タイのバンコクの交通手段にGrabはオススメか?実際に使用して見た結果は?

タイのバンコクの交通手段にGrabはオススメか?実際に使用して見た結果は?

最近、便利な交通手段にGrabタクシーがあります。スマートフォンやWiFiが整ってきているので、利用しやすい状況にあります。今回タイのバンコクでもGrabを使ってみました。その結果、使用する際に注意した方がいいと感じることも…。今回はバンコクでGrabを実際に使って、感じたことをお伝えします。


外国人にとって強い味方!Grab

タイバンコクで使用したGrabタクシー

Grabはスマートフォンやi phoneにダウンロードしたアプリを使用した交通手段です。アプリに自分の目的地を入力すると、近くにいるGrabに登録している運転手が迎えにきてくれ、目的地まで連れて行ってくれます。

目的地を入力すると、運転手の名前や顔写真、料金などが表示されます。その料金や運転手で問題ないと判断し、同意すると契約成立となります。それで、海外旅行中にありがちなトラブル(例えばタクシーの運転手による金額のぼったくり、危害を加えられるなど)を避けることができるのです。

現地のタクシーを利用した方が安い時もあるのですが、「現地の言葉を話さなくても利用できる」「トラブルを避け安全に旅行を楽しむことができる」という点から、Grabを交通手段として選ぶ人がだんだん多くなってきています。

以前ベトナムのホーチミンに行った際に、Grabを利用しましたが、今回もバンコクで利用してみました。

Grabを利用したメリットとデメリットをご紹介!

バンコクで利用したGrabのほとんどは、Grabのロゴが入っていて、分かりやすくなっていました。ベトナムで利用した時にはロゴも何もない普通の車だったので、国により少しずつ違い面白いと思いました。

ではまず、バンコクで私が実際にGrabを利用して感じたメリットとデメリットを、ありのままにご紹介します。

バンコクGrabを利用したメリットとは?

ぼったくられない!

先ほどもご紹介した通り、「ぼったくられない!」というのは、大きなメリットです。実際旅行中に会った欧米人も交通手段としてGrabを利用しているとのことでした。理由を聞いてみたところ、「地元のタクシーと交渉したら、かなりぼったくられた」との返事が返ってきました。

その団体は、地元のタクシーを利用しようとしたところ、3000バーツもの金額を請求されたとのこと。Grabだと半分から3分の1以下になることも。やはり外国人が地元のタクシーに乗るのはハードルが高いと感じた瞬間でした。

安心度が違う!

外国人旅行客が夜にタクシーを利用して犯罪に巻き込まれたという悲しいニュースはよく聞きます。タイは比較的安全だと言われていますが、道や文化をよく理解していない外国人が出歩くにはやはり危険が伴います。

できれば夜に出歩きたくはないのですが、事情によっては夜に移動せざるを得ないことも。そんな時Grabを利用すると、安心度が全く違います。

夜の道を歩きながら、周りを気にすることもありませんし、このタクシーの運転手は本当に大丈夫だろうかと疑う必要がほとんどありません。安全をお金で買うと言いますが、まさにその通りです。

Grabを利用した時に感じたデメリットとは?

Grabタクシーを利用した時に感じたデメリットを紹介します。他の国でGrabを使用した時には全く感じなかった、「バンコクあるある?」ハプニングエピソードも。

タクシーがつかまらない

まだ、Grab登録タクシー自体が少ないのか、なかなかGrabタクシーが捕まりませんでした。運転手が見つからず、同じ場所で20分以上待たされたことも。やっと見つかったタクシーが、更に20分待ちだったりした時には流石に疲れがどっとでました。

さらに、「今乗せているお客さんを目的地にお届けしてから駆けつけます。」というタクシー運転手まで。バンコクは外国人観光客も多いので、需要に供給が追いついていないというのが現状なのかもしれません。

急ぎで目的地に行きたい場合、バンコクでのGrabの使用は向かないようです。Grabを使用する場合、時間に余裕を持っていることをお勧めします。

運転手なのに道がわからない

Grabの運転手の中には、道がわからないという人も数人いました。予約した車が目的地付近まで来ているはずなのに到着しないということもあり、そんな時は大抵道に迷っているようでした。

宿泊先に帰る途中で何度か道を間違えられ、こちらが道案内をするという羽目になったエピソードも。しかもその運転手、自分の道の知らなさに不甲斐なさを感じたのか、事もあろうか笑い出し、とうとう笑いが止まらなくなってしまいました…。

日本で同じようなことが起こると「運転手として道を間違えるなんて申し訳ない」となりそうですが、そのように考えないのが、タイのようです。あまりにも呑気な運転手の反応に、こちらまで笑ってしまいました。

コミュニケーションが必要な時もある

Grabのメリットは、「タクシー運転手と交渉するなどのコミュニケーションをとる必要がなく、言葉が話せなくても安心して乗れること」のはずですが、バンコクは違いました。

先ほどのエピソードにも紹介した通り、運転手が道を間違えたりする事もあるので、こちらも相手とある程度コミュニケーションを取る必要がありました。

簡単な英語や、ボディーランゲージを使ってコニュニケーションをとったこともあります。ボディーランゲージと言っても、右左を指で刺すというような簡単なものですが…。

Grabに完全に頼り切るのではなく、補助的に使うのがオススメ!

バンコクで乗ったGrabタクシーのほとんどにはGrabのロゴが!

何のハプニングもなくバンコクでGrabを使用することができる人もいるかもしれませんが、私たちは実際に色々なハプニングが起こりました。

そもそも、私たちの宿泊先はBTS駅から少し遠く、駅から歩くのが大変という状況だったので、Grabに頼り切る必要がありました。ホーチミンでGrabを交通手段として頼り切って動いても問題なかったのですが、バンコクでGrab一本を交通手段とするには、もう少し時間がかかるのかもしれません。

しかし、空港までの交通手段、少し遠出をするときの交通手段としてはとても快適で便利でした。BTS駅から近い場所に宿泊先を選び、主な交通手段はBTSにする。そして、補助的にGrabを使うなどの工夫をすることをお勧めします。

この記事のライター

マレーシア在住です。海外旅行とコーヒーが大好き!マニアックなマレーシア情報や海外旅行の様子を、ハプニングを交えてお伝えします!

関連するキーワード


タイ バンコク

関連する投稿


1週間のバンコク滞在でSIMは必要?バンコクで実際にSIMカード買うならどれがいい?

1週間のバンコク滞在でSIMは必要?バンコクで実際にSIMカード買うならどれがいい?

タイバンコクに滞在の際、SIMカードを購入することにしました。使用していないSIMフリーの携帯を持ち込み、それにSIMカードを入れて使用しました。私たちが選んだSIMカードは、AISという会社のものでした。この会社を選んだわけや、空港でのSIMカード購入までの流れ、実際に使用した感想などをお伝えします


王族の旧邸宅を改装した建物の一軒家レストラン「The Gardens of Dinsor Palace」がおしゃれ!

王族の旧邸宅を改装した建物の一軒家レストラン「The Gardens of Dinsor Palace」がおしゃれ!

スクンビットのど真ん中に、とってもおしゃれなカフェレストラン「The Gardens of Dinsor Palace」があるのをご存知でしょうか?このカフェレストランは、約100年前に建てられた王族の旧邸宅を改装したもので、レトロでゴージャスな雰囲気が魅力です。最近では、結婚式なんかにも使われるほど注目されています。


気持ち良すぎて2回も通ってしまった!タイバンコクのマッサージ店をご紹介!

気持ち良すぎて2回も通ってしまった!タイバンコクのマッサージ店をご紹介!

タイに行くと多くの人がやってみたい!と楽しみにしていることの一つがタイ式マッサージではないでしょうか?今回プラトナム市場の近くにある「ChanTraditional Thai Massage」に行ってきました。リーズナブルなのに気持ち良さすぎ!なんと2回も通ってしまうという結果に…。そんなマッサージ店をご紹介します。


名前入りの小物をタイのお土産に!世界で一つだけのオリジナルパスポートケースも作れます!

名前入りの小物をタイのお土産に!世界で一つだけのオリジナルパスポートケースも作れます!

タイのバンコクではバスポートケースやポーチなど、ちょっとした雑貨に名前を彫り込んでくれるサービスのショップをあちこちで見かけました。カラフルな雑貨に自分の名前を彫り込んでもらい,好きなチャームをつけることもできます。そうやって、オリジナルの雑貨を作ることができます。そんなショップに実際に行ってきました。


インスタ映えする人気のカフェ!フラワーショップが営む「フローラルカフェ」がおすすめ

インスタ映えする人気のカフェ!フラワーショップが営む「フローラルカフェ」がおすすめ

バンコクを中心に、タイでは「インスタ映え」を狙ったおしゃれなカフェが続々とオープンしています。バンコクのおしゃれカフェの中でも、とくに注目を集めているのがフラワーショップが営む「フローラルカフェ」です。店内がハイセンスなだけではなく、フードやドリンクメニューも充実しているフローラルカフェは、幅広い層から人気があります。


最新の投稿


【スペインの城シリーズ】カソルラの山のてっぺんにある城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナス

【スペインの城シリーズ】カソルラの山のてっぺんにある城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナス

スペインの城シリーズ第8回は、私の住んでいるカソルラにある廃墟になっている城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナです。城は博物館になっているものも多いのですが、この城はただそこにある、それだけの廃墟です。周りはハーブがたくさん生えて、静かで落ち着く場所。こういう場所に来るのもなかなか素敵ですよ。


南米のボリビアの熱帯では蚊には十分気を付けたいところ!蚊対策もご紹介します。

南米のボリビアの熱帯では蚊には十分気を付けたいところ!蚊対策もご紹介します。

南米大陸の熱帯地方はアマゾンの肥沃なジャングルに囲まれていて自然がたくさんあります。そして、多種多様な動植物を垣間見ることができ世界的にも人気の観光スポットとなります。しかし、熱帯、ジャングルと聞く中で気を付けておきたいのは病気です。蚊が媒介する病気がいくつかあり予防接種が義務付けられることもあり注意が必要です。


ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

南米大陸の国ボリビアは日本でも少しづつ知名度が上がってきています。経済発展を遂げていますが、まだまだ途上国です。そんなボリビアで休日の楽しみと言えば豚肉料理を味わうこと。スープで味わったり、フライや炭焼きにしたりと様々です。そして、その料理の仕方もダイナミック!豚に関しても日本と比べてより身近な存在で興味深いです。


ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

トリーアはドイツ最古の都市と言われる、ドイツ西端に位置する町です。その街並みはとてもかわいらしく、どこか女性的。インスタ映えスポットにも事欠きません。日本で言うところの奈良のような存在、ドイツの古都トリーアの観光名所を、私が実際に行ってみ良かったと思うものに厳選してご紹介します。ぜひ次回の旅行の参考にしてください!


【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

スタバが好きな人!?海外旅行や海外で生活をしていて、現地のカフェやレストランなどに入るのがちょっと勇気がいるな〜という時に重宝するスターバックス。スターバックスはどこの国でも大体同じドリンクがあって、店員さんが優しくて私はとても安心できます。今回はベトナムホーチミンのスターバックスの雰囲気を紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング