MBKでの買い物に疲れたら、おしゃれなカフェで休憩しよう!河沿いにある「Thirsty you cafe」をご紹介!

MBKでの買い物に疲れたら、おしゃれなカフェで休憩しよう!河沿いにある「Thirsty you cafe」をご紹介!

タイは知る人ぞ知るコーヒー豆の産地です。また、タイのバンコクにはおしゃれなカフェがたくさん存在しますので、コーヒー好き、カフェ好きにはたまらない場所でもあります。そんなバンコクの隠れ家的カフェ「Thirsty you cafe」に飛び込みで入ってみました。とても雰囲気がよく、まさに、知る人ぞ知る穴場的スポットでした。


「Thirsty you cafe」は、有名な観光&買い物スポットの近くにあります!

ジム・トンプソンの家

今回ご紹介する「Thirsty you cafe」は有名な観光スポットであるジム・トンプソンの家や、MBKという大きなショッピングモールの近くにあるカフェです。「Thirsty you cafe」に入ることになったきっかけは「買い物に疲れたから休憩しよう」と思い立ったことです。

私たちは、MBKの買い物をした帰り、「どこかのカフェに寄って休みたいね」ということになりました。そして近くのカフェを検索したところ、この「Thirsty you cafe」が徒歩圏内にあることが分かりました。それで、「とりあえず、行ってみよう!」ということになりました。

「Thirsty you cafe」の行き方は?

yeloは右という黄色の矢印があります。それに従って進んでいきます。

「Thirsty you cafe」にいくためには、まずジム・トンプソンの家を目指す必要があります。ジム・トンプソンの家を過ぎ、そのまま歩いていくと、通りは川で行き止まりになっています。その川沿いには、人が1人通れるほどの小道が走っています。突き当たりで右に曲がり、小道沿いを進んでいきます。

あたりには何もなく、ただ川が流れているだけです。「本当にここであっているの?」とも思いかねないような道です。そんな道をてくてく進んでいくと、そのうち「Thirsty you cafe」が見えてきます。黄色を基調にしてデザインされています。

堂々と「Thirsty you cafe」と出ているわけではなく、系列店舗である、「yelo」と堂々と出ているので分かりにくいかもしれません。

「Thirsty you」と書いてあるドアを開けると…

ドアを開けて中に入ると、向かって左側にさらにもう一つのドアがあり、「Thirsty you」と出ています。ここまでくると、もう迷うことなくカフェがどこにあるか分かります。

「Thirsty you cafe」の店内は?

欧米人が大勢集まり賑わうカフェ

カフェの中に入ると、そこは黄色を基調にしたインテリアになっていました。かなり黄色が主張しているのに関わらず、落ち着きがあり、リラックスできる環境でした。

ほとんど満席で「席が空いていないのでは」と思うほどに多くの人で賑わっていました。客層は欧米人がほとんどでした。みんなとてもリラックスしている様子で、「ちょっとコーヒーを飲みにきた」というだけでなく、じっくりと時間をかけて、カフェ店内で過ごしているように感じました。

カフェ店内

店内にパソコンを持ち込み、じっくりと作業をしている人もちらほら見かけます。自分の時間を思い思いに過ごし、長居している様子です。

二階へ行ってみよう!

二階へ続く階段

一階はほぼ満員だったので、二階に登っていくことにしました。少し急な階段です。手作り感があります。

二階の様子

二階にいくと、一階とはまた違った内装になっていました。カラフルなクッションや木を基調にした、ナチュラルなインテリアがとても落ち着きます。光が入ってくるので、店内もとても明るい雰囲気です。窓が大きく天井も高いので広々と感じます。

カウンター席

私たちはカウンター席を選びました。窓から川を眺めながら、ゆったりすることができます。水上バスが通っているので、窓から見える景色に動きがあり、ぼーっと川を見るのも面白いです。川があまり綺麗でなく、壁の落書きが見えるので、せっかくの雰囲気が台無しですが、文句を言っても仕方ありません。

客がいなかったためか二階のエアコンは作動していませんでした。暑いバンコクで「どうしてもエアコンの効いたカフェで休みたい」という人は、一階の席を選ぶことをお勧めします。

でも反対に、窓から入ってくる風で十分という人や、広々とした空間が好きだという人は二階をお勧めします。

肝心なコーヒーのお味は?

席で待っていると、注文したカフェラテを運んできてくれました。大きめのカップに注がれていました。結構しっかりと泡だてられたスチームミルクとエスプレッソコーヒーがよく合います。フルーティーな香りのするエスプレッソコーヒーでした。とても美味しいラテでした。

量もかなりあるので飲みごたえもあります。値段は80バーツでした。他のカフェのラテに比べて少し高めの値段設定のように感じましたが、量や味を考えると満足の一杯でした。

私たちはそれぞれが注文したコーヒーを楽しみながら、家族への絵葉書を書いたり、本を読んだりと、思い思いにリラックスした時間を過ごすことができました。

「Thirsty you cafe」は本当に隠れ家的カフェだった!

カウンター

今回「Thirsty you cafe」を見つけたのは、本当にたまたま。ほとんど飛び込みのような感じでした。でもとても居心地がよく、「入ってよかった」と思いました。MBKやトム・ジンプソンの家に近いという立地条件も良いと思います。少し道草をして立ち寄り、美味しいカフェを飲む時間を作るのも良いと思います。

バンコクはおしゃれで美味しいカフェが多いので、疲れを癒しやすい環境だと思います。特にMBKの買い物に疲れた時には、入ることをお勧めするカフェです。

YELO House

https://www.yelohouse.com/

Creative space at the heart of Bangkok

この記事のライター

マレーシア在住です。海外旅行とコーヒーが大好き!マニアックなマレーシア情報や海外旅行の様子を、ハプニングを交えてお伝えします!

関連するキーワード


タイ バンコク

関連する投稿


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


タイのバンコク旅行で水上マーケットツアーに参加してみました!船の上での売り買いが面白い!

タイのバンコク旅行で水上マーケットツアーに参加してみました!船の上での売り買いが面白い!

タイのバンコクに行った時、水上マーケットに参加しました。一度は行ってみたいと思っていた水上マーケットの様子はやはりとても活気があり、興味深いものでした。船の上で料理したり、船を上手に操ったりするタイ人のパワーはステキです!そんな水上マーケットの様子や感想についてご紹介します。


水掛け容赦なし!水掛け祭りの日に複合エンターテインメント施設「アジアンティーク」に行ってみた

水掛け容赦なし!水掛け祭りの日に複合エンターテインメント施設「アジアンティーク」に行ってみた

4月のソンクラーンの時期に、タイへ旅行に行く人は多いですよね。4月のタイといえば、「水掛け祭り」です。もともとソンクラーンとはタイにおける旧正月のことですが、「ソンクラーン=水掛祭り」として日本人にも認識されているようです。今年のソンクラーンはアジアティークに行ってみたので、水掛け祭りの様子などもあわせてお伝えします。


美しすぎるビーチが広がるタイのリペ島!タイなのにマレーシアから行くべき理由とは?

美しすぎるビーチが広がるタイのリペ島!タイなのにマレーシアから行くべき理由とは?

タイには数々の美しい島があることで知られています。その中でも特に美しいと言われているのが、リペ島です。リペ島はタイの島ですが、リペ島に行く為にはマレーシアから行くほうが良いと言われています。その訳とは?実際のリペ島への行き方とは?筆者も絶対にリピートしたい、と感動したリペ島についてご紹介します!


マレーシアにはSPF130++++の日焼け止めが!常夏の島での日焼け対策にオススメの日焼け止めクリームとは?

マレーシアにはSPF130++++の日焼け止めが!常夏の島での日焼け対策にオススメの日焼け止めクリームとは?

マレーシアやタイなどの東南アジアには綺麗な島が数多くあり、観光客が大自然を楽しんでいます。綺麗な海で時間を過ごすのはとても楽しいのですが、忘れてはならないのが日差し!ビーチに照りつける太陽の日差しは想像以上に強く、、注意しないと火傷をすることに…。そんな太陽の日差し対策にオススメの日焼け止めクリームをご紹介します!


最新の投稿


日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

韓国は豪華なかき氷デザートが有名ですが、今回、韓国の明洞で、「Korean Dessert Cafe(コリアンデザートカフェ)雪氷(ソルビン)」に行ってきました。このお店はローカルの友達が連れて行ってくれました。実際に本場のかき氷を試してみて、日本のかき氷とは違う豪華な盛り付け、ふわふわのかき氷に大満足でした!


【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

中国広東省広州市は、日本と比べると物価は安めです。でも安いのは主にグルメと交通費。地価の値上がりと共にファッションアイテムは年々値上げの傾向にあり、案外日本と変わらなかったりします。今回はそんな中国広州で、地元の若者に大人気の「トレンドでしかもプチプラなお洋服がたくさん手に入る激安ショッピングスポット」をご紹介します。


芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術家やアーティストを目指す学生の街として知られているメキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」。観光地としても人気で、アメリカから日本から多くの人が訪れます。メキシコ特有のカラフルな街並みに加え、どこかロマンティックでセンスが光る雰囲気が心地良い。散策で感性が磨かれていくような気分にさせられる、素敵なこの街を紹介します。


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

ソウルのこども向けお仕事体験テーマパークと言えば、日本でもおなじみの「キッザニア」をはじめ、複数あります。こどもにとっては、普段なかなか体験することのない大人のお仕事を実際に体験できるとあって、人気が高く、どの施設も週末は混雑しています。今回は、その中でも格安で人も少なめの超穴場な施設をご紹介したいと思います。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング