良質のタイシルクをお土産に選びたいなら「ダラタイシルク(Dara Thai Silk)」がオススメ!安心して買い物できます!

良質のタイシルクをお土産に選びたいなら「ダラタイシルク(Dara Thai Silk)」がオススメ!安心して買い物できます!

タイと言えばタイシルク。多くの人がお土産に買いたいと思っているのではないでしょうか。しかしタイシルクとロゴがついているものでも実は「偽物だった」ということがあります。そんな中、安心して良質のタイシルクを買うことができるお店を訪ねてきました。姉弟が仲良く経営するお店で日本人も御用達のお店です。


タイ定番のお土産と言ったら…タイシルク!

ダラタイシルクのショップ

雑貨、オーガニックコスメ、タイ限定の香辛料など、タイではバラエティーに富んだお土産を買うことができます。そんな中でも、タイのお土産ランキングの上位にくるのがタイシルクです。タイシルクは独特の光沢があることで知られ、イブニングドレスや、ワンピースなど様々な衣装に使われています。

そんなタイシルクを使用して作られた雑貨は、タイのお土産の中でも人気です。でも悲しいことに、色々な市場や店で「タイシルク」を名乗ったものが売られているのも事実です。タイシルク100%と書かれているのに、タイシルクと他の糸を混合して作られた生地だったということもあります。

正直、素人にとって本物と偽物を見分けるのはとても大変です。私も全くわかりません。そんな中で、本物のタイシルクを売っているお店「ダラタイシルク」を見つけました。

オーナーが親身になって相談にのってくれ、何かと安心して買い物ができるので助かりました。今回は「ダラタイシルク(Dara Thai Silk)」についてご紹介します。

ダラタイシルクへの行き方

店の入口の様子

ダラタイシルクはスリウォン通りにあります。この通りは日本人をはじめとする外国人が多く利用するエリアのようで、日本語表記の店が比較的多く出ていました。同じ通りに有名な「ジム・トンプソンのアウトレット」がありました。

とても目立つ「ジム・トンプソン」とは裏腹に、「ダラタイシルク」は控えめに建っている店でした。両替屋が隣にあり、「ダラタイシルク」より両替屋の方が目立つので、目印になります。

ドアには日本語表記で「日本の皆さん、良心的なお店です」と張り紙があり、日本人の買い物客も多いことを伺い知ることができます。

店内に入ると、古くから店を構えているのが伝わってくるような内装の店でした。派手なディスプレイなどは一切なく、棚に品物が積み上げられていました。

私たちが店に入ると、男性が歓迎してくれました。お土産にタイシルクのスカーフを買って帰りたい旨を伝えると、スカーフが置かれている棚に案内してくれます。

色とりどりのスカーフ

タイシルクのスカーフが置かれている棚

棚には色とりどりのスカーフが置かれていました。男性は「気になったスカーフは全部広げてみるように」と勧めてくれ、自分でもスカーフをどんどんと広げてくれました。「そこまで広げなくてもいいよ」とこちらが申し訳なくなるほどの対応です。

実際に広げてみたスカーフ

でも、実際にスカーフを広げてみて納得。全てのスカーフの色合いが微妙に違うのです。スカーフには大きく分けて2つのタイプがありました。1つは単色のもの、もう1つは2、3色の色を使いグラデーションのようになっているタイプのものです。

2、3色を使っているスカーフは光沢も良くとても綺麗でした。同じように見える色合いでも一枚一枚の色の出方が違い、実際にスカーフを巻いて鏡を見た時に、全く違って見えることもあります。

1色だけのスカーフでさえよくみると、全く同じスカーフというものはありませんでした。店の人がとにかく広げて実際に巻いてみるようにと勧めてくれたわけが分かりました。

お土産をあげたい人の顔を思い浮かべながら、どの色合いが一番似合うかを決めていくので、スカーフ1枚を選ぶのにかなりの時間がかかりました。そんな長い間ずっと男性はニコニコと付き合ってくれます。色合いはどうか、布のほつれがないかなどをじっくり吟味して、合計4枚のスカーフを購入しました。

タイシルクの洗い方説明書

選んだスカーフは包装してくれ、タイシルクの洗い方説明書がついたタグを入れてくれました。英語による説明書ですが、商品に誇りを持っていることを感じ、この丁寧な対応に好感を持ちました。スカーフは1枚380バーツ(約1300円/2018年3月現在)でした。

その他店に置かれていたものをご紹介!

スカーフの他、「ダラタイシルク」では、雑貨などを中心とした商品も売られていました。工場の仕入れのタイミングによって、特定の商品がある時とない時、品揃えがいい時と悪い時など、左右されているようでした(小さな店舗の特徴とも言えるかもしれません)。

今回私たちが、「ダラタイシルク」に行った時に店内にあったもので、ちょっとしたお土産になりそうなものをご紹介します。

ポーチ類

像のモチーフのポーチやタイシルクを使用したポーチ

タイのシンボル、像をモチーフにしたプチポーチや、タイシルクを使用したプチポーチが並んでいました。プチポーチはどのショップでも大抵見かけるのですが、「ダラタイシルク」の特徴は、全てがバラ売りで売られていたことです。

多くのショップでは、同じようなデザインのものが数個セットで売られていることが多く、バラマキ用としては便利です。でも、「バラバラなデザインのものを買いたい」という人や「1つだけ買いたい」という人にとっては不向きです。

でも「ダラタイシルク」では豊富なデザインものをバラ売りしていたので、自分が好きなものを好きな量だけ買うことができます。これは利点だと思いました。

また、タイシルクを使って作られたプチポーチは少し高級感があります。他のショップではなかなか見かけることができないデザインのものもあったので、お土産にもぴったりだと思いました。

ネクタイやハガキ

ネクタイとハガキ類

10バーツ(約34円)でハガキが売られていました。自分や家族へのお土産に買って帰るのもよし、手紙を書いてタイから日本へ送るのもよし。色々な使い方があります。

私は旅行先で必ず絵葉書を書い、家族やお世話になった方々へ手紙を書いて送るようにしています。これを勝手に「気持ちを伝えるお土産」と呼んでいます。そしてそれは、予想以上に喜んでもらえます。

タイシルクのネクタイも、色々なショップで見かけます。正直どれが本当にタイシルク100%の商品かわかりません。しかし「ダラタイシルク」で買うと安心して買うことができます。

ただ、残念だったのは、私たちが行った時には商品の在庫が少なかったことです。店の人によると「仕入れ先の工場が閉まっているから仕入れられない」とのことでした。一時的なものなのか、それともこれから先もそうなのかは定かではありません。

タイシルクのネクタイを買うのを楽しみにして来たのですが、買いたいデザインのものがなく、買うのを断念しました。

タイシルクの布

タイシルクの布を量り売りで売っています

タイシルクの布が売られていました。1メートル単位で買うことができます。色々な色合いがあり、それぞれ質が違いました。タイは洋服のオーダーメードでも有名なので、ここで気に入った生地を買い、お店に持ち込んで服を作ってもらうこともできます。

特に洋裁が得意な人にはオススメです。自分で服やベットカバー、カーテンなどを作ることができます。タイシルクは昼間と夜とでは見え方が違います。特に夜には自然の光沢があり、とても美しく見えます。種類が豊富なので、自分の好みのものを見つけやすいと思います。

布を実際に触ってみた時の触り心地や、質感は違います。それで、実際に買う時には、気になる布を実際に広げてみて、(服にする場合は)体に巻いてみて、決めることをお勧めします。

オーナーとオーナーの弟

オーナーとオーナーの弟さん

「ダラタイシルク」のオーナーは、女性です。そして、弟さんと一緒にお店を経営しています。オーナーは、店の奥で静かにゆっくりと構え、弟さんが、客の対応をしているようなイメージを受けます。

もう長いこと店を開けているようで、日本人の客も多く訪れるということでした。彼らによると「日本人向けの広告は出していない」とのことでしたが、口コミや、お店を訪れた客が自身のブログで紹介したりして、広がったそうです。

店の入り口に手書きで書かれていた「日本人のみなさん、良心的なお店です」という張り紙も、そのような日本人のうちの1人に手伝ってもらったものだそうです。

「色々な場所でタイシルクが売られていて、安いものもあるけれど、どうやって本物と偽物を見分けたらいいのか」と尋ねたところ、「素人が見分けるのはとても難しい」との返答でした。本物のシルクを安心して買うためには、やはり専門店へ行くのが一番のようです。

楽しい買い物の時間でした

買ったスカーフと、お土産でもらったプチポーチ

「ダラタイシルク」はカードでの支払いも可能なので、助かりました。また、多くの品物を広げて、ゆっくり選んでいても、全く嫌な顔一つせず付き合ってくれました。変に売り込まれることなく、でも放っておかれることもなく、私にとって遠慮せず楽に買い物ができる距離感でした。

また思い出にと、おまけでプチポーチを1つ選ばせてくれました。せっかくなので、タイシルクを使っていると思われるものを選びました。「ダラタイシルク」は日本人も訪れやすい通りにあるお店なので、バンコクに訪れる時にはぜひ一度、足を運んでみてください。

この記事のライター

マレーシア在住です。海外旅行とコーヒーが大好き!マニアックなマレーシア情報や海外旅行の様子を、ハプニングを交えてお伝えします!

関連するキーワード


タイ

関連する投稿


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


タイのバンコク旅行で水上マーケットツアーに参加してみました!船の上での売り買いが面白い!

タイのバンコク旅行で水上マーケットツアーに参加してみました!船の上での売り買いが面白い!

タイのバンコクに行った時、水上マーケットに参加しました。一度は行ってみたいと思っていた水上マーケットの様子はやはりとても活気があり、興味深いものでした。船の上で料理したり、船を上手に操ったりするタイ人のパワーはステキです!そんな水上マーケットの様子や感想についてご紹介します。


水掛け容赦なし!水掛け祭りの日に複合エンターテインメント施設「アジアンティーク」に行ってみた

水掛け容赦なし!水掛け祭りの日に複合エンターテインメント施設「アジアンティーク」に行ってみた

4月のソンクラーンの時期に、タイへ旅行に行く人は多いですよね。4月のタイといえば、「水掛け祭り」です。もともとソンクラーンとはタイにおける旧正月のことですが、「ソンクラーン=水掛祭り」として日本人にも認識されているようです。今年のソンクラーンはアジアティークに行ってみたので、水掛け祭りの様子などもあわせてお伝えします。


美しすぎるビーチが広がるタイのリペ島!タイなのにマレーシアから行くべき理由とは?

美しすぎるビーチが広がるタイのリペ島!タイなのにマレーシアから行くべき理由とは?

タイには数々の美しい島があることで知られています。その中でも特に美しいと言われているのが、リペ島です。リペ島はタイの島ですが、リペ島に行く為にはマレーシアから行くほうが良いと言われています。その訳とは?実際のリペ島への行き方とは?筆者も絶対にリピートしたい、と感動したリペ島についてご紹介します!


マレーシアにはSPF130++++の日焼け止めが!常夏の島での日焼け対策にオススメの日焼け止めクリームとは?

マレーシアにはSPF130++++の日焼け止めが!常夏の島での日焼け対策にオススメの日焼け止めクリームとは?

マレーシアやタイなどの東南アジアには綺麗な島が数多くあり、観光客が大自然を楽しんでいます。綺麗な海で時間を過ごすのはとても楽しいのですが、忘れてはならないのが日差し!ビーチに照りつける太陽の日差しは想像以上に強く、、注意しないと火傷をすることに…。そんな太陽の日差し対策にオススメの日焼け止めクリームをご紹介します!


最新の投稿


日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

韓国は豪華なかき氷デザートが有名ですが、今回、韓国の明洞で、「Korean Dessert Cafe(コリアンデザートカフェ)雪氷(ソルビン)」に行ってきました。このお店はローカルの友達が連れて行ってくれました。実際に本場のかき氷を試してみて、日本のかき氷とは違う豪華な盛り付け、ふわふわのかき氷に大満足でした!


【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

中国広東省広州市は、日本と比べると物価は安めです。でも安いのは主にグルメと交通費。地価の値上がりと共にファッションアイテムは年々値上げの傾向にあり、案外日本と変わらなかったりします。今回はそんな中国広州で、地元の若者に大人気の「トレンドでしかもプチプラなお洋服がたくさん手に入る激安ショッピングスポット」をご紹介します。


芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術家やアーティストを目指す学生の街として知られているメキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」。観光地としても人気で、アメリカから日本から多くの人が訪れます。メキシコ特有のカラフルな街並みに加え、どこかロマンティックでセンスが光る雰囲気が心地良い。散策で感性が磨かれていくような気分にさせられる、素敵なこの街を紹介します。


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

ソウルのこども向けお仕事体験テーマパークと言えば、日本でもおなじみの「キッザニア」をはじめ、複数あります。こどもにとっては、普段なかなか体験することのない大人のお仕事を実際に体験できるとあって、人気が高く、どの施設も週末は混雑しています。今回は、その中でも格安で人も少なめの超穴場な施設をご紹介したいと思います。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング