺産の街であるアルカラ・デ・エナーレスも同じです。

空の上から見ると…

こんな高台に街が作られていたんてすごいですよね。ウィキーペディアの写真で見るとどのような城なのかわかりやすいですね。周りの小さな緑のブツブツはオリーブの木です。この城やカテドラルなどは13世紀くらいの建築物ですが、この場所に街ができ始めたのは、8世紀で、その頃はムスリム勢力の時代です。そのため、城の一部(扉などの様式)にアラビックな形が残っています。

街の中を歩く。中世の街を歩く。

教会。まだ修復の途中です。

城そのものの入り口

修復された薬局

タベルナの内部

タベルナの想像図

一般人の家の一部、部屋が狭かったことがわかります。

ここは一般人の家跡ですが、部屋のひとつひとつがとても小さいのです。大きさがわかるように、私のカメラケースを置いてみました。だいたい4畳くらいでしょうか。当時のスペイン人は身長が150センチ程度しかなく、狭い家でも十分だったのです。そう思って、カテドラルを見ると、カテドラルは信じられないくらい大きな建物だったのでしょう。天井も高く、本当に神様の存在を感じるような場所だったんだなと想像できます。

こんな感じで、ずっと家が続いています。遠くに見えるのは、大教会(La Iglesia Mayor Abacial de la Fortaleza de la Mota)

大教会の前に並ぶ仕切りのようなものは住居の跡です。壁や屋根はなくなって、区切りだけが残っています。石の文化ですから、跡がずっと残っていて、修復していくことが可能なのです。

とりあえず、La Iglesia Mayor Abacial を大教会と訳しましたが、カテドラルまではいかないけれど、教会の中で一番重要だという意味を込めて。実際のところカトリックの方に聞かないと日本でどのように呼ばれているのかはわかりません。

修復された建物。道の狭さがわかります。

城の中(カスティーリョ)

城(塔)の入り口

中世の衣装、部屋の雰囲気

場内には、いくつか展示場があり、この室は、当時の衣装を展示していました。

お城の塔から下を見るとこういう「武器」がありました。

大砲ができる以前に使われていた、丸い石を投げて敵を攻撃する機械です。日本語では、平衡錘投石機(へいこうすいとうせきき)または、フランス語でトレビュシェ(仏: Trébuchet)と呼ばれます。スペイン語で、trabuquete(トラブケッテ)とフランス語からの影響の名前、または単純に石投げ機( lanzapiedras, ランサピエドラス)と呼ばれています。

お城の塔

発掘で掘り出されたものたち

この部分は修復されたサロンのようなスペース

大教会

大教会(ラ・イグレシア・マジョール・アバシアル・デ・ラ・フォルタレッサ・デ・ラ・モタ、La Iglesia Mayor Abacial de la Fortaleza de la Mota)

大教会の鐘塔、16世紀

カテドラルの入り口

カテドラルの内部。床の中央には瓦礫の山がたくさん。
礼拝堂の天井は木材。スペインでは木材は高級品。

アルカラ・ラ・レアルへのアクセス

アルカラ・ラ・レアルへは、グラナダからバスが便利です。バス会社アルサ(ALSA)社で、約1時間弱。1日に6本くらい出ていて、5ユーロ程度の料金です。アルカラ・ラ・レアルは、市内にもイグレシアなどモニュメントがあるので1泊してゆっくりしましょう。一泊して、朝早くのバスで、コルドバに行くというのがおすすめプランです。グラナダから、もちろん日帰りでも観光できます。

スペインの城をまわってみよう!

この記事のライター

スペインに住んで18年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連する投稿


【スペインの城シリーズ】カソルラの山のてっぺんにある城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナス

【スペインの城シリーズ】カソルラの山のてっぺんにある城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナス

スペインの城シリーズ第8回は、私の住んでいるカソルラにある廃墟になっている城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナです。城は博物館になっているものも多いのですが、この城はただそこにある、それだけの廃墟です。周りはハーブがたくさん生えて、静かで落ち着く場所。こういう場所に来るのもなかなか素敵ですよ。


スペインに行ったら観光だけではなくコンサートも楽しもう!セビリアで劇場に行く方法

スペインに行ったら観光だけではなくコンサートも楽しもう!セビリアで劇場に行く方法

スペインで観光だけではなく、コンサート、特にクラシックミュージックのコンサートに行って見てはいかがでしょうか。オペラなども日本より安く行けますし、スペインらしい、スペインバレエやスペインオペラであるサルスエラなども楽しめます。ここではセビリアの劇場でのチケット購入などを紹介します。


【簡単スペイン語会話】ありがとうと言われたらどう答えればいい? すぐに覚えられて役に立つ

【簡単スペイン語会話】ありがとうと言われたらどう答えればいい? すぐに覚えられて役に立つ

1990年に一人でスペインを3ヵ月の間、歩き回ったときは本当に少しのボキャブラリーでした。ありがとうなどの簡単な会話だけでもなんとかなるものです。そして、ちょっと言い方を覚えておくと、楽しさも倍増します。今回はありがとうとありがとうと言われたときの返し方を中心に紹介します。


スペイン人アーティストのアトリエを訪問カディスで生まれカソルラに住む:美しく生きるシリーズ第1回

スペイン人アーティストのアトリエを訪問カディスで生まれカソルラに住む:美しく生きるシリーズ第1回

現代は仕事のために住む場所を選ぶのではなく、自分のため、自分が幸せと感じられる場所を住む場所にする人が増えて来ました。好きな場所に住んで、自分のしたいことをしている素敵な人たちを紹介する新しいシリーズ「美しい生きるシリーズ」を始めました。第1回目はアンダルシア・ハエン県カソルラに住むアーティスト、アナ・ドミンゲスです。


世界遺産の街バエサはウベダとルネッサンス様式の双子都市! 歩いて歩いてもっと歩いて

世界遺産の街バエサはウベダとルネッサンス様式の双子都市! 歩いて歩いてもっと歩いて

ウベダからわずか10キロメートルの位置にあるバエサは、ウベダと一緒にルネッサンス時代に発展した街です。ウベダは、街の周りに郊外型大型スーパーができていますが、バエサは相変わらず閑静な街並みを維持し続けています。スペインらしい街を歩きたかったら、ぜひ、バエサを訪れましょう。きっと素敵な時間を持てます。


最新の投稿


【スペインの城シリーズ】カソルラの山のてっぺんにある城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナス

【スペインの城シリーズ】カソルラの山のてっぺんにある城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナス

スペインの城シリーズ第8回は、私の住んでいるカソルラにある廃墟になっている城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナです。城は博物館になっているものも多いのですが、この城はただそこにある、それだけの廃墟です。周りはハーブがたくさん生えて、静かで落ち着く場所。こういう場所に来るのもなかなか素敵ですよ。


南米のボリビアの熱帯では蚊には十分気を付けたいところ!蚊対策もご紹介します。

南米のボリビアの熱帯では蚊には十分気を付けたいところ!蚊対策もご紹介します。

南米大陸の熱帯地方はアマゾンの肥沃なジャングルに囲まれていて自然がたくさんあります。そして、多種多様な動植物を垣間見ることができ世界的にも人気の観光スポットとなります。しかし、熱帯、ジャングルと聞く中で気を付けておきたいのは病気です。蚊が媒介する病気がいくつかあり予防接種が義務付けられることもあり注意が必要です。


ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

南米大陸の国ボリビアは日本でも少しづつ知名度が上がってきています。経済発展を遂げていますが、まだまだ途上国です。そんなボリビアで休日の楽しみと言えば豚肉料理を味わうこと。スープで味わったり、フライや炭焼きにしたりと様々です。そして、その料理の仕方もダイナミック!豚に関しても日本と比べてより身近な存在で興味深いです。


ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

トリーアはドイツ最古の都市と言われる、ドイツ西端に位置する町です。その街並みはとてもかわいらしく、どこか女性的。インスタ映えスポットにも事欠きません。日本で言うところの奈良のような存在、ドイツの古都トリーアの観光名所を、私が実際に行ってみ良かったと思うものに厳選してご紹介します。ぜひ次回の旅行の参考にしてください!


【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

スタバが好きな人!?海外旅行や海外で生活をしていて、現地のカフェやレストランなどに入るのがちょっと勇気がいるな〜という時に重宝するスターバックス。スターバックスはどこの国でも大体同じドリンクがあって、店員さんが優しくて私はとても安心できます。今回はベトナムホーチミンのスターバックスの雰囲気を紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング