スペインに行ったら観光だけではなくコンサートも楽しもう!セビリアで劇場に行く方法

スペインに行ったら観光だけではなくコンサートも楽しもう!セビリアで劇場に行く方法

スペインで観光だけではなく、コンサート、特にクラシックミュージックのコンサートに行って見てはいかがでしょうか。オペラなども日本より安く行けますし、スペインらしい、スペインバレエやスペインオペラであるサルスエラなども楽しめます。ここではセビリアの劇場でのチケット購入などを紹介します。


アンダルシアの州都、セビリアを歩く

セビリアといえばスペイン広場。スターウォーズの撮影にも使われた広場です。

セビリアは、「セビリアの理髪師」などのオペラ作品でも有名な街です。モニュメントも多く人気のある観光都市で、マドリッドからはもちろん、アンダルシアの各街からのアクセスも良いので、スペイン旅行では、必ず予定に入れる街のひとつではないでしょうか。

セビリアといえば、アルカサール、黄金の塔、スペイン広場などのモニュメントが有名です。ほぼ徒歩で全てのモニュメントを見て回れますから、夜の空いた時間は、劇場鑑賞に当ててみてはいかがでしょうか。

セビリアでコンサートに行ってみない?

セビリアの劇場「ラ・マエストランサ劇場」の内部です。天井の大きな照明器具に注目!

今回の旅の目的は、ラ・マエストランサ劇場(テアトロ・デ・ラ・マエストランサ、Teatro de la Maestranza)でのラファウ・ブレハッチのピアノコンサート。ラ・マエストランサ劇場は1990年頃にできた比較的新しい劇場です。もともとマエストランサがあった場所にできたので、マエストランサ劇場というんですが、マエストランサというのは、騎馬練習場などのある騎士のソーシャルクラブのこと。マエストランサ劇場では、オペラやサルスエラ(スペインミュージカル)の上演も多いそうです。天井も高く広々として、音の響きもとても良かったので次回はオペラかオーケストラコンサートに行きたいと思いました。前半が終わるとちゃんと調律師が来て、ピアノを調律していました。

コンサートはほとんどの場合、夜8時半から9時半に始まり、終了は夜11時以降です。そのため、終了してから安心してホテルに戻れるように、コンサート会場に近いホテルに泊まりましょう。歩いて帰られるのでアンコール曲をじっくり楽しめます。

ラファウ・ブレハッチはポーランド人ピアニスト。ポーランド大使も来て、演奏の前にポーランド独立のお話をしていました。

旅行中にコンサートに行くメリット

コンサートはほとんどの場合、夜8時半から9時半に始まり、終了は夜11時以降です。そのため、終了してから安心してホテルに戻れるように、コンサート会場に近いホテルに泊まりましょう。歩いて帰られるのでアンコール曲をじっくり楽しめます。

東京に住んでいる時に、コンサートに行って一番困ったのは、いつも終電を気にしなくてはならなかったことです。1度プラシド・ドミンゴのソロコンサートへ、25,000円払って行った時、4度目のアンコールを聞かずに終電に飛び乗るために外に出ました。そのようなコンサートは、みなさん家までタクシーか自家用車だったのでしょう。未だに覚えているのは、アンコールを聞き逃しのが悔しかったこともあるのですが、雰囲気の良い場所で、非難の目が肌に痛く感じたことも原因です。せっかく盛り上がっている時に立ち上がって出て行ってしまうなんて最低ですよね。

旅行中のオペラなどコンサート鑑賞は、特にヨーロッパでは時間的に遅く行われるので、旅行の予定を変更する必要がありません。ツアーでスペイン滞在の場合でも、旅行社に問い合わせてオプションとしてプラスしてもらえれば、入場券も用意してもらえるかもしれません。その場合は、ホテルから近いテアトロを選び、テアトロのホームページからイベントを確認しましょう。

例えば、今回ラファウ・ブレハッチのピアノのコンサートのために訪れたラ・マエストランサ劇場は、アルカサールに近く、もちろんスペイン広場やそのほかのメインスポットに歩いて行けます。そのためホテルの数も多く、リーズナブルなホテルから豪華なホテルまで好みとお財布に合わせて選べます。

スペインでのコンサートの入場券を買う方法

インターネットで購入したチケット。

さて、コンサートのチケットの買い方を説明します。当日券がある場合もありますし、前日に窓口で買うという方法も。また、ツーリストインフォメーションで訊くと、丁寧に教えてくれます。私は1990年に初めてスペインを旅行した時、1人でバックパッカーで、おまけにスペイン語を全く話さなかったのですが、ツーリストインフォメーションに問い合わせて、色々なコンサートを楽しみました。当時はサルスエラが500ペセタ、約300円という破格の安さでした。ただし、オペラは人気があるので、前もって購入した方が良いとセビリア在住者(スペイン人)が言っていました。

例えばロッシーニのシンデレラをベースにしたチェネレントラ(LA CENERENTOLA)は、オペラ入門としては内容もわかっているものですし、楽しめるのではないでしょうか。一方、オペラを知り尽くしている人にもおすすめはベートーベンの唯一のオペラ作品『フィデリオ』(Fidelio)など、あまり上演しないような作品まで幅広い演目の公演が楽しめます。

それでは、インターネットで入場チケットを購入する方法を説明します。まず、マエストランサ劇場のリングをクリックします。

左側の上部にスペインの旗マークとイギリスの旗マークがありますから、それで利用言語を選びます。そして、チケット購入可能なコンサートなどの名前が右側に出て来ますから、その中から行きたいイベントを選びます。
とりあえず、チェネレントラ(LA CENERENTOLA)を選んでみました。

buyと書いてある緑色のボタンをクリックして購入ページに飛びます。
チェネレントラ(LA CENERENTOLA)は、学生にお勧めということもあって時間的には早めの公演です。

GeneralTicket.comという、チケット購入ページにたどり着きました。英語を選んでいても部分的に英語が機能していないところがあります。この場合、続けたいときは右下にPara continuar, pulse aquí と書かれたところをクリックします。

席を選ぶページに来ました。座りたい場所を、まず、エリアで選び、その後席ナンバーをクリックします。

別ウィンドウで、席が見えるページが出て来ますから、購入可能な席から選んでクリックします。この場合、購入可能な席は一つしかありませんね。淡いブルーが購入可能シートです。

To confirm the purchase Click here で、購入ページ。

スペインオペラ、サルスエラやスペインバレエがおすすめ!

ヒダルダの塔。

セビリアは、モニュメントを見て回るだけなら1日でもOKですが、じっくり滞在して「スペインの雰囲気」をぜひ楽しんでほしい街。街を歩けばどこからか、カスタネットの音が聞こえて来て、タブラオに行かなくてもフラメンコを聞いたり見たりできるスペイン文化がいっぱい楽しめます。しかしそれだけではなく、プラスアルファで、ぜひ、劇場にも足を運んでみてください。チケットを前もって買わなくても、行った時の気持ちでふと訪れてみるというのもいいかもしれません。

この記事のライター

スペインに住んで18年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連するキーワード


スペイン セビリア

関連する投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


スペインに来たらハモンセラーノを食べよう!気軽に食べられるお店がコルドバにオープン

スペインに来たらハモンセラーノを食べよう!気軽に食べられるお店がコルドバにオープン

スペインに来たら、是非、本場でハモン・セラーノを食べましょう。気軽にハモンセラーノを食べられるお店ができました。サラマンカのハモン・セラーノの会社ファウスティーノ・プリエト(Faustino Prieto)直営のお店です。今回は、コルドバ店にお邪魔しました。


バレンシア空港を使ってスペインに入国も悪くない! バルセロナやマドリードだけじゃないスペイン国際空港

バレンシア空港を使ってスペインに入国も悪くない! バルセロナやマドリードだけじゃないスペイン国際空港

スペインに行こうと計画を立てる時、たいていの場合はマドリードか、バルセロナからですよね。意外と穴場なのがバレンシアです。格安航空券も見つかります。おまけに、ホテルや物価も安いので、予算も抑えられますし、疲れているときはすりに狙われやすいのですが、バレンシアは比較的治安がいいのでその心配もありません。


【スペインの城シリーズ】公式「スペインの美しい村」に選ばれたセグラ・デ・ラ・シエラにある城

【スペインの城シリーズ】公式「スペインの美しい村」に選ばれたセグラ・デ・ラ・シエラにある城

スペインの城シリーズ9回目はハエン県にあるセグラ・デ・ラ・シエラにある城です。セグラ・デ・ラ・シエラは、自然に囲まれ、有機農業をしている美しい町です。観光客も少なく、野生動物がその辺りを歩き回っているので、癒されること間違いなしのお城です。


パティオに咲く花を1年中愛でる街プリエゴ・デ・コルドバがおすすめ!コルドバからも近い歴史のある街

パティオに咲く花を1年中愛でる街プリエゴ・デ・コルドバがおすすめ!コルドバからも近い歴史のある街

スペインといえば、パティオですが、パティオはコルドバだけではありません。コルドバ県内、グラナダからも行きやすいプリエゴ・デ・コルドバでは、美しいパティオが見られます。パティオは1年中美しく手入れされているので、見たいときにゆっくりとまわれます。


最新の投稿


狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

ソウルの高級エリア、狎鴎亭(アックジョン)。整形外科や皮膚科、ハイセンスなブティックなどが立ち並ぶ女性観光客には人気のエリア。しかし、カップルや家族での旅行の場合、男性や子供は時間を潰すのに苦労しそうなエリアでもあります。今回、ご紹介するのは「現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル」です。


観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

アムステルダム中央駅には、ただ通過するだけではもったいない充実した設備があります。建物の外装や内装のインテリア、おいしいレストランやゆっくりできるカフェ、話題のオーガニック素材を扱ったグッズのショッピングなど、隠された見どころもたくさんあります。ぜひ見学して自分なりの楽しみ方でエンジョイしてください♪


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


行き当たりばったりに寄ってみると面白い!道端オランアスリーのテントをのぞいてみよう!

行き当たりばったりに寄ってみると面白い!道端オランアスリーのテントをのぞいてみよう!

オランアスリーとはマレー語で(森の人)と言う意味です。マレーシアではずっと昔から森に住んでいた原住民のことを指します。今でもオランアスリーは森周辺で生活し、自然を知り尽くしています。マレーシアの道路を走っていると時々オランアスリーのテントを見かけることがあります。森で取れたハチミツなど様々なものを売っているのです。


旅行者でも優しくウェルカム!マウイ島で見つけたローカルの集まるおしゃれカフェのカフェ・カフェ・マウイ

旅行者でも優しくウェルカム!マウイ島で見つけたローカルの集まるおしゃれカフェのカフェ・カフェ・マウイ

今回は私がマウイ島のラハイナ地区で滞在中何度も通ってしまったとても居心地のいいカフェを紹介します。カフェ・カフェ・マウイは見た目がおしゃれでドリンクや食べ物の味もよし!そして何といっても居心地が最高にいいので何度も通いたくなってしまうお店なんです。カフェ・カフェ・マウイはラハイナのローカルの方が集まるお店でしたが、旅行者だった我々にも非常に優しく接してくれました。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング