王族の旧邸宅を改装した建物の一軒家レストラン「The Gardens of Dinsor Palace」がおしゃれ!

王族の旧邸宅を改装した建物の一軒家レストラン「The Gardens of Dinsor Palace」がおしゃれ!

スクンビットのど真ん中に、とってもおしゃれなカフェレストラン「The Gardens of Dinsor Palace」があるのをご存知でしょうか?このカフェレストランは、約100年前に建てられた王族の旧邸宅を改装したもので、レトロでゴージャスな雰囲気が魅力です。最近では、結婚式なんかにも使われるほど注目されています。


レトロでゴージャスな「The Gardens of Dinsor Palace」

撮影スポット

2014年にオープンした「The Gardens of Dinsor Palace」。スクンビット通りに看板が出ているので、あまり迷うこともないかと思います。

住所:Between Sukhumvit Soi 59 & Soi 61 Wattana, Bangkok
電話:02-714-2112
時間:8:00〜23:00

ランチは390バーツ〜、ディナーは450バーツ〜、となっていて、定休日はありません。定休日なしとはなっていますが、たまに結婚式やイベントでクローズされてしまうこともあります。最近はここで結婚式をやるのが密かにブームなようですが、これも口コミやSNSで広がったのでしょう。確かに夜は雰囲気がいいですし、アフターパーティーなんかにももってこいですね。


場所はスクンビット59と61の間で、エカマイ駅からだと歩いて5分ほど、トンロー駅からだと10分ほどで着くかと思います。


レトロでゴージャスな雰囲気のあるここは、1904年ラマ5世によって建てられたディンソー宮殿を改装したレストランとなっています。広々とした庭には、噴水や池があり、池には白鳥がいます。うさぎも庭で飼われているので、子どもたちも喜ぶことでしょう。たくさんの木々のおかげで、涼しげな雰囲気もあって、ランチでのんびり訪れたい場所となっています。そこまで敷居は高くないので、子連れでも十分楽しむことができます。

The Gardens of Dinsor Palace

「The Gardens of Dinsor Palace」でのどかな時間を楽しもう!

食事はイタリアン系が主となっています。タイ料理にちょっと飽きてしまったときなんかに来たくなる場所です。


のどかな時間を楽しみたいなら、朝がおすすめです。ランチどきは混みやすいですし子連れの方も多くなります。実はここ、ママ会会場としても有名なのです。おしゃれなだけでなく、キッズメニューや塗り絵のサービスもあって子どもに優しいレストランなので、ママたちからの指示を集めているのですね。

ランチどきの大半は子連れファミリーなので、微笑ましい光景でもあります。私がランチタイムでここへ訪れたときは、子どもたちが元気に走りまわっていました。まわりをあまり気にしないタイプならいいですが、静かに食べたい、という人もいますよね。そんな人は朝活をして、早めにこちらへ向かいましょう。朝をここでスタートさせることができれば、1日有意義なものになりますよ。

ココナッツケーキ

大好きなココナッツケーキを注文。他にも、シーザーサラダ、パンケーキ、チーズオムレツ、バーガーを頼んでシェアしました。メニューの種類は豊富なので、選ぶのも楽しいですよ。

暗くなってからもおすすめ!ライトアップされてさらに雰囲気が良い!

ライトアップ

昼の顔と夜の顔では、また違った雰囲気を楽しむことができますよ。暗くなるとライトアップされてムードが良いので、デートに使いたい場所です。週末ともなると予約なしでは入れないほどの人気店となっているので、予約も忘れずに。天気が良ければ外の席で食事を楽しんでくださいね。

イタリアンだけあってワインの種類は豊富なので、お酒も楽しめる場所でしょう。 高級店ではなく、どちらかというとカジュアルレストランなので、サービスレベルはあまり期待しない方が良いかと思います。敷居は高くありませんが、雰囲気の良いところでおいしい料理が食べられるので文句なしです。

The Gardens of Dinsor Palace

最初見つけたときは、スクンビット通りからほんの100mほどを入ったところに、こんな広々とした庭園が広がっていることに驚きましたが、今ではオアシスのような場所でもあります。タイミングを見て、何度も訪れたくなる場所です。

空いてそうな日にちや時間帯を狙って、エカマイ駅からもトンロー駅からも徒歩圏内という便利な場所にある一軒家レストラン、「The Gardens of Dinsor Palace」に訪れてみてくださいね。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ バンコク

関連する投稿


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


タイのバンコク旅行で水上マーケットツアーに参加してみました!船の上での売り買いが面白い!

タイのバンコク旅行で水上マーケットツアーに参加してみました!船の上での売り買いが面白い!

タイのバンコクに行った時、水上マーケットに参加しました。一度は行ってみたいと思っていた水上マーケットの様子はやはりとても活気があり、興味深いものでした。船の上で料理したり、船を上手に操ったりするタイ人のパワーはステキです!そんな水上マーケットの様子や感想についてご紹介します。


水掛け容赦なし!水掛け祭りの日に複合エンターテインメント施設「アジアンティーク」に行ってみた

水掛け容赦なし!水掛け祭りの日に複合エンターテインメント施設「アジアンティーク」に行ってみた

4月のソンクラーンの時期に、タイへ旅行に行く人は多いですよね。4月のタイといえば、「水掛け祭り」です。もともとソンクラーンとはタイにおける旧正月のことですが、「ソンクラーン=水掛祭り」として日本人にも認識されているようです。今年のソンクラーンはアジアティークに行ってみたので、水掛け祭りの様子などもあわせてお伝えします。


美しすぎるビーチが広がるタイのリペ島!タイなのにマレーシアから行くべき理由とは?

美しすぎるビーチが広がるタイのリペ島!タイなのにマレーシアから行くべき理由とは?

タイには数々の美しい島があることで知られています。その中でも特に美しいと言われているのが、リペ島です。リペ島はタイの島ですが、リペ島に行く為にはマレーシアから行くほうが良いと言われています。その訳とは?実際のリペ島への行き方とは?筆者も絶対にリピートしたい、と感動したリペ島についてご紹介します!


マレーシアにはSPF130++++の日焼け止めが!常夏の島での日焼け対策にオススメの日焼け止めクリームとは?

マレーシアにはSPF130++++の日焼け止めが!常夏の島での日焼け対策にオススメの日焼け止めクリームとは?

マレーシアやタイなどの東南アジアには綺麗な島が数多くあり、観光客が大自然を楽しんでいます。綺麗な海で時間を過ごすのはとても楽しいのですが、忘れてはならないのが日差し!ビーチに照りつける太陽の日差しは想像以上に強く、、注意しないと火傷をすることに…。そんな太陽の日差し対策にオススメの日焼け止めクリームをご紹介します!


最新の投稿


日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

韓国は豪華なかき氷デザートが有名ですが、今回、韓国の明洞で、「Korean Dessert Cafe(コリアンデザートカフェ)雪氷(ソルビン)」に行ってきました。このお店はローカルの友達が連れて行ってくれました。実際に本場のかき氷を試してみて、日本のかき氷とは違う豪華な盛り付け、ふわふわのかき氷に大満足でした!


【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

中国広東省広州市は、日本と比べると物価は安めです。でも安いのは主にグルメと交通費。地価の値上がりと共にファッションアイテムは年々値上げの傾向にあり、案外日本と変わらなかったりします。今回はそんな中国広州で、地元の若者に大人気の「トレンドでしかもプチプラなお洋服がたくさん手に入る激安ショッピングスポット」をご紹介します。


芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術家やアーティストを目指す学生の街として知られているメキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」。観光地としても人気で、アメリカから日本から多くの人が訪れます。メキシコ特有のカラフルな街並みに加え、どこかロマンティックでセンスが光る雰囲気が心地良い。散策で感性が磨かれていくような気分にさせられる、素敵なこの街を紹介します。


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

ソウルのこども向けお仕事体験テーマパークと言えば、日本でもおなじみの「キッザニア」をはじめ、複数あります。こどもにとっては、普段なかなか体験することのない大人のお仕事を実際に体験できるとあって、人気が高く、どの施設も週末は混雑しています。今回は、その中でも格安で人も少なめの超穴場な施設をご紹介したいと思います。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング