プーパッポンカリーを食べるなら絶対にここ!バンコクにあるプーパッポンカリー発祥の店「建興酒家」をご紹介!

プーパッポンカリーを食べるなら絶対にここ!バンコクにあるプーパッポンカリー発祥の店「建興酒家」をご紹介!

プーパッポンカリーは蟹を使ったタイカレーです。ぶつ切りにした蟹とカレー粉を炒めたあと、卵とじにします。ココナッツの香りも漂いご飯がススム味です。そんなプーカッポンカリーを食べる為に、バンコクのプーカッポンカリー発祥の店へ行ってきました。


プーパッポンカリーに魅了されてしまった夫

プーパッポンカリーとはタイのカニ料理の名前です。ぶつ切りにしたカニをカレーやココナッツミルクを加えて炒め、最後に溶き卵を絡めます。夫は独身時代、友達にプーパッポンカリーを食べさせてもらって以来、その美味しさにすっかり魅了されています。

タイに行った時には必ず一度は、プーパッポンカリーを食べています。そしてついに、バンコクでプーパッポンカリー発祥の店舗に行くことができました。そしてそこで食べたプーパッポンカリーには、行った全員が大満足でした。

建興酒家

私たちが食事をした「建興酒家」レストランの入り口

行ったのは「建興酒家」というレストランです。MBKという有名なショッピングモールから歩いていける位置にありました。(実際私たちもMBKでショッピングを楽しんだ後、「建興酒家」へ歩いて行きました)「建興酒家」は結構大きな建物で風格がありました。

このレストランは二つのエリアに別れているようです。一つは高級レストランのエリア。中には入っていないのですが、外から覗いてみると、木製の重厚な家具が並び、重々しい雰囲気でした。「きっと接待などの時に使われるのだろうな」と勝手に想像しながら眺めていました。

もう一つは一般の人が使用する場所です。こちらはもっと開放的なイメージでした。私たちはそちらのエリアで食べました。

店の前にあった水槽の魚

入り口には大きな水槽がいくつもあり、そこに魚が泳いでいました。まだ行きている蟹も発見!この蟹がプーパッポンカリーになるのでしょうか?

私たちは事前に予約していたので、入り口で受付の人に声をかけるとスムーズに中に入れてもらうことができました。

店内の様子は?

一階の様子

店内の様子

店内はかなり広く、広々としたスペースがありました。屋台でばかり食事をしていた私たちにとって、ここがタイであることを忘れさせてくれるような綺麗なスペースでした。

建物は一階と二階に分かれています。私たちは比較的早い時間に来たので、来店時は結構席が空いていましたが、食事を注文し終え、料理が来るまで待っている間にどんどんと人が入って来ます。

そしてあっという間に席が埋まってしまいました。本当にここが人気店であることを伺うことができます。よく耳を澄まして聞いていると、客層の中に結構日本人観光客がいることに気づきます。

ガイドブックを片手に来店して来る人、バンコクに在住の日本人らしき人など様々です。もちろんタイ人も多く、家族で来ている団体もいました。

店内に飾られていた写真

店内には、これまでに来店した著名人の写真が、所狭しと飾られていました。その中には日本の皇族の方々や、元首相等、私たちもよく知っている方々の写真も。もちろん日本以外の国の方々の写真も多く飾られていました。それらの写真を見るのも興味深かったです。

メニュー表には嬉しい日本語表記も!

日本語表記のメニュー

メニュー表も、このレストランにふさわしく、しっかりとした作りのものでした。そして嬉しいことに日本語表記が!タイ語はもちろん、英語に自信がない人でも、安心して注文することができます。

メニュー表のトップページにはプーパッポンカリーがデンと表示されていました。もちろん私たちの目的はこのプーパッポンカリーです。今日のメインディッシュです!

私たちは3人で来店したのですが、中サイズのプーパッポンカリーを注文しました。その他、炒め野菜やスープなどのサイドメニューを注文しました。

やって来ました!プーパッポンカリー!

プーパッポンカリー

待っていると、ついにやって来ました!プーパッポンカリーです!オレンジ色の色あざやかな料理でした。殻ごとぶつ切りにされた状態の蟹がゴロゴロ入っています(殻を取り除いてもらうこともできたのですが、私たちはあえて殻付きのものを頼みました)

ソースは濃厚でこってりとしています。オレンジ色ですがタイ料理にありがちの唐辛子たっぷりという味ではありませんでした。ご飯とよく合う味です。ソースだけでもご飯がどんどんと進んでしまいます。

蟹の殻から身を取り出しながら食べます。ソースが絡めてあるので、手が汚れてしまうのですが、そんなことおかまいなしに、みんな食べ続けます。殻を取るのが面倒な方は、すでに殻がとってあるタイプのものを注文することをお勧めします。

ネギが一緒に入っているのですが、このネギがシャキシャキとしていてアクセントになっています。周りのテーブルを見ても、絶対と言っていいほど、プーパッポンカリーを注文していました。やはり店の看板メニューのようです。

ちょっと贅沢な料理を味わいたい時にお勧めのレストランです!

建興酒家の看板

タイと言ったらグリーンカレーやトムヤンクンなどのタイ料理を想像する方も多いかと思います。私もそのうちの一人でした。今回、プーパッポンカリー発祥の「建興酒家」に連れて言ってもらい、その美味しさに感激しました。

まだまだ自分の知らないタイ料理を知りたいという気持ちになりました。「建興酒家」は旅行中でも「ちょっと贅沢したいな」という時に行くのにお勧めのレストランです。

この記事のライター

マレーシア在住です。海外旅行とコーヒーが大好き!マニアックなマレーシア情報や海外旅行の様子を、ハプニングを交えてお伝えします!

関連するキーワード


タイ バンコク

関連する投稿


動物園のキリンの群飼育としては世界最大!?キリンに餌付けができるバンコクのサファリワールドがおすすめ

動物園のキリンの群飼育としては世界最大!?キリンに餌付けができるバンコクのサファリワールドがおすすめ

タイに来たら「象乗り」が定番ですが、タイにはいろんな遊びがあります。バンコクにはサファリワールドというところもあるのですが、動物を至近距離で楽しむことができるのでおすすめです。動物園のキリンの群飼育としては世界最大で、キリンに餌付けもできますよ。キリンに餌付けする様子を思い出の1枚としておさめてみてはいかがでしょうか。


タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイは、良質なレーザー商品を比較的安く購入することができる場所として知られています。日本で革製品のオーダーメードというとハードルが高く感じますが、タイでは日本に比べてリーズナブルな値段でオーダーメードできてしまうんです。今回は、そんなオーダーメードの店、トニーカスタムメード(Tony Custom Made)で実際にサンダルをオーダーメードしてみました。サンダルが出来上がるまでは?出来上がったサンダルの感想は?お伝えします。


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

バンコクには高級志向のデパートがいくつかありますが、その一つにエムクオーティエがあります。エムクオーティエの中には、「MOZZA by COCOTTE」というイタリアンレストランがあり、本格的なピザなどを楽しむことができます。エンポリアムやエムクオーティエ(エンポリアム2)に訪れた際に、利用してみてはいかがでしょうか。


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


最新の投稿


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

今回cedeleというカフェに行ってきました。シンガポールのあちこちに展開しているチェーン店です。テーブルでカフェラテを飲みながら休んでいると、多くの人が共通のものを注文していることに気づきました。テーブルにある、大きなボールと美味しそうなパン。このカフェの面白いシステムについてご紹介します。


途上国ならではの光景が広がる?南米ボリビアの交通事情を把握してしっかりと旅をする

途上国ならではの光景が広がる?南米ボリビアの交通事情を把握してしっかりと旅をする

南米大陸の真ん中にある国ボリビアは南米の中でもまだまだ途上国です。日本の国土の3倍ともいわれるボリビアには都市と都市を結ぶ道が少なく交通事情はまさに途上国そのもの。道路封鎖があったり、雨の日には水があふれかえったりとボリビアならではの景色も。しっかりとボリビアを旅行できるように、独特の交通事情をご紹介します!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング