スペインで中世へタイムトリップして迷子になる旅!エストレマドゥーラの街トルヒージョを歩こう

スペインで中世へタイムトリップして迷子になる旅!エストレマドゥーラの街トルヒージョを歩こう

私たちが思い描くスペインがここにあったと実感できるエストレマドゥーラの旅。特におすすめなトルヒージョ(Trujillo)は16世紀の建物が続き、まるで中世の時代に迷い込んだようです。そんなところではとにかく歩いて、迷子になってスペインを実感して、素敵な思い出を作ってください。


エストレマドゥーラへ!タイムトラベルできるかも

トルヒージョ城から見下ろした風景

エストレマドゥーラにはバダホスとカセレスの2県があります。カセレスのある北部の方が綺麗な町や村が多く、観光地になっています。カセレス県のカセレス市とバダホス県のメリダ市が世界遺産に選ばれていますが、街全体の美しさではカセレスとその周辺の町の方が優れています。

カセレス市からわずか43キロメートルのトルヒージョもその一つ。ある意味、トルヒージョのように、外国からの観光客があまりいない町の方が古いものが古いままに残っていて旅をしていると言う感じが強いかもしれません。

迷子になる旅が楽しい!

城まで登れば道がマジョール広場に繋がっているのがわかります。

こう言う街全体が中世そのままと言うところではとにかく歩いて迷子になる旅が最高です。迷子になっても、遠くに見えるお城を目指し、戻る時は教会の塔を目指します。そして、仮に迷子になっても危険がないのも、こういう昔ながらの町の良いところです。

しっかり歩いて迷子になる!トルヒージョの正しい歩き方

マジョール広場への入り口

まず、サンミゲル広場からマジョール広場に通じるトンネル。いえ、トンネルではないですが、古い街は城壁に囲まれていますから、旧市内に行くとなると城壁の入り口から入らなくてはいけません。

マジョール広場

マジョール広場

マジョール広場にはピサロの彫刻、教会、があります。ピサロの彫刻はアメリカ合衆国の彫刻家Rumsenの作品で、未亡人によって寄贈されたものです。

パラシオ・マルケス・デ・ラ・コンキスタ (Palacio Marques de la Conquista)

マジョール広場の反対側です。ピサロの像のところから見るとこんな感じ。パラシオの左にはバルが並んでいます。パラシオの上の塔をよく見ると…

コウノトリの巣が見えます。中世の街並みが残っているところには、高層の建物が立てられないのでコウノトリの巣がたくさんあります。春に来て卵を産み、夏になると北ヨーロッパに発ちます。

歩く!歩く!

細い道があっちにあり、こっちにありします。どっちに行けばいいか迷ってもどちらも正解。古い街は、道が網の目状になっていますから歩いていれば必ずお城にたどり着きます。

La Sonata(ラ・ソナタ)という名のレストランが見えます。素敵なレストランですが、ちょうど閉店中。トルヒージョは夏は観光客が減少するので7月は閉めているレストランが多いようです。

トルヒージョ城

そして、カスティージョ。城です。ここでもたくさんの映画が撮影されました。最近では「ゲーム・オブ・スローン」などです。

ペルーから持って来たモニュメント。これを持ってくるのは大変だっただろうなと想像します。大地の上に流れる時の流れを感じます。そして、そんなに大変だったのに城の前にほったらかしというのにも驚かされます。

帰り道

トルヒージョ城から降りて行く道。同じ道を通るのはつまらないから別の道を通って、もっと迷子になりましょう。

Aljibeと呼ばれる建物。中から水の音が聞こえます。貯水タンクで、水の精製もしている場所。イスラム文化の遺産です。内部も見られるようですが、今回ははいりませんでした。暑い日だったら入ると涼しいかもしれません。

ピサロの生家(左)と当時の貴族の邸宅。ピサロの家は博物館になっていますが他の邸宅はそのまま誰かが住んでいるようで、改修されていました。古い家がまだ使われています。街の風景が変わるので、外壁を大きくつくり直すことはできないそうです。

トルヒージョはどこにあるの?行き方

トルヒージョの夕日

マドリードから行く場合は、地下鉄またはレンフェ(国鉄)のメンデス・アルバロ(Méndez Álvaro)駅に行き、バスステーション、エスタシオン・スール(estación sur)でavanzaと言う会社のバスに乗ります。

毎日、10本近く出ていますから、比較的楽にチケットを購入できます。バスは基本、指定席になりますが、空いているときはどこにでも座れますし、運転手さんに頼めば席を変更できます。

インターネットでも購入できます。英語対応。ほぼ、3時間〜4時間。時間に違いがあるのは、停車駅の数が違うからです。もちろん値段も違います。13ユーロから19ユーロくらいです。

途中で休憩がある場合があります。バル(カフェテリア)のある場所に止まり、トイレに入ったり、コーヒーやオレンジジュースを飲んだりします。

バスの場合、降りる場所がはっきりしないことが多いので、乗るときに運転手さんに知らせてもらうように頼みましょう。質問の仕方を載せます。

Cuando llegue Trujillo, avisame,por favor. (クアンド ジェゲ トゥルヒージョ、アビサメ、ポルファボール)

ポルファボールは英語のpleaseです。

たいていの場合、運転手さんはトルヒージョで降りる人を紹介してくれて、その人に一緒に降りるように言ってくれます。

ついでに世界文化遺産の街カセレスにも行きましょう。同じ路線のバスで、トゥルヒージョから3ユーロくらい、約1時間です。

Timetables and bus lines | Avanza Bus

http://www.avanzabus.com/web/timetables.html

Lines and bus timetables in Avanza. Routes information and national and international destinations. Book online.

バス会社のホームページ

迷って歩くトルヒージョ!迷えば迷うほどスペインが好きになる

せっかくスペインに行くなら、古い街並みの中で迷子になりましょう。路地の写真や猫の写真、素敵な写真がたくさん撮れます。知らない人とのふれあいも嬉しい、スペインの旅。思いがけない出会いがあるかもしれません。

この記事のライター

スペインに住んで17年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連する投稿


【ウベダ】世界遺産の街の陶器に魅せられて! 陶工ティトさんに会いに行こう

【ウベダ】世界遺産の街の陶器に魅せられて! 陶工ティトさんに会いに行こう

アンダルシア、北東部のハエン県にある世界遺産の街ウベダに住む陶工ティトさんのお店を紹介します。スペインといえば陶器やタイルが人気ですが、一般にスペインの陶器といって思い描くものより、シックなデザインです。でもこれもスペイン。スペインの国宝級の陶工の作品をじっくり見てくださいね。


【ウベダ】パラドールはルネッサンスのお屋敷! スペインの貴婦人になって旅をしよう

【ウベダ】パラドールはルネッサンスのお屋敷! スペインの貴婦人になって旅をしよう

スペインを旅行するときは、パラドールもチェックしましょう。パラドールはお城やお屋敷など歴史的建造物を使った国営ホテルです。ウベダにもルネッサンス様式のパラドールがありますから、ぜひのぞいてください。コーヒーを飲むだけでも、思い出になりますよ。


 【スペイン】クリスマスに来るなら1月6日までいよう! 公現祭パレードとロスコン・デ・レジェス

【スペイン】クリスマスに来るなら1月6日までいよう! 公現祭パレードとロスコン・デ・レジェス

お正月休みにスペインに滞在するのでしたら、1月6日は外せません。1月5日の夜は街の中がワクワク楽しく盛り上がっています。三賢人のパレードもあり、どこに滞在していても楽しさは変わりません。むしろ小さな村にいる方が楽しいかもしれません。村の人たちに混じって、三賢人がばらまくお菓子を食べてみませんか?


【スペイン】マドリードから行く不思議空間! 中世の街メディナセリに出かけよう

【スペイン】マドリードから行く不思議空間! 中世の街メディナセリに出かけよう

マドリードから1時間半でたどり着く石造りの家々が並ぶ中世の街「メディナセリ」に出かけてみませんか? 白い村とは別の意味で、とてもスペインを感じさせてくれる街です。人口は1000人にも届かない小さな集落ですが、そこにはぎっしりとスペインが詰まっています。


 【スペイン料理】セニョーラスがよく使うスパイス10選をそろえてワンステップ上の料理

【スペイン料理】セニョーラスがよく使うスパイス10選をそろえてワンステップ上の料理

スペインで食べたあの味がどうしても出ない! と思ったらやっぱりスパイスに秘密がありました。筆者はアンダルシアで調理師資格をとりましたが、そのとき料理に使うワインとスパイスについてかなり勉強しました。ほんの少しだけスパイスを入れることでお料理の味がプロ並みになります。まず、使い方から説明しますので参考にしてください。


最新の投稿


マクドナルドのポテトファンに朗報!パーティーサイズが50%offということで行ってみた in Thailand

マクドナルドのポテトファンに朗報!パーティーサイズが50%offということで行ってみた in Thailand

タイにいらっしゃるマクドナルドのフライドポテトファンに朗報です!マクドナルドのフライドポテトが無性に食べたくなるときはありませんか?私はマクドナルドのポテトだけを目当てに足を運ぶほど大ファンです。塩加減が絶妙で、タイでも日本でも安定のおいしさ。パーティーサイズが50%offという噂を聞きつけ、さっそく行ってみました。


ミラノの邸宅美術館 vol.2【Museo Bagatti Valsecchi 〜19世紀の貴族の邸宅〜】

ミラノの邸宅美術館 vol.2【Museo Bagatti Valsecchi 〜19世紀の貴族の邸宅〜】

現地の美術高校、デザイン大学を卒業したミラノ在住者がおすすめする隠れスポット、それは邸宅美術館!貴族や資産家の邸宅だった建物が美術館として解放されているので普通のの美術館とはまた違う面白さがあります。そんな個性豊かな邸宅美術館たちをひとつずつ紹介!今回は1900年代のミラノの貴族が住んでいた館です。


【中国版クリスマス】中国人にとってのクリスマスって?クリスマスに対する人々の意識の日本と中国の違いあれこれ

【中国版クリスマス】中国人にとってのクリスマスって?クリスマスに対する人々の意識の日本と中国の違いあれこれ

もうすぐクリスマスですね!私が住んでいる中国でもクリスマスをお祝いする人が増えてきたのですが、実はこうなったのはここ1~2年のことなんです。今回は、中国(主に私の住む広東省の広州市)における人々のクリスマスに対する意識とクリスマス直前の街中の様子、クリスマスシーズンの日本との違いのあれこれについてご紹介たいと思います。


中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

12月に入り、世界中がクリスマスモードに突入。どこでディナーをしようか、恋人へのプレゼントは何にしようか……など、クリスマスのプランについて考え始めた人も多いのではないでしょうか。今年は思い切って海外で過ごしてみるのはいかがでしょう? 今回は中欧の国のひとつ、ポーランドのクリスマスを紹介します。


ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

今回の記事は、ロサンゼルスに最近オープンした丸亀うどんを紹介します。すでにハワイなどに店舗があり、長蛇の列ができるお店ですが、新装開店のロサンゼルス店はどのようなものなのかを調査してきました!ここでは日本スタイルのうどん、天ぷら、丼ものなどをかなり格安で楽しむことができます。お店情報や店内の様子など詳しく紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング