地球の裏側南米ボリビアにあるサンファン日本人移住地の歴史資料館に行ってみました

地球の裏側南米ボリビアにあるサンファン日本人移住地の歴史資料館に行ってみました

ボリビアは日本から見れば地球の裏側に当たります。そして、人口のいる都市としては日本から最も遠い場所にあるのがこの南米のボリビアだともいわれています。そんなはるか遠い場所ボリビアに日本から移住した日本人が作った町があります。その名もサンファン日本人移住地。壮絶な開拓の歴史を現地の資料館で見ることができたのでご紹介します!


ボリビアの亜熱帯の場所にあるサンファン日本人移住地

サンファン日本人移住地と日本語の看板が目印

ボリビア第二の都市サンタクルスより100㎞ほどの亜熱帯気候の場所にあるサンファン日本人移住地。とりたてて見どころがある場所ではありませんし、もちろん観光地でもありません。しかし、日本人であるならぜひ行っておきたいボリビアのマストスポットです。

九州出身の人たちが戦後から続々とボリビアに移住して、開拓してできた町がサンファン日本人移住地です。最初に移住してから今や60年以上の月日が経ちます。その開拓の歴史は本当に壮絶なものだったそうです。ジャングルの中をテントを張って、ジャガーやアナコンダの危険を感じながら作業した。

と現地に住む日本人1世の方は懐かしく話してくださります。今現在は2世3世の時代になってきていて、日本人移住地ですがボリビア人も多く移り住むようになってきています。それでも日本の文化が色濃く残り、JAPANを感じることのできる町です。特に1世世代の方は日本語しか話せないという方も多くおられます。

そうした方々との交流を楽しめるのがサンファン日本人移住地の一番の見どころなのかもしれません。そんなサンファン日本人移住地の開拓と人々の歴史は、町の中にある歴史資料館で見ることができます。

歴史資料館へ行ってみよう

町の入り口近くにある日本ボリビア協会で資料館のカギをもらいます。もちろん日本語で話せますよ!

歴史資料館はカギをもらってはいることができます。カギは移住地の入り口近くにある日本ボリビア協会でもらうことができます。日本人移住地ですから日本語で話すことができます。日本人の職員の姿を見るとなぜかほっとします。

カギを受け取り、日本ボリビア協会のすぐ近くにある歴史資料館へ行ってみましょう。

一軒家の様な風貌の歴史資料館。

日本ボリビア協会が管理している敷地内に一軒家の様な建物があります。それがサンファン日本人移住地の歴史資料館です。中はクーラーが完備されているのでゆっくりと見学することができます。

移住船の写真など貴重な資料がずらりと並びます。

この日本人移住地でお会いする日本人の方と話すと、ボリビアには豊饒な土地があり牧場や農場を管理することができるとそういう話を聞いて夢を見て南米にやってきたと話してくださることがあります。戦後から1990年代まで日本からこのボリビアへの移住は続いたようです。

当時の人々は大きな夢を抱いて船に乗り込み一か月ほどかけて地球の裏側にあるボリビアを目指したようです。船の様子と乗り込んだ人々の集合写真も展示されていました。太平洋を運行するルートや南アフリカを経由するルートなど2通りのルートがあったようです。

いずれにしても1か月の長旅。しかし船の旅は快適だったようです。子供のころに移住してきた人に話を聞くと船の中で退屈することはなかったとのこと。しかし、そこからブラジルから鉄道に乗りこんで、いよいよボリビア政府が日本人のために用意した土地へと到着することになるわけです。

南米ボリビアに理想郷があるとそのうたい文句に夢を見た日本人たちの現実は本当に過酷なものでした。農場、牧場はおろか町すらない状態の広大な土地を与えられたのです。いわゆるジャングル、原生林です。今から60年ほど前に移住してきた日本人たちはこのジャングルを一から切り開く必要があったのです。

原生林を切り倒し、焼き払って少しづつ畑を作り町を作り、着実に開拓は進みます。

普通ならこの時点で現実を見つめて日本へ引き上げていたかもしれません。しかし、彼らの場合は片道切符でボリビアへやってきました。帰りたくても帰れない人がほとんどです。原生林、湿地帯、おびただしい数の蚊やハエ。ピューマやアナコンダといった危険がたくさん潜んでいます。

しかし、彼らはそうした逆境や困難に立ち向かいました。7,8人の大人が輪になってようやく囲める大木を機械も使わず斧やナタで切り倒し、そして切り倒した場所を焼き払って自分たちの土地をちょっとずつちょっとずつ広げていったそうです。

ジャングルの中での過酷な作業。蚊の数も半端ではなく、誰かがじっとしているとあっとういう間に蚊の大群が集まり、人型の形の蚊を見たこともあると話しておられました。原生林かつ湿地帯でもあるこの場所は雨が降れば水があふれかえります。

そうした想像を絶するような苦労を乗り越えて今のサンファン日本人移住地があるのです。

道路工事の様子も本当に強烈でした。

ジャングルの中での街づくり、畑も作りそして快適な道路を作る必要もあります。青年海外協力隊、通称JICAが早い段階からこのサンファン日本人移住地の開拓を手伝っていたようです。そのおかげでブルドーザーなどの機械を用いて道路の舗装などを行うことができたよう。

しかし、それでもジャングルを一から道へと変えてゆくわけですので本当に重労働だったようです。写真でも、どろどろの道や川があふれて立ち往生している苦労の連続の様子を見ることができます。この移住地の1世の方は本当に苦労されたことがわかります。

そして、展示されているのですが初期のころはまともな家など作ることができるわけではなうテント暮らしや、やっと家を作ることができたとしてもヤシの葉っぱや木を使って建てたものでした。原住民族が住んでいそうな家に、快適な日本から移住した日本人が住んで町を開拓していたようです。

本当に開拓魂を感じます。どんなものでもすぐに手に入り、便利になりすぎた今の日本の若者たちにこの様子をぜひ見てほしいなと思ってしまいます。

開拓のゆかりの貴重な品々が

農場を経営するという大きな夢や希望を抱いて乗り込んだボリビア行きの船には日本からのたくさんのアイテムがあったに違いありません。そのうちのいくらかがこの歴史資料館の中に展示されています。時代を感じる道具の数々はその開拓の歴史を彩っています。

あまりにも過酷な厳しい作業と劣悪な環境にきっと日本を恋しいと思っただろうなと感じます。それでも現実から逃げることなく勇気をもって立ち向かった人々の歴史が子の資料館の中にはあります。日本人であるならぜひ訪れてほしい貴重な歴史がここにはあります。

入植記念碑と慰霊碑

敷地内にはさらに入植記念碑があります。

日本人がこの地へ移住を始めて50周年を記念してつくられた入植記念碑が、歴史資料館がある敷地内にあります。たくさんの日本人の方がこの地へやってきたんだと分かります。しかし、この入植記念碑の面白いところですが、日本から移住した人の名前のみが記されています。

なので、日本人移住地で生まれた日本人の名前はここに載せられることはありません。でも気持ちとしては自分も日本人だしここに載せてほしいと思うもの。それでここに載せてもらえないかと頼んだところ、これは日本からの移住者を記したもので移住地で生まれた人のものではない。

あなたが死んだら、慰霊碑のほうに名前を載せることはできるとの返答だったようです。こうした生真面目なところもザ・ジャパンの様な気もします。その方は自虐的に語っておられましたが、生きているうちには自分の名前が刻まれることはないとのことです。なんとも悲しいです。

そして、入植記念碑の近くにはその慰霊碑があります。

慰霊碑には空白の列もあります。

そして慰霊碑にはこの移住地で亡くなった人たちの名前が刻まれています。60年ほどの前の入植からの亡くなった人たちの名前の数々。名前の横には数字が刻まれていて、それが亡くなった年齢のことを表しているようです。0や4といった人桁の数字から17や32などまだまだ若くこれからという時の数字には心が痛みます。

原生林を一から開拓するという過酷な生活により、多くの人たちが命を落としたこともわかります。命を懸けて開拓し作り上げたこのサンファン日本人移住地。その歴史の重みがこの慰霊碑からひしひしと伝わってきます。

広大な土地を与えるということで60年ほど前にたくさんの日本人が船に乗ってこの地球の裏側のボリビアの地に移住しました。与えられた土地はジャングル、湿地帯の原生林。それでも彼らは負けることなくここにひとつの町を作り上げました。

そして、広大な畑を手にして大豆や小麦、米など生産して富を築きました。はるかな時間と重労働を経て日本人たちはボリビア政府がうたった理想を現実のものにしました。その開拓の歴史をこの資料館から見ることができます。

そして、今あるこの移住地の街並みを見ると本当によくぞここまでと思わずにはいられません。もしボリビアを旅行する機会があればぜひこの地に立ち寄り、その歴史に触れてほしいと思います。そして現地の日本人の方にその様子を直接聞いて交流してほしいです。

きっと今の日本人が忘れかけた大切なものをこのサンファン日本人移住地で見つけることができるでしょう。

この記事のライター

南米ボリビアに在住。まだまだマニアックな観光地や穴場スポットがたくさんある国ですので、少しづつ紹介できたら嬉しいです。

関連するキーワード


ボリビア

関連する投稿


南米ボリビアは自然の宝庫!熱帯地方で見られる珍しい動物たちに感動します。

南米ボリビアは自然の宝庫!熱帯地方で見られる珍しい動物たちに感動します。

南米大陸の真ん中にある国ボリビアはアマゾンの豊饒な大自然に囲まれていてたくさんの野生動物と出会うことができます。日本では動物園に行かなければ会えない動物たちにもふとした場面で出会うことができます。特に熱帯の町ではよく見かけます。そんな大自然を持つ南米大陸のボリビアで見つけた動物たちをご紹介できればと思います。


世界的観光スポット、ウユニ塩湖をちょっとだけネガティブな目線で紹介したい

世界的観光スポット、ウユニ塩湖をちょっとだけネガティブな目線で紹介したい

ボリビアというとどこにあるんだろう?日本人の間ではそのように思われていましたが近年、ウユニ塩湖という観光地が大々的に取り上げられ、ボリビアの知名度も急上昇しました。絶賛される絶景スポットですが、ちょっとだけネガティブな目線でウユニを紹介したいと思います。ウユニ塩湖の実際のところをお伝えできればと思います。


南米の途上国ボリビアでもおいしいカフェを味わえる?ボリビア旅行で疲れたらぜひおしゃれなカフェへ

南米の途上国ボリビアでもおいしいカフェを味わえる?ボリビア旅行で疲れたらぜひおしゃれなカフェへ

南米最貧国とも言われ続けていたボリビアですが近年経済発展を遂げるようになり人々の生活も向上しました。以前はおしゃれなカフェなどほとんどなかったボリビアですが、近年では外資系のカフェも進出していて特に第二の都市サンタクルスは南米で一番発展を遂げている町ともいわれます。そんなボリビアで味わえるおしゃれなカフェをご紹介


南米のボリビアの熱帯では蚊には十分気を付けたいところ!蚊対策もご紹介します。

南米のボリビアの熱帯では蚊には十分気を付けたいところ!蚊対策もご紹介します。

南米大陸の熱帯地方はアマゾンの肥沃なジャングルに囲まれていて自然がたくさんあります。そして、多種多様な動植物を垣間見ることができ世界的にも人気の観光スポットとなります。しかし、熱帯、ジャングルと聞く中で気を付けておきたいのは病気です。蚊が媒介する病気がいくつかあり予防接種が義務付けられることもあり注意が必要です。


ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

南米大陸の国ボリビアは日本でも少しづつ知名度が上がってきています。経済発展を遂げていますが、まだまだ途上国です。そんなボリビアで休日の楽しみと言えば豚肉料理を味わうこと。スープで味わったり、フライや炭焼きにしたりと様々です。そして、その料理の仕方もダイナミック!豚に関しても日本と比べてより身近な存在で興味深いです。


最新の投稿


日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

韓国は豪華なかき氷デザートが有名ですが、今回、韓国の明洞で、「Korean Dessert Cafe(コリアンデザートカフェ)雪氷(ソルビン)」に行ってきました。このお店はローカルの友達が連れて行ってくれました。実際に本場のかき氷を試してみて、日本のかき氷とは違う豪華な盛り付け、ふわふわのかき氷に大満足でした!


【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

中国広東省広州市は、日本と比べると物価は安めです。でも安いのは主にグルメと交通費。地価の値上がりと共にファッションアイテムは年々値上げの傾向にあり、案外日本と変わらなかったりします。今回はそんな中国広州で、地元の若者に大人気の「トレンドでしかもプチプラなお洋服がたくさん手に入る激安ショッピングスポット」をご紹介します。


芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術家やアーティストを目指す学生の街として知られているメキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」。観光地としても人気で、アメリカから日本から多くの人が訪れます。メキシコ特有のカラフルな街並みに加え、どこかロマンティックでセンスが光る雰囲気が心地良い。散策で感性が磨かれていくような気分にさせられる、素敵なこの街を紹介します。


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

ソウルのこども向けお仕事体験テーマパークと言えば、日本でもおなじみの「キッザニア」をはじめ、複数あります。こどもにとっては、普段なかなか体験することのない大人のお仕事を実際に体験できるとあって、人気が高く、どの施設も週末は混雑しています。今回は、その中でも格安で人も少なめの超穴場な施設をご紹介したいと思います。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング