【スペインの城シリーズ】アルカラ・ラ・レアルの城は街を丸ごと飲み込んでる!フォルタレッサ・デ・ラ・モタ

【スペインの城シリーズ】アルカラ・ラ・レアルの城は街を丸ごと飲み込んでる!フォルタレッサ・デ・ラ・モタ

スペインの城シリーズ、第7回は、アンダルシア東北部にあるハエン県アルカラ・ラ・レアルにあるお城です。お城には、城下町を含めて残っていて、今発掘中という考古学ファンにはものすごく楽しめるお城だと思います。観光地として有名ではないのに、外国人観光客がたくさん来ていました。結構、穴場のおすすめ観光地です。


ハエンからコルドバへの道筋にあるアルカラ・ラ・レアル

オリーブ畑の中でお城とカテドラルの塔が見えてきました。

ずっとアルカラ・ラ・レアルのお城に行こうと思いながら、冬の間、雨が多く、なかなか行けませんでした。せっかく写真を撮るのなら青い空の日にと決めていたのです。

アルカラ・ラ・レアルのお城はフォルタレッサ・デ・ラ・モタと呼ばれていますが、モタというのも元々はお城という意味の

アーモンドの花

もうアーモンドの花は終わりつつある時期ですが(3月)、城のある場所は高台なのでまだアーモンドの花が咲いていました。アーモンドの花って、桜の花に似ているでしょ? だいたい、2月くらいから咲き始めます。マドリッドでは、地域によって街路樹としても使っているくらい、丈夫な木なんです。夏になると実が成ります。

アルカラ・ラ・レアルのお城の入り口

カバとディエゴのレリーフ

カバは女性の名前。スペインのスパークリングワイン、カバと同じですね。中世にはこの名前が女性の名前として使われていたようです。動物のカバには関係ありません、もちろん。

むかしむかし、まだ、アルカラ・ラ・レアルがイスラム教の支配だった頃の話です。
キリスト教軍が攻めて来て、兵糧攻めにしました。だんだんと食料も少なくなりましたが、一番の問題は、水でした。水を汲みに行かなくては水がありません。
特に歳をとった人や子供、病人は苦しんでいました。
美しい女性、カバのお父さんも病気で、水が必要でした。そのため、カバはこっそり城壁を潜って水を汲みに行きました。その時、キリスト教軍の騎士ディエゴに見つかってしまいます。しかし、ディエゴはカバがあまりにも美しいので、捕まえず、逃します。
カバは次の夜も水を汲みに行きました。ディエゴは、他の兵士がカバを見つけないように見張っています。
そして、毎晩、カバは水を汲みに出かけました。そうしているうちに、カバもディエゴを愛するようになったのです。
毎日水を飲んだおかげでカバのお父さんは元気になりました。それでも、カバは毎晩水を汲みに行きます。お父さんは変だなと感じ、あとをつけて行くと、ディエゴと一緒にいる自分の娘を見つけます。
怒ったお父さんは、後ろからカバを短刀で刺し、殺してしまいます。
ディエゴは驚いて、剣を取り出して、カバのお父さんを殺してしまいました。

そういうお話です。

坂を登っていよいよ城に入ります。

城に向かって歩く時ってワクワクしますよね。

お城の入場料は6ユーロでした。まあ、普通のお値段なんでしょうが、何と言っても、私はスペインの田舎に住む普通のスペインセニョーラですから、お城を見るのに6ユーロ?とびっくり。私は子供を3人育てているので大家族カード(タルヘタ・デ・ファミリア・ヌメロッサ)というのを国からもらっているのですが、そのカードを使うとマドリッドの現代美術館レイナ・ソフィアも3.5ユーロで入れます。レイナソフィア美術館より高いなんて許せんと顔に出ていたのでしょうか、すぐに受付の方が、少しお待ちになれば、3時から無料になりますよと教えてくださいました。

確かに、チケット売り場は英語の説明だけ、来ている人は皆外国人。スペイン人は無料の時間に来るというシステムなのかも。でも、こんな田舎町のお城ですがかなりたくさんの観光客がいました。イギリス人と日本女性らしいカップルも含めて、ヨーロッパ中から来ているようです。

アルカラ・ラ・レアルの城はちょっと違う

アルバイシン

アルカラ・ラ・レアルの城、フォルタレッサ・デ・ラ・モタは、城だけではなく、城下町が丸ごと残っているのが特徴です。この写真の場所はアルバイシンと書いてあったのですが、スペインが好きな人なら「アルバイシン」ってグラナダの一部では?と思うかもしれません。実は私もそう思いました。辞書を引くと、アルバイシンというのは坂のある地域のこと、だそうです。ことばの頭に「アル」が付いている場合、アラブ語が語源です。街の名前のアルカラ・ラ・レアルのアルカラもアラブ語で城という意味です。マドリッドのすぐそばにある世界遺産の街であるアルカラ・デ・エナーレスも同じです。

空の上から見ると…

こんな高台に街が作られていたんてすごいですよね。ウィキーペディアの写真で見るとどのような城なのかわかりやすいですね。周りの小さな緑のブツブツはオリーブの木です。この城やカテドラルなどは13世紀くらいの建築物ですが、この場所に街ができ始めたのは、8世紀で、その頃はムスリム勢力の時代です。そのため、城の一部(扉などの様式)にアラビックな形が残っています。

街の中を歩く。中世の街を歩く。

教会。まだ修復の途中です。

城そのものの入り口

修復された薬局

タベルナの内部

タベルナの想像図

一般人の家の一部、部屋が狭かったことがわかります。

ここは一般人の家跡ですが、部屋のひとつひとつがとても小さいのです。大きさがわかるように、私のカメラケースを置いてみました。だいたい4畳くらいでしょうか。当時のスペイン人は身長が150センチ程度しかなく、狭い家でも十分だったのです。そう思って、カテドラルを見ると、カテドラルは信じられないくらい大きな建物だったのでしょう。天井も高く、本当に神様の存在を感じるような場所だったんだなと想像できます。

こんな感じで、ずっと家が続いています。遠くに見えるのは、大教会(La Iglesia Mayor Abacial de la Fortaleza de la Mota)

大教会の前に並ぶ仕切りのようなものは住居の跡です。壁や屋根はなくなって、区切りだけが残っています。石の文化ですから、跡がずっと残っていて、修復していくことが可能なのです。

とりあえず、La Iglesia Mayor Abacial を大教会と訳しましたが、カテドラルまではいかないけれど、教会の中で一番重要だという意味を込めて。実際のところカトリックの方に聞かないと日本でどのように呼ばれているのかはわかりません。

修復された建物。道の狭さがわかります。

城の中(カスティーリョ)

城(塔)の入り口

中世の衣装、部屋の雰囲気

場内には、いくつか展示場があり、この室は、当時の衣装を展示していました。

お城の塔から下を見るとこういう「武器」がありました。

大砲ができる以前に使われていた、丸い石を投げて敵を攻撃する機械です。日本語では、平衡錘投石機(へいこうすいとうせきき)または、フランス語でトレビュシェ(仏: Trébuchet)と呼ばれます。スペイン語で、trabuquete(トラブケッテ)とフランス語からの影響の名前、または単純に石投げ機( lanzapiedras, ランサピエドラス)と呼ばれています。

お城の塔

発掘で掘り出されたものたち

この部分は修復されたサロンのようなスペース

大教会

大教会(ラ・イグレシア・マジョール・アバシアル・デ・ラ・フォルタレッサ・デ・ラ・モタ、La Iglesia Mayor Abacial de la Fortaleza de la Mota)

大教会の鐘塔、16世紀

カテドラルの入り口

カテドラルの内部。床の中央には瓦礫の山がたくさん。
礼拝堂の天井は木材。スペインでは木材は高級品。

アルカラ・ラ・レアルへのアクセス

アルカラ・ラ・レアルへは、グラナダからバスが便利です。バス会社アルサ(ALSA)社で、約1時間弱。1日に6本くらい出ていて、5ユーロ程度の料金です。アルカラ・ラ・レアルは、市内にもイグレシアなどモニュメントがあるので1泊してゆっくりしましょう。一泊して、朝早くのバスで、コルドバに行くというのがおすすめプランです。グラナダから、もちろん日帰りでも観光できます。

スペインの城をまわってみよう!

この記事のライター

スペインに住んで18年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連する投稿


バレンシア空港を使ってスペインに入国も悪くない! バルセロナやマドリードだけじゃないスペイン国際空港

バレンシア空港を使ってスペインに入国も悪くない! バルセロナやマドリードだけじゃないスペイン国際空港

スペインに行こうと計画を立てる時、たいていの場合はマドリードか、バルセロナからですよね。意外と穴場なのがバレンシアです。格安航空券も見つかります。おまけに、ホテルや物価も安いので、予算も抑えられますし、疲れているときはすりに狙われやすいのですが、バレンシアは比較的治安がいいのでその心配もありません。


【スペインの城シリーズ】公式「スペインの美しい村」に選ばれたセグラ・デ・ラ・シエラにある城

【スペインの城シリーズ】公式「スペインの美しい村」に選ばれたセグラ・デ・ラ・シエラにある城

スペインの城シリーズ9回目はハエン県にあるセグラ・デ・ラ・シエラにある城です。セグラ・デ・ラ・シエラは、自然に囲まれ、有機農業をしている美しい町です。観光客も少なく、野生動物がその辺りを歩き回っているので、癒されること間違いなしのお城です。


パティオに咲く花を1年中愛でる街プリエゴ・デ・コルドバがおすすめ!コルドバからも近い歴史のある街

パティオに咲く花を1年中愛でる街プリエゴ・デ・コルドバがおすすめ!コルドバからも近い歴史のある街

スペインといえば、パティオですが、パティオはコルドバだけではありません。コルドバ県内、グラナダからも行きやすいプリエゴ・デ・コルドバでは、美しいパティオが見られます。パティオは1年中美しく手入れされているので、見たいときにゆっくりとまわれます。


アンダルシアのカソルラ山脈にある美しいホテル「コト・デル・バジェ」は1人の男の夢の結晶

アンダルシアのカソルラ山脈にある美しいホテル「コト・デル・バジェ」は1人の男の夢の結晶

最近、ヨーロッパとアメリカでブームになっているカソルラ山脈。大自然の中に生まれた美しいホテル、「コト・デル・バジェ」は、贅沢な時間を過ごせる山荘タイプのホテルです。オーナーが趣味で作っている建物なので、細かなところにこだわりを感じられるのも魅力です。


TGBはスペインの若者フード!ファーストフードだけどオーガニックフードで安心

TGBはスペインの若者フード!ファーストフードだけどオーガニックフードで安心

スペインで若者に人気のあるオーガニックなハンバーガー屋さんTGBを紹介します。気持ちが疲れているときは、バルやレストランに入るのはちょっと気がひけるなというような時に便利です。主要都市には、大抵あり、夜中まで開いているので時間を気にせず入れます。


最新の投稿


日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

韓国は豪華なかき氷デザートが有名ですが、今回、韓国の明洞で、「Korean Dessert Cafe(コリアンデザートカフェ)雪氷(ソルビン)」に行ってきました。このお店はローカルの友達が連れて行ってくれました。実際に本場のかき氷を試してみて、日本のかき氷とは違う豪華な盛り付け、ふわふわのかき氷に大満足でした!


【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

中国広東省広州市は、日本と比べると物価は安めです。でも安いのは主にグルメと交通費。地価の値上がりと共にファッションアイテムは年々値上げの傾向にあり、案外日本と変わらなかったりします。今回はそんな中国広州で、地元の若者に大人気の「トレンドでしかもプチプラなお洋服がたくさん手に入る激安ショッピングスポット」をご紹介します。


芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術家やアーティストを目指す学生の街として知られているメキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」。観光地としても人気で、アメリカから日本から多くの人が訪れます。メキシコ特有のカラフルな街並みに加え、どこかロマンティックでセンスが光る雰囲気が心地良い。散策で感性が磨かれていくような気分にさせられる、素敵なこの街を紹介します。


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

ソウルのこども向けお仕事体験テーマパークと言えば、日本でもおなじみの「キッザニア」をはじめ、複数あります。こどもにとっては、普段なかなか体験することのない大人のお仕事を実際に体験できるとあって、人気が高く、どの施設も週末は混雑しています。今回は、その中でも格安で人も少なめの超穴場な施設をご紹介したいと思います。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング