タイのバンコク旅行で水上マーケットツアーに参加してみました!船の上での売り買いが面白い!

タイのバンコク旅行で水上マーケットツアーに参加してみました!船の上での売り買いが面白い!

タイのバンコクに行った時、水上マーケットに参加しました。一度は行ってみたいと思っていた水上マーケットの様子はやはりとても活気があり、興味深いものでした。船の上で料理したり、船を上手に操ったりするタイ人のパワーはステキです!そんな水上マーケットの様子や感想についてご紹介します。


水上マーケットはバンコクで有名な観光場所

タイのバンコクでの有名な観光スポットの一つに、水上マーケットが挙げられます。私たちは今までに何度かバンコクに足を運んだことがありましたが、水上マーケットに行ったことはありませんでした。せっかくなので今度こそ行ってみたいということになりました。

バンコク周辺の水上マーケットはいくつかあります。今現在も、ローカルが買い物の場所として利用している水上マーケットや、観光用として開かれている水上マーケットなどです。

ダムヌンサドゥアック水上マーケットとは?

ダムヌンサドゥアック水上マーケット

今回私たちが目的地として選んだのはダムヌンサドゥアック水上マーケットです。ダムヌンサドゥアック水上マーケットは観光用として開かれている水上マーケットです。ローカル感を楽しむというより、観光客に水上マーケットを楽しんでもらえるようにという配慮をした水上マーケットのようです。

今回私たちがここを選んだわけは、観光客が楽しむことができるように、ダイナミックに水上マーケットを開いているという情報を得たからです。舟の行き来が盛んで、写真の撮りごたえもあるとのことです。何しろ初めて訪れる水上マーケットです。

ダイナミックに水上マーケットを感じることができた方がいいのではないかという意見になり、ダムヌンサドゥアック水上マーケットに行くことにしました。

2018年 ダムヌンサドゥアック水上マーケットへ行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー

https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g303902-d317729-Reviews-Damnoen_Saduak_Floating_Market-Damnoen_Saduak_Ratchaburi_Province.html

ダムヌンサドゥアック水上マーケット(ダムヌンサドゥアック)に行くならトリップアドバイザーで口コミ(4,251件)、写真(6,396枚)、地図をチェック!ダムヌンサドゥアック水上マーケットはダムヌンサドゥアックで5位(15件中)の観光名所です。

ダムヌンサドゥアック水上マーケットツアーの予約の取り方

ツアーを予約するためにはいくつかの方法があります。1つはタイのバンコク内のあちこちにある観光ツアー会社に直接行き、ツアーの予約を入れることです。また違う方法は、サイトから予約を入れることです。宿泊先のホテルにお願いしツアーを予約してもらうこともできます。

今回、私たちは宿泊先のホームステイのオーナーから紹介してもらったツアーガイドにお願いすることにしました。

英語でのやり取りはちょっと……という方は、割高ですが、日本語でのツアーを予約することができるサイトもありますし、日本語対応の観光ツアー会社もありました。

臨機応変で柔軟な対応

私たちがツアーを予約すると、早速集合場所や時間の連絡が来ました(私たちはタイの携帯SIMを購入し、WhatsAppというチャットアプリを使ってやり取りしました)。

はじめ、待ち合わせの場所を指定され、そちらに来るようにと指示されました。待ち合わせ時間は早朝で、交通手段のことを考えると現実的ではなかったので、追加料金を払うから、宿泊先まで迎えに来てくれるようにと再交渉しました。

ダメ元で再交渉を行なったのですが、思いがけないことに、あっさりとOKしてもらうことができました。臨機応変な対応をしてもらえて助かりました。

ダムヌンサドゥアック水上マーケットへ!いざ出発!

私たちが乗った観光バス

ダムヌンサドゥアック水上マーケットはバンコク市内から車で1時間半ほどの場所にあり、朝開かれています。観光を楽しむためには、早朝に出発する必要があります。私たちも6時半にツアーバスが迎えに来てくれました。ツアーバスといっても白いハイエースのような形の車でした。

バスは、予約客の宿泊先を周り、客を拾います。最終的に、南アフリカ人、フィリピン人、ベトナム人、インド人、日本人…と様々な国籍の人たちが集まりました。

ダムヌンサドゥアック水上マーケットへ到着

ボートに乗り込み、市場を目指します

いよいよ到着しました!といってもいきなりダムヌンサドゥアック水上マーケットが見えるわけではなく、船着場でバスを降ります。その後、ボートに乗り換え、水上マーケットを目指します。

駐車場ならぬ駐舟場

ダムヌンサドゥアック水上マーケットへ行く途中、民家を通りました。今でも実際に人が住み、生活しています。そして家の前には、舟が停泊していました。駐車場ならぬ駐舟場です。

私たちは家の前に駐車場があり、そこに自分の愛車を停めますが、彼らは、自分の愛舟を家の前に停めるようです。舟が彼らにとって生活の一部となっていることを伺い知ることができた光景で、興味深かったです。

ダムヌンサドゥアック水上マーケットは?

ダムヌンサドゥアック水上マーケットに到着すると多くの舟が行き交っていました。どの舟も何か商品が載せられ、物が売られています。また買い物客が乗る舟もあり、買い物客は舟に乗って、水路を渡りながら、買いたいものの船が近づいた時に素早く買い物をします。

私たちは、陸の上から行き交う水上マーケットの様子を眺めて見学することができます。しかし、せっかく来たからには、自分たちも舟に乗って体験してみたい!となり、追加料金を払って舟に乗ることにしました。

舟の上で料理をしている様子

早速小舟に乗り込み、水路を渡ります。本当に多くの商品が売られていました。主に売られていたのは、タイのお土産でした(割高な値段設定になっているので、お土産は買いませんでした)。

舟で商品の売買をするだけではありません。舟の上で料理をする人までいました。舟の上で火を起こし器用に料理する様子はとても興味深かったです。こちらも割高ではありますが、舟に乗りながらタイ料理を食べることができます。

舟がすれ違う時などは、容赦なくぶつかり合います。ガイドさんが「絶対に手を舟の端に置いたり、外に出したりしないように」と何度もいっていましたが、その意味がようやくわかりました。もしうっかり手を置いていて、舟同士がぶつかる時に手が挟まれてしまったら大怪我をします。

買い物をしてみる!

ココナッツアイスを売る舟

「水上マーケットのものは割高なので、他の場所で買い物をすることができる人はあえて買う必要がない」ということは、情報として知っていました。

でもいざ、水上マーケットに行き、舟に乗り込むと何やら買い物をしてみたくなります。そして、美味しそうなココナッツアイスを発見!誘惑に負け、買ってしまうことにしました。

まず、ココナッツアイスを売っている舟を見つけ、その舟が近くなって来たタイミングを見計らって、アイスクリームを買いたいと伝えます。すると、アイスを売っているおばちゃんは、手早くアイスを盛りつけてくれ手渡してくれます。

そして私たちはお金を払います。買い物をするときの当たり前のやり取りですが、このようなやり取りを舟の上で行うので特別感がありました。

購入したココナッツアイス

購入したココナッツアイスは、タイ流(?)にナッツや甘く炊いたもち米などがトッピングされていました。「アイスにもち米?」と半信半疑で食べていたのですが、これがよく合うのです!

ナッツもアクセントになっていて、とても美味しくいただきました!水上マーケットの舟の上で食べるという特別感が、さらにアイスクリームを美味しく思わせているのかもしれません。

上からみた景色は最高の写真スポット!

上から見た水上マーケットの様子

今度は小舟から降りて、上から水上マーケットを眺めることができる場所に行きます。私たちが降ろされた場所からさらに奥へ進んでいくと、橋が見えて来ます。その橋の上から見たマーケットの景色は……圧巻でした!

多くの小舟がひしめき合って進んでいます。たくさんの商品を載せた小舟がとてもカラフルで、写真映えしました。夫も私も写真を撮るのがそれほど得意ではないのですが、橋の上から普通に写真を撮っただけで、面白い写真を撮ることができました。これはオススメの写真スポットだと思います。

水上マーケットの後…

水上マーケットのツアーは、1日コースと半日コースがあります。私たちは半日コースのものを選びましたが、これには水上マーケットと「Chang puak camp」に立ち寄るツアーがついていました。

「Chang puak camp」では象に乗る体験をするなどいくつかのアクティビティーを楽しむことができます。別料金がかかるので、希望しない人は象を眺めるなどして時間を潰すことができます。

「Chang puak camp」が終わると、1日ツアーの人は次の目的地へ、半日ツアーの人は他のバスに乗り換えて宿泊先へと別行動になります。

私たちはここで宿泊先へと帰ることになっていたので、ガイドさんとお別れすることになりました。今回のガイドさんは女性で、とてもエネルギッシュに案内してくれました

行ってみて良かったと思う観光スポット!

水上マーケットはもともと一度は行って見たいと思っていた場所でしたので、行くことができとても楽しい経験をすることができました。

他の意見にもあるように「観光地化され、お土産を売ろうとする客引きがものすごい」ということも否めませんでした。それでも水上マーケットがどのようなものかを体験する上で、とてもいい場所だと思います。

もしできるなら次は、本当にローカルが利用している水上マーケットの様子を見ることができるなら嬉しいと思いました。

この記事のライター

マレーシア在住です。海外旅行とコーヒーが大好き!マニアックなマレーシア情報や海外旅行の様子を、ハプニングを交えてお伝えします!

関連するキーワード


タイ バンコク

関連する投稿


動物園のキリンの群飼育としては世界最大!?キリンに餌付けができるバンコクのサファリワールドがおすすめ

動物園のキリンの群飼育としては世界最大!?キリンに餌付けができるバンコクのサファリワールドがおすすめ

タイに来たら「象乗り」が定番ですが、タイにはいろんな遊びがあります。バンコクにはサファリワールドというところもあるのですが、動物を至近距離で楽しむことができるのでおすすめです。動物園のキリンの群飼育としては世界最大で、キリンに餌付けもできますよ。キリンに餌付けする様子を思い出の1枚としておさめてみてはいかがでしょうか。


タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイは、良質なレーザー商品を比較的安く購入することができる場所として知られています。日本で革製品のオーダーメードというとハードルが高く感じますが、タイでは日本に比べてリーズナブルな値段でオーダーメードできてしまうんです。今回は、そんなオーダーメードの店、トニーカスタムメード(Tony Custom Made)で実際にサンダルをオーダーメードしてみました。サンダルが出来上がるまでは?出来上がったサンダルの感想は?お伝えします。


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

バンコクには高級志向のデパートがいくつかありますが、その一つにエムクオーティエがあります。エムクオーティエの中には、「MOZZA by COCOTTE」というイタリアンレストランがあり、本格的なピザなどを楽しむことができます。エンポリアムやエムクオーティエ(エンポリアム2)に訪れた際に、利用してみてはいかがでしょうか。


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


最新の投稿


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング