スペインで中世へタイムトリップして迷子になる旅!エストレマドゥーラの街トルヒージョを歩こう

スペインで中世へタイムトリップして迷子になる旅!エストレマドゥーラの街トルヒージョを歩こう

私たちが思い描くスペインがここにあったと実感できるエストレマドゥーラの旅。特におすすめなトルヒージョ(Trujillo)は16世紀の建物が続き、まるで中世の時代に迷い込んだようです。そんなところではとにかく歩いて、迷子になってスペインを実感して、素敵な思い出を作ってください。


エストレマドゥーラへ!タイムトラベルできるかも

トルヒージョ城から見下ろした風景

エストレマドゥーラにはバダホスとカセレスの2県があります。カセレスのある北部の方が綺麗な町や村が多く、観光地になっています。カセレス県のカセレス市とバダホス県のメリダ市が世界遺産に選ばれていますが、街全体の美しさではカセレスとその周辺の町の方が優れています。

カセレス市からわずか43キロメートルのトルヒージョもその一つ。ある意味、トルヒージョのように、外国からの観光客があまりいない町の方が古いものが古いままに残っていて旅をしていると言う感じが強いかもしれません。

迷子になる旅が楽しい!

城まで登れば道がマジョール広場に繋がっているのがわかります。

こう言う街全体が中世そのままと言うところではとにかく歩いて迷子になる旅が最高です。迷子になっても、遠くに見えるお城を目指し、戻る時は教会の塔を目指します。そして、仮に迷子になっても危険がないのも、こういう昔ながらの町の良いところです。

しっかり歩いて迷子になる!トルヒージョの正しい歩き方

マジョール広場への入り口

まず、サンミゲル広場からマジョール広場に通じるトンネル。いえ、トンネルではないですが、古い街は城壁に囲まれていますから、旧市内に行くとなると城壁の入り口から入らなくてはいけません。

マジョール広場

マジョール広場

マジョール広場にはピサロの彫刻、教会、があります。ピサロの彫刻はアメリカ合衆国の彫刻家Rumsenの作品で、未亡人によって寄贈されたものです。

パラシオ・マルケス・デ・ラ・コンキスタ (Palacio Marques de la Conquista)

マジョール広場の反対側です。ピサロの像のところから見るとこんな感じ。パラシオの左にはバルが並んでいます。パラシオの上の塔をよく見ると…

コウノトリの巣が見えます。中世の街並みが残っているところには、高層の建物が立てられないのでコウノトリの巣がたくさんあります。春に来て卵を産み、夏になると北ヨーロッパに発ちます。

歩く!歩く!

細い道があっちにあり、こっちにありします。どっちに行けばいいか迷ってもどちらも正解。古い街は、道が網の目状になっていますから歩いていれば必ずお城にたどり着きます。

La Sonata(ラ・ソナタ)という名のレストランが見えます。素敵なレストランですが、ちょうど閉店中。トルヒージョは夏は観光客が減少するので7月は閉めているレストランが多いようです。

トルヒージョ城

そして、カスティージョ。城です。ここでもたくさんの映画が撮影されました。最近では「ゲーム・オブ・スローン」などです。

ペルーから持って来たモニュメント。これを持ってくるのは大変だっただろうなと想像します。大地の上に流れる時の流れを感じます。そして、そんなに大変だったのに城の前にほったらかしというのにも驚かされます。

帰り道

トルヒージョ城から降りて行く道。同じ道を通るのはつまらないから別の道を通って、もっと迷子になりましょう。

Aljibeと呼ばれる建物。中から水の音が聞こえます。貯水タンクで、水の精製もしている場所。イスラム文化の遺産です。内部も見られるようですが、今回ははいりませんでした。暑い日だったら入ると涼しいかもしれません。

ピサロの生家(左)と当時の貴族の邸宅。ピサロの家は博物館になっていますが他の邸宅はそのまま誰かが住んでいるようで、改修されていました。古い家がまだ使われています。街の風景が変わるので、外壁を大きくつくり直すことはできないそうです。

トルヒージョはどこにあるの?行き方

トルヒージョの夕日

マドリードから行く場合は、地下鉄またはレンフェ(国鉄)のメンデス・アルバロ(Méndez Álvaro)駅に行き、バスステーション、エスタシオン・スール(estación sur)でavanzaと言う会社のバスに乗ります。

毎日、10本近く出ていますから、比較的楽にチケットを購入できます。バスは基本、指定席になりますが、空いているときはどこにでも座れますし、運転手さんに頼めば席を変更できます。

インターネットでも購入できます。英語対応。ほぼ、3時間〜4時間。時間に違いがあるのは、停車駅の数が違うからです。もちろん値段も違います。13ユーロから19ユーロくらいです。

途中で休憩がある場合があります。バル(カフェテリア)のある場所に止まり、トイレに入ったり、コーヒーやオレンジジュースを飲んだりします。

バスの場合、降りる場所がはっきりしないことが多いので、乗るときに運転手さんに知らせてもらうように頼みましょう。質問の仕方を載せます。

Cuando llegue Trujillo, avisame,por favor. (クアンド ジェゲ トゥルヒージョ、アビサメ、ポルファボール)

ポルファボールは英語のpleaseです。

たいていの場合、運転手さんはトルヒージョで降りる人を紹介してくれて、その人に一緒に降りるように言ってくれます。

ついでに世界文化遺産の街カセレスにも行きましょう。同じ路線のバスで、トゥルヒージョから3ユーロくらい、約1時間です。

Timetables and bus lines | Avanza Bus

http://www.avanzabus.com/web/timetables.html

Lines and bus timetables in Avanza. Routes information and national and international destinations. Book online.

バス会社のホームページ

迷って歩くトルヒージョ!迷えば迷うほどスペインが好きになる

せっかくスペインに行くなら、古い街並みの中で迷子になりましょう。路地の写真や猫の写真、素敵な写真がたくさん撮れます。知らない人とのふれあいも嬉しい、スペインの旅。思いがけない出会いがあるかもしれません。

この記事のライター

スペインに住んで17年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連する投稿


スペインの習慣を知って滞在を倍楽しむ!『ローマにありてはローマ人に従え』

スペインの習慣を知って滞在を倍楽しむ!『ローマにありてはローマ人に従え』

スペインは、ヨーロッパの中でも違う習慣が保たれています。時間帯も他のヨーロッパの国とも違いますから、初めて行って驚く人もたくさんいます。そして、「やっと慣れたら、帰国!」ということになってしまった人が多いようです。そうならないためにスペインの習慣を紹介します。


スペイン人って並ばないの? スペイン式順番の待ち方を覚えてお店に入ってお買い物♪

スペイン人って並ばないの? スペイン式順番の待ち方を覚えてお店に入ってお買い物♪

外国でお買い物をするときはやはりデパートやスーパーマーケットなどの方が楽々ですね。欲しいものをピックアップしてレジで払うだけ。しかし、やはり、小売店に入った方が、おいしいものに出会えます。ところが、あることを知っていないと永遠にあなたに順番が回ってきません。その国の習慣を知って楽しくお買い物をしましょう。


スペインで最大のお祭りのあるエル・ロシオ!アンダルシアの小さな村へバスで行く

スペインで最大のお祭りのあるエル・ロシオ!アンダルシアの小さな村へバスで行く

スペイン最大のお祭りロメリア・デ・エル・ロシオが開催されるエル・ロシオはウエルバにある小さな集落です。エル・ロシオはウエルバ県にあり、セビージャからも比較的近い場所です。セビージャに行くついでに、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。エル・ロシオとその周辺の観光スポットを紹介します。


フランスとスペインの国境の街アンダイエとイルン!歩いて国をこえてみようよ♪新しい自分に出会えるかも

フランスとスペインの国境の街アンダイエとイルン!歩いて国をこえてみようよ♪新しい自分に出会えるかも

大陸に住んでいると国境というものがあります。国境を超えただけで言葉が変わり、習慣も食べ物も変わってしまいます。人間が決めたただの「線」なのに、全く別の世界に入り込んでしまいます。国境を歩いて通ってみましょう。スペインからフランスへ入って行くと何がどう変わるのか体験してみましょう。


スペインで修道院のお菓子を食べてみよう!在住者が種類と買い方を詳しく解説

スペインで修道院のお菓子を食べてみよう!在住者が種類と買い方を詳しく解説

スペインといえば修道院のお菓子!でも修道院に入って買うというのは難しそうと思っていませんか?内部に入っても誰もいないことが多いので躊躇しますよね。今回、エストレマドゥーラ、カセレスの修道院に行っておいしい修道院のお菓子を買いました。買い方をしっかり解説しますから、あなたもぜひ試してください。


最新の投稿


テーブルの上に置いてあるタイのおいしいお菓子「カノム トゥアイ」を食べてみよう

テーブルの上に置いてあるタイのおいしいお菓子「カノム トゥアイ」を食べてみよう

タイでよく見かける小さなお椀に入った食べ物。これはココナッツを使ったおいしいお菓子で、タイ人が大好きなもの。ラーメン屋やタイ料理屋のテーブルの上に置いてあることが多く、屋台で売られていることもあります。ココナッツプリンのようなもので日本人でもおいしくいただける味です。私もだいすきなカノム トゥアイについてご紹介します。


バンコクから約1時間!タイムスリップしたかのような雰囲気を楽しめるクレット島に行ってみた

バンコクから約1時間!タイムスリップしたかのような雰囲気を楽しめるクレット島に行ってみた

バンコク郊外にある観光地のひとつである「クレット島」。バンコク在住者は訪れたことのある人が多い場所です。どこか懐かしいような雰囲気で、昭和へタイムスリップしたかのような不思議な雰囲気を楽しめるのも魅力のひとつでしょう。都会の喧騒から離れ、癒されたい人にもおすすめの場所です。「クレット島」について詳しくみていきましょう。


今年は日本人が優勝!オレンジカウンティのハンティントンビーチで年に一度行われるサーフィンの大会!

今年は日本人が優勝!オレンジカウンティのハンティントンビーチで年に一度行われるサーフィンの大会!

アメリカ・カリフォルニア州のオレンジカウンティにあるハンティントンビーチは有名なサーフタウンです。ここで毎年8月に行われるサーフィンの大会、バンズオープンの決勝戦を見に行ってきました!美しいビーチでトップサーファーが目の前で見れてしまうこの大会!夏に南カリフォルニアに来る人は旅のプランにぜひ入れてもらいたいです。


バンコクの若者を中心に流行っているスイーツ2選!バンコクでおすすめのスイーツをご紹介

バンコクの若者を中心に流行っているスイーツ2選!バンコクでおすすめのスイーツをご紹介

バンコクには、おしゃれなスイーツやエンターテインメント性のあるスイーツなど、様々なアイディアスイーツがありますが、今1番バンコクで流行っていると言っても過言ではないスイーツショップが「After You」と「IceDEA」です。話題性としては今のところ2トップでしょう。それぞれのおすすめメニューなどをご紹介します。


不思議なほどのエメラルドグリーンに輝くスイスのブラウ・ゼーで癒しのひと時を!

不思議なほどのエメラルドグリーンに輝くスイスのブラウ・ゼーで癒しのひと時を!

アルプスの大自然が作り出す神秘の光景を楽しむことができる、スイスのブラウ・ゼー。公共交通機関を使ってのアクセスが容易なのも魅力です。スイス観光の拠点となるインターラーケンから一歩足を延ばして、妖精でも出てきそうな独創的な雰囲気を楽しみに出かけてみませんか?この記事では私のブラウ・ゼー初体験を詳しくレポートします!


最近話題のキーワード

トラベルクリップで話題のキーワード


タイ バンコク メキシコ カンクン クレット島 韓国 市場 パタヤ