手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

既製品よりもオーダーがなぜか安いジャカルタ。手作り大好きな人も、そうでない人も楽しい生地屋や手作り品のパーツが集まるパサールがあります。生地屋が取り囲むパサールで、好きな生地を買い、イメージを伝えるだけでオリジナルの服が作れます。自分で作る人は、驚くほどの安さで材料が買えますので、テンションあがること間違いなしです。


パサールマエスティックとは

モール〔パサールマエスティック〕Mayestik を中心として、周りの道路沿いに生地屋さんが立ち並ぶ区画です。

モールの周りの生地屋

 以前はパサール(市場)ということで、混沌とし危険とも言われていましたが、数年前にモールの業態に建て替えられました。地下にはアジアの市場らしく食料品も売っていますし、お土産にも使えそうな雑貨類のお店もたくさんあります。

ジャカルタで簡単に手に入る。もらったほうも困らないおすすめのバラマキ土産

http://travelclip.jp/articles/135

「何これ??」「おいしくなさそう」「何かわからない」「使いかたわからない」というお土産をもらったことはありませんか?出張や旅行で訪れたときに、みんなに配るお土産を買って帰りますよね。おやつに食べてもおいしいし、もらったほうも珍しい、インドネシアらしさもある低価格なおすすめのバラマキ土産を紹介します

こちらのお土産の紹介のページで、雑貨屋さんのところはご紹介したことがあります

Pasar Mayestik

https://www.pasarmayestik.com/

Pasar Mayestik Pasar Tradisional Modern

インドネシア語にはなりますが、雰囲気がよくわかります

 この”マエスティック”と呼ばれるエリアは、駐在妻はほぼ100%訪れるところです。生地屋さんはインド系のオーナーが多いのですが、インドネシアの民族衣装のバティックの生地も購入することができます。男性のスーツ生地や日本製の生地もあります

まずは生地選びから

生地屋さんの店頭

生地屋さんはたくさんあります。店頭に並んでいる生地の柄や雰囲気、行く日によっては値引き(DISKON)率も30%~60%と違いますので、そのあたりも見ながら生地屋さんをまず絞ります。

生地屋さんはオーナーがインド系の場合が多いです。特に大きな生地屋さんは、英語も話せるスタッフがいるときもあります。

とにかく1店舗ずつ、生地の種類は多いです。紳士用のワイシャツやスーツ生地が得意なお店。ドレスや民族衣装のクバヤ用のレースやきらびやかな生地が多いお店、日本製の生地を扱う店など多種多様です。

インドネシアの文化であるバティックの専門店もありますが、初心者はプリントされたバティック柄の生地を選んで服を作るのが最初の一歩というところでしょうか。

安い場合は1m280円(Rp30000)ぐらいから購入できますので、子供のワンピースなどは生地代だけで400円くらいで買えてしまうこともあります。

見本となる服を持って行っておくと、購入する時に「この生地なら幅が○○mなので、○m必要」と教えてくれたりします。

バティック生地やドレスだけでなく、欲しければ「綿100%の薄い生地がほしい」「リネンの柄物」「裏地に使う生地」など、お店の人に探してもらった方が早い場合もあります。

手作りに必要な付属の商品

特に買って用意する必要はありませんが、生地屋の並びにはボタンやファスナー、リボン、レースなどの付属のものだけを販売しているお店もあるので、気に入ったものを使いたい場合は自分で買って持っていきます。

服を縫ってくれるテーラーさんへ

モールの最上階には、畳3畳くらいのお店を構えてミシンだけを置いているテーラーさんが100軒以上あります。

店先には仕上がった洋服がかけられているので、紳士のスーツ専門のテーラーさん。ドレスやコルセットの専門。ワッペン作りのお店など、だいたい見てわかるようになっています。

テーラーさんによって、縫製価格も仕上がりの出来不出来も違いますので、知っている人と行くのがいいですが、ブログなどで自分の懇意にしているテーラーさんを紹介している人もいますので、参考にしてください。

簡単なゴム入りスカートやガウチョパンツなどはRp200000~300000くらいで、男性用のバティックシャツや正装のクバヤは、工程が多かったり柄あわせが必要だったりするので、Rp300000~500000と少し高めになります。

オーダーするときの注意事項

見本を持っていく

インドネシア語ができれば、見本を持っていかなくても口で説明できそうですが、写真を見せても後ろや横からの形がわからない。フレアな感じにしたくても雰囲気が伝わらない。などということもありますので、できれば元にする洋服を持って行ってコピーを作るのが確実です。

見本を持って行って、「ここのサイズを大きくして欲しい」「丈を短くしてほしい」「リボンをここにつけてほしい」など、見本を元に細かいオーダーはできます。

詳細な説明を渡す

テーラーさんは、ほぼ英語ができません。見本がない場合は絵で書いたり写真を見せたりしながら細かい部分を説明します。

その場で採寸もできますので、フィット感や長さなどはテーラーさんに計ってもらいながら説明するのもいいです。

これも勉強だな。と思う

細かく説明したにもかかわらず、要求が細かすぎたり、交渉した金額が安すぎたり、もともと腕がよくなかったりで、出来上がりが思ってたものと違う!なんてこともあります。

一度裁断して縫ってしまったものは、オーダーなのでよほどの語学力がないと弁償してもらうなんて難しいです。その時は「これも勉強だな」と思って、次回テーラーさんを変えるなどして再チャレンジです。

既製品の安いものを買うこともできますが、比較的衣料品の価格は高めのインドネシア。自分のサイズで、好きな柄で作ってもらえる。生地を買うときから縫製までの金額交渉なども楽しかったりします。テーラーさんによって、仕上がりの日数も3日から2週間と様々ですが、行く度に作ってしまうという、楽しいスポットでもあります。

この記事のライター

2017年4月よりジャカルタに在住。旅行者と同じように観光スポットめぐりをしてますので、在住者ならではの情報をあわせてお届け

関連する投稿


世界一の観光地バリ島で、どのホテルに泊まればいいの?エリア別おすすめ情報

世界一の観光地バリ島で、どのホテルに泊まればいいの?エリア別おすすめ情報

世界一の観光地インドネシアのバリ島。エリアによって雰囲気もアクティビティも金額も違います。何をしたいか?見たいか?によって選ぶエリアを間違えると、行ったり来たりが意外と大変です。リピーターも多いバリ島で、ホテル選びをどこにするか?1回といわず2回、3回泊まるエリアを変えるのも楽しいです。バリ初心者のためのエリア情報です


【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(小学生向け)を4つご紹介いたします。


【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(プレママ~幼児向け)を4つご紹介いたします。


ジャカルタの買い物ではずせないバザーやポップアップショップの魅力って?

ジャカルタの買い物ではずせないバザーやポップアップショップの魅力って?

ジャカルタの買い物スポットといえば大きなモールになるのですが、家賃が高いゆえに、小さなブランドや若手クリエイターには敷居がたかすぎるので、どこのモールもラインナップが同じだったりします。渋滞も激しいめ、お洒落エリアも路面店を見て回るなんてなかなかできません。バザーや、モールのポップアップショップはかわいいものの宝庫です


南米ボリビアでしか採掘できない宝石、ボリビアニータをボリビア旅行のお土産におすすめしたい

南米ボリビアでしか採掘できない宝石、ボリビアニータをボリビア旅行のお土産におすすめしたい

南米大陸の真ん中の国ボリビアにはたくさんの観光資源があります。また天然ガスやリチウム、石油といった文字通りの資源もたくさんある豊饒な国です。そして、ボリビアには、世界でボリビアだけでしか採掘できない貴重な宝石があります。その名もボリビアニータ。ボリビアを訪れた際にはお土産として買っていってほしいこの宝石についてご紹介。


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング