タイの軽井沢!ここは本当にタイ?バンコクから3時間のカオヤイに行ってきました

タイの軽井沢!ここは本当にタイ?バンコクから3時間のカオヤイに行ってきました

タイの避暑地として有名なカオヤイ。「タイの軽井沢」とも呼ばれる自然豊かな美しいところで、バンコクから車で3時間ほどで行けます。距離でいうと、バンコクから200Km弱。バンコク在住者にはよく知られているところで、リフレッシュしに行く日本人も多いのです。今回は、私も初のカオヤイをレポートします。


カオヤイとは?

カオヤイとは県の名前ではなく、バンコク北東部に広がる森林地帯のことです。いくつかの県をまたぐ広大な森林地帯で、カンボジア国境まで広がるほどです。世界遺産に登録されている保護区も多くあります。写真は、カオヤイの高台からですが、空気が澄んでいてとても気持ちの良いところでした。

今回の宿泊先がこちら。カオヤイには、素敵なホテルが沢山ありました。

カオヤイは車の通行時間に制限がある?

今回私は、主人と車でカオヤイへ行ったのですが、途中で一部の道路は夕方6時以降は通れないという説明を受けました。世界遺産保護区にある道路は、車が通れる時間が決められているそう。カオヤイは自然豊かで野生動物が多く住んでおり、日が暮れると道路に出てきてしまうためだそうです。「象に注意」と書かれた看板もあり驚きました。野生の象を見たい気持ちもありましたが、この日は野生の象が現れることはなく、猿がずらりと道路に並んでいました。

人慣れしすぎているお猿たち

ポテトチップスを見つけ出すことに成功した猿の親子。

高台の絶景ポイントともなれば沢山の観光客で溢れていますが、猿も沢山いました。餌をもらえるということを知っているのでしょう。図々しいのが、荷物から目を離した隙に、勝手に食べ物を盗んでいくところ。車の荷台からお菓子を見つけ出す猿までいました。

人に慣れてるため、1mほどの距離まで近づいても逃げることはありませんでした。可愛い猿の親子です。餌をもらえるのを待っているようにも見えました。

まるでイタリアのような景色が出現!

ホテルまでの道のりで、イタリアの「ピサの斜塔」に似た建物を見つけました。もちろん、塔全体が傾いています。こちらは、イタリア風のホテルと別荘が集まる、トスカーナバレーというところ。ゴルフ場も併設されておりました。今回の宿泊先はこちらではありませんでしたが、機会があれば宿泊してみたいと思います。カオヤイには、ヨーロッパ風のホテルや建物が多くあり、まるで外国にいるような気分になれます。

宿泊先に到着

寄り道をしながら、今回の宿泊先に到着しました。途中、道路が整備されていない道で不安になったり、山の中のためマップを見ても分かりずらかったりと苦労しました。初めての方は、ツアーを組んだ方が良いかもしれません。山の中で電波も悪いですし、カオヤイはとても広いので迷子になってしまっては大変ですからね。

まるでお城のよう。笑顔の素敵なタイ人スタッフの出迎え方、おもてなしに感動しました。

タイは王様を心から敬愛する国

エントランスには、王様の肖像画がありました。タイに来れば必ず目にするものといえば、プミポン国王の写真や肖像画。タイではありとあらゆるところに飾られています。残念ながら、プミポン国王は昨年の10月に死去してしまいましたが、国民のプミポン国王への愛は変わりません。「国民の父」として今でも愛され続けています。70年もの長い間、国の発展と国民の幸せのために尽力された偉大な王様なのです。プミポン国王を追悼するために、連日数万人もの人が王宮前の広場に集まったものです。私も主人と足を運びました。タイでは喪中のため、街中は黒い服をきた人が多くいます。公務員やメディア関連の方は、死去から1年間黒い服を命じられています。

何度も呼吸をしたくなる場所

ベランダからの素敵な風景に癒されました。さすが避暑地、タイとは思えない涼しさに感動しました。何もしない贅沢を味わったり、周辺をサイクリングしたりして2日間過ごしました。

〜最後に〜

写真だけ見ると、タイとは思えませんよね。カオヤイは、タイ人にも密かに人気のスポット。最近は、カオヤイに別荘を買う人も増えてきました。ガイドブックなどにもあまり掲載されていないため、情報が少ないカオヤイですが、タイにもこんなところがある、ということを知ってもらえたら幸いです。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ カオヤイ

関連する投稿


タイで手軽に手に入るドラゴンフルーツ(ピタヤ)の魅力とは?食べ方や選び方についても知ろう!

タイで手軽に手に入るドラゴンフルーツ(ピタヤ)の魅力とは?食べ方や選び方についても知ろう!

鮮やかなピンク色をした果物「ピタヤ」。果皮が竜のウロコのように見えるためドラゴンフルーツとも呼ばれていて、「ドラゴンフルーツ」と呼ばれるほうが一般的になっていますよね。日本ではあまり見かけませんが、タイでは手軽に入るフルーツなのです。食べやすく美容効果の高いドラゴンフルーツの選び方や食べ方などについてご紹介します。


バンコクから約380Km!カオコーにある「The Bluesky Resort @Khao Kho」に行ってみた!

バンコクから約380Km!カオコーにある「The Bluesky Resort @Khao Kho」に行ってみた!

タイと言えば南国のイメージが強くビーチリゾートを連想しがちですが、実は山の方にも緑豊かなリゾート地は多いものです。タイのあらゆるところで年々開拓が進み、隠れ家的な穴場のスポットもたくさん。先日、ペッチャブーン県の高原地帯(カオコー)にある「The Bluesky Resort」に行ってきたのでレポートしたいと思います。


トマト風味の鯖缶がおいしい!ダイエットにもおすすめ!タイの鯖缶を使った簡単レシピをご紹介

トマト風味の鯖缶がおいしい!ダイエットにもおすすめ!タイの鯖缶を使った簡単レシピをご紹介

日本と同様にタイでも「鯖缶」は親しみのある食品です。そのまま食べたり、料理に使ったりと重宝されているもの。日本と違うところはトマト風味なところ。タイでは赤いトマトソースのものが一般的。もともと鯖はトマトと相性が良いのでそのままでもおいしいのですが、タイの鯖缶を使った簡単レシピをタイ人から教えてもらったのでご紹介します。


タイでは馴染みのある滋養強壮剤!疲労回復や美肌に効果的な「チキンエキス」おすすめ!

タイでは馴染みのある滋養強壮剤!疲労回復や美肌に効果的な「チキンエキス」おすすめ!

日本ではあまり知られていませんが、タイでは有名な「チキンエキス」。これがかなり優秀で、私はエナジードリンクとして常備しています。だるさを感じるときにこれを飲むと、数時間でシャキッとする気がします。鳥一匹を丸々煮込んだエキスなので、美容にもいいそうです。そんなとっても優秀な「チキンエキス」について詳しくみていきましょう。


プロムナード&ファッションアイランドでショッピングした後は「ジラフ」でおいしいサーモン丼を食べよう

プロムナード&ファッションアイランドでショッピングした後は「ジラフ」でおいしいサーモン丼を食べよう

バンコク郊外にあるショッピングモールのプロムナードとファッションアイランドは、子どもから大人まで楽しめる場所です。この2つは連結しているため、趣の違うショッピングモールを同時に楽しめます。日本食レストランも多くあり、日本人もちらほら見かけます。プロムナードにておいしいサーモンを食べられるお店を発見したのでご紹介します。


最新の投稿


アメリカの大型日用品店ベッド・バス・アンド・ビヨンドで買ってもらいたいお土産9選

アメリカの大型日用品店ベッド・バス・アンド・ビヨンドで買ってもらいたいお土産9選

アメリカでメジャーな日用品を買えるお店の中で、今日はベッド・バス・アンド・ビヨンドを紹介します。このお店は安さよりも質のいい、生活に必要なものが売っているお店です。今回は日本からの旅行時に買って帰ってもらいたいおすすめのおみやげ9選を紹介します。また、女子必見のプチプラコスメ情報もあるので最後まで読んでくださいね。


主要建築物が効率よく見られる!デンマーク・コペンハーゲンのグランド・ボートツアー

主要建築物が効率よく見られる!デンマーク・コペンハーゲンのグランド・ボートツアー

飛行機の乗り継ぎ時間や、出張の合間の時間で、コペンハーゲンに滞在したいけど時間があまりない!というタイトスケジュールの方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな短時間滞在の際にお勧めしたいのは、コペンハーゲンの主要建築物が効率的に回って見られるボートツアーです。


ハーバー沿いの摩訶不思議な遊園地、ルナパークで異次元の世界に浸ってみる

ハーバー沿いの摩訶不思議な遊園地、ルナパークで異次元の世界に浸ってみる

ハーバーブリッジのたもとにあるレトロな遊園地、ルナパーク。1935年に開園したこの老舗遊園地は、一歩足を踏み入れるとその独特の世界観に引き込まれる異色スポットです。度肝を抜かれる巨大な「入り口」、シドニーのアイコンが一度に望める観覧車、見たことのない不気味なゲーム。。。摩訶不思議なルナパークの世界へようこそ!


中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

赤い屋根で覆われたおしゃれな街並み。中世の空気を現在でも残す歴史を深く感じることのできる町。そして、尖塔の多さから百塔の町とも形容される、世界遺産にも認定された町プラハ。何度訪れても飽きることのない美しい町の景色がここにはあります。1000以上の歴史を紡ぎ、現代の私たちに見せてくれるその町の景色を歩いて旅しましょう。


スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

イタリアとの国境からほど近くに位置するスイスの美しい都市ルガーノ。ゆっくりとした時間の流れる洗練されたスイス文化と、活気あるイタリア文化の良いところを混ぜ合わせたような、魅力あふれる町です。この記事では2年の滞在歴を活かして、ルガーノ周辺で楽しめるアクティビティから絶景スポットまで、私のおすすめ観光情報をご紹介します!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング