日本人街として有名なシラチャ!タイ人が描く日本を体現した「Jパーク(日本村)」をご紹介

日本人街として有名なシラチャ!タイ人が描く日本を体現した「Jパーク(日本村)」をご紹介

日本人街として有名な「シラチャ」をご存知でしょうか?バンコクのお隣チョンブリ県シラチャ群には、多くの日系企業が進出したことからたくさんの日本人が生活しています。そんなシラチャには、タイ人が描く日本を体現した「Jパーク」という日本食レストランなどが集まるコミュニティーモールがあり、オアシスのような場所となっています。


シラチャについて

バンコクからパタヤに向かう途中にあるシラチャ。パタヤから北に30㎞ほど行ったところにある街で、「日本人の街」としても知られています。シラチャではなく、シーラチャなんて言ったりもします。

バンコクも日本人が多いですが、それよりシラチャの日本人密集率は高いです。ある情報によると、シラチャには10000人を超える日本人が住んでいるのだとか。シラチャ近郊には、複数の工業地帯が存在するのですが、それが日本人が多く住む理由に関係しています。有名日系企業がシラチャに押し寄せ、それぞれの会社に勤める日本人駐在員やその家族、現地採用者などがこの街に集まるように暮らしているのです。

そして、シラチャに住む日本人を相手にした商売をするタイ人や日本人が集まり、今あるような「日本人が多く住む街」というイメージが浸透しました。日本人が住みやすいような街になっていて、子連れの日本人もよく見かけます。日本人学校もあり、日本人にとっては生活しやすい街でしょう。日本人の増加に伴い、2009年にはタイ王国2校目の日本人学校がシラチャに開校しています。

パタヤを始め、シーチャン島、サメット島などの海にも気軽に足を運べ、南国らしい生活を楽しめます。年々発展を続け、高層の建物がすごい勢いで増えていますよ。日本人をターゲットにしたようなコンドミニアムも出てきていて、建設中の建物もたくさん。今後が楽しみな街でもあります。バンコクまでのアクセスも良いです。

シラチャ駐在妻たちは案外良い暮らしをしているのも事実です。子どもたちの学校までの送り迎えからスーパまでの買い出しまでの送迎がついているようなコンドミニアムに住んでいたり、充実した南国ライフを送っています。もちろんフィットネスジムやプールつきのコンドミニアム。「シラチャに来て良かった」と思っている駐在妻たちは多いようです。

日本人も住みやすいシラチャ

シラチャは徒歩圏内に生活に必要な全てが揃っていてとても便利です。24時間営業のマックスバリューもありますし、トゥクトゥクからタクシー、コンドミニアムの送迎などと移動手段にも困りません。「日本人の街」というイメージがあることから、日本人びいきしてくれているような感覚もあります。タイ人も日本人を歓迎してくれますし、日本人になじみのあるレストランも多く、日本人にとっては住みやすい街です。

スマックスバリューなどのスーパーも便利ですが、海沿いの方にはシラチャ市場があります。市場では野菜やフルーツが手頃な価格で手に入るので、スーパーと市場を使い分けたりします。こういうのは住んでみて自然と覚えるもの。探検がてら少し足を伸ばせば、さまざまな発見があるのも海外生活の醍醐味ですよね。

シラチャの近くには、有名なビーチリゾート「パタヤ」があります。パタヤにはかなりの数のマッサージ店があるのですが、その名残でシラチャにもマッサージ店がたくさんあります。1時間200バーツでマッサージを受けられるのですから、好きなだけ行けます。

美容院やネイルサロンなど、美容系のお店もたくさん。他にも、イミグレーション、警察署、市役所、郵便局、病院、となんでもあります。病院などはもちろん日本語対応なので、タイ語ができなくてもそう困らないのがシラチャなのです。日本人が押し寄せて形成された街という背景があるため、日本食レストランはかなり多いです。すし屋、居酒屋、ラーメン屋はとくに多く、タイ人からも人気があります。

タイ人が描く日本を体現した「Jパーク」

フロアガイド

「Jパーク(日本村)」とは、シラチャにある日本をモチーフにしたコミュニティーモールで、日本食レストラン、マックスバリュー、ダイソー、ツルハドラッグなどが入っています。タイの会社が経営している施設で、タイ人が描く日本を体現されています。2013年7月にソフトオープン、2014年10月にグランドオープンして以来、日本人だけでなくタイ人からも人気の場所となっています。

タイ人からすると、1つの観光地のようになっているかもしれません。Jパークでは多くの日本人を見かけますが、日本人よりタイ人の方が多く訪れています。あらゆるところで記念写真を撮るタイ人観光客が印象的でした。

【J-PARK (Jパーク)日本村 】
1 Moo.6 Sriracha-Nongkro Rd., Surasak, Sriracha, Chonbur
・営業時間 10:00〜22:00(飲食店は深夜まで)
・年中無休

Jパークは、シラチャ市内から車で10分ほどで到着します。パタヤへ行った帰りによる人も多いです。Jパークはもともと、ショッピングモールがメインではなく、「日本とタイをつなぐ場所」として始まったそうです。日本を身近に感じられるJパークは、タイ人からも好評です。 2013年にソフトオープンし、そこから徐々にお店が増え、今では多くのお店が入っています。

jパーク

日本人にとってはオアシスのような場所

広場

広場では、子どもたちが乗り物に乗って遊んでいます。日本庭園に日本家屋、赤提灯といった日本を意識した造りのJパークですが、とくにコレ!というものはありません。日本を模倣したタイのイオンのようなところですが、子ども連れでも楽しく、シラチャのオアシスのような場所でもあるでしょう。

江戸時代をイメージ

コンセプトは江戸時代。江戸時代をイメージした和風スタイルで、イベントを通して日本の四季や文化を感じられるようになっています。装飾にはこだわているようで、そこがまたタイ人にウケています。食事をするついでに、日本が感じられるのはなんだか嬉しいです。

jパーク

うまいもん広場には11店舗の日本食レストランが入っている

jパーク

うまいもん広場 は、11店舗の日本食レストランが入っています。しゃぶしゃぶ「和食さと」、とんかつ「さぼてん」、回転寿司「うまい」、ラーメン「幸楽苑」、焼肉「栄吉」など。タイ料理やイタリアンも少し。今回は幸楽苑をチョイス。味うんぬんよりも、タイでも食べられるということが嬉しいですね。

幸楽苑

冷やし中華

マックスバリューで買い物をして帰ろう

Jパークにはマックスバリューも入っているので便利です。日本の食材や調味料が手に入るマックスバリューは、日本人からとくに重宝されています。日本国内で700店舗以上を展開するイオングループのスーパーマーケット「マックスバリュー」は、タイにも約80店舗ほどあります。

イオングループがタイに進出したのが1984年らしく、バンコクのラチャダーピセーク通りに「JUSCO」をオープンしたのが始まりなのだとか。2007年にはマックスバリュー1号店をナワミン通りにオープン。その後はすごい勢いで店舗を増やし、今ではあちこちでマックスバリューを見かけます。

マックスバリュー

大きめの焼き芋を1つ購入。150バーツ(500円ほど)だったので、幸楽苑の冷やし中華の値段と変わりません。マックスバリューでは日本と同様に柔らかくて甘い焼き芋がゲットできちゃいます。おいしいなら少しくらい高くても問題ありません。タイでもおいしい焼き芋が食べられるということが嬉しいのです。スイートポテトなんかも売っていて、サツマイモはタイ人の心も掴んでいるようです。

Jパークには宿泊施設もある

「J パーク ホテル アンド サービスド アパートメント」という宿泊施設もあり、ビジネスなどでチョンブリ県に滞在する方などから重宝されています。シャワートイレにバスタブ、木目調の部屋、大浴場完備と、日本人にとっては嬉しいホテルです。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ シラチャ

関連する投稿


1週間のバンコク滞在でSIMは必要?バンコクで実際にSIMカード買うならどれがいい?

1週間のバンコク滞在でSIMは必要?バンコクで実際にSIMカード買うならどれがいい?

タイバンコクに滞在の際、SIMカードを購入することにしました。使用していないSIMフリーの携帯を持ち込み、それにSIMカードを入れて使用しました。私たちが選んだSIMカードは、AISという会社のものでした。この会社を選んだわけや、空港でのSIMカード購入までの流れ、実際に使用した感想などをお伝えします


タイのバンコクの交通手段にGrabはオススメか?実際に使用して見た結果は?

タイのバンコクの交通手段にGrabはオススメか?実際に使用して見た結果は?

最近、便利な交通手段にGrabタクシーがあります。スマートフォンやWiFiが整ってきているので、利用しやすい状況にあります。今回タイのバンコクでもGrabを使ってみました。その結果、使用する際に注意した方がいいと感じることも…。今回はバンコクでGrabを実際に使って、感じたことをお伝えします。


王族の旧邸宅を改装した建物の一軒家レストラン「The Gardens of Dinsor Palace」がおしゃれ!

王族の旧邸宅を改装した建物の一軒家レストラン「The Gardens of Dinsor Palace」がおしゃれ!

スクンビットのど真ん中に、とってもおしゃれなカフェレストラン「The Gardens of Dinsor Palace」があるのをご存知でしょうか?このカフェレストランは、約100年前に建てられた王族の旧邸宅を改装したもので、レトロでゴージャスな雰囲気が魅力です。最近では、結婚式なんかにも使われるほど注目されています。


気持ち良すぎて2回も通ってしまった!タイバンコクのマッサージ店をご紹介!

気持ち良すぎて2回も通ってしまった!タイバンコクのマッサージ店をご紹介!

タイに行くと多くの人がやってみたい!と楽しみにしていることの一つがタイ式マッサージではないでしょうか?今回プラトナム市場の近くにある「ChanTraditional Thai Massage」に行ってきました。リーズナブルなのに気持ち良さすぎ!なんと2回も通ってしまうという結果に…。そんなマッサージ店をご紹介します。


名前入りの小物をタイのお土産に!世界で一つだけのオリジナルパスポートケースも作れます!

名前入りの小物をタイのお土産に!世界で一つだけのオリジナルパスポートケースも作れます!

タイのバンコクではバスポートケースやポーチなど、ちょっとした雑貨に名前を彫り込んでくれるサービスのショップをあちこちで見かけました。カラフルな雑貨に自分の名前を彫り込んでもらい,好きなチャームをつけることもできます。そうやって、オリジナルの雑貨を作ることができます。そんなショップに実際に行ってきました。


最新の投稿


【スペインの城シリーズ】カソルラの山のてっぺんにある城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナス

【スペインの城シリーズ】カソルラの山のてっぺんにある城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナス

スペインの城シリーズ第8回は、私の住んでいるカソルラにある廃墟になっている城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナです。城は博物館になっているものも多いのですが、この城はただそこにある、それだけの廃墟です。周りはハーブがたくさん生えて、静かで落ち着く場所。こういう場所に来るのもなかなか素敵ですよ。


南米のボリビアの熱帯では蚊には十分気を付けたいところ!蚊対策もご紹介します。

南米のボリビアの熱帯では蚊には十分気を付けたいところ!蚊対策もご紹介します。

南米大陸の熱帯地方はアマゾンの肥沃なジャングルに囲まれていて自然がたくさんあります。そして、多種多様な動植物を垣間見ることができ世界的にも人気の観光スポットとなります。しかし、熱帯、ジャングルと聞く中で気を付けておきたいのは病気です。蚊が媒介する病気がいくつかあり予防接種が義務付けられることもあり注意が必要です。


ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

南米大陸の国ボリビアは日本でも少しづつ知名度が上がってきています。経済発展を遂げていますが、まだまだ途上国です。そんなボリビアで休日の楽しみと言えば豚肉料理を味わうこと。スープで味わったり、フライや炭焼きにしたりと様々です。そして、その料理の仕方もダイナミック!豚に関しても日本と比べてより身近な存在で興味深いです。


ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

トリーアはドイツ最古の都市と言われる、ドイツ西端に位置する町です。その街並みはとてもかわいらしく、どこか女性的。インスタ映えスポットにも事欠きません。日本で言うところの奈良のような存在、ドイツの古都トリーアの観光名所を、私が実際に行ってみ良かったと思うものに厳選してご紹介します。ぜひ次回の旅行の参考にしてください!


【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

スタバが好きな人!?海外旅行や海外で生活をしていて、現地のカフェやレストランなどに入るのがちょっと勇気がいるな〜という時に重宝するスターバックス。スターバックスはどこの国でも大体同じドリンクがあって、店員さんが優しくて私はとても安心できます。今回はベトナムホーチミンのスターバックスの雰囲気を紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング