シンプルな革製品を探している人にオススメ!MBK内の小さな革製品ショップWEEに行こう’!

シンプルな革製品を探している人にオススメ!MBK内の小さな革製品ショップWEEに行こう’!

タイは比較的安く良質の革製品を購入することができる場所としても知られています。マーケットやショッピングモールの片隅に、とても素敵なレザー製品を置いているお店をたまたま見つけるということも珍しくありません。今回MBKという大型ショッピングモールの中をブラブラ歩いている時に見つけたレザー商品の専門店WEEをご紹介します。


タイでレザー製品をリーズナブルに!

MBKショッピングモール

タイは、比較的良質なレザー製品をリーズナブルな値段で買うことができる国としても知られています。レザー製品が好きな人にとって、思いがけない掘り出し物を見つけることができる場所でもあります。そんな私もレザー製品が大好きです。今回、良質なレザーのベルトを探してブラブラ街歩きをしていました。

フロアの看板

そんな中で見つけたのが、この「Thailand Handmade WEE」というお店です。このショップは、MBKという大型ショッピングモールの3階、Dエリアにあります。

目立たない控えめなショップ「Thailand Handmade WEE」

このカバンが目に留まりお店に行ってみることにしました

実を言うとMBKショッピングモール内は、似たようなショップが軒を連ねていることが珍しくありません。この3階Dフロアも、タイのロゴが入ったTシャツや、タイらしい素材を使ったスカートなど、同じようなものが売られている様子を目撃しました(それはそれで楽しいのですが)。

そんな中で「WEE」が他のお店に埋もれるようにして、控えめに並んでいました。まず目に入ったのが、カバンです。明らかに他のショップとは違うデザインのものが置かれている様子だったので、興味を持ち近づいてみることにしました。

3ヶ国語を操る!31歳のオーナーが開いているショップ!

オーナーの王顺利さん

ショップに近づいてみると、パレットで作られたカウンターや棚が置かれ、ナチュラル感が漂っていました。オーナーは31歳の男性、王顺利さんです。彼は3年前にショップをオープンし、主に自分や友達が作った手作りのレザー製品を売っているのだそうです。

「タイ人なのに、なんで名前が漢字なの?」と思った方もおられるかもしれません。彼の先祖は中国人で、中国からタイに移住して来た、中国系タイ人(華僑)です。彼は3代目に当たるのだそうです。

多くの場合、タイに住む華僑は、ほとんど中国語は話せず、タイ語のみを話します。驚いたことに彼は、タイ語はもちろん、中国語、英語を話します。とてもフレンドリーなオーナーで、私たちが商品をじっくりと見て選ぶのを手伝ってくれました。

時には商品の説明もしてくれます。その説明を聞いていると、自分の作った商品に愛着があるのを感じます。では、実際にどのようなものが売られているのでしょうか?

時計

時計

革ベルトやコルクベルトを使って作られた時計が置かれていました。よく見ると、手作りらしく、1つ1つのデザインが微妙に違います。それで、じっくりと色々なものを見比べてみて、購入することをお勧めします。ここに置かれている時計は全部、オーナーの手作りなのだそうです。

コルク製品

コルクなどを使って作られた雑貨

コルクと革を使って作られた小物類です。イヤホンホルダーや、ブックカバー、書類入れなど様々なアイテムがあります。コルクを使って作られた雑貨と言うアイデアも面白くて、楽しいと思いました。

これも全てオーナーの手作りです。こちらも、よく見ると少しずつサイズやデザインが違います。そのため味があります。よく探すと、自分にとってのお気に入りが見つかる可能性が大です。

革のカバン

購入したカバン

「WEE」に置かれているカバン類は全て、オーナーの友達によって作られたのものだそうです。ソフトレザーを中心として、色々な種類の革を使ってカバンを作っていました。ボディーバックやショルダーバック、ウエストポーチなどカバンの種類も豊富でした。

これらもやはり手作りの為、1つ1つが微妙に違います。購入する際は気になるものを全部出してもらい、カバンを開けてみたり、実際に物を入れてみたりして、1つずつ確認していく必要があります。

そんな間もオーナーは、ずっと付き合ってくれ、新しいものを取り出してくれたり、カバンの説明をしてくれたりします。夫はちょうど今まで使っていたカバンとボディーバックの買い替え時期だったので、「WEE」でカバンを購入することにしました。

1つ1200バーツ(約4100円/2018年3月現在)でした。他のショップで革のカバンを見た時には3000バーツから5000バーツだったので、比較的リーズナブルな値段設定だと思います。

その分ショルダーの紐が安っぽい感じがするのは否めませんが、(気になるようだったら)自分で付け替えができると思い、購入を決定しました。

購入し、実際に使ってみた夫の反応は……。「とにかく使いやすい!」の一言です。コンパクトな作りなのですが、チャックがいたるところにあり、とても便利です。

革も柔らかく、思った以上に収納力があります。「最近外出する時には必ず2つのカバンのうちどちらかを使っている」と言っても過言ではないほどの、お気に入りになっています。

オーナーの一押しはベルト

オーナー手作りのベルト

「WEE」に置かれているオリジナル商品の中でも、特にオーナーの一押しが、オーナー手作りのベルトです。しっかりとした硬い革で作られていました。

オーナー自身も自作のベルトを愛用中で、その日も実際に使っていました。そして、使い始めて5年になると言う愛用のベルトを見せてくれました。5年も経つのにどうにもなっていませんでした。使い込んでエンジング感が出ていて、さらにいい感じです。彼が実際に使っているベルトを見ると、私も欲しくなります。

棚の上からベルトを選ぶと、なんと!まだベルトの穴すら開いていませんでした。まずは自分の好きな長さにカットしてもらい、ベルトに穴を開けます。ものによっては好きなバックルに交換することもできます。まるでオーダーメードのベルトを作ってもらっているような感覚になりました。

ベルトはどの大きさのものも450バーツ(約1500円)でした。これはかなりリーズナブルだと思います。ベルトからは革のにおいがします。迷わずすぐに購入しました。今自宅のクローゼットを開けると中から革のにおいがします。このにおいが苦手な人もいるかもしれませんが、私は特に気になりません。これからエンジングしていくのを楽しみにしています。

楽しく買い物ができた!

「WEE」では結局、カバン2つとベルトを1本を購入しました。合計2850バーツになるところ、オーナーは少し安くしてくれました。しかも、おまけの小さな雑貨までつけてくれました。

また世間話をしたり、買い物の相談にのってくれたりして、楽しく買い物をすることができました。まだ、インターネットにも載っていないような小さなショップですが、1つ1つの製品にオーナーの気持ちが込められ丁寧に作られています。

MBKマーケットによった時にはぜひ足を運んでみてください。きっとお気に入りの雑貨を見つけることができると思います。とくに、オーダーメード感覚のベルトはオススメです!

この記事のライター

マレーシア在住です。海外旅行とコーヒーが大好き!マニアックなマレーシア情報や海外旅行の様子を、ハプニングを交えてお伝えします!

関連するキーワード


タイ バンコク

関連する投稿


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

バンコクには高級志向のデパートがいくつかありますが、その一つにエムクオーティエがあります。エムクオーティエの中には、「MOZZA by COCOTTE」というイタリアンレストランがあり、本格的なピザなどを楽しむことができます。エンポリアムやエムクオーティエ(エンポリアム2)に訪れた際に、利用してみてはいかがでしょうか。


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

南国に住んでいる醍醐味の1つが、フルーツ天国であることです。タイでは毎年6月頃になると、おいしいドリアンが出てきます。私もタイに来るまでドリアンを食べたことがなかったのですが、タイでおいしいドリアンを食べてからというもの、すっかりドリアンが大好きになりました。最近はドリアン市場に通ってしまうほどハマってしまっています。


最新の投稿


狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

ソウルの高級エリア、狎鴎亭(アックジョン)。整形外科や皮膚科、ハイセンスなブティックなどが立ち並ぶ女性観光客には人気のエリア。しかし、カップルや家族での旅行の場合、男性や子供は時間を潰すのに苦労しそうなエリアでもあります。今回、ご紹介するのは「現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル」です。


観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

アムステルダム中央駅には、ただ通過するだけではもったいない充実した設備があります。建物の外装や内装のインテリア、おいしいレストランやゆっくりできるカフェ、話題のオーガニック素材を扱ったグッズのショッピングなど、隠された見どころもたくさんあります。ぜひ見学して自分なりの楽しみ方でエンジョイしてください♪


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


行き当たりばったりに寄ってみると面白い!道端オランアスリーのテントをのぞいてみよう!

行き当たりばったりに寄ってみると面白い!道端オランアスリーのテントをのぞいてみよう!

オランアスリーとはマレー語で(森の人)と言う意味です。マレーシアではずっと昔から森に住んでいた原住民のことを指します。今でもオランアスリーは森周辺で生活し、自然を知り尽くしています。マレーシアの道路を走っていると時々オランアスリーのテントを見かけることがあります。森で取れたハチミツなど様々なものを売っているのです。


旅行者でも優しくウェルカム!マウイ島で見つけたローカルの集まるおしゃれカフェのカフェ・カフェ・マウイ

旅行者でも優しくウェルカム!マウイ島で見つけたローカルの集まるおしゃれカフェのカフェ・カフェ・マウイ

今回は私がマウイ島のラハイナ地区で滞在中何度も通ってしまったとても居心地のいいカフェを紹介します。カフェ・カフェ・マウイは見た目がおしゃれでドリンクや食べ物の味もよし!そして何といっても居心地が最高にいいので何度も通いたくなってしまうお店なんです。カフェ・カフェ・マウイはラハイナのローカルの方が集まるお店でしたが、旅行者だった我々にも非常に優しく接してくれました。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング