良質のタイシルクをお土産に選びたいなら「ダラタイシルク(Dara Thai Silk)」がオススメ!安心して買い物できます!

良質のタイシルクをお土産に選びたいなら「ダラタイシルク(Dara Thai Silk)」がオススメ!安心して買い物できます!

タイと言えばタイシルク。多くの人がお土産に買いたいと思っているのではないでしょうか。しかしタイシルクとロゴがついているものでも実は「偽物だった」ということがあります。そんな中、安心して良質のタイシルクを買うことができるお店を訪ねてきました。姉弟が仲良く経営するお店で日本人も御用達のお店です。


タイ定番のお土産と言ったら…タイシルク!

ダラタイシルクのショップ

雑貨、オーガニックコスメ、タイ限定の香辛料など、タイではバラエティーに富んだお土産を買うことができます。そんな中でも、タイのお土産ランキングの上位にくるのがタイシルクです。タイシルクは独特の光沢があることで知られ、イブニングドレスや、ワンピースなど様々な衣装に使われています。

そんなタイシルクを使用して作られた雑貨は、タイのお土産の中でも人気です。でも悲しいことに、色々な市場や店で「タイシルク」を名乗ったものが売られているのも事実です。タイシルク100%と書かれているのに、タイシルクと他の糸を混合して作られた生地だったということもあります。

正直、素人にとって本物と偽物を見分けるのはとても大変です。私も全くわかりません。そんな中で、本物のタイシルクを売っているお店「ダラタイシルク」を見つけました。

オーナーが親身になって相談にのってくれ、何かと安心して買い物ができるので助かりました。今回は「ダラタイシルク(Dara Thai Silk)」についてご紹介します。

ダラタイシルクへの行き方

店の入口の様子

ダラタイシルクはスリウォン通りにあります。この通りは日本人をはじめとする外国人が多く利用するエリアのようで、日本語表記の店が比較的多く出ていました。同じ通りに有名な「ジム・トンプソンのアウトレット」がありました。

とても目立つ「ジム・トンプソン」とは裏腹に、「ダラタイシルク」は控えめに建っている店でした。両替屋が隣にあり、「ダラタイシルク」より両替屋の方が目立つので、目印になります。

ドアには日本語表記で「日本の皆さん、良心的なお店です」と張り紙があり、日本人の買い物客も多いことを伺い知ることができます。

店内に入ると、古くから店を構えているのが伝わってくるような内装の店でした。派手なディスプレイなどは一切なく、棚に品物が積み上げられていました。

私たちが店に入ると、男性が歓迎してくれました。お土産にタイシルクのスカーフを買って帰りたい旨を伝えると、スカーフが置かれている棚に案内してくれます。

色とりどりのスカーフ

タイシルクのスカーフが置かれている棚

棚には色とりどりのスカーフが置かれていました。男性は「気になったスカーフは全部広げてみるように」と勧めてくれ、自分でもスカーフをどんどんと広げてくれました。「そこまで広げなくてもいいよ」とこちらが申し訳なくなるほどの対応です。

実際に広げてみたスカーフ

でも、実際にスカーフを広げてみて納得。全てのスカーフの色合いが微妙に違うのです。スカーフには大きく分けて2つのタイプがありました。1つは単色のもの、もう1つは2、3色の色を使いグラデーションのようになっているタイプのものです。

2、3色を使っているスカーフは光沢も良くとても綺麗でした。同じように見える色合いでも一枚一枚の色の出方が違い、実際にスカーフを巻いて鏡を見た時に、全く違って見えることもあります。

1色だけのスカーフでさえよくみると、全く同じスカーフというものはありませんでした。店の人がとにかく広げて実際に巻いてみるようにと勧めてくれたわけが分かりました。

お土産をあげたい人の顔を思い浮かべながら、どの色合いが一番似合うかを決めていくので、スカーフ1枚を選ぶのにかなりの時間がかかりました。そんな長い間ずっと男性はニコニコと付き合ってくれます。色合いはどうか、布のほつれがないかなどをじっくり吟味して、合計4枚のスカーフを購入しました。

タイシルクの洗い方説明書

選んだスカーフは包装してくれ、タイシルクの洗い方説明書がついたタグを入れてくれました。英語による説明書ですが、商品に誇りを持っていることを感じ、この丁寧な対応に好感を持ちました。スカーフは1枚380バーツ(約1300円/2018年3月現在)でした。

その他店に置かれていたものをご紹介!

スカーフの他、「ダラタイシルク」では、雑貨などを中心とした商品も売られていました。工場の仕入れのタイミングによって、特定の商品がある時とない時、品揃えがいい時と悪い時など、左右されているようでした(小さな店舗の特徴とも言えるかもしれません)。

今回私たちが、「ダラタイシルク」に行った時に店内にあったもので、ちょっとしたお土産になりそうなものをご紹介します。

ポーチ類

像のモチーフのポーチやタイシルクを使用したポーチ

タイのシンボル、像をモチーフにしたプチポーチや、タイシルクを使用したプチポーチが並んでいました。プチポーチはどのショップでも大抵見かけるのですが、「ダラタイシルク」の特徴は、全てがバラ売りで売られていたことです。

多くのショップでは、同じようなデザインのものが数個セットで売られていることが多く、バラマキ用としては便利です。でも、「バラバラなデザインのものを買いたい」という人や「1つだけ買いたい」という人にとっては不向きです。

でも「ダラタイシルク」では豊富なデザインものをバラ売りしていたので、自分が好きなものを好きな量だけ買うことができます。これは利点だと思いました。

また、タイシルクを使って作られたプチポーチは少し高級感があります。他のショップではなかなか見かけることができないデザインのものもあったので、お土産にもぴったりだと思いました。

ネクタイやハガキ

ネクタイとハガキ類

10バーツ(約34円)でハガキが売られていました。自分や家族へのお土産に買って帰るのもよし、手紙を書いてタイから日本へ送るのもよし。色々な使い方があります。

私は旅行先で必ず絵葉書を書い、家族やお世話になった方々へ手紙を書いて送るようにしています。これを勝手に「気持ちを伝えるお土産」と呼んでいます。そしてそれは、予想以上に喜んでもらえます。

タイシルクのネクタイも、色々なショップで見かけます。正直どれが本当にタイシルク100%の商品かわかりません。しかし「ダラタイシルク」で買うと安心して買うことができます。

ただ、残念だったのは、私たちが行った時には商品の在庫が少なかったことです。店の人によると「仕入れ先の工場が閉まっているから仕入れられない」とのことでした。一時的なものなのか、それともこれから先もそうなのかは定かではありません。

タイシルクのネクタイを買うのを楽しみにして来たのですが、買いたいデザインのものがなく、買うのを断念しました。

タイシルクの布

タイシルクの布を量り売りで売っています

タイシルクの布が売られていました。1メートル単位で買うことができます。色々な色合いがあり、それぞれ質が違いました。タイは洋服のオーダーメードでも有名なので、ここで気に入った生地を買い、お店に持ち込んで服を作ってもらうこともできます。

特に洋裁が得意な人にはオススメです。自分で服やベットカバー、カーテンなどを作ることができます。タイシルクは昼間と夜とでは見え方が違います。特に夜には自然の光沢があり、とても美しく見えます。種類が豊富なので、自分の好みのものを見つけやすいと思います。

布を実際に触ってみた時の触り心地や、質感は違います。それで、実際に買う時には、気になる布を実際に広げてみて、(服にする場合は)体に巻いてみて、決めることをお勧めします。

オーナーとオーナーの弟

オーナーとオーナーの弟さん

「ダラタイシルク」のオーナーは、女性です。そして、弟さんと一緒にお店を経営しています。オーナーは、店の奥で静かにゆっくりと構え、弟さんが、客の対応をしているようなイメージを受けます。

もう長いこと店を開けているようで、日本人の客も多く訪れるということでした。彼らによると「日本人向けの広告は出していない」とのことでしたが、口コミや、お店を訪れた客が自身のブログで紹介したりして、広がったそうです。

店の入り口に手書きで書かれていた「日本人のみなさん、良心的なお店です」という張り紙も、そのような日本人のうちの1人に手伝ってもらったものだそうです。

「色々な場所でタイシルクが売られていて、安いものもあるけれど、どうやって本物と偽物を見分けたらいいのか」と尋ねたところ、「素人が見分けるのはとても難しい」との返答でした。本物のシルクを安心して買うためには、やはり専門店へ行くのが一番のようです。

楽しい買い物の時間でした

買ったスカーフと、お土産でもらったプチポーチ

「ダラタイシルク」はカードでの支払いも可能なので、助かりました。また、多くの品物を広げて、ゆっくり選んでいても、全く嫌な顔一つせず付き合ってくれました。変に売り込まれることなく、でも放っておかれることもなく、私にとって遠慮せず楽に買い物ができる距離感でした。

また思い出にと、おまけでプチポーチを1つ選ばせてくれました。せっかくなので、タイシルクを使っていると思われるものを選びました。「ダラタイシルク」は日本人も訪れやすい通りにあるお店なので、バンコクに訪れる時にはぜひ一度、足を運んでみてください。

この記事のライター

マレーシア在住です。海外旅行とコーヒーが大好き!マニアックなマレーシア情報や海外旅行の様子を、ハプニングを交えてお伝えします!

関連するキーワード


タイ

関連する投稿


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

バンコクには高級志向のデパートがいくつかありますが、その一つにエムクオーティエがあります。エムクオーティエの中には、「MOZZA by COCOTTE」というイタリアンレストランがあり、本格的なピザなどを楽しむことができます。エンポリアムやエムクオーティエ(エンポリアム2)に訪れた際に、利用してみてはいかがでしょうか。


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

南国に住んでいる醍醐味の1つが、フルーツ天国であることです。タイでは毎年6月頃になると、おいしいドリアンが出てきます。私もタイに来るまでドリアンを食べたことがなかったのですが、タイでおいしいドリアンを食べてからというもの、すっかりドリアンが大好きになりました。最近はドリアン市場に通ってしまうほどハマってしまっています。


最新の投稿


狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

ソウルの高級エリア、狎鴎亭(アックジョン)。整形外科や皮膚科、ハイセンスなブティックなどが立ち並ぶ女性観光客には人気のエリア。しかし、カップルや家族での旅行の場合、男性や子供は時間を潰すのに苦労しそうなエリアでもあります。今回、ご紹介するのは「現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル」です。


観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

アムステルダム中央駅には、ただ通過するだけではもったいない充実した設備があります。建物の外装や内装のインテリア、おいしいレストランやゆっくりできるカフェ、話題のオーガニック素材を扱ったグッズのショッピングなど、隠された見どころもたくさんあります。ぜひ見学して自分なりの楽しみ方でエンジョイしてください♪


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


行き当たりばったりに寄ってみると面白い!道端オランアスリーのテントをのぞいてみよう!

行き当たりばったりに寄ってみると面白い!道端オランアスリーのテントをのぞいてみよう!

オランアスリーとはマレー語で(森の人)と言う意味です。マレーシアではずっと昔から森に住んでいた原住民のことを指します。今でもオランアスリーは森周辺で生活し、自然を知り尽くしています。マレーシアの道路を走っていると時々オランアスリーのテントを見かけることがあります。森で取れたハチミツなど様々なものを売っているのです。


旅行者でも優しくウェルカム!マウイ島で見つけたローカルの集まるおしゃれカフェのカフェ・カフェ・マウイ

旅行者でも優しくウェルカム!マウイ島で見つけたローカルの集まるおしゃれカフェのカフェ・カフェ・マウイ

今回は私がマウイ島のラハイナ地区で滞在中何度も通ってしまったとても居心地のいいカフェを紹介します。カフェ・カフェ・マウイは見た目がおしゃれでドリンクや食べ物の味もよし!そして何といっても居心地が最高にいいので何度も通いたくなってしまうお店なんです。カフェ・カフェ・マウイはラハイナのローカルの方が集まるお店でしたが、旅行者だった我々にも非常に優しく接してくれました。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング