ゴールドコーストでコアラやカンガルーと触れ合える!パラダイスカントリー!

ゴールドコーストでコアラやカンガルーと触れ合える!パラダイスカントリー!

オーストラリアに行ったからにはカンガルーやコアラを触ってみたいと思いますよね!ゴールドコーストからすぐの”パラダイスカントリー”というテーマパークならそんな経験ができちゃいます(^^)/羊やエミュー、ディンゴなど様々な種類の動物が見れる非常にのんびりとした農場で家族でゆったりと週末を過ごすのに最適な観光スポットです。


”パラダイス カントリー”とは?

この看板が目印!

パラダイスカントリーは前回ご紹介した”ムービーワールド”のすぐそばにあります。ムービーワールドの年間パスをお持ちの方は、それを提示して入場できます。

動物園というよりは”牧場”や”農場”といった言葉が似合う、のんびりとしたテーマパークです。
小さいですがショーや体験がたくさん用意されているので1日中楽しめます。

例えば、本格的な羊の毛刈り小屋で毛刈り名人が羊の毛刈りをするところを見ながら、羊毛の生産工程を学ぶことができる”羊の毛刈りと雄羊パレード”や牧夫と牧羊犬が羊の群れを追いまとめる様子を間近で見学できる”牧夫と牧羊犬ショー”など。

そのほか、可愛いコアラやフレンドリーな蛇やインコと触れ合い、写真を撮れるフォトセッションや、炭鉱夫用のつるはしで炭鉱の壁を掘り進めオパールを探すオパール堀りなどの体験もあります!小さなお子様にはポニーライドも人気です!

オススメポイント1 日本人に優しい!

ムービーワールド等にくらべるとまだ日本人からの知名度が少し低いパラダイスカントリーですが、実は日本人観光客向けのサービスがしっかりしています!

まずは日本語のパンフレット!
園内の地図はもちろん、ショーの詳細や開始時間、レストランの情報なども書かれていて、英語が苦手な方でも日本語でしっかり情報を確認できます(^^)/

さらに嬉しいのが、日本語でショーをみれること!
ショーは1人が英語で話したあと、もう一人が中国語で同時通訳をしながら進行していました。
しかし実はインフォメーションセンターで日本語に通訳してくれるヘッドホンを借りることができるのです!
これを付ければショーを何倍も楽しめますね。チケットを購入するときに店員さんに頼みましょう(^^)/

オススメポイント2 動物と触れ合える!

エリア内ではカンガルーたちが自由にくつろいでいます。

私がパラダイスカントリーに行った一番の目的はカンガルーたちと触れ合うこと!
一般的な動物園とちがい、ここではカンガルーが放し飼いされているエリアに入ってエサをあげることができます。カンガルーたちも人に慣れていて近づいても逃げ出す様子はありません。

私は午後から行ったので、カンガルーたちはもうお腹がいっぱいなのかあまりエサには食いついてきてくれませんでした。。それでも背中をなでたり、至近距離で写真を撮ったりととってもよい思い出になりました!

カンガルーの他にも、羊や豚、小動物のエリアがあったり、大きな鳥がその辺を歩いていたりと動物との距離がとても近いです!

子豚たち!

オススメポイント3 こんなに楽しいのに入園料が安い!

ビュッフェスタイルのランチ。単品もあります。

近隣のテーマパーク、ムービーワールドやシーワールドが大人1人79ドルの入場料なのに対し、パラダイスカントリーは最安で27ドルととにかく安い!
しかも、27ドルのチケットにはオパール堀りの体験料も含まれています。

チケットは他に2種類あり、入場券とランチビュッフェがセットになったチケットの場合は39ドル。
入場券、オパール堀り、ランチがセットになったチケットでも45ドルです。
コアラ等と写真を撮りたい場合は、それぞれのチケットに追加料金22ドルが必要です。

こんなに安い値段で動物とふれあい、美味しいものが食べれるなんて最高ですね!
営業時間は9時半から4時半まで。閉まるのが早いので早起きして出かけましょう(^^)/

まとめ

こんなに近くで触れ合えます!

動物と触れ合えるオススメ穴場スポット ”パラダイスカントリー”、いかがでしたか?
ショーを見ない場合は、3,4時間あれば十分楽しめるかと思います。

ムービーワールドからとても近いので、朝数時間パラダイスカントリーを手早く見回って、その後ムービーワールドで閉園まで遊ぶ方もいらっしゃるようですよ。是非行ってみてくださいね(^^)/

この記事のライター

オーストラリア在住(^^)ケアンズ、ブリスベン、メルボルン、アデレードなどオーストラリア中の情報をご紹介!

関連する投稿


ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ゴールドコースト屈指の観光地サーファーズパラダイスには、宿泊施設がごまんと存在しています。その中でも高い人気を誇っているのが、ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメント。ロケーション、設備、諸観光地へのアクセスとも文句なしで、ファミリーホリデーの強い味方です。ゴールドコーストの宿泊先はここで決まり!


ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

国内随一のテーマパークが揃ったクイーンズランド州ゴールドコーストへ、秋休みを利用して一家で旅行してきました。お目当ての1つはバットマンやワンダーウーマンにに会える遊園地、ワーナー・ブラザーズ・ムービーワールド。リピーターである筆者が、絶叫マシーンに乗らずとも家族連れでムービーワールドを効率よく楽しむコツをご紹介します。


【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(小学生向け)を4つご紹介いたします。


【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

豪州で子育てするにあたって避けて通れない道、それはプリスクールの年頃からじわじわと始まる、子供のお誕生日会。大変ありがたいことに、こちらには気軽に雇えるキッズパーティ専門業者が星の数ほとあります。子どもたちの思い出に残るパーティを開いてあげようと、親も腕の見せ所。こちらのキッズ・パーティのほんの一例をご紹介します。


【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(プレママ~幼児向け)を4つご紹介いたします。


最新の投稿


狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

ソウルの高級エリア、狎鴎亭(アックジョン)。整形外科や皮膚科、ハイセンスなブティックなどが立ち並ぶ女性観光客には人気のエリア。しかし、カップルや家族での旅行の場合、男性や子供は時間を潰すのに苦労しそうなエリアでもあります。今回、ご紹介するのは「現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル」です。


観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

アムステルダム中央駅には、ただ通過するだけではもったいない充実した設備があります。建物の外装や内装のインテリア、おいしいレストランやゆっくりできるカフェ、話題のオーガニック素材を扱ったグッズのショッピングなど、隠された見どころもたくさんあります。ぜひ見学して自分なりの楽しみ方でエンジョイしてください♪


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


行き当たりばったりに寄ってみると面白い!道端オランアスリーのテントをのぞいてみよう!

行き当たりばったりに寄ってみると面白い!道端オランアスリーのテントをのぞいてみよう!

オランアスリーとはマレー語で(森の人)と言う意味です。マレーシアではずっと昔から森に住んでいた原住民のことを指します。今でもオランアスリーは森周辺で生活し、自然を知り尽くしています。マレーシアの道路を走っていると時々オランアスリーのテントを見かけることがあります。森で取れたハチミツなど様々なものを売っているのです。


旅行者でも優しくウェルカム!マウイ島で見つけたローカルの集まるおしゃれカフェのカフェ・カフェ・マウイ

旅行者でも優しくウェルカム!マウイ島で見つけたローカルの集まるおしゃれカフェのカフェ・カフェ・マウイ

今回は私がマウイ島のラハイナ地区で滞在中何度も通ってしまったとても居心地のいいカフェを紹介します。カフェ・カフェ・マウイは見た目がおしゃれでドリンクや食べ物の味もよし!そして何といっても居心地が最高にいいので何度も通いたくなってしまうお店なんです。カフェ・カフェ・マウイはラハイナのローカルの方が集まるお店でしたが、旅行者だった我々にも非常に優しく接してくれました。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング