<完全攻略法つき>韓国でパンダを見るならエバーランドへ!動物を間近で見れるサファリも充実!

<完全攻略法つき>韓国でパンダを見るならエバーランドへ!動物を間近で見れるサファリも充実!

韓国でパンダを見ることができるのは、ソウル近郊の地方都市、龍仁(ヨンイン)市にある遊園地「エバーランド」。ここでは、中国からやってきた2匹のパンダを見ることができます。遊園地ですが、パンダのみならずキリンやライオン、クマなどのサファリも充実しています。動物がよく見える席や園内の回り方の攻略法も書きました!


ソウルから日帰りで行ける遊園地「エバーランド」

エバーランド

ソウル市近郊の地方都市、龍仁(ヨンイン)市にあるアミューズメントパーク「エバーランド」。家族連れや外国人観光客でいつも賑わっているスポットです。

ここは遊園地ですが、動物を間近で見ることのできるスポットとしても優秀なんです。特に、2016年には中国から2匹のパンダがやってきたことで、さらに注目を集めています。

人気のパンダワールドにはパンダが2匹

お昼寝中のパンダ

ロッテワールドで見ることができるパンダは、雄の「ロバオ(楽宝)」と雌の「アイバオ(愛宝)」。写真を撮った時は、お昼寝中でした。

間近で見れるパンダ

エバーランドではパンダの生態を間近で見ることができるのが魅力です。
ガラス一枚隔てただけの目の前でパンダを見ることができます。

室内だけではなく、屋外に通じる道もあり、冬場には雪で遊ぶパンダを見ることができるかも。

お食事タイムや、飼育員さんの解説タイムもあるので、施設内のタイムスケジュール表は要チェックです。

お土産や飲食物もパンダづくし!

お土産コーナー

施設出口にあるお土産コーナーにはパンダがずらり!どれも可愛くてみんな連れて帰りたくなっちゃいます。

パンダカフェのメニュー

施設を出るとパンダカフェが。パンダをモチーフにしたアメリカンドッグや肉まんなどが販売されています。ドリンクのカップにもパンダの顔が描かれています。テイクアウトも可能。もちろんカフェ内でゆっくりいただくこともできます。

サファリのバスは運転席すぐ後ろの席を陣取れ!

サファリのバスから見るクマ

エバーランドでは、パンダ以外の動物も間近で見ることができます。
バスに乗って、ライオンやホワイトタイガー、クマなどを見ることができる「サファリワールド」。

オススメの席は、運転席の後ろ1〜3列目です。運転手さんがクマにエサをあげるので、クマは運転席に近づいてくるのです。エサ欲しさに様々な芸を披露してくれるクマたちが、すごく愛らしいですよ。ぜひ目の前でご覧ください。

ロストバレーでは左列中央席がオススメ

キリンが目の前に

窓なしの水陸両用車に乗って、ゾウ、キリン、カバなどの動物を見る「ロストバレー」。窓ガラスがない分、サファリよりも動物が近づいてきた時の迫力がすごいです。

こちらのオススメ席は、左列の中央。キリンのエリアで添乗員さんが左側にいるキリンにエサをあげます。車内の前方、中央、後方の3ヶ所でエサをやるので、中央に座ると3回ともよく見えます。

動物エリアを優先して見るプランがオススメ

動物エリア「ズートピア」では、他にも小動物のショーや、アシカのショーなどが行われています。事前に公演時間を把握して、効率的に回るのをオススメします。エバーランドの日本語サイトから公演スケジュールを確認できます。

私が訪れた2月は、動物エリアの施設の入場は16:30まででした。先に動物エリアで充分楽しんでから、遊園地エリアに移動する方が良さそうです。

園内の移動はリフトやゴンドラでも

園内移動のリフト

とにかく広い園内。徒歩での移動もいいのですが、エリアをすっ飛ばして移動したい時は、リフトやゴンドラを利用しましょう。

夕方〜夜は遊園地やパレードを楽しもう

パレード

動物エリアを充分楽しんだら、遊園地エリアへ移動して楽しみましょう。幼児が乗れる乗り物も多いので家族連れでも楽しめます。

小さい子の乗り物は、怖い時は係員さんに向かって手をあげれば、止めてくれるという驚きの歯医者さんシステム(笑)。他のお子さんが泣いて乗り物の動きが止まっても、広い心で待ってあげましょう。

暗くなったら、写真のような電飾パレードも。パレードのあとはキャストの方と写真撮影タイムもあります。


動物園としても遊園地としても楽しめるエバーランド。私の攻略法を活用して、最大限楽しんでくださいね!

この記事のライター

韓国のソウル郊外で旦那と子供と猫と暮らしている主婦です。
韓国国内旅行、グルメ、韓国文化、韓国語などについて
書きます。

関連するキーワード


韓国 ヨンイン ソウル

関連する投稿


日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

韓国は豪華なかき氷デザートが有名ですが、今回、韓国の明洞で、「Korean Dessert Cafe(コリアンデザートカフェ)雪氷(ソルビン)」に行ってきました。このお店はローカルの友達が連れて行ってくれました。実際に本場のかき氷を試してみて、日本のかき氷とは違う豪華な盛り付け、ふわふわのかき氷に大満足でした!


【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

ソウルのこども向けお仕事体験テーマパークと言えば、日本でもおなじみの「キッザニア」をはじめ、複数あります。こどもにとっては、普段なかなか体験することのない大人のお仕事を実際に体験できるとあって、人気が高く、どの施設も週末は混雑しています。今回は、その中でも格安で人も少なめの超穴場な施設をご紹介したいと思います。


「ちゃんぽん」は長崎だけじゃなかった!若い人たちに人気のお店Hong Kong Banjum(ホンコンバンジュム)で食べてみよう

「ちゃんぽん」は長崎だけじゃなかった!若い人たちに人気のお店Hong Kong Banjum(ホンコンバンジュム)で食べてみよう

九州出身の筆者は「ちゃんぽん」というと長崎ちゃんぽんを思い浮かべます。しかし、今回、韓国明洞に行った時に、韓国にも「ちゃんぽん」なるものが存在することが分かりました。「長崎ちゃんぽん」とは全く違うジャンルの「ちゃんぽん」を試してみることにしました。Hong Kong Banjum(ホンコンバンジュム)のレポートです。


オーナーハンさんが大人気!明洞のホテル「Sieoso Hotel(シオソホテル)」の温かさに感動した!

オーナーハンさんが大人気!明洞のホテル「Sieoso Hotel(シオソホテル)」の温かさに感動した!

韓国の首都ソウルに観光で訪れた際、明洞にある「Sieoso Hotel(シオソホテル)」に泊まりました。オーナーの人柄の良さがとことん反映されている「Sieoso Hotel(シオソホテル)」で快適に過ごすことができました。融通がきき、とても助かりました。そんなシオソホテルについてご紹介します!


スープまで飲み干したくなる!韓国土産に超オススメの「キムチチゲラーメン」

スープまで飲み干したくなる!韓国土産に超オススメの「キムチチゲラーメン」

韓国のカップラーメンは、「辛ラーメン」に代表されるように、とにかく辛いのが主流です。「韓国のカップ麺は、なんだか人工的な味が苦手・・・」という方もいらっしゃるかと思います。今回は、韓国人にはもちろん、在韓日本人の間でも「美味しい!」と話題になっているコンビニカップラーメンをご紹介したいと思います。


最新の投稿


日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

韓国は豪華なかき氷デザートが有名ですが、今回、韓国の明洞で、「Korean Dessert Cafe(コリアンデザートカフェ)雪氷(ソルビン)」に行ってきました。このお店はローカルの友達が連れて行ってくれました。実際に本場のかき氷を試してみて、日本のかき氷とは違う豪華な盛り付け、ふわふわのかき氷に大満足でした!


【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

中国広東省広州市は、日本と比べると物価は安めです。でも安いのは主にグルメと交通費。地価の値上がりと共にファッションアイテムは年々値上げの傾向にあり、案外日本と変わらなかったりします。今回はそんな中国広州で、地元の若者に大人気の「トレンドでしかもプチプラなお洋服がたくさん手に入る激安ショッピングスポット」をご紹介します。


芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術家やアーティストを目指す学生の街として知られているメキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」。観光地としても人気で、アメリカから日本から多くの人が訪れます。メキシコ特有のカラフルな街並みに加え、どこかロマンティックでセンスが光る雰囲気が心地良い。散策で感性が磨かれていくような気分にさせられる、素敵なこの街を紹介します。


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

ソウルのこども向けお仕事体験テーマパークと言えば、日本でもおなじみの「キッザニア」をはじめ、複数あります。こどもにとっては、普段なかなか体験することのない大人のお仕事を実際に体験できるとあって、人気が高く、どの施設も週末は混雑しています。今回は、その中でも格安で人も少なめの超穴場な施設をご紹介したいと思います。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング