プーパッポンカリーを食べるなら絶対にここ!バンコクにあるプーパッポンカリー発祥の店「建興酒家」をご紹介!

プーパッポンカリーを食べるなら絶対にここ!バンコクにあるプーパッポンカリー発祥の店「建興酒家」をご紹介!

プーパッポンカリーは蟹を使ったタイカレーです。ぶつ切りにした蟹とカレー粉を炒めたあと、卵とじにします。ココナッツの香りも漂いご飯がススム味です。そんなプーカッポンカリーを食べる為に、バンコクのプーカッポンカリー発祥の店へ行ってきました。


プーパッポンカリーに魅了されてしまった夫

プーパッポンカリーとはタイのカニ料理の名前です。ぶつ切りにしたカニをカレーやココナッツミルクを加えて炒め、最後に溶き卵を絡めます。夫は独身時代、友達にプーパッポンカリーを食べさせてもらって以来、その美味しさにすっかり魅了されています。

タイに行った時には必ず一度は、プーパッポンカリーを食べています。そしてついに、バンコクでプーパッポンカリー発祥の店舗に行くことができました。そしてそこで食べたプーパッポンカリーには、行った全員が大満足でした。

建興酒家

私たちが食事をした「建興酒家」レストランの入り口

行ったのは「建興酒家」というレストランです。MBKという有名なショッピングモールから歩いていける位置にありました。(実際私たちもMBKでショッピングを楽しんだ後、「建興酒家」へ歩いて行きました)「建興酒家」は結構大きな建物で風格がありました。

このレストランは二つのエリアに別れているようです。一つは高級レストランのエリア。中には入っていないのですが、外から覗いてみると、木製の重厚な家具が並び、重々しい雰囲気でした。「きっと接待などの時に使われるのだろうな」と勝手に想像しながら眺めていました。

もう一つは一般の人が使用する場所です。こちらはもっと開放的なイメージでした。私たちはそちらのエリアで食べました。

店の前にあった水槽の魚

入り口には大きな水槽がいくつもあり、そこに魚が泳いでいました。まだ行きている蟹も発見!この蟹がプーパッポンカリーになるのでしょうか?

私たちは事前に予約していたので、入り口で受付の人に声をかけるとスムーズに中に入れてもらうことができました。

店内の様子は?

一階の様子

店内の様子

店内はかなり広く、広々としたスペースがありました。屋台でばかり食事をしていた私たちにとって、ここがタイであることを忘れさせてくれるような綺麗なスペースでした。

建物は一階と二階に分かれています。私たちは比較的早い時間に来たので、来店時は結構席が空いていましたが、食事を注文し終え、料理が来るまで待っている間にどんどんと人が入って来ます。

そしてあっという間に席が埋まってしまいました。本当にここが人気店であることを伺うことができます。よく耳を澄まして聞いていると、客層の中に結構日本人観光客がいることに気づきます。

ガイドブックを片手に来店して来る人、バンコクに在住の日本人らしき人など様々です。もちろんタイ人も多く、家族で来ている団体もいました。

店内に飾られていた写真

店内には、これまでに来店した著名人の写真が、所狭しと飾られていました。その中には日本の皇族の方々や、元首相等、私たちもよく知っている方々の写真も。もちろん日本以外の国の方々の写真も多く飾られていました。それらの写真を見るのも興味深かったです。

メニュー表には嬉しい日本語表記も!

日本語表記のメニュー

メニュー表も、このレストランにふさわしく、しっかりとした作りのものでした。そして嬉しいことに日本語表記が!タイ語はもちろん、英語に自信がない人でも、安心して注文することができます。

メニュー表のトップページにはプーパッポンカリーがデンと表示されていました。もちろん私たちの目的はこのプーパッポンカリーです。今日のメインディッシュです!

私たちは3人で来店したのですが、中サイズのプーパッポンカリーを注文しました。その他、炒め野菜やスープなどのサイドメニューを注文しました。

やって来ました!プーパッポンカリー!

プーパッポンカリー

待っていると、ついにやって来ました!プーパッポンカリーです!オレンジ色の色あざやかな料理でした。殻ごとぶつ切りにされた状態の蟹がゴロゴロ入っています(殻を取り除いてもらうこともできたのですが、私たちはあえて殻付きのものを頼みました)

ソースは濃厚でこってりとしています。オレンジ色ですがタイ料理にありがちの唐辛子たっぷりという味ではありませんでした。ご飯とよく合う味です。ソースだけでもご飯がどんどんと進んでしまいます。

蟹の殻から身を取り出しながら食べます。ソースが絡めてあるので、手が汚れてしまうのですが、そんなことおかまいなしに、みんな食べ続けます。殻を取るのが面倒な方は、すでに殻がとってあるタイプのものを注文することをお勧めします。

ネギが一緒に入っているのですが、このネギがシャキシャキとしていてアクセントになっています。周りのテーブルを見ても、絶対と言っていいほど、プーパッポンカリーを注文していました。やはり店の看板メニューのようです。

ちょっと贅沢な料理を味わいたい時にお勧めのレストランです!

建興酒家の看板

タイと言ったらグリーンカレーやトムヤンクンなどのタイ料理を想像する方も多いかと思います。私もそのうちの一人でした。今回、プーパッポンカリー発祥の「建興酒家」に連れて言ってもらい、その美味しさに感激しました。

まだまだ自分の知らないタイ料理を知りたいという気持ちになりました。「建興酒家」は旅行中でも「ちょっと贅沢したいな」という時に行くのにお勧めのレストランです。

この記事のライター

マレーシア在住です。海外旅行とコーヒーが大好き!マニアックなマレーシア情報や海外旅行の様子を、ハプニングを交えてお伝えします!

関連するキーワード


タイ バンコク

関連する投稿


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

南国に住んでいる醍醐味の1つが、フルーツ天国であることです。タイでは毎年6月頃になると、おいしいドリアンが出てきます。私もタイに来るまでドリアンを食べたことがなかったのですが、タイでおいしいドリアンを食べてからというもの、すっかりドリアンが大好きになりました。最近はドリアン市場に通ってしまうほどハマってしまっています。


タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

今話題の「もちシュークリーム」というスイーツをご存知でしょうか?タイ在住の日本人の間で話題になっているスイーツで、タイのセブンイレブンでゲットすることができます。日本人が多く住むエリアのセブンイレブンでは、売り切れが続出しているとか。日本人からも高評価で、コスパもバッチリな「もちシュークリーム」についてご紹介します。


スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

韓国をはじめ日本でも人気のファッションブランド「STYLENANDA 」をご存知ですか?スタイルナンダはファッションだけでなく、3CEというコスメブランドも展開しており、中でも「ウユクリーム」がヒットしています「STYLENANDA」はバンコクにも出店していて、ウユクリームはバンコクでも手に入れることができちゃいます!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング