MBKでの買い物に疲れたら、おしゃれなカフェで休憩しよう!河沿いにある「Thirsty you cafe」をご紹介!

MBKでの買い物に疲れたら、おしゃれなカフェで休憩しよう!河沿いにある「Thirsty you cafe」をご紹介!

タイは知る人ぞ知るコーヒー豆の産地です。また、タイのバンコクにはおしゃれなカフェがたくさん存在しますので、コーヒー好き、カフェ好きにはたまらない場所でもあります。そんなバンコクの隠れ家的カフェ「Thirsty you cafe」に飛び込みで入ってみました。とても雰囲気がよく、まさに、知る人ぞ知る穴場的スポットでした。


「Thirsty you cafe」は、有名な観光&買い物スポットの近くにあります!

ジム・トンプソンの家

今回ご紹介する「Thirsty you cafe」は有名な観光スポットであるジム・トンプソンの家や、MBKという大きなショッピングモールの近くにあるカフェです。「Thirsty you cafe」に入ることになったきっかけは「買い物に疲れたから休憩しよう」と思い立ったことです。

私たちは、MBKの買い物をした帰り、「どこかのカフェに寄って休みたいね」ということになりました。そして近くのカフェを検索したところ、この「Thirsty you cafe」が徒歩圏内にあることが分かりました。それで、「とりあえず、行ってみよう!」ということになりました。

「Thirsty you cafe」の行き方は?

yeloは右という黄色の矢印があります。それに従って進んでいきます。

「Thirsty you cafe」にいくためには、まずジム・トンプソンの家を目指す必要があります。ジム・トンプソンの家を過ぎ、そのまま歩いていくと、通りは川で行き止まりになっています。その川沿いには、人が1人通れるほどの小道が走っています。突き当たりで右に曲がり、小道沿いを進んでいきます。

あたりには何もなく、ただ川が流れているだけです。「本当にここであっているの?」とも思いかねないような道です。そんな道をてくてく進んでいくと、そのうち「Thirsty you cafe」が見えてきます。黄色を基調にしてデザインされています。

堂々と「Thirsty you cafe」と出ているわけではなく、系列店舗である、「yelo」と堂々と出ているので分かりにくいかもしれません。

「Thirsty you」と書いてあるドアを開けると…

ドアを開けて中に入ると、向かって左側にさらにもう一つのドアがあり、「Thirsty you」と出ています。ここまでくると、もう迷うことなくカフェがどこにあるか分かります。

「Thirsty you cafe」の店内は?

欧米人が大勢集まり賑わうカフェ

カフェの中に入ると、そこは黄色を基調にしたインテリアになっていました。かなり黄色が主張しているのに関わらず、落ち着きがあり、リラックスできる環境でした。

ほとんど満席で「席が空いていないのでは」と思うほどに多くの人で賑わっていました。客層は欧米人がほとんどでした。みんなとてもリラックスしている様子で、「ちょっとコーヒーを飲みにきた」というだけでなく、じっくりと時間をかけて、カフェ店内で過ごしているように感じました。

カフェ店内

店内にパソコンを持ち込み、じっくりと作業をしている人もちらほら見かけます。自分の時間を思い思いに過ごし、長居している様子です。

二階へ行ってみよう!

二階へ続く階段

一階はほぼ満員だったので、二階に登っていくことにしました。少し急な階段です。手作り感があります。

二階の様子

二階にいくと、一階とはまた違った内装になっていました。カラフルなクッションや木を基調にした、ナチュラルなインテリアがとても落ち着きます。光が入ってくるので、店内もとても明るい雰囲気です。窓が大きく天井も高いので広々と感じます。

カウンター席

私たちはカウンター席を選びました。窓から川を眺めながら、ゆったりすることができます。水上バスが通っているので、窓から見える景色に動きがあり、ぼーっと川を見るのも面白いです。川があまり綺麗でなく、壁の落書きが見えるので、せっかくの雰囲気が台無しですが、文句を言っても仕方ありません。

客がいなかったためか二階のエアコンは作動していませんでした。暑いバンコクで「どうしてもエアコンの効いたカフェで休みたい」という人は、一階の席を選ぶことをお勧めします。

でも反対に、窓から入ってくる風で十分という人や、広々とした空間が好きだという人は二階をお勧めします。

肝心なコーヒーのお味は?

席で待っていると、注文したカフェラテを運んできてくれました。大きめのカップに注がれていました。結構しっかりと泡だてられたスチームミルクとエスプレッソコーヒーがよく合います。フルーティーな香りのするエスプレッソコーヒーでした。とても美味しいラテでした。

量もかなりあるので飲みごたえもあります。値段は80バーツでした。他のカフェのラテに比べて少し高めの値段設定のように感じましたが、量や味を考えると満足の一杯でした。

私たちはそれぞれが注文したコーヒーを楽しみながら、家族への絵葉書を書いたり、本を読んだりと、思い思いにリラックスした時間を過ごすことができました。

「Thirsty you cafe」は本当に隠れ家的カフェだった!

カウンター

今回「Thirsty you cafe」を見つけたのは、本当にたまたま。ほとんど飛び込みのような感じでした。でもとても居心地がよく、「入ってよかった」と思いました。MBKやトム・ジンプソンの家に近いという立地条件も良いと思います。少し道草をして立ち寄り、美味しいカフェを飲む時間を作るのも良いと思います。

バンコクはおしゃれで美味しいカフェが多いので、疲れを癒しやすい環境だと思います。特にMBKの買い物に疲れた時には、入ることをお勧めするカフェです。

YELO House

https://www.yelohouse.com/

Creative space at the heart of Bangkok

この記事のライター

マレーシア在住です。海外旅行とコーヒーが大好き!マニアックなマレーシア情報や海外旅行の様子を、ハプニングを交えてお伝えします!

関連するキーワード


タイ バンコク

関連する投稿


動物園のキリンの群飼育としては世界最大!?キリンに餌付けができるバンコクのサファリワールドがおすすめ

動物園のキリンの群飼育としては世界最大!?キリンに餌付けができるバンコクのサファリワールドがおすすめ

タイに来たら「象乗り」が定番ですが、タイにはいろんな遊びがあります。バンコクにはサファリワールドというところもあるのですが、動物を至近距離で楽しむことができるのでおすすめです。動物園のキリンの群飼育としては世界最大で、キリンに餌付けもできますよ。キリンに餌付けする様子を思い出の1枚としておさめてみてはいかがでしょうか。


タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイは、良質なレーザー商品を比較的安く購入することができる場所として知られています。日本で革製品のオーダーメードというとハードルが高く感じますが、タイでは日本に比べてリーズナブルな値段でオーダーメードできてしまうんです。今回は、そんなオーダーメードの店、トニーカスタムメード(Tony Custom Made)で実際にサンダルをオーダーメードしてみました。サンダルが出来上がるまでは?出来上がったサンダルの感想は?お伝えします。


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

バンコクには高級志向のデパートがいくつかありますが、その一つにエムクオーティエがあります。エムクオーティエの中には、「MOZZA by COCOTTE」というイタリアンレストランがあり、本格的なピザなどを楽しむことができます。エンポリアムやエムクオーティエ(エンポリアム2)に訪れた際に、利用してみてはいかがでしょうか。


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


最新の投稿


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング